スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます


明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。


日章旗



スポンサーサイト

コメント

賀正

穏やかな初春を寿ぐと共に御貴殿のご健勝を祈念申し上げます。

昨年は大晦日間際迄動きの激しいものでした。
物事は事実があり、それに基づく解釈があります。
例えば、WW2の目的に対してアジアの解放か侵略かと解釈が分かれています。
改めて玉音放送の全文を読むと、天皇陛下が二度に亘りアジアの解放と述べて居られます。
大本榮ならいざ知らず、天皇陛下が虚偽の発言をする必要はない訳です。況してや後世にまで記録に残り、しかもその後の連合国側の戦後処理を控えている状況ですらあった訳です。
更に開戦に至る事実記録を踏まえれば日本として解釈は自ずから定まって来ます。
中共や南北朝鮮が如何なる解釈をしようが、それに合わせる必要はないのです。立場が異なるのですから。相手側の解釈を受け入れる必要も無いし、否定する必要もありません。
解釈とは斯様なものです。
必要な事は、記録に裏付けられる事実の相互確認だけです。
件の慰安婦の合意の今後の対応も同様に考えます。
それらは経済事案でも同じで、現象は各種の指標などで示されるものの、解釈は専門家でも一致しないのが寧ろ当然となっています。

殊に南シナ海でも分かる様に、勝手な解釈のごり押ししかしない政府を相手には解釈を合わせる事など不可能な事は現在進行中の事案にあってさえ明らかな訳です。
極端な話、解釈などはいくらでもこじつけられる訳ですから、理想論も含めて屁の突っ張りにもならず、実力行使に対しては実力行使で応えるしかないのが実情として構えねばなりませんね。

賀正

> 2016-01-01 21:15 | あづまもぐら様

>穏やかな初春を寿ぐと共に御貴殿のご健勝を祈念申し上げます。

明けましておめでとうございます。あなた様のますますのご健勝ご盛運をお祈りいたします。

>例えば、WW2の目的に対してアジアの解放か侵略かと解釈が分かれています。

ただし、それは立場による解釈の違いを統一することは不可能でしょう。日本には侵略の意志はなく、防衛戦争であったと考えるべき根拠はいくらでもありますが、現実に日本軍の被害を受けた人々にとってそれはその被害の理由にはならなく、結局事実はどうであれ、侵略と主張するものを理論として正しくとも防衛戦争だったと納得させるのは無理でしょう。

>更に開戦に至る事実記録を踏まえれば日本として解釈は自ずから定まって来ます。

結局、日本にとっての歴史的状況から止むに止まれぬ戦争であったと解釈することに何ら矛盾はありませんがそれを全ての関係国の普遍の事実とすることは不可能でしょう。

現実に米国には、原爆投下が戦争を早期に終結させ結果として多くの日本人の命を救ったと信じている者は非常に多いし、むしろ大半といえるでしょう。到底日本人としては受け入れる事は出来ませんが、彼らと論争をしてみても説得できるわけではありません。ただ、原爆が一般人を大量に殺害した事実は彼らも認めており、だから原爆は使用すべきではないとの不文律が出来ているのも事実です。

>中共や南北朝鮮が如何なる解釈をしようが、それに合わせる必要はないのです。立場が異なるのですから。相手側の解釈を受け入れる必要も無いし、否定する必要もありません。

ということで、その通りです。


>必要な事は、記録に裏付けられる事実の相互確認だけです。
>件の慰安婦の合意の今後の対応も同様に考えます。

これや南シナ海の件についても、事実を彼らに突き付けても無駄です。国民は洗脳され政府の言葉を信じているでしょうが、彼の国が意図的に事実をねじ曲げ日本を攻撃している以上、彼らとの話し合いは不可能だし意味がありません。結局は、力で押さえ込むしかないという事になります。ただし、証拠や記録を積み上げ検証し、何が事実であったかは国際社会に対して示す必要があります。これは日本の地位を落とさないために必要です。

中韓に証明するのは時間の無駄です。嘘つきを嘘つきとののしる意味などありません。嘘をつくなら罰するとの意志と能力を示す以外にありません。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。