FC2ブログ

NHK「カタカナは半島起源」

NHK「カタカナは半島起源」

動画

文字を省略することはどこにでもあった。そもそも、文字の成り立ちは、例えばアルファベットは牛(アルフ)を省略してαが出来、それがaになった。牛の囲い(ベード)の絵を省略してβが出来、bになった。アルファベットとはアルファ、ベータが語源。

漢字は元々は絵から作られた。人は人が歩く姿から、馬は馬の絵から出来た。

いずれにせよ、アルファベットにしろ漢字にしろ文字を作り出したことは敬意に値するし、今の我々もその恩恵を受けていることを否定する物ではない。が、文字とは常に言語の表記に使われるのであって、アルファベットや漢字を導入した国々が自国の言語に合わせて改良するのは当たり前である。日本語は当初は漢字を使っていたが、そのうち漢字を表意文字ではなく表音文字として使い出している。表音文字の便利さを認識していたからだ。例えば万葉集は漢字で書かれているが、漢字をそのまま万葉仮名として例えば(阿 あ、伊 い 等)として使っている。但しそれぞれの表音文字には複数の漢字が使われている。

表意文字から表音文字を作り出したとすれば、漢字圏が考えられる。しかし、日本の表音文字は母音+子音の音節文字であり、それは日本独自の物。したがって、平かなは漢字を崩した物(安→あ、以→い 等)、カタカナは漢字の一部を取り出した物(阿→ア、伊→イ 等)。なお、平かなとカタカナは全く別に作り出された物であり、平かなからカタカナが出来たという説は間違い。

なお、中国ではとうとう表音文字は作られず、近年になって簡略体を作り出したが、その結果漢字の長所である表意文字としての特徴が失われた。中国は表意文字として補助的にアルファベットを使っている。中国で急速にスマホが普及したのは文化力のためのように言われているが、実際には日本における電話のようなインフラがなく、さらに国民の識字率読解力が低いために文書による意思疎通が難しいからだ。

韓国は漢字とは全く別に表音文字ハングルを作り出したが、あくまで母音のみ、子音のみの表音記号を組み合わせて音節を作り出している。故に日本の平かな、カタカナとはまるで成り立ちが違い、漢字からの派生でもない。そして、表意文字を使っていたことから同音異義語が無数にあるのに漢字を廃してしまったために、今ではハングルだけで同音異義語を読むという馬鹿なことになっていて、古文書をまともに読める者が居ない。日韓併合時、日本は韓国全土に初等教育の学校を建て、女子を含めて全員に漢字とハングルを混用した読解力を与えた。今の韓国で日帝がハングルを禁止したなどと戯言を言う物が普通に居るがむろんそれは嘘であり、漢字を廃した韓国で実際の文盲が急増した。結果、反日政策を何の根拠も無しに国民に浸透させることが出来た。なにしろ併合時における日本の政策をまともに読み理解出来る韓国人がいないのだ。

2013年のOECDの調査に依るが

読解力・数的思考力 国別ランキング - OECD 国際成人力調査(PIAAC)2013年

日本は世界で一位、韓国は十三位。

韓国より低い国も沢山有るが、もともと識字率が低かったり、欧米の階級社会では上流階級と庶民階級では全く識字率学力が違い、読む新聞もそれぞれ専用のものが作られている。それはさておき、

つまりNHKは単にトンデモ説をあたかも新しい可能性のように採り上げているだけであり、その内容を全く検証していない。いつものNHKだが、例えば最近のNHK番組でもことさら韓流が日本を席巻しているかのような印象操作があったり、NHK教育講座で一方的な日本の残虐な韓国植民地政策が語られたりと目に余る物がある。事実ならむろんそれで良いのだが、一切反論が採り上げられない。

むろん、このような可能性があるという報道ならそれは構わないが、では報道する前にそれに対して多くの識者の話を聞き、それに対する疑問も併せて報道すべきではないのか。例えば、この報道に対し、私や他の人で上記のような事実からこの節は成り立たないとの反論があったとしてNHKは報道するだろうか。以前の経験から一切採り上げないとは思う。なにしろ、教育講座の明らかな矛盾を何度か指摘したが全く無視されている。

かつて私は韓国に批判的な投稿をしたが、番組で採り上げられた時見事に編集され韓国と友好を結ぼう的な内容にされていた。








お願い

コメントに制限がかかって投稿できないとのご指摘がありましたが、設定を少し変えてみました。もしそれでもコメントできない場合、恐れ入りますがgogatsunokyuuri@yahoo.co.jp (但し@前は全て半角)にご一報下さい。また、そちらにコメントをいただければ当方で転載させていただきます。




最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)