スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故民主が駄目なのか

平成22年03月30日

なぜ民主が駄目なのかを、今回は経済政策でまとめてみる。

まず、誰もが開口一番上げるのは、財源が示されずにばらまきをすることで、先日決議された来年度予算は92兆円、史上空前の規模になる。

で、ここでとりあえず問題とするばらまき政策を並べる。

1)子供手当
2)高校無償化
3)農家戸別支援
4)返済猶予制度
5)高速無料化
6)太陽光発電エネルギーなど買い取り

民主の考えでは、国民が金を持っていないから消費が伸びない。だから、国民に金をやれば消費が伸びて、日本経済が活性化すると言う理屈。しかし、これは所得移転であり、右から取り上げて左に与えるだけの物であり国民の所得が増えるわけではない。

また所得制限を設けていないので年間所得1億円の人間も100万円の人間も同額受け取ることが出来る。それについては、個人所得の把握が難しく、所得制限を設けることで事務手続きが非常に複雑になるので、むしろ所得制限を設けない方がスムースに実行出来るから、というのが所得制限を設けない理由だそうだ。

しかし、法というのは公平であることが第一義であり、またこの手当とは本来生活補助であるから自力で生活を十分支える人と支えられない人を同じに補助するのは公平とは言えない。確かに個人所得を把握することは難しいだろうし、そのために事務が繁雑になるかも知れない。またそのために余計なコストが掛かるかも知れない。

しかし、公平という概念を第一義とするなら、それでも所得の把握のためにコストを費やすべきなのだ。それにより支給しなくても済んで浮く手当をそのためのコストに使っても良いのではないのか。

そもそも子供手当一つとっても、子供の居ない人から取って、子供の居る人間に与えるなら、それは不公平ではないのか。民主党曰く、子供は社会が育てるべきだと言うが、もちろんそれは違う。子供は親が育てるのだ。その親を社会がどのように支援するかが政治の役割なのではないのか。

昔と違い核家族化が進み子育てで追いつめられる親がノイローゼになるというが、それに対して金を出せば解決する物ではない。母親学級とか保育所幼稚園の拡充、地域的な支援制度を作ることで十分支援は出来る。もととも子育ては人間の本能ではなくあくまで学習による物であることが学術的にも証明されている。だから、子育てがまともに出来ない親は、金を渡しても子育てが出来るようになるわけではない。親に必要なのは、親としての教育であり、親による子育てを支援する体制だ。けっして社会が子供を育てるのではない。この試みは、かつてのコルホーズ、ソホーズ、人民公社、キブツなどでさんざん試され失敗し、家族の崩壊を招き社会の崩壊を招いている。

高校無償化も、奨学金の充実拡大で対応出来るはずであり、高校進学をせずに働く青少年に対して不公平ではないのか。働くのが嫌だから進学するという高校生は沢山要る。分数計算も出来ず、アルファベットも書けず日本の場所を世界地図で示せない高校生に無償化で良いのか。

農家戸別支援も、結局は農家の自己努力を削ぐだけのことであり、個別の農家を支援しても日本の農業が活性化するわけではない。意欲のある個人農家に対する裏付けのある支援ならともかく、農産物(今回はコメ)の平均価格より低い場合は補填するなど、つまりは農家の票欲しさのばらまきであり、なぜ一般の製造業に当てはまらないのか。製品の出来不出来、需要の大きさなどで価格は決まる。製造業はそれのリスクと戦いながら利益を出そうとしている。しかし、農業だけは政府が収入を保証するなど、どう考えても不公平ではないのか。それより、大規模農業をもっと支援して農業の効率化を図ることで、結果として日本の農業は活性化するのではないのか。

返済猶予制度も、そのために貸し渋りが始まり、本来融資を受けられるはずの工場が、運転資金を借りられずに廃業する。

高速道路の無償化も結果として大山鳴動してネズミ一匹のようだし、結果として渋滞解消には全く影響がなかったことが判明している。そして、JRやフェリーなどが大打撃を受けている。

太陽光発電エネルギーなど買い取りにより、もちろん太陽光発電普及に拍車がかかると言うが、そのコストは太陽光発電装置を設置出来ない低所得者にその買い取り価格が上乗せされることになる。これが公平なのか。

結局、財政で民主が決定的に間違っているのは、資産を増やさずに分配することだ。分配するなら資産をまず増やさなければならないが、それはとりもなおさず付加価値を増やすことだ。付加価値を作るのは企業であり、消費者ではない。需要と供給は鶏と卵だと良く言われるが違う。産業の根本は供給の充実から始まっているのだ。破綻した国家を見ると、供給が無い国ばかりであり、供給がないのに需要ばかり高まった結果国内で需要を満たすことが出来ず外国から借り入れ、そして破綻しているのだ。

日本が何故破綻しないか(少なくとも予測出来る将来に於いて日本が破綻する兆候は何一つ無い)は、常に供給よりも需要が多いからだ。世界では日本はダントツの黒字国家だが、日本が黒字と言うことはそれに対応する赤字国がどこかにある。なぜ、資源もない、小さな国(実はこれ違うが)である日本が黒字国家になっているのかを理解すれば、需要と供給が決して鶏と卵ではないことが分かる。

しかし、今民主がやろうとしているのは供給を無視し、需要を満たそうとしているのだ。
スポンサーサイト

コメント

No title

ブログ主様の懸念も、ごもっともと思います。
ダメだと思うことに警鐘を鳴らすのも、当然のことです。
バラマキ批判も、意味は理解できます。

それらが真実かどうかが、わたしにわからないだけです。


税を集めて使う。これは結局再配分です
誰が見ても公平で納得のいく分配は不可能。
それだけじゃないでしょうか。

時々の政府は、政策を実行する。
反対者は対案を出し、政府政策の結果を突いて自身の正当性を主張して、政権を奪取すれば良い。
政権など絶対取るつもりがなく、何でも反対だけしてればよい社会党や共産党では、不満のはけ口にしかなりません。自民党がそうなりつつあって、残念。

No title

>反対者は対案を出し、政府政策の結果を突いて自身の正当性を主張して、政権を奪取すれば良い。

それは良いんですが、その理念が批判されるんですよ。

不公平はいつでもあるでしょう。全てを政府が解消することは不可能です。しかし、税を取って再配分するだけならバカでも出来るし取られた人間は恨みますよ。企業なら日本から出てゆくでしょう。

問題は税をとれるだけ、つまり税収をどうやって上げるか何です。産業政策しかないんですよ。その基本理念が民主には全く欠如しているんです。

経済政策よりもなお危険なのは、安全保障面ですが。これは待ったなしです。暫く様子を見ようと言うわけには行かないんですよ。

No title

> 基本理念が民主には全く欠如している

のかどうか、わたしにはわかりません。
国の経済を支えているのは産業ですが、その産業は国民によって成り立っています。どういうバランスが良いのか諸説あり、それぞれの主張によって政策提案が異なっているだけだと思いますが。
現政権の基本理念がブログ主様と全く違うことは確かですね。


> 経済政策よりもなお危険なのは、安全保障面

なのですけれども、戦後教育の成果(?)によってお花畑論は十分に浸透しています。
口角泡を飛ばして防衛論や核武装論をブチ上げても、聞いてもらえません。
どのように伝え、浸透を図るか、戦略的にやらなくてはなりません。
そうでないと、単なる人殺し礼賛の戦争マニアとレッテルを貼られるだけになってしまいます。

結局、国会で多数を取り、政権を握らない事には何も出来ないわけで。
小沢剛腕論も、そこから来ているわけで。

ブログ主様は、どういう政治家たちの組み合わせによる政権が望ましいとお考えでしょうか。与謝野+平沼+麻生+石破+前原 とか?

No title

>のかどうか、わたしにはわかりません。
>国の経済を支えているのは産業ですが、その産業は国民によって成り立っています。どういうバランスが良いのか諸説あり、それぞれの主張によって政策提案が異なっているだけだと思いますが。

ええと、前にも吠えましたが、原理原則とは誰がやっても代わらないんです。でも鳩氏はその原理原則を無視していると言うこと。アップルが作ってもデルが作っても、パソコンの原理は同じでしょ。

>現政権の基本理念がブログ主様と全く違うことは確かですね。

基本理念じゃなく、右から左への所得移転ではパイは大きくならない、パイは大きくしなければ分けられないと言うのが原理原則です。
>
>
>> 経済政策よりもなお危険なのは、安全保障面
>
>なのですけれども、戦後教育の成果(?)によってお花畑論は十分に浸透しています。
>口角泡を飛ばして防衛論や核武装論をブチ上げても、聞いてもらえません。
>どのように伝え、浸透を図るか、戦略的にやらなくてはなりません。
>そうでないと、単なる人殺し礼賛の戦争マニアとレッテルを貼られるだけになってしまいます。

そのようなレッテルを貼る人はそれことお花畑なので、戦後の自虐史観、誤った平和教育の矯正、地政学の教育などが必要だということですな。
>
>結局、国会で多数を取り、政権を握らない事には何も出来ないわけで。
>小沢剛腕論も、そこから来ているわけで。

そりゃ言うまでもないこと。だから、別に私はクーデターを起こして鳩の丸焼きを食え~と言っている訳じゃないんで、選挙で合意的に政権を変えようと微力を尽くしているんですな。
>
>ブログ主様は、どういう政治家たちの組み合わせによる政権が望ましいとお考えでしょうか。与謝野+平沼+麻生+石破+前原 とか?

それもまたご無体なご質問。彼等が具体的な政策を出しそれが検討されなければ判断など意味無いでしょ。それともブランドで決めるとか?まあ、とてもベストとは言えないけれど、今の鳩内閣よりはましかとは思いますがね。ミッキーマウス+ゴルゴ13+デスラー総統+原沙知絵(好きなんです(^o^)v・・・)内閣でも、今よりはましかと。

No title

お元気ですか?
【中期】と騙されて、結果が「短期」で済んだことを、喜ぶか恨みに思うか?(笑)
嘗ての様には参りませんが、数日前に彼地では一応復帰しました。その節のお気使いに多謝申し上げます!!

引用【今民主がやろうとしているのは供給を無視し、需要を満たそうとしているのだ】
私も、「菅副首相の需要重視論 vs 竹中平蔵氏の供給重視論」で菅さんが勝ち、その需要論に沿って民主党の経済成長戦略の検討が進んでいるのを、「こりゃあ、駄目だあああ!」と民主党を見放しました。

1.例の内田樹氏の別の小本「私家版・ユダヤ文化論」(文芸新書)に、ユダヤか過去永きに亘って経済力を蓄積してきたその戦略思考に関する記述:
P123引用【新たな産業を興して、需要のないところに需要を生み出す以外にユダヤ人には生計の道がなかった】
学者たる内田さんの「細かな事業手順の間違い」は別にして、私は今日本が遣らなければならないのは此の21世紀型新産業を興す戦略思考でありこの方法論だと確信しています。鳩山首相がぶち上げた温暖化規制を契機として、新エネルギー産業建ち上げに政官財が結束して当れば、日本も何とか21世紀の「後半」を無事に過ごせるのですがね。逆に、然らざれば、暗くぎすぎすしたヒステリーに満ちた社会が出来上がると。
21世紀の「前半」は、幸いに中国などの新興国経済が離陸する様なので、今の20世紀型産業が日本経済を何とか支えてくれるのでしょう。然し、不安定な外需依存の比率が高まり、国内産業(就職口)の空洞化が必至だと考えると「明るい未来」を齎してくれる訳でもないし、精々「前半」でしかないと。

2.民主党を見放しただけでは問題解決にはならないだけではなく事態を悪化させるので、複眼で観て複雑系で思考する科学的論理的な政治家を、現在の政党を横断的に糾合して、「政界再編」をするしかない。新たに出来る「日本救出党」の実質一党独裁を、特段の配慮を持ってかつ時限的に許す。
今は偶々自民党に居ますが、坂本竜馬役に平将明という議員を「たかおじさん」はどう思いますか?自民からは、石破さんや河野(太郎)さんが一緒に動くことになると思いますが・・。有害な蛇足かも知れませんが・・(笑)、勿論「好き嫌い」ではなく。

No title

> 原理原則とは誰がやっても変わらない

それはその通りですが、
「ブログ主様のお考え」=「原理原則」
とでも言うが如き自信がどこから来るのか、不思議でもあります。

「天動説」こそ「原理原則」と思われていた時代もありました。
ニュートン力学という原理原則も、スケールが変わると成り立たなくなることが後に解りました。


> ミッキーマウス+ゴルゴ13+デスラー総統+原沙知絵内閣

つまり、鳩山氏がミッキーの着ぐるみを装着し、国際テロリストと地球征服未遂の大量殺人放射能宇宙人と元モデルを閣僚に任じれば、今よりもマシになるとのご意見ですね。
現内閣が、地球まで滅ぼせるとは思えません……。

-----

(日本人を止めた)無国籍人 さま、ご復帰の由、お祝い申し上げます。

お留守の間、板汚しに顔を出しておりましたが、ご復帰とあらば小生の愚コメは役割を終えたと言えましょう。

No title

お、無国籍人様。いらっしゃいませ。

>お元気ですか?

はい、何とか。

>【中期】と騙されて、結果が「短期」で済んだことを、喜ぶか恨みに思うか?(笑)
>嘗ての様には参りませんが、数日前に彼地では一応復帰しました。その節のお気使いに多謝申し上げます!!

そうですか。いずれにせよ、お元気で復活されたのでしたら何よりです。彼の地にも要ってみます。あそこは時々覗くことはしてますが、反応したい記事もなくて。他も覗いてみますが、やはり平均年齢がネットでは低いせいか、誰かの言葉を鵜呑みにして自分では理解していない書き手が多いようです。ここでも書いた「非核論者の論理」でもそんな場の一つの例ですが。

>「こりゃあ、駄目だあああ!」と民主党を見放しました。

ええ、大体それが出発点ですね。私の場合は安全保障面の問題も大きいのですが。

>学者たる内田さんの「細かな事業手順の間違い」は別にして、私は今日本が遣らなければならないのは此の21世紀型新産業を興す戦略思考でありこの方法論だと確信しています。

私もそう思います。

鳩山首相がぶち上げた温暖化規制を契機として、新エネルギー産業建ち上げに政官財が結束して当れば、日本も何とか21世紀の「後半」を無事に過ごせるのですがね。逆に、然らざれば、暗くぎすぎすしたヒステリーに満ちた社会が出来上がると。

鳩山氏の痛いところは、事前に関係者の協議がなかったという点です。あれでは協力も得られないだろうし、産業界は萎縮してしまいますよ。なにしろ、あれで環境税などと言われれば、結束するなどまず無いと思いますがね。ただ、企業も生き残らなければならないから努力は続けるでしょうし、結果的にCO2削減につながるでしょうが。

>21世紀の「前半」は、幸いに中国などの新興国経済が離陸する様なので、今の20世紀型産業が日本経済を何とか支えてくれるのでしょう。

そこには疑義がありますが、ここでは置いておきます。

>然し、不安定な外需依存の比率が高まり、国内産業(就職口)の空洞化が必至だと考えると「明るい未来」を齎してくれる訳でもないし、精々「前半」でしかないと。

したがって、これも置いておきます。むしろ、中国崩壊による未曾有の経済崩壊が世界を見舞う可能性すら危惧しておりますので。
>
>2.民主党を見放しただけでは問題解決にはならないだけではなく事態を悪化させるので、複眼で観て複雑系で思考する科学的論理的な政治家を、現在の政党を横断的に糾合して、「政界再編」をするしかない。新たに出来る「日本救出党」の実質一党独裁を、特段の配慮を持ってかつ時限的に許す。

民主党を見放すだけで解決にならないのは事実ですが、しかし、民主党の排除は必要最低限の条件でしょう。その結果、腐敗臭紛々の自民が返り咲いても今よりはましかと思う次第です。でもその可能性もなさそうだし、結局自民と少数党の連立くらいに落ち着くかも知れません。

>今は偶々自民党に居ますが、坂本竜馬役に平将明という議員を「たかおじさん」はどう思いますか?自民からは、石破さんや河野(太郎)さんが一緒に動くことになると思いますが・・。有害な蛇足かも知れませんが・・(笑)、勿論「好き嫌い」ではなく。
>
>与謝野、平沼、鳩邦、石破、桝添?ごちゃ混ぜ新党って、民主と同じかというきもするし。たかおじさん新党も支持が集まらないだろうし。

平将明氏ですか。どうも目立ちたがりの割に芯が一本通っていない、まあ典型的な政治家かなぁと。でも、よく知らないというのが実情です。何か注目すべき条件がありますか?

党派はともかく、前原氏や松原仁氏(平氏と同じ選挙区だったかと)などはそれなりに評価しているんですが。

いずれせよ、お時間のあるときは是非おいでください。御神酒を用意してお待ちしております。

No title

> 原理原則とは誰がやっても変わらない

>それはその通りですが、
>「ブログ主様のお考え」=「原理原則」
>とでも言うが如き自信がどこから来るのか、不思議でもあります。

いえいえ、あたしが言うから原理原則なのではなく、誰が引用しても原理原則は原理原則なんです。
>
>「天動説」こそ「原理原則」と思われていた時代もありました。
>ニュートン力学という原理原則も、スケールが変わると成り立たなくなることが後に解りました。

はい、でも思われているから原理原則ではないのは、いくら何でもご存知でしょ。立証されて原理原則です。

またスケールが変わってもニュートン力学が我々の日常から消えたわけではありません。わたし達は量子力学やE=MC2を意識しない世界で生活してますので。
>
>> ミッキーマウス+ゴルゴ13+デスラー総統+原沙知絵内閣
>
>つまり、鳩山氏がミッキーの着ぐるみを装着し、国際テロリストと地球征服未遂の大量殺人放射能宇宙人と元モデルを閣僚に任じれば、今よりもマシになるとのご意見ですね。

はい、確実に。

>現内閣が、地球まで滅ぼせるとは思えません……。

でも宇宙人が親玉ですよ。油断していると地球も滅ぶかも知れません。

>お留守の間、板汚しに顔を出しておりましたが、ご復帰とあらば小生の愚コメは役割を終えたと言えましょう。

何をおっしゃる。気弱で無口で自己主張の一つも出来ず控えめで大人しい私としては貴重な友人と思っているんです。 是非今後ともおいでください。

No title

2010-04-03 12:22 | 成瀬謙三さん
(私は、何方様にも「様、さま」は使いませんので、悪しからずご了承ください。)
(たかおじさんに至っては、ご了承の下に敬称の最後の「さん」を省略させ戴く始末です(笑)。)

引用【ご復帰とあらば小生の愚コメは役割を終えたと言えましょう。 】
などと仰らずに、3人で一緒に楽しくやりましょうよ!!
従来は、仲睦まじいお二人の中に入るのを遠慮していただけであって、今後は少し仲間に入れて貰おうと思っていたところですので・・(笑)。

No title

>従来は、仲睦まじいお二人の中に入るのを遠慮していただけであって、今後は少し仲間に入れて貰おうと思っていたところですので・・(笑)。

ええ、成瀬様は非常に愉快なお方で、私の孤独をいやしてくださる貴重な方です。この上無国籍人様が加わってくださるとは心強い限り。

なにとぞ、浅学非才の私を今後とも御指導御鞭撻くださるなら幸甚です。

一寸これから買い物に出て、夜にでもまた屁理屈をこねて記事を書きますのでよろしければ御両名ともお立ち寄りいただければ。



平将明さん

たかおじさん

私も未だ彼を応援する処まではいっていない、「期待している」段階です。

1.引用【平将明氏ですか。どうも目立ちたがりの割に芯が一本通っていない、まあ典型的な政治家かなぁと。】
厳しいですねえ、たかおじさんは。
1)【目立ちたがり】:
若く意欲のある人物は、そんなものです。問題は、その「目立ち方」が肝心であって、彼のは品もあるし強さも厳しさもあると思っています。
2)【割に芯が一本通っていない】:
未だに自民党の下っ端で居る訳ですからご辛抱下さい。脱藩する覚悟が出来れば、坂本竜馬役をこなせると期待しているのです。
3)【まあ典型的な政治家かなぁと。】:
意味不明ですが・・・(笑)、狸では決してないと観ています。将来、狐になる可能性はありますね、善い狐か悪い狐か解りませんが。
(善いXX、悪いXXの対比はお嫌いでしたか?(笑) 私は有意義な分類だと考えています。)

2.引用【何か注目すべき条件がありますか? 】
以下、凄く主観的!(笑)。
1)中小企業の経営者を遣っていた、話の筋立てに遊びや甘さが無い、目線に勢いがある、眼(がん)の付け方が良い。
2)「カネが欲しいになら事業経営を続けていた、政治家になんかなっていない」という台詞を2-3回聴いたことがあります。私は、あの目付きで吐くこの台詞を気に入っています(笑)。
3)第三者の評価は殆ど手に入らないのですが、唯一有るのは私が高く評価している「あの加藤秀樹さん(事業仕分け事務局長)」と長い付き合いということ。私には取り敢えず其れで十分です。
4)構想日本フォーラム:http://www.kosonippon.org/forum/detail.php?m_forum_cd=231
このフォーラム参加の政治家は全員「カネの問題はない」そうですが、平将明さんが最も拘りがなく恬淡としていた。

No title

なるほど。平氏については申し上げたようにあまり知識がなく、コメントをすることも出来ませんが、先ほど彼の公式サイトを覗いてみました。まあ、大体良い方向を向いているとは思いますが、実家の青果業が本当に金になっていたのにそれを捨てたのか、見切りを付けたのかはなんとも。

しばし、注目していましょうか。

少なくとも今後の自民の中でどのように動くかなど。

ムダボPT・・事業仕分け

明日明後日(4/5-6)の1.5日間、自民党ムダボPT((河野太郎座長・平将明事務局長)の事業仕分けが行われます。

その経過と結果で、平将明という政治家の「深さ・浅さ」を測る機会になるでしょう。
例えば、政策に視点を置いているか? 政局造りに視点を置いているか?
「政策に視点を置いている」として、何処まで科学的で論理的な議論を主導できるか?
資金効率や乗数効果の議論にまで論議を主導できるか?などなど。

No title

>その経過と結果で、平将明という政治家の「深さ・浅さ」を測る機会になるでしょう。
例えば、政策に視点を置いているか? 政局造りに視点を置いているか?
「政策に視点を置いている」として、何処まで科学的で論理的な議論を主導できるか?
資金効率や乗数効果の議論にまで論議を主導できるか?などなど。


ありがとうございますが、観られないでしょう。稼がなくてはなりませんから。

でもネット録画などが在れば観ます。

No title

http://www.jimin.jp/jimin/info/zeikin-voice/index.html

Ustreamやニコニコ動画が入っています。仰る「ネット録画」に当たるかどうか解りませんが。

今日は此れが最後のLoveLetter(笑)。

No title

そうですね、チェックしてみます。国会テレビがありますから観られるでしょう。

良くおつきあいくださいました。私におつきあいくださる方は滅多にいらっしゃらないんです。

でもいつでも又おいでください。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。