FC2ブログ

日中関係正常化?

安倍首相、来年春の国賓訪日を習近平氏に要請-日中首脳会談

安倍総理のやり方は決してコウモリ外交ではないし、中国もその辺りは理解しているだろう。ただ、現実に米国との激しい経済戦争になって行く現在、日本との関係を改善して米国との争いをなんとか緩和するための口利きをさせるつもりであって、急に日本が正しいと理解したわけでは無い。

その辺りは安倍総理も理解した上で、明確に日本が米国サイドにあることを中国にも示した上での関係改善を受け入れたと考えられる。だから、ファーウェイ問題では、当初から米国と歩調を合わせているし、また防衛費増強も対中国を念頭に置いている。さらに尖閣問題や沖縄問題など、現実に中国とは対立しているし、南シナ海での中国の進出に対しては、日本は明確に中国を抑制する立場を取っている。

中国が日本にすり寄ってきているのはあくまで日本を利用して米国との関係を改善するためだが、そもそも外交とは損得で行う物であって、正義非正義で行う物ではない。したがって、状況が変われば中国が手のひら返しをするのは目に見えている。そのうえで、中国との関係を改善するのは良いだろうが、ただ中国を信頼するわけには行かない。

中国は急速に最先端技術の習得を目指し、確かに宇宙科学、軍事科学、電子科学などなどでそれなりの進歩をしているが、全て日米などから盗んだり良くて真似した物だ。米国はそれに対し、中国に対する締め出しをしているのであり、先端技術の獲得が米国からは難しくなった今、なおさら日本を標的にしている。

それを絶対に忘れてはならない。まあ安倍総理はそれくらいは理解しているはずだ。利用価値があるから中国に対し微笑外交をしているのだ。利用価値がなければ韓国のようにもはや相手をする理由も無いと割り切っている。これで表向きでも韓国を相手にすれば、韓国は更に勘違いをするだけだ。

その点、中国も絶対に信用は出来ない。かつて日本は中国を最大限に支援した。その結果、中国は成長し、そして好きなだけ日本を裏切った。その中国の本質が今になって、米国にたたかれたからと言って治るはずが無い。単に微笑外交で近づいてきただけ。表向き微笑を返しながら、絶対に信じないからこそ、日本は防衛力増強を明確にし、法改正もし、対中封鎖網を米国、インド、オーストラリアとともに形成している。








最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



コメント

簡潔明瞭無駄文字無し

誠におこがましいとは存じますが、簡潔明瞭一切の無駄もないご意見であり、完全に同意するものです。
外交に於いては"情に竿差せば流される"事を常に念頭に置いて当たらねばなりませんね。

無駄な対立は無用ながら、主張すべきは主張し、妥協は相互に対等条件を以て情を挟む事なく絶対的ラインを定めた上で行われねばなりません。それで解決出来ぬ点は軍事、科学技術、経済力等を涵養して防御する事となります。

Re: 簡潔明瞭無駄文字無し

いつもコメントをありがとうございます。

> 誠におこがましいとは存じますが、簡潔明瞭一切の無駄もないご意見であり、完全に同意するものです。

恐れ入ります。

> 外交に於いては"情に竿差せば流される"事を常に念頭に置いて当たらねばなりませんね。

そうですね。外交とは現実には自国の利益を最大限に得ることであり、敵対するよりも協調し、部分的に譲歩しなければならないことも有るでしょうが、それでも失う物より得る物が多ければ譲歩もしますし、誇りにこだわることもありません。そもそも誇りとはあくまで主観であり、極論すれば自己満足に過ぎませんから。したがって、自己満足のために譲歩すべきをせず自らを追い込むのは外交とは言えませんが、今の韓国を見ているとまさに外交の基本すら理解していない事がよく分かります。

日本の輸出規制で今韓国が発狂していますが、それにくらべ日本の外交は近年はかなり進歩してきたと思っています。進歩したとは、外国の価値観は日本とは違うことがやっと日本の役人にも理解されてきたかと思えるからです。それは対中姿勢でよく分かります。

> 無駄な対立は無用ながら、主張すべきは主張し、妥協は相互に対等条件を以て情を挟む事なく絶対的ラインを定めた上で行われねばなりません。それで解決出来ぬ点は軍事、科学技術、経済力等を涵養して防御する事となります。

最終的には軍事力ですね。結局軍事力を背景に置かなければ基本外交は成り立たないと考えなければなりません。私が常日頃軍事力とは、使わないために持つと言う所以です。圧倒的な軍事力を持てば、他国からの軍事的脅威はそれだけ減り、結果として使わなくても済むからです。核抑止力などは典型でしょう。

科学技術力、経済力もそれに準じます。圧倒的な力を持てば、最小限克つ十分な妥協も出来ると言うことです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)