FC2ブログ

徴用工日本の対応

徴用工、日韓協定に基づく仲裁の方針 韓国政府に通告へ

日本が韓国に対し、韓国政府がかつて調印した両国の協定を破るなら、日本はそれに応じた処置を執る、と何度も伝えてきた。それに対し、韓国の司法がそのような判断をした以上、三権分立国家である韓国では政府が出来る事は無い、と言い訳をしている。

馬鹿な言い訳が通じると思っているのは本当に馬鹿だからだろうが、韓国が三権分立でも、日本は国家として、韓国という国と協定を結び調停したのだ。韓国の司法が何を決めようと、それはあくまで韓国の国内問題であり、日本とは関係が無い。

三権分立だから協定条約が守れないなら、そもそもどの国ともそんな約束は出来ない。韓国の法律は日本には無関係なのだ。

実際に日本が仲裁委員会による解決を申し入れたが、仲裁委員会とは、当事国が一名ずつ、そして中立の第三国が一名、合計三名の委員会を立ち上げ、その場で協議するものだが、おそらく韓国はそれに応じないだろう。あるいは応じてもその中立の第三国からの委員に対し、どんな工作をするか分かった物ではないし、そのような立場の人間が買収されるなど日常茶飯事なのだ。福島の事故を口実に日本からの海産物輸入を拒否した韓国に対し、WHOが何をしたか、それにたいし先進国の十カ国がWHOの異常性を指摘したことでも分かるだろう。

そして、仮に韓国が委員会に応じなければ国際司法の場に持ち込むと、日本は言っているが、韓国がそれを受ける義務は無い。ただし、受けない理由を公にしなければならないが、のらりくらりと逃げるだけだろう。

結局仲裁委員会も国際司法の場も、法律や約束を守る国が対象であり、それらの概念の無い国は対象にならない。どんなに国際司法で不利な判断を下されても守らないからだ。これは中国も同じであり、国際裁判の判決など現実には何の解決にもならない。日本の狙いは、韓国が嘘つきであることを国際社会に示すことだろうが、それは誇りという物を持っている国に対して有効と言うことで、そんな物の概念さえ理解出来ない韓国には蛙の面にション○ンというだけのこと。連中に分かるのは殴られたら痛いことだけで、それは中国がよく知っている。

結局、実力行使以外に無いのだ。かつて、米国は韓国を対中戦略の盾として使うべく、日本にも我慢しろと圧力をかけていた。が、今トランプは明らかに韓国を信用していない。信用出来ない韓国を盾に使うことは極めて危険であることをもしトランプが理解したならなによりだし、もし安倍総理がそのようにトランプに理解させたのなら極めて有効な手段だと考えられる。かつての米国大統領は、米国が言えば韓国も日本も無条件で従うと思い込んでいたようだ。スケベクリントンやチキンオバマなどそうだったろう。

ある意味、朝鮮よりも中国の方が信用出来る。中国は利害に応じて取引が出来るからだ。朝鮮はそれが出来ない。日本と取引をした方が完全に得な場合でも反日を選ぶのは、今の状況を見ても分かるだろう。中国が信用云々と言ったところで、むろん、あくまで朝鮮に比べて信用出来るという意味で、ゴキブリよりはカマドウマの方がまだましだという位の意味だが。





最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



コメント

留用工

先日テレビで、中共で生存中に銅像の立った日本人と云う番組を放送していました。
生存中に銅像が立ったのは毛沢東以外には彼だけとの事でした。砂漠化に為す統べない寒村に苦心惨憺しつつ植林して農地を形成し、住民生活も向上した事を讃えるものとしてだそうです。
また別の番組だったと思いますが、旧満鉄職員が終戦時に共産軍によって抑留され蘭州方面の鉄道建設に従事されられた話で、彼等は留用工と呼ばれたとの事でした。
私の学友にハルピン生まれがいて、彼の父は元満鉄職員でしたから、この番組で、何故講和以後の彼がハルピン生まれかを理解出来ました。彼の父は新京からハルピンへと動いていますから、保守要員として留められたのでしょう。
ソ連も多数の日本人を抑留しましたが、そのやり方は正に奴隷労働そのもので、数多の日本人が帰還前に命を奪われた事は今更話す迄もありませんが、中共は日本人技術者技能者を必要としている事を現地住民に周知し、差別迫害をしてはならぬと徹底したそうで、技量に応じて給与を払い(並みの現地人の1.5倍の者もいた)、子弟は学校に通わせたそうです。
蘭州迄の開通を以て帰国許可が出て、数日中に帰還を果たしたとの事でした。

同じ抑留でもソ連と中共では大差があって、日本に留学していた周恩来の影響もあったでしょうが、最近の時の政府のプロパガンダは別として、民族の入り乱れた歴史的背景もあってか、文化的には柔軟性を垣間見れる場合があると云えます。
但し、一党独裁ですから、時の権力層の姿勢によってコントロールされるのもまた事実の示す所ではありますが、少なくとも朝鮮よりは賢く、永年に亘りその宗守国でありえたと思います。

Re: 留用工

貴重なお話、ありがとうございました。ソ連によるシベリア抑留は完全に国際法違反であり、条約の一方的破棄と対日参戦は到底人道的に許せる物ではないのですが、ソ連(ロシア)は正式に謝罪も補償もしていません。ただし、エリツィンでしたか、形ばかり謝罪した事はあるようですが、本当に形ばかりであり、条約の一方的破棄への謝罪はないし、軍部将校などの抑留は捕虜であるので違反ではないと言っています。また、抑留者への洗脳を行い、洗脳された者が帰国し反政府運動などをしたとも言われていますね。

それはさておき、かつて毛沢東は反日ではなく、日本に戦後支援を受けたことなどに対し感謝していたとか。鄧小平なども基本的には親日だったのではないかと言われています。中国が本格的に反日政策を採り始めたのは、江沢民以来だとも言われていますが、一度反日を国策にしてしまえばそれを変えることは彼の国では出来ないようです。ただ、日本と正面切ってぶつかるよりも例え心底の信頼関係ではないにしろ協調した方が得だとの計算はあるでしょう。

それとは別に、日本では失脚した田中角栄は未だに中国では大切な友人扱いだとのことです。

> 但し、一党独裁ですから、時の権力層の姿勢によってコントロールされるのもまた事実の示す所ではありますが、少なくとも朝鮮よりは賢く、永年に亘りその宗守国でありえたと思います。

朝鮮と比べては世界のどの国もまともなんでしょうけれど、ただ中国は(中国だけではありませんけれど)国民よりも指導部が生き延びるためには何でもやると考えておいた方が良いですね。裏切るだろうとの前提で関係を保たなければならないと言うことです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)