FC2ブログ

日本の外交

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


日本の外交は相変わらず下手くそだ。以前よりはましになったが、外交とは宣伝戦と考えて置いた方が良い。正しい主張だから通るのではなく、阿る主張が通るのだ。

世界にはポピュリズムで滅びる国、独裁政権になる国が無数にある。政治家は投票させるためには選挙民に受けの良い約束をする。それは世界中がそうであり、特に国民の知的レベルが低ければ事実の検証など無理で、選挙民は単に金で買われるか、目の前に餌をぶら下げる立候補者に票を入れる。これが、今ベネズエラやジンバブエ、ブラジルなどで起きたことだ。そして、欧米も選挙権の大半を占める庶民層の知的水準は想像を絶して低いから、今までは政府が豊かな生活を保障してくれたことで特に不満も持たなかったのが、近年経済的に低迷をし始めると、欧米は一気にポピュリズムが台頭してきた。

いくらエリート層が知的に高度でも、選挙で落ちれば何も出来ないから、結局庶民層に阿るポピュリズム政権が誕生する。欧米は今その状況にある。

日本は世界ではましな方だ。お花畑はむろん多数いるし、単に政府攻撃だけが目的で政策など何もない野党を支持する自称知的お花畑も居るが、それでも欧米よりはましだ。まして、中韓などの最低未開国家などとは比べものにならないが、それでも村山内閣や悪夢政権を生み出した。

まして、国際社会では現実にはポピュリズムが主流なのだ。金と力があれば何でも出来る。事実などどうでも良いのだ。

安倍内閣は今までよりは外交でもかなりましではあるが、国際社会では声の大きな方の言い分が通ることを未だ本当に認識していないのではないかと不安になる。

ところで、外交とは政府がするものだが、どの国でも政府は国民の支持がなければ動けない。ある意味独裁国家でも宗教国家でもそうなのだが、だからこそこれらの国々は国民を洗脳し続ける必要がある。ベネズエラやブラジルがどうなろうと結局は国民が政府を選ぶだけの知的水準に無かったと言うだけのことであって、国民の責任なのだ。

これは圧倒的に知的水準の低い選挙民が大多数を占める欧米でも同じであり、それらの国の政府が仮に真実を知っていても国民が思い込んでいることを下手に否定できない。下手をすればベネズエラやジンバブエが人ごとでなくなるから。

ということはそれらの知的水準の低い国民を変われば、政府の在り方も変わる。多くの国で観光に力を入れるのは、一般レベルの他国人に自国の印象を良くさせ、それを彼らの政府に反映させれば結果としてその国との関係が良くなるからだという面もある。むろん観光収入もあるだろうが。

毎年、国別の他国からの好感度などが統計結果として発表される。幸い、日本は概ね外国から好印象を持たれているし、外国からの来日者数もうなぎ登りに増えている。日本外交が近年向上してきたのは、この海外の一般人に対し日本の印象が良くなってきていることが大きく影響していると思われる。すなわち、日本に好印象を持った国民に対し政治家はそれに応じた対日姿勢を採らなくてははならないからだ。

近年日本で多くの国際スポーツ協議会などが催され、今はアジアで初めてのラグビーワールドカップが日本で開催されているし、来年はオリンピックが日本で開催される。

やはりこれらの催しも極めて日本外交には大切なのだ。単に金の無駄だからオリンピックなどやるなと言う連中も居るが、仮にオリンピックで赤字になったとしてもそれだけの意味がある。朝鮮では冬季オリンピックをやったが全く評価が上がったとも思えない。理由は分かるが。






スポンサーサイト



コメント

No title

衛藤晟一海洋政策担当相は27日午前の記者会見で、日韓関係悪化に伴って韓国人観光客が激減している長崎県・対馬の観光振興策について「韓国にだけ頼るというのでは難しい。(対馬の)歴史や自然、文化は広く、日本中や諸外国から人を呼べる素晴らしい可能性を持っている」と述べた。
衛藤氏は25日に同県対馬市を訪問し、比田勝尚喜市長から新たな観光客誘致に向けた宿泊施設整備費や宣伝費への財政支援を求める要望書を受け取った。衛藤氏は「(対馬は)領海保全の拠点としての活動も担っている」とも語った。


我が国には多くの離島が領土として存在しています。特に国境沿いの離島である対馬や壱岐、隠岐あるいは沖縄本島を含む先島諸島、佐渡等の日本国民が住む島や数々の無人島があります。
中国や韓国等の観光客による観光収入だけに頼る政策はできるだけ二次元的なものにし安全保障上も重要な離島振興は国も積極的に関与しこれら離島に居住する日本国民を安心させていただきたい。

かつて平沼赳夫議員他数名が対馬を視察したはずですがその後何も対策がなされなかったのはなぜでしょうか。?
残念ながら韓国人観光客は対馬に対して日本人が経営する商店にはあまり金を使わず韓国人経営者の商店に金を使う他、韓国の国花「むくげの花」の種を勝手に植えたり韓国資本による自衛隊の隣地買収等安全保障上からも長年国が放置してきた事に疑問を感じるとともに同じ日本人として政府に怒りを感じる。

安全保障上の観点からも外国資本による北海道の水源地買収や離島の土地買収、横須賀などの在日米軍や自衛隊の動向が察知されやすい土地の売買に早急に規制をかけ、振興策を練り実施するべき。

たかおじさん今晩は。

上記は本日首相官邸HPや自民党HPに意見投稿した内容です。我が国はここ数年?観光収入による経済成長を伸ばす政策などを一つの柱にしているのでしょうけれど、基本は物作りや平均して高い教育レベルを維持し一般庶民の知的レベルを高く保つ事で国を維持していくべきと考えます。

外国人観光客が増え日本という国と日本人を知ってもらい親日家が増えてくれることは嬉しいのですが、わざわざ日本が嫌いな?国の人達が訪日して日本批判の横断幕を掲げて記念撮影したり中にはあまり歓迎できない観光客もいるのは事実。また京都などの観光地では観光客が増えすぎて地元住民の生活が不自由になったりとそのバランスが難しいですね。

Re: No title


> たかおじさん今晩は。

今晩は。コメントありがとうございます。
>
> 上記は本日首相官邸HPや自民党HPに意見投稿した内容です。我が国はここ数年?観光収入による経済成長を伸ばす政策などを一つの柱にしているのでしょうけれど、基本は物作りや平均して高い教育レベルを維持し一般庶民の知的レベルを高く保つ事で国を維持していくべきと考えます。

はい、日本は基本的に観光で喰っている国ではありません。したがって、日本の観光業は今までは日本人の国内旅行を対象にしていましたが、近年日本の特殊性がそれまで日本のことを余り知らない遠くの国としか思っていなかった外国人に日本が非常に見応えのある国だと口伝えで広まり、年々うなぎ登りに海外からの訪日外国人が増えています。それはそれで良いことでしょう。とにかく、東洋の片隅にある知らない国だが経済的技術的には対したものだと思われていた日本が知られることは、日本に対する好感も高まってくるわけで、それが最終的には友好国が増えると言うことです。観光収入の増加よりも、むしろその面で利益があります。しかし、観光収入はあくまで国の収入のほんの一部です。

> 外国人観光客が増え日本という国と日本人を知ってもらい親日家が増えてくれることは嬉しいのですが、わざわざ日本が嫌いな?国の人達が訪日して日本批判の横断幕を掲げて記念撮影したり中にはあまり歓迎できない観光客もいるのは事実。また京都などの観光地では観光客が増えすぎて地元住民の生活が不自由になったりとそのバランスが難しいですね。

そうですね。浅草など、浅草寺の境内などはほとんどが外国人です。外国人は日本の習慣を理解していないし、中にはとんでもないことをする連中がいます。悪意があると言うより、自国の馬鹿なやり方を日本でもやる本当の馬鹿が多いのです。

そのため、外国人が泊まるホテルや旅館などに日本人が泊まらなくなったなどというケースも結構あるし、ジャパニーズオンリーと書いた店なども出てきているようです。

文化の違いでやむを得ないところはあるとしても、あくまで日本は日本人の国。余所から来るなら日本のルールを守るべきという原則すら理解できない外国人が本当に多いのは頭の痛い問題です。まあ、どこの国でもそうなのですが、それらの国は外国人に新設になどしませんからね。外国人にこれだけ親切なのは、日本だけみたいです。まあ、私個人の感想ばかりではないでしょうが。

外国人の来訪禁止よりも、困った外国人でもある程度は受け入れる方が最終的に国民レベルで日本の評価を上げる、結果としてそれらの外国の政府も親日政策を採らざるを得なくなると考えれば、まあ観光は必要なんでしょうけれどねぇ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)