FC2ブログ

パソコンの中身

壊れたパソコンなどをばらしてみて気がつくことがある。

パソコンの部品としては、CPU、すなわち中央演算装置と言われる大きな半導体で、インテルが一番多く使われていて、他にアムダールとかザイログ辺りがほとんどを作っている。ただし、他にもCPUメーカーはあるし、日本のメーカーも作っているが、一般のパソコン向けには上記三社がほとんどと言って良い。全て米国メーカーだ。

次に大切な部品と言えば今はマザーボードという基板で、これは現在は台湾メーカーが主だと言って良い。

RAMというメモリーがあるが、これは様々なメーカーが世界中にある。

次に記憶装置として、従来はハードディスクといわれる物が作られ、これは現在は米国のシーゲート、WDがほとんどで、ごくわずか東芝が作っている。これは、機械的に回転している円盤に記録する形式で、容量も非常に大きな物が作られるようになったが物理的に記録読み出し速度に限度がある。今は急速に個体デスクといわれる物がハードディスクに置き換わってきているのだが、まだ、記憶容量ではハードディスクに遠く及ばないし、また寿命にも限界があるが、読み書きの速度が桁違いに速いため使われるようになった。価格も急速に下がってきているし、寿命も実用上問題はあまりなくなった。

つまりパソコンの部品としては、日本製の物がほとんど無いということだ。初期の頃のパソコンは非常に高価で、プリンターやディスプレイなどの周辺機器と合わせると、小型の車が買えるほど高価だった。

今、当時と比べれば極端にパソコンの値段は下がったが、性能は当時の企業向けコンピューターシステム(私のいた会社でも導入していて、専門の技術者が扱っていた)よりも遙かに優れているはずだ。比較も出来ない。が、値段は、その頃の企業向けコンピューターシステムの一万分の一もしないはずだ。そして、それらの製品は日本製ではない。

私は、何台かノートパソコン以外、長年日本メーカーのパソコンを買ったことが無いので中身がどれだけ日本製の部品を使っているのかは知らないが、ただ、上記の部品を使っているならおそらくほとんど外国製の筈で、せいぜいケースやもしかしたら基板の一部半導体、抵抗やチップなどは日本製なのかも知れない。

当然だが、劇的に価格が安くなったのは、日本で作らないからだろう。今はICのような物でも韓国は無論、マレーシアやインドネシアなどでも作ることが出来る。実際日本製の物と性能は変わらない。値段は全く違う。つまり、日本でこういう物を作り続けていたら現在ほどパソコンは普及しなかったと思われる。パソコンばかりではない、携帯電話やスマホなどでもそうだろうし、産業用の機械、医療設備などなど、日本が作っていては世界に普及しなかっただろうとは容易に予想できる。

しかし、それらを作るための源素材、加工機械などは日本がほぼ独占状態であり、それらを製造コストの安い国に売って、それらの国が作れば日本が作るのと同じ物が出来る。結局今パソコン、携帯、スマホ、各種家電、産業機械その他諸々の凡そAI関連の製品は、日本が原材料と製造設備を輸出し製品を他国が作ることで普及し、そのため日本がまた原材料や製造設備を売って利益を得るという形になる。かつてのテレビなどもそうだったろう。

似たようなことが過去にもあった。時計やカメラ、自動車などは近代化するにつれ誰もが必要とする道具になったが、いかんせん欧米がそれらを独占していて非常に高く、普及を妨げていた。自動車などはフォードが安い車を大量に作る方式を開発したため、西欧の自動車メーカーは競争できなくなり、高級ブランドに特化して生き残った。時計もカメラもかつては高級品で普及が妨げられていたが日本が安くて高性能の時計、カメラを量産したため全世界に普及し、市民の生活レベルを上げた。それまで独占していた西欧のメーカーは、これも高級品路線に特化することで生き残っているが、現実に世界に普及しているこれらは日本製、そして日本から材料や製造設備を買った第三国製品がほとんどだ。

今、韓国は日本から経済制裁を食らうかもしれないと言う時、韓国人は日本が韓国から買う金額の倍を買っているのだから、日本が韓国に経済制裁をすれば日本の方が打撃が大きいと本当に信じているようだ。が、日本の原材料や製造設備が停まれば韓国は製品を作ることが出来なくなる。そしてこれら原材料や製造設備は日本が独占している。日本は、他の国にこれらを供給し安い製品を買えば良いだけのことで、韓国は売るものが無くなる。

現実に日本は韓国から買っていた半導体などを他から買う選択を始めている。

戦闘機などは米国製が世界で一番優れていて日本も買っている。が、現実には日本の素材が無ければ米国の戦闘機がまともに作れなくなってきている。兵器の開発から配備まで十年かかるとして、今急速にそれが進んでおり、一端そのような物を作ってしまうと、日本以外からの供給元が無い以上、米国には選択の余地が無くなる訳だ。これは一般製品でも言えることで、かつて阪神淡路大震災や東日本大震災で一部の日本製部品が停まったために半導体などの生産が出来なくなって大騒ぎになったのは記憶に新しい。

パソコンの話から大分それたようだが、結局今安いパソコンが買えるのは日本が他国に作らせている(言い方はともかく、どこに作らせるかは日本の選択という意味)のは紛れもなく事実だ。

サムスンが日本のメーカーを圧倒していると韓国人はホルホルしているが、彼らはその実態がどういう物か全く理解していない。していなくても構わないが、世界の最先端技術製品を左右しているのは日本だという事実、そしてこれが日本の通貨を安全資産として基軸通貨に準ずる国際通貨となっていること、経済危機になれば日本円が買われる事実の理由だということだ。

西欧は、技術では無く金融で経済を動かしている。いや、それしか出来ないのだ。基本的に中東産油国と同じだ。

日本経済が強い理由、信用されている理由は、パソコンをばらしてみれば分かる(例えであって、実際にばらさなくても良いだろうが)






お願い

コメントに制限がかかって投稿できないとのご指摘がありましたが、設定を少し変えてみました。もしそれでもコメントできない場合、恐れ入りますがgogatsunokyuuri@yahoo.co.jp (但し@前は全て半角)にご一報下さい。また、そちらにコメントをいただければ当方で転載させていただきます。


最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



コメント

アムダールのパソコンCPU???
ジーン・アムダールも池田敏雄氏もびっくり
ザイログのパソコンCPU???
そりゃあCPMの昔だなぁ

Re: Re: タイトルなし

> アムダールのパソコンCPU???
> ジーン・アムダールも池田敏雄氏もびっくり
> ザイログのパソコンCPU???
> そりゃあCPMの昔だなぁ

だから?

Z80は今でも使われてるけどね。むかしはZ80を使ってPCを自作していたが、今はZ80は別の使用目的で今でも売ってるね。

アムダールも同様と言えるけどね。まあ、別に会社内容の説明などしていないが、ただ、日本製のCPUが一般PCに使われることはなかったが、米国製が一般的に使われていた事が説明出来ればそれ以外の事は特に関係なし。

Z80 万歳。

トホホ

AMDをアムダールと読んだのは流石ですね。
『Z80万歳』ならZ800→Z8000 嶋正利さんのその後、ウーン 感慨深いなぁ。

Re: トホホ


> 『Z80万歳』なら

私自身は今はZ80を使ってないけれど、おそらくジャンクボックスにはあると思うし、ペリフェラルでA255(?)なんぞと組み合わせてコンピュータ作ってましたよ。

トホホ

科学技術に論及するのは止めた方が良いと思うよ。
正解はHDのシェアだけだから。
高野孟氏の原発事故のブログで出会って何年になるのかなぁ。
右寄りのそれなりの論客かと思ったけど。
老い耄れたものだ。
まあ僕とても君よりもズット老い耄れたけどね。
あっそうだ!!!!
・・・・・またにしよう。


Re: トホホ


> まあ僕とても君よりもズット老い耄れたけどね。
> あっそうだ!!!!
> ・・・・・またにしよう。

何を言いたいやら。記事の趣旨など君にはどうでも良いのだろうし、まあ君の的外れ感想もどうでもよい。科学的論拠を正確に求めたいなら、いくらでもその場はあるよ。あ、高野孟氏ね、まだ生きているのかな。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)