FC2ブログ

身勝手米国



最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



タリバンを利用してイランを攻撃させた。用が済んだので放り出し、タリバンはテロ組織になった。

クルド人を利用してシリアを攻撃させた。以下同文

TPPから勝手に抜けた

パリ協定から勝手に抜けた

イランとの核合意から勝手に抜けた

シリアは攻撃するが、北朝鮮は話し合い。


米国だけではなく、西欧は全てそれが基本。今のパレスチナ問題は英国が引き起こした。

EU(ドイツなど筆頭)、中国に媚を売っていながら、中国経済が危うくなると手のひら返し。

中国は米国との関係が悪くなると日本にすり寄っている。しかし、事情が変われば直ぐに手のひら返し。日本はそれを理解しているようだ。NHK等に言わせると、日中関係が正常化したと言うが、正常な日中関係とは、常に相手の裏切りを前提としての関係と言うこと。中国にしてみれば、米国との正面衝突をなるべく避けるべく米国同盟国の日本を利用しているのだし、また米国にしてみても徹底的に中国を叩くことで追い詰められた中国が暴発しかねない危険を避けるためにも逃げ道を用意したと考えれば、日本がその逃げ道としての役割を果たしていると言える。いずれにせよ、中国の急激な瓦解は世界に及ぼす影響が大きすぎるから、可能な限り軟着陸をさせて、可能なら分裂させる位のことを考えているはずだし、日本も当然そう考えているだろう。結局ソ連崩壊と同じ結果を期待しているのだ。そして分裂した国家同士が牽制し合っていれば、西側にとってそれだけリスクが減ることになる。

結局、日本は中国の暴発防止役を演じていると考えると、辻褄は合う。

日韓関係が悪化したと言うが、正常化していると言うべきだ。朝鮮は北に対しての防波堤としても信頼してはならない存在だし、そもそも中国のような計算が出来る知恵もない。仮に文在寅が日本との関係改善を望んでも、その前提がムンヒサンの言うように、日本が金を出しても日本は許すべきではない、永久に金を取り続けろという国内世論に逆らうことは到底出来ない。つまり朝鮮には中国のような上辺だけの日本すりよりも出来ないのだ。

ここでも米国は、かつては朝鮮戦争までして護り、今も同盟国として扱っている朝鮮に対し、GSOMIA打ち切り問題以降明確に態度を変えている。北のミサイル問題についても安倍総理と電話会談で一時間も緊急に話す一方、もう朝鮮は明確に突き放している。裏切り者を信ずる危険性にやっと気がついたのだろうが、これはタリバンやクルド人と違い、本来信頼すべきでない朝鮮を信じる危険に気がついたのだとしたら、これも米国が正しい朝鮮の取り扱い方を学んだと言うことだ。おそらく中国に学んだのだろうが。

身勝手な米国と題したが、本来どこの国も本質的には自国の利益を護るために最終的には身勝手な物だし他国を裏切るし場合によっては戦争もする。むろん、南北朝鮮のように政権を守るために国民を犠牲にする国、神の教えを守るために国民を犠牲にする国もある。

私が問題にしているのは、どうも米国がこれら政府(詰まりは政府を動かす一部の層)や神の教えを守るために他国を裏切る面があるのでは亡いかと思えることであり、日本もその対象になりかねないことは、エシュロンやファイブアイズ(EKUSA協定)などを考えてみても、無いとは言い切れないだろう。

今日本は米国との同盟無しにはまともに国を保っている事も出来ない。したがって、米国と離れないように努力するのはやむを得ないが、最終的には自力で守れる様にはなる必要がある。それでこそ、米国との同盟関係も強化されるだろうし、米国にもそれを理解させる必要がある。





結局日本も米国の都合が良い間は同盟関係で良いが、事情が変われば敵になる可能性もある。






スポンサーサイト



コメント

No title

たかおじさんこんにちは。

<今日本は米国との同盟無しにはまともに国を保っている事も出来ない。したがって、米国と離れないように努力するのはやむを得ないが、最終的には自力で守れる様にはなる必要がある。それでこそ、米国との同盟関係も強化されるだろうし、米国にもそれを理解させる必要がある。
結局日本も米国の都合が良い間は同盟関係で良いが、事情が変われば敵になる可能性もある。>

何故か第二次大戦前のような感じに似ているように私には思えて仕方がありません。

かつて我が国は日清日露戦役までは腹の中は別にしても英米から支援を受け目の前の敵を排除しましたがその後は英米は我が国を仮想敵国にし結局は先端を開きました。

当時も中国や朝鮮は我が国を貶め続け英米他諸国に働きかけ何度も我が国居留民地や邦人を挑発、略奪や虐殺をもって旧陸海軍の部隊を増派し事変を何度も起こしその結果が大東亜戦争と敗戦への道への一つの原因になったと私個人は思って居ます。もちろん当時の我が国の外交交渉の下手さや情報収集とその客観的判断が軽視された事もありますが。

我が国は日米同盟強化を進めながらも米国に理解を求めながら自国防衛力強化を迅速にすすめるべきですが、肝心の我々日本国民が全く無関心というか平和ボケしている他政治家が与野党お互いに誹謗中傷ばかりで我が国の経済力衰退や周辺がきな臭くなっていても何ら国と国民に対して本来の仕事と責任を果たしていない事に危機感を覚えます。

ゴーン被告のように保釈しても簡単に逃げられるような無様な恥さらしをしてもまだ正月を呑気に祝っている?ようでは東京五輪でのテロ対策もおぼつかないでしょう。我が国の司法や安全保障政策が危機に瀕しているという感覚がないようでは政治家、官僚としての脳力を疑われても当然と思います。



Re: No title

>たかおじさんこんにちは。

こんにちは、良くおいで下さいました。

>何故か第二次大戦前のような感じに似ているように私には思えて仕方がありません。

まあ、当時とは差別意識も違うし、国家間の力関係も大きく変わっていますし、欧米にとって日本を敵に回すより、味方にして中国ロシアに当たる方が得だとは理解しているでしょう。

ただ、庶民感情においては国家間の損得勘定とは違いますからね。

>かつて我が国は日清日露戦役までは腹の中は別にしても英米から支援を受け目の前の敵を排除しましたがその後は英米は我が国を仮想敵国にし結局は先端を開きました。

はい、当時ロシアは欧米にとって脅威だったので、日本をぶつけて少しでもロシアの力を削ぎたかったのでしょう。しかし現実に日本が勝ってしまったことで、日本に対する警戒感が生まれたようです。黄禍論は日清戦争でアジアの大国を日本が破った時に生まれた言葉ですが、日露戦争で決定的な警戒心を西欧諸国が持ったとされています。

>当時も中国や朝鮮は我が国を貶め続け英米他諸国に働きかけ何度も我が国居留民地や邦人を挑発、略奪や虐殺をもって旧陸海軍の部隊を増派し事変を何度も起こしその結果が大東亜戦争と敗戦への道への一つの原因になったと私個人は思って居ます。

確かにそれはありますね。日本にも中韓に対する怒りはあったし、更に優越感も確かにあったでしょう。また満州国設立も一因であったはずです。

中韓は初めから西欧人に勝てるはずが無いと思い込んでいましたからね、日本をおとしめることで自分たちが優れた民族だと自己満足をして居ただけのこと。今でも同じです。

また欧米との軋轢は、基本彼らの人種差別意識だと思っています。それも、今では想像できないほどだったようですよ。

>肝心の我々日本国民が全く無関心というか平和ボケしている他政治家が与野党お互いに誹謗中傷ばかりで我が国の経済力衰退や周辺がきな臭くなっていても何ら国と国民に対して本来の仕事と責任を果たしていない事に危機感を覚えます。

国家とは国民が作ります。日本国民の平和ボケが日本の政治家を選び、日本という国の方針を作っています。何が起きようと、国民が責任を負わざるを得ないのは古今東西同じです。独裁国家も国民がそのような国を作ったのですしね。

>ゴーン被告のように保釈しても簡単に逃げられるような無様な恥さらし

いや、日本の司法も政府も恥だとは思っていないようですよ。悪いのはゴーンだと言うだけのこと。

今後のことを見なければ分かりませんが、トルコが共謀というのは一寸違うようですね。レバノンは確信犯、案外フランス辺りが糸を引いているかも知れないし。

日本政府がレバノンやフランスと正面切って喧嘩をする程のことか、と言う判断があるでしょうし。

案外、レバノンはゴーンから金をむしり取るために引き受けたとか、フランスが後悔するとかまあ今後のことは分かりませんね。日本が余り騒ぐことではないと思います。司法がアホなのはその通りです。

No title

たかおじさん今晩は。

<日本政府がレバノンやフランスと正面切って喧嘩をする程のことか、と言う判断があるでしょうし。

案外、レバノンはゴーンから金をむしり取るために引き受けたとか、フランスが後悔するとかまあ今後のことは分かりませんね。日本が余り騒ぐことではないと思います。司法がアホなのはその通りです。>

う~んそこは私は若干考えが違うんですね。
逆にレバノンやフランスが関わっているとしたらしっかりと調べそれ相応の対処をするべきと考えます。
ただ現時点でフランスは日本と事を構えてもルノーと日産を合併させフランス企業にしてしまいたいと考えて居ればあえてゴーン被告を逃亡させることに関与する事は却って面倒なことになると思えば関与していないと見ることもできますが、恐らく何らかの関与をレバノンはしていると考えてもおかしくないかもしれません。

ここは日本はレバノンに対してゴーン被告の強制送還を求むこととそれに応じない場合レバノンに対して何らかの対抗措置を取るべきと思います。特に我が国がレバノンに対して行って居る支援を中止等は効果があると考えます。
ここで何ら措置もとらずいつもの「遺憾だ」の連呼では何も解決しませんしゴーン被告の我が国日本へのバッシングの方が欧米諸国には信用される可能性があると考えます。韓国の数々の反日工作活動と同じ構図になる可能性が高いと思うのです。国際社会は声高に主張する側を信用するのですから非常に日本にとってはまずい展開になりかねません。

ここはしっかりと法務省、害務省が連携を取りしっかりとゴーン被告収監へ動くべきと思います。それを特に首相官邸は厳しく指示するべきでしょう。また弁護団はまるで他人事のような言い方ですが弘中淳一郎弁護士をはじめとする弁護団にも責任の一端はあるはず。そこも追及するべきです。パスポートを複数発給されてその一通であるとも被告が持って居るなどは弁護団の職務怠慢以外ないと考えます。

No title

表題とは関係ないのですが、このような記事を見つけました。これでどこが適材適所だったのでしょう。早速与党HPならびに首相官邸HPに抗議いたしました。どうせ馬の耳に念仏でしょうけれど。
これで日本の安全保障などとよくいえたものです。

統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、贈賄の疑いが持たれている中国企業「500ドットコム」側が現金各約100万円を渡したと供述した衆院議員5人を、東京地検特捜部が昨年末に任意で事情聴取したことが3日、関係者への取材で分かった。特捜部は議員本人だけでなく秘書が受け取った可能性も含め、政治資金規正法などに抵触しないかどうか慎重に捜査している。
5人は自民党の岩屋毅前防衛相=大分3区、宮崎政久法務政務官=比例九州、中村裕之元文部科学政務官=北海道4区、船橋利実氏=比例北海道=と、日本維新の会の下地幹郎元郵政民営化担当相=比例九州。

中国や北朝鮮あるいは韓国も我が国の安全保障を脅かす国なのにカジノ施設関連で前防衛相までも事情聴取とは。!(怒)これで我が国の防衛が本当にできるのか。!?(怒)
どこが適材適所なのか?教えて欲しい!この馬鹿垂れどもが!(怒)あなた方政治家のせいで日本の国が潰れていく。!野党も与党も信用できぬ!(怒)

Re: No title

> たかおじさん今晩は。

こんばんは、いらっしゃいませ


> 逆にレバノンやフランスが関わっているとしたらしっかりと調べそれ相応の対処をするべきと考えます。

レバノンは確実に関わっています。その目的が、どうであれ日本がレバノンに強硬姿勢を採るとすれば、レバノンのみならずイスラム地域のかなりを敵に回しかねません。彼らは宗教上では日本人が想像する以上に固まっています。またレバノンの政治は腐敗しきっており、理屈が通ることはありません。

日本はICPにゴーンを犯罪者として通告し、ICPはゴーンを犯罪者として通知しています。あとは本当にゴーンがレバノンに安住の地を得られるかは確かではありません。

フランスは国家としては関与を否定するでしょうね。日本がフランスとの関係を悪化させるリスクは負えないと思います。まあフランス自体、フランスだけでは無いけれど、極めて対外差別の激しい国です。欧州の中でも特に自分たちは上だと思い込んでいる節があります。

日本が問い詰めると過剰反応するでしょう。世論がそうさせます。


> 恐らく何らかの関与をレバノンはしていると考えてもおかしくないかもしれません。

それはなんとも言えません。
>
> ここで何ら措置もとらずいつもの「遺憾だ」の連呼では何も解決しませんしゴーン被告の我が国日本へのバッシングの方が欧米諸国には信用される可能性があると考えます。

それは可能性がありますが、あくまで国家間の問題です。国民感情は別ですし、西欧は特にそうですね。落ち目を自覚しているならなおさらでしょう。ただ、あくまで日本が優先しなければならないのは国家関係です。あとは広報などで説明するしか有りませんが、西欧の下層階級は理論など理解できません。


> ここはしっかりと法務省、害務省が連携を取りしっかりとゴーン被告収監へ動くべきと思います。それを特に首相官邸は厳しく指示するべきでしょう。

日本政府は、私が予想していた以上に良く反応していると思います。日本の司法の馬鹿さ加減は結局は国民が叩かなければどうにもならず、結局日本の世論工作が最優先されるべきと思います。

無論、色々な考え方があるので、あくまで私はそう思うと言うだけのことですが。

Re: No title


> 統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、

いつも言っているように、自民党は本来多数の政党が寄り集まっている形の政党です。多くは理念よりも利害で結びついているだけです。従って、今回のような収賄事件も自民には昔からよくありました。
>
> どこが適材適所なのか?教えて欲しい!この馬鹿垂れどもが!(怒)あなた方政治家のせいで日本の国が潰れていく。!野党も与党も信用できぬ!(怒)

政治家の大半はこんなものですよ。だから、私は自民支持者ですが、野党よりはましだ、という支持です。それでも海外の政治家に比べれば、日本の政治家は清廉潔白天使のように清らかですよ。(むろん皮肉です)

絶体に無くなりませんね。こういう連中を選んだのは、それで利益を得る連中が担いでいるからですよ。民主党だって政権を取れた位ですからね。 でも世界ではましな方なんです。

理想の人格者が政治家になるわけがありません。

かつて日本の近代国家化に尽力した原敬とか戦後の吉田茂など本当に優れた政治家だったけれど、人格者とは到底言えなかったとの事です。事実はどうか知りませんし、政敵が流した噂かも知れないし。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)