FC2ブログ

オレオレ詐欺

それにしても連日のようにオレオレ詐欺に引っかかったという報道が続く。どうしてそんなに簡単にだまされるのか理解出来ないが、私の身近では被害に遭ったという話は聞いたことがない。もっとも、被害に遭ったと宣伝するよりはだまされたことを恥じて隠すだろうから、隣近所は知らないが、近親者の中でも聞いたことはない。

警察からも繰り返し繰り返しオレオレ詐欺の手口を教え、銀行でもATMなどにはオレオレ詐欺に気をつけろと警告が出たりする。自分はだまされないと言っている人が引っかかっているし、被害に遭ってから肉親などに言ってだまされたことにやっと気がつくそうだ。

最近では現金を受け取りに来る受け子に渡したり、銀行カードと暗証番号を渡したりと信じられないようなだまされ方をしている。むろん被害に遭った人は気の毒だとは思うが、どうしてそんなに簡単にだまされるのか理解出来ない。

被害者の多くは高齢者のようだ。金が有り余っているならともかく老後のために蓄えた金をそっくり盗られて、生活が出来なくなると途方に暮れている人の声をラジオで聴いたことがある。高齢になると判断力が鈍るなどと言うこともあるのだろうが、普通はだまされない人の方が大半だろう。

日本特有の犯罪というわけでは無さそうだ。はじめは日本人は疑うことをしないお人好しが多いからだろうと思ったこともある。確かに根拠も無いパヨクの言葉に操られるお花畑も言っちゃ悪いが高齢者が多いし、そもそも疑うことの出来ない人、すなわちパヨクに入れあげるのも高齢者が多い。今では共産党などの支持層は明らかに高齢者であり、日本でかつて社会党が大きな勢力だった頃と違い野党が落ちぶれているのも高齢者が実現性のない言葉にだまされるからだろう。

ただし、カルト宗教などの信者には若い人間が多いし、オーム真理教の幹部達は大方が高学歴でインテリと思われる者が多かった。今のパヨク団体幹部なども似たようなものだ。ただし、彼らから見れば私たちも”ネトウヨ”であり、いい年をしてだまされているというのだろうが、どちらがだまされているかは主張に沿った結果が出ているかどうかひとつによる。その結果すらまっすぐに見られないならもう判断力自体が消失しているのだ。さらにその判断力もあくまで中立した教育によってしか身につかない物なのだから反日教育に明け暮れている例のどうしようもない国も結果が原因を作り次の結果を生み出す悪循環に陥っているだけのこと。

その結果として詐欺国家が日本から金を取ろうとしているし、そして現実に日本政府は金を払っているのだ。つまり日本人だからだまされやすいのではないかと思っていたしある程度そうなのだろう。が、実際には世界には詐欺が溢れている。国家ぐるみの詐欺を働く朝鮮みたいな国は他にもあるが、よく知られているのはナイジェリアの手紙などだろう。かつては航空便などで世界中にばらまかれたりしていたし、私の会社には"小切手”が送られてきて、正確な額面は忘れたが多分数万ドル以上だったと思う。文面は、これを現金化すればよいのだが、自分の国では出来ないので、これを現金化してくれないか。そうしたら何十パーセントかを差し上げる、書いてあった。安物のペラペラの紙に印刷したその小切手を、会社ではしばらく壁に貼っていた。こんな手口でだませると思っているのかと笑っていたのだが、実際にだまされた人が居ると聞いて驚いた。中には金を持って指定された第三国に行き、そこで金を取られ人質になって身代金を取られたり殺されたりしたケースもあるとか。

今では航空便では来ないがメールが来る。私も何度か受け取ったことがあるし、英語だけではなく怪しげな日本語で来ることもある。こちらの方は指定口座に金をいついつまでに払わなければウィルスが私のPCを壊すのだそうだ。おそろしやおそろしや。

何億ドルもだまし取られて倒産した銀行もあると言うから、詐欺というのは馬鹿には出来ない。何の裏付けもない話を信じてだまされるのは、先に書いたお花畑などもそうだ。隣の国のみならず、日本でもパヨクの言うことに何の裏付けもないのは少し確認すれば分かることだ。武器を捨てれば戦争にならない、安倍政権を倒せば日本は良くなる、太陽光発電で日本の電力をまかなえば自然は綺麗に保たれる、私(ブログ主)の言うことを全て信じれば人生間違いなしなどなど。

信頼出来る人が言うから信じて良いというのも違う。言う人は信じているのかも知れないし、善意で言ってくれるのだろうが、裏付けのない話は保留にしておいたほうが良い。


慰安婦詐欺などに引っかかる国もあるから人ごととは思えない。


お願い

コメントに制限がかかって投稿できないとのご指摘がありましたが、設定を少し変えてみました。もしそれでもコメントできない場合、恐れ入りますがgogatsunokyuuri@yahoo.co.jp (但し@前は全て半角)にご一報下さい。また、そちらにコメントをいただければ当方で転載させていただきます。



最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)