FC2ブログ

再再度英語教育2

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ




普通日本に来る外国人は日本人に英語で尋ねる時はゆっくりはっきり発音するし、中にはたどたどしい日本語で訊く場合もある。ただ、返事が日本語で理解できるかどうかは別だが。

日本人は日本語だけで全てできる。教育も情報も仕事も日本語で世界でも最高レベルの内容だし、ノーベル賞受賞者でも英語は出来ないと言っている人が居るくらいだ。

使いもしない英語を日本人が学ぶ必要など無いとは私は常日頃思っているが、ちょっと英語教育について調べてみたら文科省のサイトに行き当たった。

小学校における英語教育の目標と内容

来年から小学校で英語教育を始めるとは聞いていたので、実際にこのような通達を読んで少しむかつき、次のような質問を送ってみた。


「小学校より英語教育を施すと自然に英語を覚えられるとのこと、まさにその通りでしょうが、なぜ日本人が英語を学ぶ必要があるのですか?

日本人が英語下手なのは、日常生活に不必要で、日本語だけで高い文化を築き、科学技術を発展させ、高度の教育を受けられ、必要な情報を得られるからです。英語が必要な途上国とは違います。 むろん、移住や仕事で必要な人は学べば良いでしょうが、大人になってからでも十分意思疎通の出来るレベルになります。私も大人になってから自分で学んだ英語で不自由していません。

日本で働く外国人は生活のために3ヶ月ほどで日本語の日常会話が出来るようになります。 幼少時に英語教育をしても日本語学習に支障は無いからやると言うなら、ではそんな無駄なことをしなければもっと充実した学習が出来るでしょう。

一般の日本人が英語を学んだとしても使いもしないのに学校教育で行うなど教育の基本に反していると思います。まして、近年ではスマホに翻訳機能を入れられる時代です。文章も自動翻訳されます。

本人が必要なら、あるいは好きなら本人が学べば良いこと、その為の民間学校などはいくらでもあります。文部省が義務化する理由が説明されていませんね。」

実際に文科省の上記の記事にもあるが、幼少時に英語を学ばせると日本語の習得に問題が出るのではないかとの懸念がかなり出ているそうだ。ただ、数週間の実験ではそのような支障は具体的には現れないので、英語教育を早く施した方が自然に身に付く、と説明している。

いや、障害が出る出ない以前に、使いもしない英語を貴重な時間を使って学校教育することが問題なのだ。英語を必要とするなら、あるいは好きなら自分で学べば良いし、大人になってから学んでも必要なレベルには達する。むろん、必要が無ければ何年やっても時間の無駄だから普通の英語を使わない日本人に国が無駄な時間を浪費させることが問題だし、実際に幼少期に外国語を教えると、日本語がきちんと身に付かないのは事実だ。人間は言葉で物を考えるのだから。

その代わり、自分で学ぶなら何語を学んでも構わないが、日本人は基本英語を必要としない。自国語では高度な情報教育が得られない途上国は英語やフランス語、スペイン語などかつて植民地支配された宗主国の言葉を使う。好き嫌いではなく、そうしないと現代の情報、教育を基の自国語では支えられないからだ。

日本語は世界でも孤立した言語だが、それで全く問題なく現代の日本を築き支えている。これから多くの外国人が来るだろうが、ほとんどは非英語国からであり彼らの英語も米英人とは違うのだ。そして今ではスマホにどんな言語でも翻訳できる機能が入れられる。

外国語を学ぶのは本人が決めれば良い。必要だったり好きだったら自分が学べば良い。何も国が押しつける理由など全くないと思うのだが。時には最初に書いた米国人のように日本に来てまで自分たちが普段使っている言葉を使う者も居る。常識が無いからだろうが、それに日本人が合わせなければならない、その為に無駄な時間を長時間浪費しなければならない理由など全くない。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)