FC2ブログ

人権万能論

人権とは人間であるために有する権利である。しかし、よく考えてみる必要がある。

人権の範囲は、時代により変わってきた。江戸時代、町民は武士に逆らえなかった(実際はそうでもなかったが)し、女性も男性に逆らうことが出来なかった(実際はそうでもなかったが)

途上国では地位や資産の額で人権そのものの範囲が変わることが当然とされている。

欧米は格差社会であり、求められる人権が階級によって異なる。

宗教国家では、異教徒の人権は無視されるケースが多い。

途上国では女性の人権が存在しない

韓国では親日家は人間ではない

結局人権を主張すべき人間が、本来の人権を知らないし、そもそも本来の人権とは何かなど決まってはいない。

人権とは本人の立場、能力により変わるのが当然と理解すべきではないのか。基本的に本人の希望に添った状況になれることが人権を満たすことになるだろう。その本人の希望をどのように評価するかはまた別の問題である。つまり生まれ育った環境で持った価値観により本人が望む状況が異なるということだ。

例を挙げるなら、中東諸国やアジアアフリカの未開発国では、女性は男性に隷属し家庭を守り、子供を育てるためだけに存在し、それを正しく行って男性に保護されるのが女性として理想の在り方だと教育されそのように本人も信じているなら、それを間違っていると指摘しても無駄だろう。つまり本人の望む人生のためにはそのような教育を親が娘にするのが正しいのだ。それに対し、他国の人間がそれは間違っていると指摘しても、謝った思想を押しつける邪悪な存在でしか無い。

神の言葉が絶対であり、神の言葉を疑うように言うものは明確な敵でしかない。つまり神の言葉、命令を絶対と信じて安息を得ている人間に対し、それを間違っているというのは彼らにとって人権侵害なのだ。

となれば、日本が諸悪の根源であり、自分たちが絶対に正しく世界を指導し導く存在だと信じ込んでいる国や国民、民族にたいしどんな根拠を示して説得するのも無駄というものだ。

無論、世界には様々な歴史や価値観を持っている国家民族が混在している。日本や日本人と同じ価値観を共有する国も民族も存在しないが、ただ人間としての共通点があれば妥協という手段があり、概ねその方法で共存している。その根本的な共通点とは、争いをしないで共存する、他者の価値観に干渉しないという妥協だ。それを守れない者たちは人類共通の敵と認識されても仕方あるまい。ISにも彼らの価値観があり、彼らの人権はあるのだろうが、それを認めることで他者の人権が脅かされるのであれば共存はできない。朝鮮もそうだろう。彼らの場合は、日本以外には妥協しても、日本との共存ができないというなら、日本が彼らを排除しなければ日本人の人権が脅かされる。他国は、自分たちが安泰ならば日本にも、まあ我慢しろという。両者が争えば俺たちが迷惑だという訳だ。当事者以外はそんな物だ。

今韓国と日本が仮に戦争になりそうになった場合、予想される米国の方針はとりあえずは日本の側に立つだろう。韓国を全く信頼していないから。ただ、本当に一触即発になった場合、日本を押さえようとするだろう。日本には理屈が通用し、韓国には通用しないから。

現在でも韓国の主張が全く根拠のないでたらめであることくらい米国は知っている。かつて韓国の言う慰安婦問題でも、日本が韓国の言うようなことをしたとの証拠は米国の膨大な当時の記録にはなかった。日本が過酷な植民地支配をしたとの記録も全くなく、韓国が日本と独立戦争をしたなどと言うおとぎ話も米国は相手にしていない。が、それでも米国がそれを表に出さないのは、韓国を対中対ロの防波堤として使えなくなる、すなわち米国の手を離れることを嫌ったから、日本にあの慰安婦難癖で謝罪を強いたのではないかと思える節がある。

中国やロシアなどは、反米だし反日でもあるから基本常に日本を敵として行動しているが、経済的な利用価値があると思えば微笑外交もする。日本の仮想敵国がこの両国であることは全く変わっていない。が、韓国はこれら両国とは違う存在なのであり、利用価値があるから日本に対し微笑外交をするなどはない。これだけ経済的に疲弊し、日本から制裁を受ければ息の根が止まることは知っているが、それだから日本に対する敵意を燃やす。

世界にはどうにもならない未開国は無数にあるが、韓国のような国は他にあるのだろうか。先進国に噛みついても、金を与えられればおとなしくなる、そんな国なら沢山有る。が、朝鮮は金をよこせ、俺たちの言うことを聞けという。

人権の話題から逸れたが、それが彼らの人権意識なのだ。日本を敵視し優位に立つことが彼らの目的であるなら、それを奪うことは彼らの人権を踏みにじることになる。少なくとも朝鮮人はそう感じる。人権を持ち出した意味が分かるだろうか。

彼らとの妥協は出来ない。今のままで済ませられれば良いが、無数の朝鮮人が憎悪を抱えて日本に来ていると想像した場合、それが何を意味するか理解出来るだろうか。欧米に入り込んだイスラムテロリストと違い、長い年月をかけて日本の教育、メディア、公的機関、政界に入り込んでいるとすればそれが何を意味するか理解出来るだろうか。

現実に米国などはイスラエル系に支配され、地域によっては中国系、そして朝鮮系に侵されている。彼らは米国の価値観に溶け込まず、自分たちのコロニーを作り、地方から侵食している。







お願い


コメントに制限がかかって投稿できないとのご指摘がありましたが、設定を少し変えてみました。もしそれでもコメントできない場合、恐れ入りますがgogatsunokyuuri@yahoo.co.jp (但し@前は全て半角)にご一報下さい。また、そちらにコメントをいただければ当方で転載させていただきます。


最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)