FC2ブログ

進次郎を信じろ?

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


今回の内閣改造で始めて入閣した環境大臣の小泉進次郎氏が、首相候補No.3の人気だそうだ。むろん、彼にどの様な能力があるのかはまだ分からないし、そもそも親父の方針をそのまま受け継いでいると考える理由もない。なにしろ河野太郎氏の例もあるのだ。

が、いくら何でも総理候補になるにはまだ実績という物もなく、また無派閥と言うことは言い換えれば状況に応じてどのようにでも動く風見鶏という要素を持っているともいえる。そもそも、総理とは個人の能力で出来る物ではなく、多くの関係者のバックアップがあって始めて可能なのであり、その為の人脈を自分で作れない人間に総理が務まるわけではあるまい。かつて、東京都知事になった青島幸男は結局孤立無援でほとんど何も出来ずに去ったし、舛添要一等もそうだろう。人気だけでそのような地位に就いた物は周囲から浮き上がって結局何も出来ないままに終わる。

それに対し、そのような人間に出来る事は、自分の個人的人気を利用し、支持者に主寝てポピュリズムに頼ることだ。実際このような例は内外にある。

小泉氏の実力は分からないが、現在の状況を見ると期待できる要素が全くない。

例えば環境相就任早々福島に赴き、排水を海に排出することに批判をしたが、代替案がないままであり海洋排出の単なるイメージを批判しただけとして、賛成反対両派から批判を浴びている。

就任層早々こんなことをするようでは、到底期待は出来ない。むろん将来大化けするかも知れないし、実際父親の後を継いだ安倍晋三総理も当初は同じような目で見られていた面があるのだが、実際にあまり目立たなかった。今も傑出しているわけではないだろうが、ただ、他の人材を見るとやはり彼が今のところは一番適任だろうし、そもそもポピュリズムをあおるようなことはしなかったと思う。周辺のバックアップを売る努力をしてきたのだろうし、それを受ける能力を持っているといるのだろう。進次郎にはまだまだ期待は出来ない。

ただ、今のところ安倍総理は、消費税増税や対韓国問題などを控え、進次郎人気を利用した感がある。それを本人が勘違いしているなら、早々に表舞台から退場せざるを得ない。仮に能力があるとしても周りがあくまで人寄せパンダにとして使う為の存在としか考えず、育てることをしないからだ。それなら本人がなおさら人脈作りをし、実力を付けその後で総裁選にでも出れよいだろう。仮にそうなるカリスマ性があって実力があって、人脈があるなら総裁としての条件は整うことになる。

今、野党を見ていると必死になって人寄せパンダを公認している感が否めない。自分で物を考えないお花畑も投票権はある。根拠も何も示さずに軍事力保持反対、核反対という連中に主寝て票を集めるだけの野党に任せた結果がどうだったか、日本人なら本当は骨身にしみているはずなのだ。が、全く自分は関係が無いと思うのがまたお花畑なのだが。

進次郎人気が単にそれだけなら、本人のためにも自重すべきと思う。仮に本人が将来本当に実力を持って総裁になるなら、別にそれを否定するつもりもない。ただし、その政策によっては不支持になるだろうが。






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)