FC2ブログ

先進国とは 二

日本の金持ちの数が少ないといつも世界のランキングでは出てくるが、途上国などにとんでもない金持ちがいたりする。その数では、中国や韓国の方が遥かに日本より多い。その本当の意味が理解出来ない知能の持ち主はむろんなにを見てなにを判断しなければならないかなど、到底無理だ。

考えてみれば一般の日本人に、北欧三国の国名と首都、位置関係をすぐに言えるか訊いてみればおそらく応えられない者がかなり居るはずだしアイルランドがどこにあるのか、アイスランドと違うのか、オーストラリアとオーストリアの違いも分からない日本人など沢山居る。欧米人を馬鹿にするわけには行かないだろうが、ただ、一般教養で一桁の暗算が出来ないとか、ヨーロッパがどこにあるかどんな国があるか全く知らない日本人は子供でない限り居ないだろう。

通常観光で、特に団体でツアーに参加する日本人は、現地の一般人に接触することがほとんど無い。接触するのは旅行業者、観光業者、お土産屋など外国人から金を貰っている人々で、それなら愛想笑いの一つもするが、一人で町歩きをして商店に入ったり往来でそこの人と接触すればまた感想も変わるだろう。別に一般欧米人が誰も彼も不親切だ、差別主義者だと言うつもりは無い。むろん、感じの良い人、親切な人は居る。が、相手が外国人でも日本人でも関心を持たない。だから、不必要に親切にするわけではないと言うことだ。

最近のyoutubeなど見ていると、海外から来る人が日本を礼賛している動画が多く、それをみて良い気持ちになっている日本人も多いだろうが、あれが欧米人の日本間の全てでは無い事は理解して置いた方が良い。

それらを全部(とは言え私が見聞きした範囲だが)欧米は決して先進国ではない。階級国家である時点でそうとしか思えない。階級社会は、かつては極めて効率的に機能したのだろうが、それは国家が強力で十分な経済力がある場合だ。庶民階級に国のやり方に口を出させない替わりに生活を保障してきた。それでゴタゴタすることも無く国を運営出来てきた。が、今、その経済力が落ちてきてその余裕が無くなり、十分な生活保障が受けられなくなって、政府はポピュリズムに頼るしか無くなった。それが今の彼らの混乱の原因だ。

もっと酷いのが中国韓国だろうしロシアだろう。結局一般庶民を政治に参加させない国々(無論法律上は全ての国民が政治に参加出来る建前になっているが、参加する知力が無い)は先進国とは言いがたいと思う次第だ。

どうしても、では日本は?と言うことになるのだが、日本は江戸時代から庶民教育を普及させ、一説には男女とも識字率が75%で、貸本屋が繁盛し、版元がベストセラーを出し続けていた国だ。当時日本に来た外国人が、日本人の識字率の高さ、礼儀正しさ、誠意などを母国に書き送っている。

終戦後、漢字などがあるから日本人は識字率が低い、だからアルファベットを使わせるべきだと考えた米国人が、日本政府から日本人の識字率は高いと主張され、試しに全国調査をしたところ、当時のレベルでも国際的には抜きん出て日本人の識字率が高く、自分たちが思い込みで間違っていたことを認め、日本人のアルファベット使用強制はなくなったという。

先進国の条件とは何かを一寸考えてみた。つまり、他国から先進国と認められるから先進国なのではないということだ。欧米の調査会社などが、国際比較をして自分たちが先進国だ、と言うのを懲りもせずやっているが、連中の基準で比較した調査など意味は無い。普遍的な基準で比べるしか無いが、そうなると国民の健康寿命、犯罪発生率の低さ、暴力性の無さ、公平性などが基準になるべきだろう。








最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



コメント

No title

GHQがアルファベットを強要したかどうかは知りませんが、
私の記憶によると日本人の著名な作家(又は文化人が)漢字をやめて
カタカナを国字にすべきだと主張している記事を読みました。
ひらがなよりカタカナが横半分に切っても判別できるのですぐれていると
主張していました。
ちなみに私は小学生の時から大人の新聞(西日本新聞)を読んでおりました。

Re: No title

さんごママ様

コメントありがとうございました。

> GHQがアルファベットを強要したかどうかは知りませんが、

GHQにいたジョン・ペルゼルという将校が、日本語は漢字、平かな、カタカナなど複雑だからアルファベットを使わせる様に主張したのが始まりで、日本でもそれを受け入れる動きがかなりあったそうです。

> 私の記憶によると日本人の著名な作家(又は文化人が)漢字をやめて
> カタカナを国字にすべきだと主張している記事を読みました。

結構沢山居たようですが、有名なところでは志賀直哉、湯川秀樹がそうだったようですね。あと、噂でしかありませんが、志賀直哉は日本語をやめてフランス語にすべきだと言ったとされています。

それに真っ向から反対したのが吉田茂で、日本人の識字率調査をすべきと主張したのも彼です。また、当時の漢字は確かに多すぎたので、当用漢字を定め数を大幅に制限したのも彼の功績だったとか。

> ひらがなよりカタカナが横半分に切っても判別できるのですぐれていると
> 主張していました。

そうでしたか。それは知りませんでした。


> ちなみに私は小学生の時から大人の新聞(西日本新聞)を読んでおりました。

なるほど。だから上記の記憶もはっきりされているのですね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)