FC2ブログ

サウジ原油施設攻撃


最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


こんなニュースが飛び込んできた。

石油施設に無人機攻撃 サウジ生産量の半分に影響

早速NY原油取引市場では原油価格が跳ね上がり、復旧に2,3ヶ月掛かるとのことで一時19%上がったが、その後15%位で推移しているという。

日本では十分な備蓄があり、すぐに影響があるとはされないし、このところ円高で現実にこれが日本に与える影響は少ないだろうが、むろん油断は出来ない。一度でこれが済めば良いが、実際には原油供給地帯はまた紛争地域であり、いつまた同じ事が起きるかは分からないのだ。

今回は無人ドローンで攻撃されたと言うが、サウジは対ミサイル防御システムなどは持っているものの当然ながらこれで安心というわけではないし、ドローンに対してはかなり防御が難しい様だ。

かつて日本は米国に対し風船爆弾攻撃を行った。偏西風に巨大な風船を乗せて流し、米本土で爆弾を爆発させるという作戦であり、実際何度か米国の森林地帯などで爆発したり死者が出たりしたらしい。しかし、米国は完全な箝口令を敷き、戦後になって日本は風船爆弾がそれなりの効果を上げたことを知ったという。ミサイルばかりに目を向けていると、案外ドローンなどが見落とされるのかも知れない。

サウジが度重なる攻撃で原油生産高が落ちると、その手が有効だとばかりに他の原油生産地が狙われる可能性もある。

米国はイランの責任だと声明を出しているが、イランはそれを否定している。ただ、世界で原油供給が不安になれば、折から米中経済戦争の激化で西欧などももろにその波をかぶっているところ更に世界経済は悪化するだろう。米国はオイルシェールなどで本来は自給できるほどの原油生産力を温存しているが中国はおそらく大きなマイナス影響を受ける。

となると、これは米国などの陰謀ではないのか、イランに罪をかぶせ、イランの核開発を阻止させようとするイスラエルに加担しているから、このところ何度か原油タンカーが攻撃を受けたりしているのも米国の自作自演ではないかなどとの疑いも出てくる。全く裏付けはないが、日頃の米国を見ているとやりかねないと思う訳だ。

またサウジによる自作自演との可能性もその意味である。原油価格を上げたくとも上げられない現状打破のためにやったというわけだ。このところ、サウジは人権派の記者を暗殺したなどでやはり未開国だ野蛮だとの批判を受けている。この辺りでサウジ様に逆らうと原油価格がどうなるか分からんぞ、というこれも私が何の証拠もなく妄想してみた。

むろん、馬韓国ではイルボンがやったニダ、と言うのだろうが、現実に馬韓国辺りではもろに影響があるだろう。金はないわ、ローカル通貨だわ、日本は保証してくれないわ、では原油輸入もままならなくなる。

外交など、一皮めくれば魑魅魍魎の跳梁跋扈だが、日頃から私が言っている様に、原発を整備し稼働することで原油離れをしておけばこのようなリスクがないのはわかり切ったことだ。おりから、日本最大の太陽光発電施設が台風のためにほぼ完全に駄目になった。

原発が台風で駄目になることはないなどとは言い切れないが、その規模や構造を考えると遥かに自然災害に対し強く出来る。

今回のことではっきりしたのは、

1)サウジとイランはイスラム国家でも宗派が違うために不倶戴天の関係だ。宗教が国際関係を駄目にする例は無数にあるが、未開国だとこれが当たり前になる。つまり米国も同じ事が起きる可能性があると言うことだ。特に未開国から国家の命運を左右するエネルギー源を買わざるを得ない状況は、日本の安全性のためにも好ましいことではない。

2)隣国だから仲良くしろ、等は単なる寝言である事が明らかになったろう。地球の裏側でも親しく出来る国はある。

3)原油供給は絶対安全ではない。日本の備蓄設備がこのような攻撃を受ければその被害は計り知れない。原発は構造上、より完全な防御が出来る。安定性からも、原発を推進すべきだ。

4)日本の管理海域には天然ガスやメタンハイドレードなどの化石燃料が量的には完全日本の需要を満たすだけ有る。また石炭も十分にあるが、これらは採掘コストで採算がとれないために採掘されていない。今すぐの実用化は無理だろうが、ただ選択肢の一つとして採掘が出来る様にしておくべきではないのか。現実に原油が輸入できなくなってから始めてもも間に合わない。








においで下さい
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)