FC2ブログ

日本政府に再び訊きたい


凡そ半年前、2月9日の記事に「日本政府に訊きたい」を書いた。現在更に険悪になっている日韓関係に際し、再び聴きたい。

昨日の記事「内閣府への問い合わせ 2019年9月5日」についての補足として書くことにした。

内閣府への問い合わせ、正確には首相官邸に送ったのだが、どうせ返事が来るわけではない。しかし、多くの人が同じような問い合わせをすることは意味があると思う。

日韓関係の悪化は韓国の嘘が原因と思っているし、その根拠は様々な歴史的事実、物理的な根拠、結果の検証から朝鮮の言い分が全て嘘だとは証明できる。しかし、日本政府はそれを明らかにしたことが無い。無論、朝鮮に対する反論という形では過去にもやった様だが、そもそも朝鮮に事実や根拠を示せと言っても無駄なこと。むしろ何を言おうと無視すればよいのだが、問題は国際社会で韓国の言い分を受け入れている国があるのだ。だから、海外からのコメントで、日本擁護論であっても日本は謝ったのだし、過去のことを何時までも言い続けるのが韓国の間違いだというのが多い。結局、日本は朝鮮の言う様なことを過去にやったのだとの前提でコメントをしている。

さらに、旭日旗問題でも朝鮮のクレームに対し、いくつもの海外企業が謝罪し旭日旗関連の表示をやめたり商品販売をやめたりしている。つまり、いくら朝鮮がうるさいからと言っても事実とは無関係に、また確認することも無しに朝鮮の言い分を飲んでいるわけだ。

また日本海を東海としろと朝鮮が言い、実際に米国の州のいくつかなどは米国が日本海単独表記と定めているにもかかわらず日本海と東海の併記を認めている。万事が万事この調子だ。

朝鮮の出鱈目は日本人なら知っているだろうが、国際社会では声の大きな方の言い分が通る、これが現実なのだ。

なぜ、日本政府は国際社会に対し、事実を公表しないのか。別に嘘を言う必要など無い。なぜ、事実を公表しないのか。

【寄稿】日韓間の真の問題は信頼-河野太郎外相

これは評価できるが、問題は河野氏の個人としての表明であり、日本政府がしているわけでは無い。

結局政府としても今までと対朝鮮姿勢を変えたのだとは理解する。河野氏の投稿などもおそらく政府の方針として個人名で送ったのだろう。が、今までと違い、朝鮮に対する強硬な姿勢を取ったことで安倍内閣の支持率が上がっているし、各種調査でも日本人の意識自体が大きく変わっている様だ。

朝鮮に対する説得など意味が無い。あくまで必要なのは国際社会への事実の表明なのだ。

政府には、それなりの予算を費やして正式にやって欲しい。その為にも、多くの日本人が政府に対しその要請をすれば政府も無視できなくなるだろう。なにしろ、立民党でさえ、この件で政府批判をした途端、国民から批判が寄せられ大慌てで発言を変えた。そして、野党は固まってアベ反対アベやめろとしか言わない。今最も大きな懸案である朝鮮関係、対朝鮮関係では、国民に逆らうわけに行かないので、野党はこの問題についてはほとんど口をつぐんでいる。

政府は事実を明らかにすればよい。それだけのことをすればよいのだ。ぜひ、皆さんも政府に対し意見を送っていただきたい。






最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



コメント

No title

ある程度の教育を施された国民で亜tr場多勢が声をwgw手も「そんな馬鹿な」と否定もできるのでしょうが。地球上のほとんどの国は[声のおおきいもの」「居丈高な態度を取るもの」の前にひれ伏しているのが実情です。
そのような人たちにとって○×が何度も云っているのだから、どこそこの国のTOPが云っているのだから本当なんだろうと、その気にさせるのじゃいとも簡単な事、世界中で嘘を何度もばらまき信じ込ませるのが朝鮮人のやり方、これらにいい含まれた国々は失礼ながら教育を見直すべき)出来ないのが実情でしょうが、)それらはここ、日本でも一つの意見が出ると、人権派と称する弁護士や、自称文化人と言われる社会的な影響力を背景に[異」を唱えます。
多くの日本人も他国と同様に彼達の意見に耳を傾けもっともだと頷いてしまう。これでは未開国の土人、(蛮族)と同レベルであることを自覚すべきなのですが、様々な情報が飛び交う中でどれが真実なのか、どれが信ずるに足らないのかを判断するだけの素養を身に着けるべきと思うのですが、ままなりません。
そういう私なども学校で歴史を教えてもらったのは江戸時代までで学期末を迎え。明治、大正、昭和の近代歴史に関しては全く持ってわかりません、ここにも戦後教育の歪が忍び込んできているのかと思わざるを得ません。

Re: No title

> ある程度の教育を施された国民で・・・・・「居丈高な態度を取るもの」の前にひれ伏しているのが実情です。

はい、そのような人間がほとんどです。結局人間は牟礼で暮らす動物、強いリーダーの命令に従って社会を作る動物です。猿と同じなのです。しかし、猿と違うのは自ら考える能力を持つ物が少数だけ居ることです。

全ての人間が居丈高な態度を取る物の前にひれ伏していたら、今の人類は存在しません。朝鮮は、つまり人類国家ではないですね。中国もそう、ロシアもそう、これらの国々が一応近代国家の様に見えるのは、本当の先進国の見かけだけを真似しているからです。

> 多くの日本人も他国と同様に彼達の意見に耳を傾けもっともだと頷いてしまう。

日本人も大半はそうでしょうね。しかし、それでも日本が精神的にも発展できたのは、江戸時代から庶民に教育を施す世界では例の無い文化があったからです。つまり自ら自立思考の出来る人間が他国よりは多かったと言うことでしょう。

> そういう私なども学校で歴史を教えてもらったのは江戸時代までで学期末を迎え。明治、大正、昭和の近代歴史に関しては全く持ってわかりません、ここにも戦後教育の歪が忍び込んできているのかと思わざるを得ません。

しかし、自分で調べることは出来るはずです。朝鮮を日本が植民地支配した、朝鮮人を奴隷扱いしたのが本当なら、なぜいま多くの在日が居るのか、なぜ多くの朝鮮人が靖国神社に祀られているのか、二十万の朝鮮人女性が性奴隷にされたはずなのになぜ暴動の記録が無いのか、なぜ世界では朝鮮人売春婦が異常に多いのかを不思議に思えば、学校で習わなくとも自分で調べられるはずです。朝鮮でも日韓関係では嘘しか教育しませんが、上記の様な矛盾に気がつけば自分で調べられるはず(日本より制約はあるでしょうけど)ですが、矛盾すら見つけられないほど、洗脳教育がしみこんでいると言うことすね。

No title

たかおじさん今晩は。

仰る通りと私も思っております。ですから個人としても納得のいかない事に関してはバンバン意見投稿をしております。
国際社会上では事実や真実よりも嘘でも声高に主張をし続けた方が勝ちになる事が多い。おそらく日本政府はそれを知らないはずがありません。
我が国の害務省等はもっとも信用のおけぬ我が国の省庁であると私は思って居ります。

彼らや政治家の事なかれ主義が長年に渡り我が国の国益を損ね日本国民の名誉と信用を貶め続けてきた事は間違いありません。今これを跳ね返さずしていつやるというのでしょうか。?また我が国国内の反日メディアについては総務省にしっかりとして貰わなくてはなりませんが、総務省はどのような方針を持っているのか。?外交交渉は主に害務省の仕事ではあるでしょうけれど、隣国はもとより国内に巣食う反日媚韓勢力対応は害務省は管轄外であろうことから横断的対応室等の設置が求められるのではないかと考えます。いずれにしろ日本政府がここで腰砕けになれば今度は日本国民が政府や政治家に対して何らかの行動を起こすしかないと考えます。

Re: No title

> たかおじさん今晩は。
>
> 仰る通りと私も思っております。ですから個人としても納得のいかない事に関してはバンバン意見投稿をしております。

いいですね。むろん、一人二人の意見を彼らが取り上げるとも思えませんが、ただ多くの国民から同様の意見を受け取れば国民の意思も理解しやすくなるでしょう。ただし、いわゆるパヨク連中も数に任せて意見を言うでしょうが、もし政府が真剣なら単なるあらしか本当の意見かは分かるはずです。

> 我が国の害務省等はもっとも信用のおけぬ我が国の省庁であると私は思って居ります。

まあ、役人というのはどこの国でも同じようなものですよ。本当に仕事をしているのは10%も居ないだろうとは思っています。下手に意見を採り上げると自分の仕事が増えるだけと考える役人もいますからね。かつて友人が役人になってそう言ってました。

> 彼らや政治家の事なかれ主義が長年に渡り我が国の国益を損ね日本国民の名誉と信用を貶め続けてきた事は間違いありません。

事なかれ主義は日本文化の特徴とも言え、日本人全体がそのような傾向があります。役人だけの問題では無いのですが、ただ一旦流れが変わると一気にその事なかれ主義が流れに乗る傾向があります。安保、自衛隊などなど結局は少数の動きに大衆が乗っているだけです。だから、大衆を動かすためにはそれなりの活動をしなくてはならないと言うことでしょうね。

そんな日本人でも、他国の知識下層民に比べればかなりましですよ。

かつて日本人の多くが多少問題があっても隣国だから仲良くしなければならないという人間が多かったのは事実です。しかし、このところ急速に朝鮮は別だ、切り捨てるべしという傾向が高まってきていますし、メディアもかつてはモリカケ安倍批判だったのが、今では韓国批判の方が雉が売れると分かって記事の傾向が変わってきていますよ。まあ、赤非や頭狂新聞、日韓ヒュンダイなんかも有りますけれどね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)