FC2ブログ

言語の優劣

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


世界には言語がどのくらいあるのかは不明だが、少なくて一千二,三百、多ければ二万種類程度があるとされている。発見されていない未開地の言語とか、既に消滅した言語、あるいは独立した言語か方言かが明かではない場合などがあり、実際に数えてみても仕方が無いだろう。

ただ、現在世界で話されている言語の母国語話者数は次のようになっている。


1位 中国語      12億9900万人
2位 スペイン語 4億4200万人
3位 英語       3億7800万人
4位 アラビア語 3億1500万人
5位 ヒンディー語 2億6000万人
6位 ベンガル語 2億4300万人
7位 ポルトガル語 2億2300万人
8位 ロシア語 1億5400万人
9位 日本語       1億2800万人

まず、中国語やヒンディー語、ロシア語は結局一つの民族しか話さないが、絶対数が多いから話者数が多いことになる。それは、日本語も同じことだ。

スペイン語、英語、ポルトガル語などは植民地化した地域が自らの言語を捨てて宗主国の言語にしたものだ。アラビア語もそれに近いが、むしろアラビア人が昔コーランを片手に世界に広がった名残ではないのか。

ところで、言語とは異なる言語が混じり合うことはざらにあり、英語のほとんどの単語はフランス語やドイツ語と同じだ。ただ、綴りが若干違うのと発音が大きく違い、さらに意味が大きく異なっている物が多くそのままでは通じないが、紙に書いて示せば大体の意味が分かるようだ。つまりは、これらの言語は印欧語のそれぞれの方言が分離して異なる言語になったのであって、元々は同じ言語だった。だから、欧米の人間は複数の言語を操る者がそれなりにいるがもともと近い言語なので学びやすい。

それは日本人が中国語を聴いても理解できないが、文字を読めばかなり分かるような物だろう。現に漢文を学べば相当理解できる。ただし、近代中国語は文字を破壊してしまったので昔ほどではないが。しかし、かつての大和言葉はほとんど中国語からの外来語に置き換わったり、そもそも時代の変化によって消えてしまった。それはラテン語が今では全く使われていないのと同じことであり、言語とは常に変化している物だ。実際、近代中国語の七十%が日本語由来だ。

ただ、どの言語が一番優れているのかはむろん誰にも分からない。母国語と同等に外国語を使いこなすいわゆるバイリンガルが居てもせいぜい二,三カ国、多くて五,六カ国語位を使いこなす人間入るかも知れないが、正確に言語を比較するなどは不可能だ。ただ、明かなのは、上記に上げた言語はほとんどが現在、あるいはかつて文明の頂点にいる、いたことだ。つまりそれらの文明を創り上げ支える能力がこれらの言語にはあったと言うことだろう。

前にも書いたことがあるが、以前二人のアフリカ人が彼らの母国語で会話をしながら時折完全な英語のセンテンスを入れているのが不思議で、何故か訊いたことがある。単語なら外来語の英語を話しても不思議ではないが文章をそのまま英語で話すなど理解できなかったからだが、彼らの答えは、自分たちの言語では表現できないことがあるので、それは英語を使うとのことだった。

人間は言語で物を考える。と言うことは言語で表現できないことは考えられない事を意味する。かつてアジアアフリカ諸国が欧米に植民地化され強制的に宗主国の言語に変えさせられたが、彼ら自身の言語では文明を作り高めることが出来ないのだ。

ー 続く ー


スポンサーサイト



コメント

お久しぶりです。

中国語は北京と広東、福建等方言以上別言語以外の相違がありますから話されている地域人口で考えるなら各々は3億人程度と推察でき、他の主要言語と同程度と思います。
昔、私が勤めた会社では、昭和30年代に鹿児島と秋田からの者が多く、勤務初年度者相互での会話は先輩が通訳したとの笑い話がありました。視覚の伴うテレビ放送が標準語の普及には功を奏し、私の世代の地方出身者は皆バイリンガルとなっていました。

仰る様に、フィリピン等でも英語はセンテンスで混じり、単語で混じる日本とは異なります。言い回しが容易になる場合は前者、単語の概念がない場合は後者になるものと思われます。私もショートメッセージの場合は、英語でやり取りする友人がいます。逆に例えば"gemba=現場"等、日本語の方が便利らしいです。
何れにせよ、言語は文化を背景としますから、異文化との交わりは言語の交わりを招き、諸外国に於いては日本語もまた同様でしょう。

話は変わりますが、今回のスーパー台風では犠牲者被災者数多となりました。狩野川台風では私も子供ながら被災しましたので、多少なりとも状況は理解でき、冥福を祈り見舞う気持ちは勿論有しております。
只一方で、唯一功を考えるなら、人手の入らぬ山間地域での除染が一気になされたのでは私には思えます。メディア等で全く論じられぬ点故に、こちらに記した次第です。
(恥ずかしながら、自分のブログでは、フォーマットが不完全らしく、旧yahooブログの移行が出来ず、多忙もあって解決出来ていません。)


Re: お久しぶりです。

あづまもぐら様

良くおいで下さいました。大歓迎です。

さて、

> 中国語は北京と広東、福建等方言以上別言語以外の相違がありますから話されている地域人口で考えるなら各々は3億人程度と推察でき、他の主要言語と同程度と思います。

なるほど、そうですね。中国語と言えば北京語を思い浮かべますが、他方言の地域での公共語はどうなのでしょう。北京語が採用されていないのでしょうか。香港や台湾から来た人物とたまたま話したことがありますが、会話は北京語でした。むろん私の北京語は言語として成立するレベルではありませんが。

> 昔、私が勤めた会社では、

そうですね。私も同じ経験があり、地方の会社に機械を設置した際工程会議に出たときなにが話されているのか全く分からずお手上げ状態でした。
>
> 仰る様に、フィリピン等でも英語はセンテンスで混じり、単語で混じる日本とは異なります。

したがって、フィリピンでも英語が公共語であり、教育も仕事も情報も英語が使われていると聞いています。少なくとも外国人と接触するフィリピン人は英語を普通に話すようで、私ももっぱら英語です。同じ様な経験を他の国の人間でもしています。

> 何れにせよ、言語は文化を背景としますから、異文化との交わりは言語の交わりを招き、諸外国に於いては日本語もまた同様でしょう。

また文化を創り上げるのも言語ですから、文化の成熟度とは言語の成熟度が大きく関わるはずです。隣の国を観るとつくづくそう思います。
>
> 狩野川台風では私も子供ながら被災しましたので、多少なりとも状況は理解でき、

私は出身が北海道で台風はほとんど来ません。ただ記憶にあるのは、洞爺丸台風で、1500名ほど亡くなったはずですが、大半が連絡船の沈没によるものですから、今回のような極めて広範囲での犠牲とは異なります。いずれにせよ、今後も台風は来るし、それに対する意識の徹底が根本的な対策になるのだと思う次第です。

> 只一方で、唯一功を考えるなら、人手の入らぬ山間地域での除染が一気になされたのでは私には思えます。メディア等で全く論じられぬ点故に、こちらに記した次第です。

よく分からないのですが、山間地域の除染とは具体的にどういうことでしょうか。

> (恥ずかしながら、自分のブログでは、フォーマットが不完全らしく、旧yahooブログの移行が出来ず、多忙もあって解決出来ていません。)

膨大なブログの移転は確かに難しいでしょうね。焦らずに徐々にやっていだだければと思います。部分的にでも開設できることを楽しみにしております。

またおいで下さい。

山間地域の除染とは

要するに洗い流しです。
あれだけ強烈な雨が関東東北南部に降りました。
人手により除染作業は為されてきましたが、当然森林地域奥深くまでは不可能な訳で、かといって通常の降雨では洗い流す迄には至りません。強烈な降雨は洗浄作用もあって相当な洗い流しが為されたと推察するものです。

Re: 山間地域の除染とは

> 要するに洗い流しです。

なるほど、了解しました。

ところで序でですが、例の悪夢政権がコンクリートから人へと得意になっていたのを思い出しました。あの悪夢政権残党の除染を今回の台風がやってくれたような気もします。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)