FC2ブログ

日韓もし戦わば


最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



日韓が戦争になることは今のところないと思うが、仮に戦争になった場合、どちらが勝つかというと、結論からすれば朝鮮が勝つ可能性が高い。

むろん、艦船や飛行機などの保有数も質も日本が桁違いに優れているし、兵員数は朝鮮が遥かに多いが、そもそも朝鮮兵が日本に来て上陸でもしない限り白兵戦にはならない。

しかし、それでも日本が負ける可能性があるのは、対地ミサイルの存在だ。朝鮮には、玄武-3シリーズという巡航ミサイルがあり、それぞれ射程は

玄武-3A 500 km -
玄武-3B 1,000 km
玄武-3C 1,500 km-

とされている。つまり日本全土を射程に収めているのだ。因みに東京ーソウル間は940Km余り。むろん、日本には迎撃ミサイルがあるが、対地ミサイルは無い。かつて巡航ミサイル導入を検討したが連立与党の公明党が反対し、現在まで日本にはその種のミサイルは無い。

2017年か射程900kmのミサイル導入を公表したが、実現しているわけではない。そして、今年、F35から発射する射程400Kmの巡航ミサイルを開発すると正式に日本は公表した。

防衛省 長距離巡航ミサイル開発へ 抑止力を強化 F35に搭載「敵射程外から反撃可能」

ただし、これらはあくまで反撃用であり、人口密集地に飛んでくるミサイルにはどうしようも無い。ということは、そのような意志を朝鮮に持たせないために、朝鮮を根本的に叩き潰せる地対地ミサイルが要ると言うことだ。核ミサイルならもっとよい。使わなくて済むからだ。

韓国も、航空機や艦船などの質や数では日本に太刀打ちできないことは理解しているから、ミサイルで決着を付けようとすればすぐに出来るわけだ。日本にはそれに対抗する手段は無い。

本来日本には弾道弾でも開発する技術は十分にある。なにしろ、世界最小の衛星打ち上げロケットを持っているくらいだ。が、あれは兵器ではない。たとえば、地下サイロや山間の秘匿基地からの発射などがいつでも出来る態勢にしておかなくては意味が無い。

日本の通常兵力が優秀であることは朝鮮も北も中国もソ連も知っている。その日本に朝鮮が通常兵器で戦争をするとは考えられない。最初からミサイル攻撃をするだろうし、それが人口密集地に向けられればその損害は計り知れない。つまり朝鮮には日本に対する恫喝手段があるのだ。

ただ、冒頭に書いた様にそのような事態になるとは今はまだ考えなくてもよいだろうが、核でない限り米国が押さえになっているからだ。が、国がどうなろうと反日に明け暮れ無ければ国が保てない朝鮮で、まさかと思う様な決断をする可能性は十分にある。GSOMIA破棄などもそうだ。常識で判断してはならないのだ。

今、自民はかなり支持率を得ている。獅子身中の虫を離して、まともな論議をすべきではないののか。本当の途上国同士の戦争ではない限り、今はミサイル戦の時代なのだ。米国も今では最初にミサイルでたたく方法を採っている。兵士の損失が無いだけ、効率的だしそして結果として費用が掛からない。もし、戦争段階になったら、朝鮮が同じ事を考えないはずは無いだろう。つまりそんな事を考えさせない方法を日本が持つ必要があると言うことだ。





スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちわ、
核兵器が相手国からの抑止力になりえて、敵対国が核を持つっている事で攻撃を逡巡させるのであれば、核は維持費がかかりすぎるとかの論争をさしおいて、人的被害から物理的被害、精神的ダメージから守ることが出来るのなら通常兵器よりも比較が出来ないほど安上がりで有効ではないのでしょうか?
問題は周辺国の対応だけ、当然、支那もロシアも南北朝鮮(そのころにはどちらかが飲み込まれているのでしょうが)も反対するでしょうがあとは米国がどのように出てくるかだけですね。
厄介なのは各大学に配属されている各国からの工作員としか思えない先生や、文化人・自称知識人の類ですかね?
前にも書きましたが敵対国のミサイルが日本の主要都市や施設に照準を合わせている事を広く国民に知らしめるべきで、今やバッファーゾーンとしての地政学的な利など無い事、これからの戦争に勝利するためには人的価値が低くて人口の多い国が最終的には勝利を収めるのではないのかという不安だけです。

Re: No title

> こんにちわ、

いらっしゃい。

> 核兵器が相手国からの抑止力になりえて、・・・通常兵器よりも比較が出来ないほど安上がりで有効ではないのでしょうか?

私はそう信じています。核保有の初期では確かにかなりの費用は掛かるでしょうが、一旦保有すれば、通常の兵力を最小限に出来るはずです。とはいえ、ゼロには出来ません。どうせ核までは使わないだろうとちょっかいをかけてくる馬鹿な国に備える必要はあるしょうから。

> 米国がどのように出てくるかだけですね。

米国は東アジアの防衛を日本に任せるべきではないのか、という意見が台頭してきていると言います。詰まり、日本を守るために米国が核の脅威にさらされるのはおかしいということです。たしかに、今まで他国の戦争に関わって、多くの米兵が死んでますしね。

しかし、現実に日本が核に対応できないなら、対応できる様に核を持たせるのが本当だという意見ですね。ただ、日本人に核アレルギーを押しつけ、平和憲法を押しつけたのは米国ですから、すんなりとはいかないでしょう。だから、中国や北、今は南朝を利用しているとの勘ぐりまであります。あくまで、勘ぐりです。

> 厄介なのは各大学に配属されている各国からの工作員としか思えない先生や、文化人・自称知識人の類ですかね?

工作員もおそらくいるんでしょうね。米国にもいますし、孔子学園などは米国で排除されていますしね。しかし、テレビ芸人の文化人や知識人は反日芸で喰ってますからね。

>勝利を収めるのではないのかという不安だけです。

はい、国土面積の大きな国が有利なのは昔からですが、日本は例えば中国の沿岸部を集中攻撃すれば良いでしょうけれど、最終的には核による飽和攻撃での牽制が最も有力だと思いますよ。中国全土をゼロにする能力は、日本は持ち得ますから。通常兵器でも、日本は中国とのミサイル戦には勝てません。それはロシアも、南北朝鮮にも勝てないだろうと言うことです。

No title

貴重なご意見を戴きありがとうございます。
それにつけても理解不能なのが南の人事、疑惑だらけの人間を大臣に任命して
まるで盗人に金庫のカギを預けるような、日本でも大臣に成ってからすぐに旧悪をばらされて罷免される大臣がいますが、彼達が欲しかったのは元○○大臣という肩書だけなんだなと、あきれて(らめ)ていますが、南では酋長のイスを離れた瞬間に死刑?が確定ですから今回の法の番人たる方も連座せざるを得ないのではないのかと浅慮しております。
ご自身が一番汚れ具合を熟知したうえで拝命したのだから命の値段よりも高価なものを任期中に手に入れるのでしょうが馬鹿な話です。
任命する方もする方ですが受ける方も受ける方で呆然としてしまいます。
私にとって朝鮮人の考え方は永遠の謎です。

Re: No title

> 貴重なご意見を戴きありがとうございます。

こちらこそ、ありがとうございます。

> 私にとって朝鮮人の考え方は永遠の謎です。

朝鮮人は物を考えません。だから、自称、民主主義国家と言いながら、実際には民主主義を理解していないしむろん実践する能力などありません。

そもそも、大統領が例外なく殺されたり投獄されたり自殺する様な国が、民主主義など不可能なのです。結局、彼らが採れるのは独裁国家です。つまり、北朝鮮が本来の朝鮮人のあるべき姿です。実際、彼らは自力で国を作ったことなど有りませんしね。

故に腐敗疑惑にまみれた人物を検察圧迫の為の地位に就けるとは、検察、ひいては司法も自分たちが支配すると言うことでしょう。つまり、朝鮮人には独裁国家以外の選択肢は無いのです。北朝鮮が朝鮮民主主義人民共和国と称するのは、別に冗談ではなく、連中にしてみれば何の不思議も無いでしょうね。

もともと、日本との国際協約破棄も朝鮮の司法に朝鮮政府が従うのは三権分立だから当然と、信じがたい理由で応募工問題などを日本に突きつけています。朝鮮の三権分立は朝鮮国内でしか通用しないことすら問題とせず、当然の様に協約破棄の理由として公言する朝鮮を、国家として扱うこと自体が間違っています。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)