FC2ブログ

専守防衛の本質


狂散頭(きょうさんとう)や利権罠手盗(りっけんみんしゅとう)など夜盗(やとう)の面々は相も変わらず改憲反対、憲法9条護持を訴えている。そうすれば日本が戦争をしなくて済むそうだ。そして、この憲法があったから日本は戦争に巻き込まれなかったのだそうだ。

この連中の頭には何が詰まっているのか本当に分からなくなる。少なくとも脳みそではない。

おそらく、この9条が米国から押しつけられた時、戦争とは例えば日本の真珠湾攻撃くらいの発端を想定していたのだろうし、そして専守防衛もそれなりに有効だったのだろうと思う。因みに、専守防衛とは敵から攻撃を仕掛けられた場合のみそれに対して防衛戦を行い、敵が退いたらそれ以上の深追いをしないことを言う。そして、日米安保が機能し、米国がその専守防衛を助けてくれるという結構な話だ。

共産党などは、その専守防衛能力により日本は七十年以上戦争に巻き込まれずに居られたのだから、今後も9条を護持すれば戦争にはならないという。

この専守防衛については主として二つの大きな問題がある。

1 専守防衛とは、戦争を仕掛けられてからそれに対して戦闘を行い、退けることを言う。しかし、まず戦争を仕掛けられないことが先だろう。仕掛けられてから抵抗して仮に退けることが出来ても、そのままではまた仕掛けられる。その度に退けるだけでは、いずれに重大な被害が生じ、それが繰り返されることで疲弊し、いつかは防衛出来なくなるだけのことだ。

詳細は避けるが、戦争とは攻撃側と防御側では同じ戦闘でも防御側の損害が極端に大きいのが普通だ。例えば外からの補給をたたれた場合のことを考えてみれば良い。

当然ながら、二度と戦争を仕掛けられない様に撤退する敵を追撃し、その戦力を失わせ、降伏させ、二度と日本に戦争を仕掛けようなどと考えることの無い様にすべきでは無いのか。その為には、積極的に追撃し攻撃するだけの装備が要る。現在の自衛隊の装備はあくまで戦争を仕掛けられたらそれを防ぐためだけのものであり、積極的に敵を攻撃する装備はない。

一度戦争を仕掛けられたら、二度とその気を起こさせないための反撃、撃退、撃滅の出来る規模の装備が無ければ危険は永久に去らない。

2 何よりも、戦争を仕掛けさせない為に何をするかがもっと必要であるはずだ。戦争を仕掛けられることが無ければ戦争による疲弊も損失も出て来ない。それに対し、ノー天気な野党は話し合いで戦争を避けるという。その野党連中、今の韓国を見てもそれを言い続けるつもりだろうか。何度も話し合いを持ちかけ、国際協定を守る様に説得を続けたにもかかわらずそれを全て無視し、日本に対しては全て敵意を持って返してくる韓国と話し合いが出来るだろうか。

今のところ、戦争にはなっていないが、時代によっては戦争になってもおかしくないほどの状況なのだ。本来朝鮮人は自力で国を作ったこともないし、近代で戦争をしたことも無く、当然ながら戦争で勝った事なども無い。今の状況で、日本が別に韓国に対し武力攻撃をしているわけではないが、仮に日本が徹底的に経済制裁をし、全ての工業製品の供給をやめ、投資を引き上げ、韓国のための信用保証をやめたら韓国はその瞬間に崩壊する。

日本が助けなくとも他国から助けて貰えば良いとか、日本から供給されない基本材料は自国で作れば良いなど相変わらずだが、日本が完全に韓国を見放せば他国も見放す。その現実が見えていない韓国と話し合いが出来るはずが無い。次元が違うのだ。

仮に韓国に軍事力があれば日本に不意打ちを仕掛けてくることさえあり得るのだ。今でもその可能性が完全なゼロとは言いがたい、というより、国防とはありとあらゆる可能性を考えておかなくてはならないのだから韓国から戦争を仕掛けられる事もありうる、あくまで理屈として可能性としてあり得るわけだ。話し合いで解決出来ないからだ。

むろん国家間の軋轢を外交で解決することは当たり前だし、現実に日本は欧米やアジアアフリカなど世界の大半の国と穏やかな関係を築いている。欧米とはそれなりにかなりの部分で利害が異なるが、それを外交で解決している。

がそれが出来ない敵国が存在するなら、あとは戦争を仕掛けられない為に、牽制のために、軍事力を持つしか無いだろう。その為の軍事力は、専守防衛以上に防衛に徹した戦力と言える。なにしろ使わないことを前提としているのだから。

現在、米国は世界の警官として機能しているが、その装備は実は全面戦争にはあまり役立たない。大国同士が全面戦争になった場合、世界が消滅する。だからこそ、軍事大国同士の戦争は今のところ無い。極端に米国よりも小さな戦力しか持たない国に対し米国が一方的に仕掛けることはあるが、その為に大規模空母艦隊や航空部隊が存在する。中国やロシアとの全面戦争になった場合、それらは全く役立たない。局地戦では米国が勝つことが明らかだから、中ロにしてみれば核を使うしか無い。核搭載弾道ミサイルが飛び交えば空母も艦隊も潜水艦も役に立たない。

現実には米国に戦争を仕掛ける国は無いだろう。結局その意味で強大な軍事力を持つ故に、米国はそれを使わずに済むのだ。

米国並みとは言わないが、仮想敵国が中国ロシアであるなら、日本はそれに対抗出来る牽制力を持つべきだ。









最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント

使える軍備と使えぬ軍備

共産党は現行憲法発布の時には反対していませんでしたか?
専守防衛が為し得なかった例はありませんが、それに近く例は竹島ですね。明かに進駐軍統治下の不備を突いての奪取です。

戦争も科学技術の発展発達と共に変化します。
船舶技術が稚拙な時代は陸戦が主で、船舶は輸送部分、戦闘はあっても沿岸や河川でのみでした。
船舶の大型化、蒸気機関の発明等に連れて戦闘場面も拡大し、武器自体の発展から核兵器開発に至り、相互確証破壊なる思考が生まれました。一方で通信技術も飛躍的に進んだ現在では、昔も情報戦はありこそすれ、高い次元に引き上げられ、単に情報の内容ではなく、その伝達技術に係わるサイバー戦を仕掛ける国が表れています。全面的ドンパチが不可能となると、別のエリアに戦を求める悲しい人間の性サガを見る思いです。一国でも悪意を持ってそれを企むなら、悪意なき他国も応じざるを得ません。
宇宙技術が進展すれば、悪意ある国はそこでもサイバーを絡めて戦を仕掛ける事は想像に難くありません。
何故なら、悪意ある国とはそれ以外の国の視点からであり、当事国自体はそれを悪と認識出来ず、当然の事との認識に由来するか、認識出来てもそれをする事での利得を優先するからです。

自国領土外から領土内への大量破壊が既に可能となり、通信など国境のなく目視不可の分野での攻撃が生まれ、今後は宇宙等国境の定められぬエリアでの物理的攻撃が想定されるにあっては、ドンパチと撃ち合っていた専守防衛なる概念自体が陳腐化していると私は考えるものです。

Re: 使える軍備と使えぬ軍備

いつもコメント、ありがとうございます。

> 共産党は現行憲法発布の時には反対していませんでしたか?

はい、おっしゃるとおり、1946当時、共産党は憲法改正に反対をしていました。専守防衛と天皇制に大反対をしていたようです。

> 専守防衛が為し得なかった例はありませんが、それに近く例は竹島ですね。明かに進駐軍統治下の不備を突いての奪取です。

はい、竹島は日本がなすすべが無く、李承晩ラインでは多くの日本人漁民が拿捕され、多くが死んでます。また没収された船は、朝鮮漁業を作り上げるために使われました。

各種の兵器の発達、攻撃が地球の裏側から瞬時に出来る時代、かつて兵力が移動して戦争をしていた時代の専守防衛は意味がありません。中国やロシアの奥地からミサイル攻撃を受けた場合、現実には手の施しようが無いし、むろん防衛のための能力も失われます。

つまり今の専守防衛は意味が無いのです。

> 何故なら、悪意ある国とはそれ以外の国の視点からであり、当事国自体はそれを悪と認識出来ず、当然の事との認識に由来するか、認識出来てもそれをする事での利得を優先するからです。

話し合いで戦争を避けるとは、力が無ければ相手の言いなりになることです。共産党も野党もそうしろと言っているわけで、攻撃してくる方は日本との妥協など考えません。考えるとすれば日本の抵抗で自らが危うくなる可能性がある場合のみです。

日本の反撃により自らが消滅する可能性があるなら、そもそも攻撃はしません。

>
> ドンパチと撃ち合っていた専守防衛なる概念自体が陳腐化していると私は考えるものです。

結局そうです。だからこそ、戦争を仕掛けさせない力が要るわけで、圧倒的な破壊力を日本が持てば、それが専守防衛以上の戦争抑止力になると言うことです。

攻められてから守るより、攻めさせない方法をなぜ野党は示さないのか、なぜお花畑は理解しないのか、結局物を考えないからでしょうね。

No title

たかおじさん今晩は。随分長い間ご無沙汰しておりました。

もう何も言う事はありませんね。自分としては自民党内に巣食う親韓派を排除して欲しい思いもあり、また政策として納得できない部分もありますが、あまた多くある野党よりはまだましと消極的支持をしております。

韓国についてはもうどうでもいと思います。我が国は長い時間を与え彼らが誠意ある対応をする事を待って居ましたが時間切れです。

徹底して冷淡冷徹な対応をとるべき。彼らには何も遠慮をする必要はありません。我が国の反日親韓メディアは韓国擁護の印象操作報道を行って居ますが、それを続けることは自分たちの正体を晒す事になるのが理解できていないようす。私は随分前から我が国メディアは信用していませんでしたが、今後は我が国メディアへの電波使用について総務省にも許認可についての可否や免許取り消し等具体的な事例を上げながら追及する行動も必要になる事でしょう。今回の輸出規制についての報道はあまりにも酷いミスリードですしね。

Re: No title

> たかおじさん今晩は。随分長い間ご無沙汰しておりました。

今晩は。これからもお気軽においで下さい。

コメントありがとうございます。
>
> あまた多くある野党よりはまだましと消極的支持をしております。

私も、自民にも不満はありますが、他の野党よりは格段にましだし、党内の邪魔者達も今はおとなしくしている様なので、応援したいと思っています。
>
> 韓国についてはもうどうでもいと思います。

どうでも良いと言うより積極的に消滅させた方が良いのでは無いかと思う様になりました。確かに、それにより日本が被る損害もありますが、それでも、仮に関係を持たなくても絡んできますからね。
>
> 私は随分前から我が国メディアは信用していませんでしたが、今後は我が国メディアへの電波使用について総務省にも許認可についての可否や免許取り消し等具体的な事例を上げながら追及する行動も必要になる事でしょう。今回の輸出規制についての報道はあまりにも酷いミスリードですしね。

メディアというのは記事を売ってなんぼ、記事が商品です。真実であるより、売れることの方が大切なのでそのような記事を書くことになります。そこに内部から中韓などが工作をしている場合もありますね。でも、一番の問題は、日本人の多くが、なにが問題なのかを考えないことです。隣国だから仲良くすべきと無条件に考える者が居ると言うこと等ですね。隣に強盗や泥棒がいたらよほど用心をし寄せ付けない様にしなくてはなりません。関わらなければ良いと言うことでは無いのです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)