FC2ブログ

文在寅のせいか


最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


今の日韓関係の悪化は文在寅のせいで、彼がやめれば両国関係は改善する、という報道が主として韓国側に多いようだ。果たしてそうか。むろん、そんな事は無い。最近も、天皇陛下御即位正殿のに出席した韓国首相が安倍総理と会談した際、文在寅の天皇陛下宛の親書を渡したという。が、安倍総理は一瞥もせずただ文在寅に対し、徴用工問題の解決を求めただけだったそうだ。

後日韓国側から、安倍総理の態度は不遜だとの避難の大合唱が起きているが、その際開かされた親書の内容が、いつでも会談に応ずる用意があると言う物だったという。

まずこの問題の解決を天皇陛下への親書などという形で出す馬鹿者が文在寅だ。天皇陛下の立場を全く理解せずあたかも自分と同格とでも思っているのか。まともな国は、国家元首に対してはそれなりの敬意を示すから、英国国王でも日本の天皇陛下をあくまで貴賓としてもてなし、各国の政府トップも国王に対してはあくまで元首として接する。日本の天皇陛下に対しても、同様の態度を執る。仮に朝鮮大統領が米国大統領と同格であったとしても、国家元首とは全く違うと言う認識すらこの野蛮人は認識できていない。

そしてその親書なるものが、いつでも対話に応じてやる、と言う上から目線。相手にするのも無意味だから、安倍総理もそんな塵紙親書など目もくれなかったのだ。

文大統領が突然、日韓関係改善に積極的になった理由。アメリカの圧力と経済失速

それでも朝鮮はあれだけ反日をし日本製品不買などをやっていたが、その結果が見るも無惨な経済の停滞になり、そしてGSOMIA破棄を突きつけて日本が頭を下げてくると目論んでいたのが日本は突き放したまま、米国に怒鳴りつけられる有様。しかし、今更米国に言われたからGSOMIA破棄を取り消すなど到底出来ず、それが日本にすり寄ってきた理由でしかない。本心であるわけもなく、天皇陛下に親書を送って自分の方から会談を受け入れてやると言えばイルボンは喜んで会談を申し込んでくるはずニダと言うだけのことだ。

そして、今度朝鮮議会の議長が来日するとのことだが、日本の参院議長に会談を申し込んだところ、喜んでお迎えするはずが、

日本参院議長、文国会議長に「天皇謝罪」発言の撤回・謝罪を要求

と当然の返事が来て、今はあのワラジ議長は慌てている。なにか日本国民を傷つけた云々などとどこかで言ったらしいが、そんな物が謝罪でも何でもあるわけが無い。日本はきちんと先の言葉を撤回しそれに対して謝罪をしろと言っている。が、あのワラジに出来る事ではないだろう。

さて、ここまで日韓関係が悪化したのは一方的に朝鮮側に原因があるが、朝鮮では安倍内閣が終われば日本はまた軟化してくるはずだと思い込んでいるようだし、また文が退陣すればまた改善すると思い込んでもいる。

が、それはあり得ない。今の日本人の嫌韓感情は、やっと事実に気がついたと言うことだ.一時的な無礼に怒っているのでは無い。朝鮮人とはこの様な物なのだと、日本人が気づいたから嫌韓感情が高まったのであり、仮に次の大統領が日本にすり寄っても親日ぶりを見せても、朝鮮人を信用するのは間違いだと日本人が本当に気がついたのなら今の関係が反転することなど無い。

それは今見かけだけ中国が日本ににじり寄ってきても、本質的に日本人に中国不信が根付いている今、日中関係が表面上以上に改善するなどあり得ないのと同じだ。対朝鮮では、表面上でも改善はしないだろう。

つまりは今の日韓関係悪化は、本来の関係になっただけで、文在寅のせいでは無い。文はそれを改善することなど出来ないから、反日感情を利用しただけのことであり、それは歴代の朝鮮大統領の必要不可欠な姿勢なのだ。それに背けば、政権が成り立たないのだ。

言うまでも無く、今ではその責任をとるとすれば朝鮮人全体にある。個人的にいかに親日であろうともだ。






スポンサーサイト



コメント

No title

たかおじさんこんにちは。

本日さっそくHPへ投稿いたしました。本当にあの親父の顔を見るだけでせっかくの休日が台無し。(苦笑)

来日中の韓国・文喜相国会議長が5日、都内の大学で講演し、いわゆる元徴用工訴訟をめぐり、日韓の企業や国民から自主的な寄付を募るなどして、原告側への補償に充てるという法案を提出する考えを示した。

来日中の韓国・文国会議長は5日、都内の大学で講演した。

文議長は元徴用工訴訟の問題の解決のため、韓国側で新たな基金をつくり、原告側に慰謝料を払うとする法案を国会に提出すると明らかにした。財源は日韓両国の企業や国民から自主的な寄付金を募るなどとしている。

やはり韓国は我が国にゆすり集りを続けるつもりのようですね。
既に国際条約を結び解決済みの問題を蒸し返す韓国への譲歩は一切必要ありませんし、する必要も認めません。文議長の提案を飲めば結局合意を破棄することになりまた我が国の企業や国民の税金から支出する事実は結局韓国側の解決済みではないという主張を認めたことになり我が国に被害を受けたと主張する他国、特に中共や北朝鮮等に更なる謝罪と賠償を要求される事例になります。

我が国は絶対に韓国へいかなる譲歩もするべきではありません。既に決着し後は韓国政府が責任をもって我が国から支払われた賠償金の中から支給される韓国国内の問題であります。政府や省庁、政治家は韓国へ甘い対応は絶対するべきではありません。特に日韓議員連盟諸氏はすぐに甘い対応をしようとする為絶対に所属議員は支持いたしません。!


以上投稿した意見なのですが、我が国の姿勢や政治家の対応にも問題がありますが、特あ3か国は基本的に反日が改善される見込みはないと認識したうえでどの程度のお付き合いをするべきかしかないと思います。私個人は付き合う必要は無いと考えていますが。

No title

連続投稿お許しください。日韓議員連盟は即刻廃止して貰いたいし所属議員は選挙において落選させたいものですね。

東京で開催された第6回主要20カ国・地域(G20)国会議長会議に出席した韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は4日、ホスト国である日本の山東昭子参議院議長との会談を要請したが断られた。
文議長は今年2月、当時の天皇を「戦犯の息子」と呼び謝罪を要求した。これに対して山東参院議長は文議長に発言の撤回を要求する書簡を送ったが返事はなかった。共同通信は4日「文議長は(今回の会議で)山東参院議長との会談を希望したが断られた」と報じた。山東参院議長は会議の出席者たちと記念撮影を行ったが、そのときも文議長は最前列の端に座った。


山東議長を支持いたすと同時に日韓議員連盟河村氏や額賀氏の姿勢に怒りと呆れを感じております。

韓国側は非礼と伝えているが我が国の立場からすれば至極当然の事であり山東議長の方針を支持いたします。
逆に日韓議員連盟の河村氏や額賀氏のような我が国の国益を毀損してまで韓国を擁護する政治姿勢には絶対不支持であります。韓国擁護をするのは何か弱みでも握られておるのかと疑いをかけられても仕方がないでしょう。
日韓議員連盟諸氏はいったい我が国の国益や日本国民の名誉や信用を毀損し続ける韓国をどう見ているのか。?今も他国で慰安婦問題等を拡散し我が国を貶める韓国に譲歩は一切必要ありません。役立たずの議員連は即刻廃止せよ。! と思って居ります。!(怒)

Re: No title

こんにちは

まあ、思った通りの展開です

> やはり韓国は我が国にゆすり集りを続けるつもりのようですね。

それが当然だとしか考えていません。朝鮮がそのような国ですしね、彼は立派な朝鮮人です。

> 韓国側の解決済みではないという主張を認めたことになり我が国に被害を受けたと主張する他国、特に中共や北朝鮮等に更なる謝罪と賠償を要求される事例になります。

結局、日本は今までそうしていましたからね、 その意味で、朝鮮をつけあがらせた日本にも責任があります。

> 我が国は絶対に韓国へいかなる譲歩もするべきではありません。

したがって、今までの日本の責任を取り、朝鮮を完全に叩き潰すのが世界のためになります。
>
>
> 程度のお付き合いをするべきかしかないと思います。私個人は付き合う必要は無いと考えていますが。

付き合いの意味にも依りますが、朝鮮の場合、意味は無いでしょうね。中国はずる賢くある意味で、それを前提に付き合っても良いかと思いますけれど、朝鮮は駄目です。


Re: No title


> 山東議長を支持いたすと同時に日韓議員連盟河村氏や額賀氏の姿勢に怒りと呆れを感じております。

日韓議員連盟については、今更自分の姿勢を変える事が出来ないんでしょうけれど、管官房長官は最初から相手にしていないし、いずれ日本側の議員も消えると思いますよ。なにしろ、今までと違い、国民の意識がすっかり変わっていますから。
>
> 韓国側は非礼と伝えている

自分たちは日本をどの様に侮辱しても、日本は自分たちを敬わなければならないという前提が朝鮮頭にありますから、こんな発想が出てきます。虫が一番。いちいち言い返すのも時間がもったいないです。

>役立たずの議員連は即刻廃止せよ。! と思って居ります。!(怒)

今回の会談でも、朝鮮では安倍総理が文在寅を丁寧に迎えたような報道で、それを管官房長官が徹底的に否定しています。要は朝鮮が約束を守り、自らの態度を改め取り消し謝罪しなければ相手にしないと言っているわけで、朝鮮がそうするはずが無いと知っての管発言でしょう。

米国にも叱られ、今は日本に取りすがるしか朝鮮の出来る事は無いんですが、無駄だと分かるはずも無いのが朝鮮です。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)