安部談話

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ





1カ月後に発表される「安倍談話」、その内容はどうなるか?

今、特亜や国内の腐れ左翼がしきりに気にしているのは、今月にも出されるとされている戦後70年の安部談話の内容だ。先に出された村山談話、河野談話のような、日本の侵略戦争にたいする痛烈なお詫びを盛り込むかどうかが、今はもっぱら隣の異常国家、および何処の国の人間か分からないいわゆるプロ市民や野党が騒いでいる。

まず第一に、安部談話を出す意味があるかどうかと言うことだ。戦争終了後70年経ったのは別に日本だけではなく、あの戦争に関わったほぼ全ての国々にとって、同じように戦後は70年過ぎている。ただし、その70年の間に何度も戦争をしたアメリカ、中国、ロシアのような国もあれば、一度も戦争をしていない日本のような国もある。

また、戦後70記念と言っても、中国やロシアのように日本を名指しで対日戦勝記念と称する国もある。この様な状況で、果たして安部総理が安部談話を出す必要があるのかという疑問は、私にはぬぐえない。が、一方、安部総理の言葉を借りれば、日本が戦後一貫して平和国家として世界平和に貢献してきたその事実を表明したいという思いがあるとのことで、もし談話を出すとすればこの一点だけでよいはずだ。

しかし、村山談話や河野談話では、日本の戦争により、アジア諸国が苦しんだ、女性が強制連行され性奴隷にされたなどの事実に対しお詫びするとの言葉があった。が、これらの事実など無かった事は明白であり、河野氏自身、自分でそのような間食を持ったからだ、というだけで事実を検証し確認したわけではないのだ。そして、未だに日本は朝鮮人女性を強制連行し性奴隷にしたのだから謝らなければならないと言っている。


これに勢いづき、日本に対し非難を集中し、謝れ補償しろとかさにかかってきたのが例によって朝鮮だ。

繰り返すが、日本軍が朝鮮人女性を強制連行し性奴隷にした事実はあらゆる証拠、状況からあり得ないことが証明できている。慰安婦がいたのは事実だ。が、当時、兵士の性犯罪を防ぐために軍が慰安所を作ることは世界中普通にあったのであり、日本はその処置がきわめてきちんとしていた。他国の兵士による性犯罪は非常に多く、現地との摩擦の種になっていた。

朝鮮の言いがかり、強制連行性奴隷は言いがかりであり、それを受け入れた河野洋平とは極めつけの売国奴でしかない。とうぜん、安部総理の談話にこの様な謝罪などはいるべきではない。また、アジア諸国を侵略し苦痛を与えたという件については、立場の違いであり、確かに戦場になったアジア諸国では日本に対するそのような恨みもあったのかも知れない。が、今では中国やその犬以外、国家として日本に其の謝罪を求める国など皆無だ。むしろ、苛烈な白人による植民地支配から日本が開放してくれたとの意識が広がり、また戦後の絶え間ない日本の支援の為もあり、今アジアでは、いやアジアのみならず世界中で日本に対する評価はかなり高い。

中国やその犬は日本が世界やアジアで孤立していると信じ込んでいるようだが、実際は孤立しているのは彼らであり、今まで日本が何度彼らを助けたか解らない。先般、インドネシアで開催されたバンドン会議では、日本が招待され、安部総理が戦後の平和国家としての日本の歩みを表明したことに対し満場の拍手があったのことだ。

中国は無論、その犬は招待されず、そしてアジア諸国が日本を高く評価し自分たちが孤立している現実にやっと気が付いたらしい。そのためか露骨に日本にすり寄ってきている。中国は国内経済が破綻に瀕し上海株はすでに収拾のつかないほど暴落し、他国の資本は急速に引き揚げ、なんとかアジアで金をつかもうとして設立したサラ金バンクAIIBには肝心の日米が参加せずに、信用の裏付けが出来ない。下手をすれば設立前に雲散霧消してしまいかねないのがAIIBであり、そのためもあって中国は表向きの強面とは違い実際に主として経済面での対日接近を図っている。

韓国はもう覆いようもないほどの経済不況で全てが八方ふさがりであり、国内からパクリゴネの対日批判一方の外交が招いたことだと政府攻撃が激しくなっている。パクリゴネも対日関係を改善したいと公に言っているが、もう日本国民がそれを受け付けなくなっている。すり寄ってくるそのそばから、日本が謝罪し韓国の許しを得ることが関係改善の条件だと言っているようでは、日本が関わりたくないと心底思うのは当たり前だろう。

その韓国と日本の腐れ野党だけが、安部談話に侵略したお詫び、慰安婦を性奴隷にしたお詫びを入れろと言っている。安部談話とは、戦後70年、平和国家としての地位を作ってきた日本が今後も世界平和のために努力をすると言う意思表明であり、特亜が言うようなお詫びなど、アジアどころか世界のどの国も求めていないし、仮にも止められてもそれに応えなければならない理由など無い。安部氏が談話を出すとすれば日本の決意を述べるためであり、特亜のご機嫌をとるためではないはずだ。

特亜は馬鹿で狂っているから解るが、同じような要求をする日本の腐れ野党は、心底腐りきっているのだ。中国に一言でも世界ルールを守れ、周辺国を恫喝するな侵略するなと言わないこれら売国奴達のために安部総理が言葉を費やす理由など無い。

一方、同じ終戦記念でも中国では

中国、「対日戦勝」「南京事件」記念日を正式採択

等をやるつもりで、この式典に安部総理を始め主だった国々に招待状を送っている。ロシアが参加表明をしたのは、ロシア自身日ソ不可侵条約を一方的に破棄して終戦一週間前に突如として満州に侵攻した手前、対日勝利をことさら宣伝しなければならないからだが、中国に招待された他国の大半が態度を保留していると言われている。

安部総理の談話を観てからとの事だが、実際は日本のそれ以上の出方を観ているのだろうし、なにより、今崩壊が現実味を帯びている中国に近づき日本を敵に回す事へのためらいもありそうな気がする。

いずれにせよ、日本は中国に敗北などしていないし、対日戦勝を宣伝しなければならないほど国内ががたがたの中国に日本が譲る理由など何一つ無い。

それに、米国がどうやら中国に対する態度を変えたらしいとは世界でも理解しているのだろうし、今中国にあからさまにすり寄ることで日米とよけいな摩擦を抱え込みたくもないだろう。


米中激突なら1週間で米軍が制圧 中国艦隊は魚雷の餌食 緊迫の南シナ海

実際は米中戦争はおろか、小競り合いも起きないだろう。その可能性はかなり低い。ただし、もし偶発でも小競り合いが起きた場合、中国が一方的に退くことは中共の面子がつぶれることになり、面子を失うことは下手をすれば中共の崩壊につながる。したがって、退くに退けない中国が戦争を拡大させ最終的には暴走に至る可能性も否定できない。


引用記事の確認の場合は、上記のURLをクリックして元記事を参照してください
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)