スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千年の禍根

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



すったもんだしていた従軍慰安婦問題が、一応の妥結を見たとのことだが、私はこれで、日本は取り返しの付かない禍根を子々孫々まで残したと思っている。

「心からお詫びと反省」 安倍首相が日韓首脳電話会談で表明

この、安部総理の心からのお詫びや反省とは何に対するものか。結局韓国慰安婦を日本が強制連行し性奴隷にしたという韓国の主張を受け入れ、それに対しお詫びや反省をした以外の意味はない。一般論として慰安婦は悲惨だというなら、当然最も多くいた日本人慰安婦もその対象になるし、そもそも何度も書いているが戦場において兵士の性処理は切実な問題であり、これが現地女性のレイプ問題などを無数に引き起こしているのは枚挙にいとまがない。したがって、慰安婦が悲惨であろうと、今回日本がそれを公式に認めたとは、日本がそれに責任を負っていると明言したのだ。

更に、単なる言葉だけではなく

10億円財団設立、首相がおわび

つまり、日本軍の責任を認めるからその賠償金を日本が出すとの意味以外何があるだろうか。犠牲者である慰安婦達の生活支援をするとは彼女たちに犠牲を強いたからだと誰もが普通に思うのではないか。それに対しパク大統領は国民に、今回の妥結を受け入れてくれと声明を出したそうだ。また、将来、この問題は解決したものとして政府として二度と蒸し返さない約束をしたのだそうだが、民間は強烈に反発しているし、慰安婦達は絶対に認めない、政府の協約など無視すると言っている。仮にパク政権が蒸し返さなくとも次の政権は蒸し返すだろう。蒸し返せば日本から金が取れるなら、その金の卵を産む鵞鳥を殺すわけがない。そして、日韓基本条約で解決済みと言うはずが、今回この様な妥結になったとは、今後も繰り返すことを意味している。韓国は都合によって国家間の条約も無視し、特に日本との約束は最初から守る必要など無いと考えている。

国際社会の支持呼び掛け=日韓慰安婦合意を歓迎-米

この様な報道を観るに付け、日本が唐突に理不尽とも言える妥結、実際は日本のほぼ100%の譲歩とも言える妥結をしたのは、米国の圧力があったからと考えるべきだろう。

これは日本軍が従軍慰安婦の強制連行、性奴隷化に法的責任を認め賠償をすることを認め、米国も国際社会もそのような日本の殊勝な態度を認めてやるべきだ、またそこで許してやった韓国の寛大さを認めるべきだと言っているに等しい。日本政府は、法的責任は認めていないと言っているが、それは国内、特に自民党内からの突き上げに対し慌ててそういっているに過ぎない。が、それは国際社会の常識では、責任もないのに日本が慰安婦の生活支援をする理由など無いのであり、日本は法的責任を認めたと解釈されて当然だろう。

それに対し、韓国政府は慰安婦像設置や対日批判は民間の行動であり、関与できないとあらかじめ言っている。それを承知の上の協議だったわけだ。過去の繰り返しでいずれ韓国はこの問題を持ち出すだろうし、日本は自らの主張、基本条約で解決済みとの立場を自分で覆した。この従来の主張さえ本来は絶対に認めるべきではなかったことだ。

ここまで日本に譲歩を押しつけた米国は、とどのつまり押さえやすい方を押さえただけのことであって、事実などどうでも良かったと言うことだ。実際、米国社会では中国韓国系の移民が政治的に力を増してきて、押さえやすい日本を牽制する方がよほど簡単だった。事実がどうであれ、これで日中間の軋轢が収まれば米国の立場も良くなる、めでたしめでたしと言う話だ。

実際の所、米国で中国韓国系の移民が計画的に送り込まれ、内部から米国を動かす等いつもあった。米国は金で政治が動く。また米国は他国のことを学ぶ能力が無く、他国が内部に侵入し政治を動かす可能性に全く無警戒だと言える。かつてコミュンテルンは米国内部に深く浸透し、コーデル・ハルを動かし事実上の宣戦布告であるハルノートを日本に突き付け、日本を戦争に引きずり込んだ。また蒋介石は妻の宋美齢を米国に送り込みルーズベルトやその妻エレノアに働きかけ、フライングタイガー部隊創設など事実上宣戦布告無し
に対日戦に踏み切っている。真珠湾が日本の欺瞞だとは、口が裂けても言えないアメリカの裏切りと言っていい。

そして、同じ事がいままた起きているということだ。

集団自衛権や日米安保、核の傘などで米国を信頼することと、国家が何を最優先するかは全く次元が違う。仮に日中戦争が勃発したとして、中国が、米国に対し日本に肩入れするなら米国は中国の対戦国家であり核による攻撃も辞さないと恫喝した場合、それでも米国が日本を護るなどと考えるのは馬鹿の極みだろう。どの国も最優先すべきは自国民の生命財産の保護であり、他国民のそれを自国民より優先する政府など存在しない。立場を替えれば日本もそうであるはずだし、そうでなければ国民は政府を信頼できない。

最低限の条件として、自国の安全は自国で護るべきなのであり、その上で他国と同盟する。自国を自力で守れないような国は他国も絶対に信頼はしない。日本が米国を信頼できるのは、米国の軍事力あってのことであり、他のどのような親日国も米国の立場には立てない。

米国との同盟は深化し持続すべきだが、一方日本独自の強力な抑止力、即ち強大な核戦力を持たなければならないのはこの理由に依るし、またこれ以外の方法はない。外交努力や他国を味方に付ける努力は無論欠かせないが、上記の理由で最終的な自国防衛は自国のみが行うことは原則なのだ。


韓国外相「少女像、適切に解決するよう努力」

けっして、韓国政府の責任で撤去するとは言っていない。努力はしたが民間のやることだからそれ以上できなかったで終わるだろうし、韓国の民間反日団体、実際は政府関連の場合がきわめて多いが、は今後もエスカレートさせるだろう。金の生る木を切り倒すはずがない。そして、新しい金の生る木を見つけた他国がある。

台湾、日韓協議と同等の対応要求

当然ながら中国やインドネシア、フィリピンなどもその種の団体が言い出す可能性は大であり、オランダなども可能性はある。世界中に慰安婦はいた。自ら選択して慰安婦になったり、親に売られたりなどだが、日本軍は強制的に慰安婦をかり集め性奴隷にしたと、例え日本政府が否定しようがその認識は一人歩きする。いくら日本国民にあれは法的責任を認めていないと政府が言っても国際的には無視されるし、私も今更馬鹿な言い訳をするなと言いたい。

なぜそうなるのか。

「歴史的」「画期的合意」 海外メディアが評価

多くのメディアの認識は、日本が今までかたくなにはねつけていた責任を一転して認めたこと、韓国政府がこの条件で妥結し、寛容さを見せたことを評価し歓迎しているとの論調だ。たんにひねくれてそういっているわけではない。事実、一例だが、次のような記事があり、これは別に特別な物ではない。

日韓こじれたのは日本の硬直的立場に原因…米紙

ウォールストリートジャーナルの記事だが、WSJは世界最大の発行部数をもつ新聞であり、内容は共和党より、穏健保守とされ、世界的にかなり影響力の強いメディアだ。WSJがこの様に言うとは、それが世界の共通認識であると考えて良いし、実際他国のメディアも同じような論調と言っていい。

つまり、今まで日本が日韓基本条約で解決済みだと言ってきたことなどがこの様な認識を国際的な物にしていたのであり、あくまで日本政府の失態なのだ。

国際認識がこうである以上、日本は明確に法的責任を認めそれに対する賠償で片を付けようとしているというのもまた国際認識であると観るべきだろう。

これで、日本は今後立場を翻すチャンスを永久に失った。安部総理は、子々孫々まで非難を受けるべきではないと言っているが、そもそも非難を受ける様な事実はなかった。そして、いま子々孫々まで蛮行を行った日本国民として子々孫々まで観られることになる。

この様なことを出来させた安部政権は国民に事実を説明する責任があるだろう。すなわち、日本軍が組織として慰安婦狩りをし、性奴隷とした歴史的事実を物証状況の検証と共に日本国民に示す責任だ。日本軍の蛮行が事実なら、日本人はそれを認め、敢えて韓国や国際社会からの侮辱を受けようではないか。

が、その証明が出来ないなら、安部政権の今回の行為は万死に値する。たしかに、安部総理個人が責任をとらなくてはならないとしても彼個人がどうしようもないとい立場上の事情はあるだろう。党内の獅子身中の虫やなにより米国の圧力など実際に彼個人で責任をとれと言うことは出来ないとは思う。特に、従来の自民党が何度も韓国に譲歩し、更に基本条約で解決済みだと繰り返してきたことが今回の仕儀に至ったのは動かしがたい事実であり、たまたま今安部氏が自民党総裁であるのは不運だとも言える。が、彼が自分の責任で、と言った事実もまた無視は出来ない。

実際は、私は今後も安部政権を支持し続けるだろう。なにより、今の自民に代わりうる野党など全くないし、さらに経済政策や国防政策などではやはり評価が出来るからだ。が、自民党、安部政権が今回冒した失態は決してそれらに相殺されるようなことではない。

いまさら、政府が後出しでこの様な事を言っている

慰安婦問題、法的責任「含まず」

これは韓国に言っても全く意味はないし、国際的にもみっともないと観られるだけだろう。国内的にこれで説得できると考えるなら、国民を甘く見すぎている。

<韓日外相慰安婦会談>日本、軍関与の事実と政府責任を明確に…「強制動員」明示的表現は外れる

日本政府がどういおうと、韓国では明確に日本が法的責任を認めそのための賠償をするのだとの”事実”が当然の認識であり、却ってこれにより日本に対する敵意に火がついただけのことだ。さらに、


日韓外相、質問なしで合意発表…文書作成見送り

将来二度とこの問題を蒸し返さないとの合意文書も作成されなかった。例え文書があっても韓国は自分の都合で翻す。その相手に文書作成もしていない。今度は米国始め国際社会の目前で行われたから、韓国が裏切れば非難されるだろうという理屈にはならない。何度でも、日本に謝罪賠償させることを米国はためらわず行う。韓国ばかりではなく、請求書は中国、台湾、インドネシア、フィリピン等々からも来るだろう。米国は、歓迎するとは言っているが、将来これで米国が責任を持って関係国に蒸し返せないとは一言も言っていない。そうだろう、米国にとって事実などどうでも良く、押さえやすい所を押さえるに過ぎないからだ。米国では現在中国系韓国系が大きな影響力をもつにいたり、それは内部から他国を浸食する彼らの100年の計が実を結びつつあるからだ。


共同文書化できず 「最終決着」は韓国次第 財団への拠出金急ぐ必要なし

それで、日本が拠出金を出さないと、日本は最低の協約も護らないとの新しい飯の種を提供することになり、それを抑えるために金を出すことになる。過去のアジア女性基金が何を生んだか思い返してみることだ。

日韓合意で「慰安婦」教科書どうなる 軍関与言及「悪化招く恐れ」

今回の妥結で形だけでも双方が合意したのは、

日本は慰安婦の苦痛に対し心からのお詫びと反省を表明する。
慰安婦の生活支援基金を創設し、日本は10億円を拠出する
在ソウル日本大使館前の慰安婦像は撤去する
上記慰安婦像が撤去されたことを確認後、10億円を拠出する
今回を以て、両国は互いに相手を批判することを二度と行わない

上記は文書として残される事は無かった。これに対し、韓国側では民間団体に働きかけ、慰安婦像撤去をするように努力をする。
大統領が国民に対し、今回の妥結を理解し支持してくれるように要請したが、民間団体はそろって反発し、慰安婦は一切の妥結条項を無視する、安部総理がここまで来て膝を屈して謝罪し、全ての保証金を支払うべきである。慰安婦像は撤去しない。
教科書に慰安婦の記述を設け銃らの通り慰安婦教育を続ける。
ユネスコの記憶遺産に対し従軍慰安婦の記録を取り上げる運動は取り下げない。

これで、日本の主張が受け入れられたと言えるのか。何度も繰り返された韓国の裏切りを全く学習していない。この様な妥結は新たな口実や手段を作らせるだけのことであり、二度と繰り返させないための唯一の手段は、国際社会に向かって慰安婦が当時普通にどの国でもあった女性の合法的な職業であり、韓国慰安婦は進んで応募してきたか身内に売られたか(日本でも娘を売るなど普通にあった)、だまされてきたのであり、しかも慰安婦は自由に行動でき、将校よりも高い給料で親に仕送りをし当時高額だった映画などを楽しみ、軍の証明書で各地位案所を一人で移動していたなどが証拠として残っている。また、本当に20万いや、その10分の1の母、娘、姉妹などが慰安婦狩りで連行され性奴隷にされながら、一切暴動が起きた記録が無く、当時普通にいた朝鮮人警察官などは何もしていないなどどのように説明できるのかを、日本政府は納得できる形で日本国民に説明する義務があるだろう。

そのうえで、当時日本軍が意図的に韓国の言うような行為をしていたことが事実なら、日本人はそれを認め納得しなければならない。

さて、首相官邸に下記のようなメールを送っておいた。


「今回の日韓における慰安婦問題妥結につき、失望の一言に尽きます。

1)なぜ韓国に外相が出向き妥結を急ぐ必要があったのか、日本側にそうする理由があったのか
2)日韓基本条約で解決済みとの従来の日本の主張をなぜ日本が覆したのか
3)日本は法的責任を認めたわけではないと協調しているが、国際社会の常識ではそれは通用しない。韓国メディアは日本が国家賠償をしたとの論調一本になっている。他国のメディアもそのような見方である。
4)日本側が求めた慰安婦像撤去に就き、韓国は民間団体に働きかけ努力するとの言葉に留めている。つまり日本側の要求は何一つ通っておらず、却って日本が従来の立場を変えて韓国の主張を認めざるを得ないとの事実だけが明らかになった。
5)共同文書の作成も韓国は拒否した。今まで何度も日韓の協約を一方的に反故にしてきた韓国がどうして文書も為しに将来蒸し返さないとの確信が持てるのか。
6)例え韓国政府が今後蒸し返さないとしても、民間団体の行動として政府は関与できないとの立場で、米国など他国に慰安婦像を建て続ける行為を放置するのか。
7)米国加州の高校教科書で従軍慰安婦が強制連行された性奴隷であるとの記述が採用されるが、そのようなケースは今後も拡大してゆくだろう。政府は今回の妥結で、それに対する手段を失ったと言える。
8)万が一韓国が主張することが事実であるなら、日本政府は日本国民にその根拠を示し説明する責任があるはずだ。

以上です。今後も阿部内閣は支持しますが、それは代わる野党がないからであり、無投票、無記名投票も野党を利することにしかならないからの苦渋の選択であることをご理解下さい。

繰り返しますが、なぜ一方的に韓国に譲歩したのか、何がそうしなければならない理由があるのか、また韓国の主張は歴史的事実なのかを根拠を挙げて国民に説明されることを望みます。

上記は、今後も私のブログ
日本のあり方を考える
http://takaojisan.blog13.fc2.com/
で記述し続け、他団体に働きかけてゆくつもりです。」

ここまでして、韓国との関係改善をする理由があるのだろうか。一般論として隣国との間にもめ事はない方がよい、というのはその通りだろう。だが、その隣国が明確な敵意を持ち情報戦を仕掛けているなら、まずそれと戦わなくてはならない。韓国が中国に飲み込まれれば日本が直接の中国からの脅威にさらされるというなら、裏切り者が日中の間に居ること自体がもっと大きな脅威だろう。どんな約束をしていようと、裏切り者は背中から撃ってくる。南スーダンでの自衛隊による韓国軍への1万発の銃弾提供の件などほんの一例だ。彼らは日本をだますことを愛国的手段ともてはやし、日本に対しては何をしても当然だとしている。そんな韓国との関係改善が何をもたらすかは火を見るより明らかだろう。

いや、韓国は口では厳しいが本当は日本に憧れ日本を好きだという韓国人が無数にいるというおめでたいお話もよく聞く。私自身、別に韓国人にだまされた経験はないし、大昔友人の一人は韓国人で、一人だけ年も近くいつも一緒に飲みに行っていた。人なつこい男で、誰にも好かれていたといえる。アルバイト先で出会ったのだが、そこの課長に「彼は韓国人だが差別しないでやってくれ」と言われ、お前が差別をしているんだろうが、と腹立たしく思った。仕事で韓国人と関わったことはあまり無いが、知らない間には韓国人と付き合っていたことはあるだろうし少ない例で、韓国人と知りながら付き合ったが別に不愉快な思いをしたことはない。日本人と別に変わらないし、そもそも韓国人であるなど意識していなかった。だから、彼らと友好を築くなら個人がそれぞれやればよいだろうし、好きならキムチでもサムゲタンでも食べればよい。

が、韓国は明らかに国策として事実とは異なる歴史を捏造し、国民を洗脳し、反日を以て政権維持を図ってきた国だ。その結果、韓国世論は、訴求法である親日罪を作り上げ、日韓基本条約を保護にし、大統領に対する名誉毀損で、元記事を書いた韓国メディアを不問にしながら引用した日本メディアを起訴し、責任者を7ヶ月出国禁止にした。結果として無罪にしたが、国際批判の結果だ。日本大使を襲撃した犯人を執行猶予にし、同じ犯人が米国大使を殺しかけた事件では誰も責任をとらなかった。

こんな韓国と関係改善や友好を築くなど今の安部政権は、気が確かとは思えない。確かに韓国が崩壊すれば不法難民が多数密入国してくるだろう。それなら、ビザ無し渡航を停止し、今の韓国人に対する永住権を取り上げ、帰化条件を厳しくすることだ。さもなければ、米国と同じ、内部から浸食されるだけのことだ。これ以上の韓国との距離を近づける理由など全くない。更に遠ざけ、監視だけはきちんとしてゆく、これが正常な日韓関係の改善ではないのか。

さて、では日本政府が自らの手を縛ってしまった以上、民間が国際社会に向け事実を知らしめてゆくしかない。それについて何が出来るかを常に考えているが、結局は公開討論の動画配信が一番効果的に思える。とはいえ、個人が思いつきで簡単に出来るわけではなく、多くの賛同者が要る。具体的な方法も含め、以前の記事

公開討論の実現

をお読みいただきたい。

引用記事の確認の場合は、上記のURLをクリックして元記事を参照してください
スポンサーサイト

コメント

No title

たかおじさん今晩は。誠に残念ながらこの件については日本の完敗です。

いくら日本政府が国内向けに取り繕った説明をしてももはや何の役にも立ちません。むしろ怖いのは今後の国際社会の日本を見る目。

結局安倍さんもダメだったという事でしょう。
本当に取り返しのつかない事を自民党政権はしてしまいましたね。

すでに台湾、中国がこの件について日本政府から金をせびろうとしていようです。もう私は自民党すら応援する気はなくなりました。たとえ微々たるものであろうと次世代の党を応援するつもりです。 

No title

2015-12-31 19:49 | 一有権者様
>
>たかおじさん今晩は。

今晩は

>誠に残念ながらこの件については日本の完敗です。

メディアなどでは韓国を追いつめた等という報道もありますが、嘘をつくことを何とも思っていない相手に嘘をついたら承知しない、といっても意味がありません。嘘も裏切りも何とも思わない恥知らずが、こんな事で追いつめられるはずがないですからね、だから日本が一方的に譲ったのと同じ事でしょうね。
>
>むしろ怖いのは今後の国際社会の日本を見る目。

いや、それほど今までと変わらないでしょうね。今までも日本が韓国を一方的に侵略し、植民地支配し、慰安婦を強制連行し性奴隷にしたと思っていたんだし、日本政府はそう思われても仕方がないことを散々やってきましたから。何度もお詫びをしたり補償をしたりしたのは、韓国の言いがかりが正しいと誰でも思います。

日本の馬鹿さ加減がこんな事を引き起こしたんですよ。むろん、韓国が嘘つきであることは国際社会は知っているでしょうけれど、日本はやっと自分のやったことを認めた、というだけです。
>
>結局安倍さんもダメだったという事でしょう。

まあ、安部氏が責任をとるのは当然でしょうけれど、今までの自民党のやってきたこと、米国からの圧力、そして今最優先しなければならないのは中国の脅威に対しどのようにするかであって、そのためにはどうしても米国を味方にしておかなくてはならず、敢えてやったのだとは思います。それを理解しますから、私は安部氏を責めるつもりは実はあまり無いんですが、ただ、彼の立場上責任はとらなくてはならないと思っています。

>本当に取り返しのつかない事を自民党政権はしてしまいましたね。

新しい記事でも書きましたが、政府はもう二度と汚名を雪ぐ機会を失いましたが、民間がそれをすべきだと思っています。

>
>すでに台湾、中国がこの件について日本政府から金をせびろうとしていようです。

当然でしょうね。北朝鮮も、インドネシアやオランダなどもそうするかも知れませんね。

>もう私は自民党すら応援する気はなくなりました。たとえ微々たるものであろうと次世代の党を応援するつもりです。 

まあ、何処の政党を支持するかは個人が決めることですが、私は上記の理由で自民を支持し続けます。経済政策や外交政策、国防政策のどれ一つをとっても自民に代わる政党はないし、次世代の党も良いとは思いますが、実際には大勢に影響しないと思います。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。