FC2ブログ

米国がF35の革新技術を日本に提供?

米「F35機密、日本に開示」…世界最高ステルス機の共同開発視野に

この中央日報の記事によると、読売新聞の報道では米国が日本に第五世代戦闘機のために、現役のF35の技術提供を申し出たとある。

F35機密 米が開示提案…F2後継 共同開発視野に

ただし、正式な防衛相や政府による報道はないし、他のメディアもあまり触れていないようだ。それを踏まえて仮にそれが事実だとしても、

技術はギブアンドテイクであり、日本は分野によっては米国をしのぐ技術を持っている。材料や電子技術など。コストの問題があるが、次期戦闘機F3を自国で完全に製造する可能性もあれば、それを防止するためにF35の技術を米国が出す可能性はあるだろう。

宇宙技術などでも、光子ヨット、イオンエンジン、衛星同士の自動着脱、こうのとりのISS接続方法、小惑星からの物質持ち帰りなどなど、日本が突出している技術は沢山ある。米国などは大規模で金をかけたプロジェクトで目立っているが、ドイツの技術が基本であり、日本は全く独自で低予算で後発ながら分野によっては米ロに肩を並べ、部門によってはしのいでさえいる。

F3についても、日本は試作機”心神(しんしん)”を実際に作り飛行試験をしている。ただし、試験機でありステルス性能や飛行性能の確認をしただけであり、小型の双発エンジンで武装が出来る物ではなかったが現時点では欧米の物に匹敵するエンジンもほぼ完成していると伝えられている。つまり、性能的には十分に第五世代戦闘機になると言うが、いかんせん実戦による技術の蓄積がない。

他国では、第五世代と言えば、中国のJ-20、ロシアのSu-57、米国のF-22(生産中止)、F-35などがある。他の国々でも第五世代戦闘機の開発は計画、あるいは開発中の物があるが、そんじょそこらの技術では到底実現は不可能だ。実際、中国のJ-20は到底実用レベルではないとも言われているし、Su-57は現実には未完成だとされている。実際にその能力が検証されているのは米国だけのように思えるが、その技術を本当に日本に提供すると言っているなら、それに見合う技術を日本がすでに持っているからだと考えて良い。

例えば、隣の某国が、イルボンに技術を渡すならウリにも渡すニダ、とファビョっているようだが、裏切り者には例えイカ徳利の製法でも教えるわけがないし、また某国には米国と交換出来るような技術が何も無い。なぜ自分たちが技術を貰えないかその理由を考えるなどはウリ頭には無理なのだろうが、自分たちよりも進んだ技術を持っているはずの日本なら、と考えることが彼らには出来ない。

実際に兵器についての技術情報は公開されることはないが、米国の最先端技術に日本の材料や技術が不可欠であり、日本との技術交換はすでに日常茶飯事だとも言われている。確かに、最先端の旅客機ボーイング787の機体は東レのカーボン繊維が50%以上使われており、他にもエンジンなどに日本の新素材が使われている。それなら最先端技術が必要不可欠な戦闘機やミサイルなどに日本の技術が採用されていても不思議ではあるまい。その逆も当然あるだろう。

折から青森沖で日本が導入し日本で組み立てたF35の一号機が墜落した。防衛省は機体を回収すると言っているが、米国も深海探査用の設備を提供し、回収に協力するそうだ。青森沖なら日本領海であり、中国やロシアの探査船がこっそり入ることはないだろうが、万が一にも機体が中ロに渡ることを警戒しているのではないか。

四十年以上前だが函館空港にソ連のMig戦闘機が亡命してきて、機体が米国に渡ったことがある。当時は冷戦の深刻な時期で、日本は当然米国に渡したがそれにより一段とソ連との関係が厳しくなった。とはいえ、ソ連に配慮する理由などひとかけらもなかったが。

かつて、中国はベトナム戦争に列車で送られる当時ソ連の最新鋭機を列車から降ろしバラバラにしてコピーしたことがある。

軍事技術を盗むためには何でもするのが当然であり、米国の原爆技術もあっという間にソ連に盗まれている。そんな事は無数にある。

馬鹿ン国は米国から供給されたF-15Kのブラックボックスを開けていじくり回し、米国に修理を要求したことがある。ブラックボックスは開ければ即座に分かるようになっているが、馬鹿ン国はそれを知らずすっとぼけて修理依頼をしたとのことだ。そんな馬鹿ン国に最新技術を渡すわけはないし、F-35を沢山買うから技術をよこすニダと申し込んで一蹴されている。自分たちが何をし、信頼されていないという事実も理解出来ていないのだ。

言い換えれば、米国がF-35の技術を日本に渡すという話が本当だとして、どの程度の物かは分からないが、それに見合う技術が日本から得られ、そして日本がその秘密を守る(この点、日本のスパイ防止法などは穴だらけで心許ない)という前提で、リスクを冒さないレベルの技術だろうとは思う。






お願い

コメントに制限がかかって投稿できないとのご指摘がありましたが、設定を少し変えてみました。もしそれでもコメントできない場合、恐れ入りますがgogatsunokyuuri@yahoo.co.jp (但し@前は全て半角)にご一報下さい。また、そちらにコメントをいただければ当方で転載させていただきます。




最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト



コメント

ミグ25

ミグ25はベレンコ中尉でしたね。
当時最速の戦闘機で、函館から今では茨城空港も併設されている百里基地に運んでの分解でした。どんな高性能エンジンかと思いきや、ただ出力が大きいだけで、IC回路技術が無かった為に、代わりに低温下でも機能する様に進化した真空管が使われていた驚きが思い起こされますね。
あの頃には、船員が海に飛び込んでの亡命(訛りの酷いロシア語で意志確認に難渋した)とか、アエロフロートの機長が日本でコンドームを万引きした(ロシア製のコンドームは事務用指サックなみの厚さで使用感が最悪---個人的にはそれなりの用途もあるかと…)等、ありました。その頃には東シナ海からはボートピープルと称する中には裸足の者も混じった支那人の大量襲来?もありました。
少しは豊かになったならまともになるかと思いきや支配欲は却って増長した今日を鑑みるに、彼の地では斯様な文化なのだとの思いに至ります。
混んだ電車で席を詰めて座らせてあげたらじわじわと股を拡げて来るわ、飯は喰い散らかすわ、話し声はうるさいわで公衆道徳を問わば、斯様な概念は持ち合わせていない訳です。
と、何を書いているか分からなくなってしまいましたが、折角打ち込んだので投稿しておきます。

Re: ミグ25

> ミグ25はベレンコ中尉でしたね。
> 当時最速の戦闘機で、函館から今では茨城空港も併設されている百里基地に運んでの分解でした。

また、当時は当然使われていると思われていたチタンではなく、鋼鉄製の機体だったと思います。最先端の筈の機体が、古い技術の寄せ集め、改良でありその意味で驚かされましたが、ある意味非常に安定している技術でありそれは軍事技術としては非常に大切な要素だとのことです。

最近聞いた話ですが、日本の戦闘機などは最先端技術の集大成だけれど、戦闘能力では問題外だとか。以前自衛隊員に聞いたことですが、自衛隊の正式銃は精密機械であり、戦闘には使い物にならないとのこと。いくら性能が優れていても過酷な戦場で使えなければ役に立たないわけで、軍事技術と生活全般の技術は別物だということです。


> 少しは豊かになったならまともになるかと思いきや支配欲は却って増長した今日を鑑みるに、彼の地では斯様な文化なのだとの思いに至ります。

中国などもそうですが、成金は所詮成金、金を持ってもマナーは別物です。

国家自体がそうで、米国なども金が出来るに従い社会がおかしくなってきているような印象です。その点、私は貧乏なので何時までも清く正しくいられると屁理屈で納得しています。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)