FC2ブログ

ところで韓国だが


最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



先日の「南北統一朝鮮」でも書いたが、朝鮮という国が中国からの盾になっているので米国が切り捨てることをせず、日本もそれに倣っているから、朝鮮が好き放題をしても今まで日本がそれを飲み米国もそれをとがめなかった。まあ負担は日本がするのだから米国としては構わないと言うことなのだろう。

が、果たして朝鮮が対中盾になるかどうかは旦なり地理的条件だけでは言えないはずだ。何度も書いているが裏切り者を信ずることは、敵を信ずるよりも危険なのだ。それについては米国もある程度気がついてきたのだとしたら結構なことだが、米国自体決して賢い国では無い。自分たちが世界を支配していれば問題は起きないと考えているのは昔からであり、そこにつけ込んだ中国やソ連に散々欺されている。しかし、俺に逆らうやつがこの世にいるはずがないと思い込んでいるのか、米国が今までやってきたことは、むろん世界の大きな争いを押さえ込んだ事も評価できるが、争いを産んでもいる。特に民主党のいわゆる人権政府がやったことは世界の亀裂を大きくしただけだし、中国を育て、北朝鮮に核を持たせた。民主党というのがどこの国でもろくでもないからだろうと言いたくなる。

例によってまた話がずれたが、その米国が最近朝鮮を信じなくなったことから日本も本来朝鮮を扱うやり方を始めた。今までなら、朝鮮が言えば日本が謝罪し金を払うのが常だったのだ、今回はどうも勝手が違うと朝鮮も慌てているようだ。そこで、

文在寅大統領が天皇陛下に親書 「韓国料理お好き」と好意的報道も

と言うことになったが、朝鮮が全く馬鹿で非常識なのは前から知っているとしても、それでもこれはあきれ果てる。天皇陛下は政治には一切関与しない、日本国の象徴なのだ。その天皇陛下にどんな親書を送ろうと馬鹿にされるだけだし、陛下が、朝鮮に対し日本政府は態度を改めろと述べられるはずも無い。それを文は期待したのだろうか。いや、馬鹿だから期待したのではないか。

文在寅ではないが、折から日本からの帰路朝鮮に立ち寄ったスペイン国王夫妻をソウル名誉市民にしたそうだ。これをしたのはソウル市だが、国王を名誉市民にすればスペインが日本叩きにでも加担してくれるとでも思ったか。国王を名誉市民・・・ソウル市長が一国の国王よりも上だと本当に信じ込んでいるのだろう。

それはさておき、今回の天皇陛下御即位正殿の儀に朝鮮の首相が来た。安倍総理と20分の会談をしたそうだが、2分でももったいないというのはともかく、例によって両国関係を改善すべきだ、日本の対朝鮮貿易規制を解除すべきだ、そうすれば日本に対しても良くしてやるぞと言うありがたいお言葉、それに対し安倍総理は約束を守れ、それからだ、と応えたのみだったようだ。

何か他者と関係が悪化すれば必ず相手に非があり、自分には非が無いから、相手は謝罪し補償し、逆らうこと無く自分に従えば関係を改善してやるという朝鮮思考だ。これをやめろというのは、朝鮮人は酸素を吸うのをやめてメタンガスを吸って生きろというのに等しい。つまり不可能なのだ、朝鮮人だから。

安倍総理もそれはもう前から知っているだろうし、朝鮮が約束を守るようになるはずが無い事も知っている、その上での先の言葉だから、つまりは朝鮮をもう相手にしないと宣言したに等しい。尤も、朝鮮人にそれを理解しろというのは無理だが。

ところで、先の問題に戻ると、朝鮮は対中戦略に必要なのか。私としては今は必要が無いと思う。裏切り者を信ずる危険性もさることながら、朝鮮半島に中国が進出して軍事基地を設けることが危険だというなら、もうそれは問題ではないからだ。昔は、艦船にしても航空機にしても中国から来るのと朝鮮半島から来るのではその脅威は大きく違うから、朝鮮を盾にする意味はあった。朝鮮戦争はその為の戦争だった。が、今は中国奥地から核ミサイルで飽和攻撃をされれば日本には全く打つ手は無い。それはロシアも同じだ。可能性は無いが、それは米国やヨーロッパと日本が戦争になっても日本には全く防御も反撃も出来ない。

そんな状況で朝鮮を信じて盾にするなど余りに馬鹿馬鹿しいだろう。朝鮮をさっさと切り離し、国内に存在するゴミを片付け、流れ着くゴミも阻止し、対中対ロは飽和攻撃による牽制しかない。

朝鮮など、邪魔なのだ。

スポンサーサイト



コメント

No title

たかおじさん今晩は。

第二次世界大戦前後であれば我が国の安全保障上朝鮮半島は必要な盾であったでしょうが、仰る通りもう必要のない盾。味方だと思って居たら裏切られ背中からバッサリやられてはたまったもんじゃありません。
朝鮮は元々中国の冊封国であり中国の歴代王朝には嫌というほど叩かれ続け朝鮮は中国を怖がっているのは今も同じでしょう。

我が国はさっさとこのような腐った根性の国は切り捨てるべきでしょう。

さて関連?かなと思うような記事を見つけ政府や自民党へ意見投稿いたしました。いい加減に我が国の政治家は韓国擁護をするような姿勢は止めてもらいたいもの。そうでなければ選挙であなた方の地位は無いものと思えと声高に叫びたいですね。


韓国メディアが注目したのは、天皇陛下のお言葉「ご宣明」だ。天皇陛下による「国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います」とのお言葉は、そのまま韓国語に翻訳された。特に「憲法」に関する部分を韓国メディアは、天皇陛下による「憲法順守の言明」として評価している。
ただし、今回も韓国メディアらしい“曲解”付きだ。上皇さまのご在位中の姿にも言及された天皇陛下のお言葉を称賛する一方で、「新しい日王(天皇)のこうした発言は、安倍首相が平和憲法を変え日本を戦争ができる国にするのに力を注いでいるなかで、特に注目される」(ハンギョレ紙23日付の社説)と安倍首相を批判する報道が多い。

上皇さまの天皇在位当時にもよく見られた韓国での勝手な解釈で、あたかも天皇陛下の考えが安倍首相とは違っていると言いたいのだ。“安倍バッシング”のためなら天皇陛下のお言葉まで、好きなように解釈し、巧妙に韓国式の論理を組み立てる。今回も明らかな天皇陛下の政治利用である。

即位礼正殿の儀で韓国メディアが相変わらず徹底していたことがある。天皇陛下の呼称だ。
日本語の電子版を持つ韓国メディアは日本への気遣いからか、ほぼすべてが日本語サイトで「天皇」と表記していた。しかし、韓国語での放送、新聞、通信社の表現はいずれも「日王(イルワン)」だった。

韓国政府は国際的な慣例に従い、公式に天皇陛下を「天皇(チョンファン)」と表現している。にも関わらず、韓国メディアは徹底して「日王」という韓国製の呼称を使い続ける。1989年の昭和天皇崩御のころから登場した「日王」は、世代が新しくなり続ける韓国社会で、もはや定着している。
「天」や「皇」の文字を使うことが、民族情緒的に気に入らないようなのだが、日本の公式呼称を否定し勝手に作った韓国国内だけで通じる「日王」は、当地では事実上の固有名詞となってしまった。

代は変っても、韓国の日本に対する意識は根本的に全く変わっていない。それどころか、「安倍首相が過去の軍国主義の時代の栄光を蘇らせるという意志を放棄しなければ、アジア各国の反発と憂慮が続くしかない。安倍首相は日王の発言に込められた平和への念願を、しっかりくみ取ることを望む」(同)という。
まるで、説教である。軍国主義の野望を持つなんて、安倍首相にとっては心外であろうが、韓国メディアの中にはそう信じたい向きがあるかのようだ。「反発と憂慮を続ける」というアジア各国とは、つまり韓国のことであり、「韓国の言うことは聞け」ということなのだろう。

懸念していた事がやはり起きていたようです。反日が国是で幼少から徹底した反日教育を行う国である韓国を「即位礼正殿の儀」に招待するべきではなかったのです。
害務省、宮内庁および日本政府の見識を疑います。彼らはどんな事をしても反日を是正することはありません。我が国のかじ取りをする政治家や官僚は日本人的甘い常識や妄想、期待を捨て去り韓国には冷徹冷淡な対応を続けるべき。
彼らが潰れようと国が無くなろうと我が国日本国の知った事ではない。彼らが行ったことは彼らが全責任を負うのが筋。我が国は助けるべきではありません。!




Re: No title

> たかおじさん今晩は。

いらっしゃいませ、今晩は。
>
> 第二次世界大戦前後であれば我が国の安全保障上朝鮮半島
・・・・・・・・・・・・・・・
> 我が国はさっさとこのような腐った根性の国は切り捨てるべきでしょう。

結局そう思います。要らないから切り捨てるのではなく、邪魔だから切り捨てるべきですね。但し、目は離さないこと。いつも監視だけはしておく必要があります。犯罪者は目を離すわけに行かないのです。

> さて関連?かなと思うような記事を見つけ政府や自民党へ意見投稿いたしました。

私も何度かメールを送っています。


今回の天皇陛下御即位正殿の儀に際しても朝鮮が陛下に親書を送るなど常識というものが全くありません。間違いというレベルでは無いのですが、そもそも自分たちが間違うとの概念を持ちませんからね、安倍総理が親書に目もくれなかったと朝鮮が騒いでいますが、そのまま突き返せば良かったくらいに思っています。

朝鮮では、今までと日本が違うことに慌てているようですが、どうしようも無いでしょうね。
>
> 懸念していた事がやはり起きていたようです。反日が国是で幼少から徹底した反日教育を行う国である韓国

反日教育を受けた国民に罪は無い、等という輩がいますが、原因はどうであれその結果を生み出した国民は責任を負わなくてはなりません。泥棒に育てられたから自分も泥棒になった、罪は無いと裁判などで言うやつがいますが、被害者にしてみれば責任をそれで免れたらたまった物ではありません。

反日教育の結果反日になった朝鮮人も中国人も同じです。責任は取らせなければなりません。

> 彼らが潰れようと国が無くなろうと我が国日本国の知った事ではない

むろん、そうなってくれると助かりますが、実際には朝鮮人がいなくなるわけではなく、結果としてまた日本にたかることになるでしょうし、密入国もしてくるでしょう。終戦時、日本が取り締まれないことを良いことに大勢の朝鮮人が密入国していま居座っています。むろん、そうしたのは現在日の親、祖父母世代で現世代に直接の責任はないとしても自らの意志で日本国籍を取らず、通称名を名乗り、国内で反日をしている奴らはたたき出すべきと思っています。全員無条件にたたき出せと言うことではありません。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)