FC2ブログ

自民党、ま、しょうがないか


最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


常日頃言っているが、私は概ね自民党を支持している。概ねとは批判している部分もあるし、自民党の体質においても全てを好ましいとは思っていないからだが、それでも他の野党とは比較しても意味がない。日本の野党は、今は完全に屑の集まりと言って良いくらいだ。一応維新は今のところ脇に置いてもよいとは思うが。

先頃共産党の志位和夫委員長がれいわの山師太郎と会談し、野党連合政権の設立で合意したとのことだ。狂散頭は野党の中でも離散集合を繰り返す有象無象の中に有って唯一単独で主張を繰り返してきており、それだけはまあある程度認めてはいた。同意する点など唯の一つもないが、たしかに日本最古の政党だけあるとは冷ややかに見ていたが、ここに来て単に存続だけを願うゴミとくっついたか、やはりなぁ、と思った次第だ。それもれいわだ、相手が。

自民は、本来別々の政治団体が寄り集まって出来ている。つまり多数の政治団体が寄り集まって数を確保することで今の地位にある政党だ。まあ、これはある程度仕方が無いとは思う。細かく言えば個人個人で政治信条が異なるのだから、完全一致することなど兄弟夫婦でもあり得ない。が、問題解決には家族は一致団結するのが一般的だから、自民党もそんな物だと思えばそういうことだろう。しかし、野党連合とは本来の主張も異なるのに自民を倒すためだけに、まさにそれ以外の目的などなしに野合するというのだ。それに比べたら自民の寄せ集まりはしょうがないかと思うし、あるいは互いに牽制することで自民の独断専行を抑えているのかも知れないとも思う。

かつて民主悪夢政権の前の自民は本当に駄目の駄目だったし、それ以前の村山内閣などは自民が形振り構わずにとっかえひっかえ総理大臣を換えて国民にそっぽを向かれた時期のそれこそ形振り構わない社会党との数あわせの連合の故だった。実は今も公明との関係がそのように見える。したがって、自民内部の派閥争いが私の自民嫌いの大きな理由になっている。また当時のとっかえひっかえ総理のどれもが本当に何も出来ない無能総理揃いだった。あれが自民の最悪時期だったろう。私も大嫌いだったが、まさか民主悪夢政権になるとまでは思っていなかった。

今の安倍政権は当時に比べれば段違いに認められるとは思っている。

次に、朝鮮をここまでつけあがらせたのは自民政権だ。隣国だから仲良く等という理屈は元々成り立たない。協調できるなら仲良くなのであり、隣に泥棒強盗ヤクザゴキブリがいればそれなりの対処が必要なのであり、決して泥棒強盗ヤクザゴキブリと仲良くするのが解決策ではないのに、従来の自民党政権はとにかく争いはいけませんというお花畑におもねたか米国に圧力をかけられたか泥棒以下略を甘やかした。金まで払った。今の結果はむろん以下略のせいだが、自民にも責任はある。今の安倍政権のやり方も甘いと思うし、以下略を説得など無意味で、国際社会に以下略の実態を理解させるべきなのだ。これは中国に対しても同じ事だ。

核武装に対する態度も、とにかく日本のお花畑の票を捨てるわけには行かないから今の態度もやむを得ないとは思うが、ただ国民に対し中ロ南北朝鮮の実態を知らせ、核に対しての議論をさせる雰囲気作りには努力をして貰いたい。

軍事力強化などについては、公明などを切り離してもその必要性、特に使わないための核を含む軍事力強化の必要性を訴えて欲しいとは思うが、おそらく今はまだ無理だ。北や中国を適当にあおるなども必要だろうが、別ルートでお花畑に核や軍事力肥料を施す努力はして欲しい。

更に改憲を視野に入れているのは評価するが、自衛隊の明記は当然として、日本が持つべき軍事力は専守防衛ではなく牽制のための軍事力であること、使わないための軍事力であることをもっと国民に説明すべきだ。むろん、簡単ではないだろうが、お花畑は自分で気づかないうちになびくのだからその方向になびかせる努力を、自民はもっとすべきだ。

そのほか、経済政策などにも賛同しかねる面はあるが、とりあえずは国家の安全とはどの様に構築すべきかを国民に理解させる努力をもっとして欲しい言うことだ。また善隣関係とは何かも理解させる努力をして欲しいと思う。

基本自民を支持しているが、全面支持ではない理由を今回は書いてみた。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)