FC2ブログ

信じたい事を信じる 二

韓国を観ていると、今経済的にも政治的にも全く行き詰まり、国際的にも孤立を深め、G20でも先進国首脳と対話する予定が一件も無い。こんな状況であれば、まともな人間なら韓国に問題があるのではないか、と考えるだろうが、概念の韓国人の頭には日本は謝罪し補償すれば韓国は強国として日本を従えられると本当に信じている。国家存亡の危機に瀕しているのに、現実も見えないのだ。ウリはイルボンより上ニダと信じることで、それと矛盾する全てが視野に入らない。

韓国も日本パヨクも似たような物であり、対話も議論も不可能だ。テレビや動画チャンネル,ブログのコメント欄などで、パヨクが証拠と根拠を挙げ事実を証明する形で論争に応じている例を観たことがあるだろうか。可能な限り例を調べてみたが無かった。もし、パヨクがきちんと論争をしている動画なりブログなりがあったら是非ご紹介いただきたい。

私のブログにも当初色々なコメントが来たが、反対論者のコメントに事実を裏付けとした物があったためしがなく、単なる罵詈雑言だけだった。このような馬鹿者達を説得するなど時間の無駄であり、ただ知識は持っていないが自ら考える能力を持っている人たちを説得すれば良いし、いくらでも議論をすれば良い。議論とは、根拠、証拠、論理的推移など様々な物を用いて行うのであって、例えば朝鮮慰安婦など20万もの女性が性奴隷にされながら、家族を奪われた男達が全く暴動一つ起こさず、それどころか朝鮮女性を性奴隷にしたはずの日本軍の応募に対し数十倍の競争率で韓国人が群がり、中には軍の中枢にまで出世した朴正熙の例もある。それでも韓国は20万の女性が性奴隷にされたと主張しているが、それが物理的に可能かどうかなどさえ一切根拠が無い。これで韓国に対し慰安婦性奴隷は事実ではないとどんな根拠を挙げて説明しても無駄だろう。いや、韓国が知っていてでたらめを言っているならまだしも、韓国には事実を観る能力が無いのだ。

理解する能力が根本的に無いから、今国が崩壊しようとしているのに、だからイルボンが金を出せとしか言わない。イルボンはウリに逆らえないニダとしか考えない。

韓国の例があまりに酷いので例にしたが、実は思い込みは誰にでもあり、自分が信じていることは間違っているのではないかと常にチェックする姿勢がなければ、知らない間に自分も韓国化しているのかも知れない。とんでもないことだ。

もう一つ、印象操作という手段がある。韓国では小学生がイルボンは悪い奴らだと日本を爆撃しているような絵を描いてそれを地下鉄の駅に張り出したりしている。日本でもパヨクが反政府でもなどで小さな子供にプラカードを持たせはちまきをさせて、一緒に「アベヤメロ」と叫ばせている。犬にそんなビラをかぶせてデモに参加しているのを観て笑ったことがある。

つまり、こんないたいけな子供までがイルボンやアベを許さないのだという印象操作を言う。こんなものにだまされるお花畑がいるから効果があるのだろう。

子供は純粋なものだ。と考えるのは良いだろう。本当に子供は純粋なものだがだから子供の言うことも純粋だ、正しい、イルボンはそれほど邪悪だ、アベやめろという脳内変換が確実に起きているお花畑がいるのだろうとしかおもえない。信じたいことを信じるとはこういうことも含まれている。




私のブログ

日本の在り方を考える
http://takaojisan.blog13.fc2.com/

においで下さい
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)