スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法改正

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ







先頃、安部総理が憲法改正を初めて表明した。もともと、安部総理の最大の目標は憲法改正とされており、ようやくそれが正式に今後の政策の一大目標として掲げられたわけだ。

安倍首相と憲法 9条改正を最優先せよ 「国の責務」全うする証しに

それに対し、様々な声があり、とくに進歩派、知識人が合唱しているのは、平和憲法が日本を守ってきた、平和憲法は世界に類のない優れた物だ、改憲すれば日本は戦争をするようになる、もう戦争はすべきではない、子供達を戦場に送ることは出来ない、云々。どれもこれもとんでもない的はずれなのだが、おそらくこれを吹聴している大本の連中はこれが全くのでたらめである事を知りながら宣伝しているのだろうし、おおかたの自分では物を考えられない、そのくせ考えていると思いこんでいるお花畑は、本当に戦争放棄の憲法があるから日本は平和なのだと信じ込んでいるようだ。

だから、確信犯達はむろん、お花畑達もこの憲法の前提である前文がとんでもない夢想を書いていることに触れないし、気がつかない。こんな前文を信じているなら、救いようのない白痴、あるいは日本語を理解できないのだろうと思う。

とりあえず、その前文をここに挙げてみる。


-----------------------------------------------------
日本国憲法 前文

「 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法はかかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。」
-----------------------------------------------------

この文章は日本語としても文法的におかしいが、それはさておいても、根本的な勘違いがある。たとえば

『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持』

だが、この場合諸国民とは他国の国民を意味するとしか思えない。つまり国ごとに国民という存在があり、それらの諸々の国民ということであって、日本国民のことではない。もし日本国民であれば我が国国民とか、日本国民とすべきである。とすれば、他国のすべての国の国民が公正と信義を生きる指針としていることを前提として、この憲法を定めたということになる。しかし、当然ながらそのようなことはあり得ない。すべての国の人々が日本人の信ずるような公正と信義を持っているわけではないから戦争が起きたのだ。

そして更に、


『いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。』

日本人がいくらこれを各国の責務と信じても、それを責務と感じない国が無数にあるし、またそれぞれの国の基準で何を責務とするかは、日本人がどうこうすることなど出来ない。それが出来るなら、世界は日本と敵対するなど無く、やはり戦争が起きるなど無かったはずなのだ。

かの戦争で日本は多くの国と敵対し多大の犠牲を払ったのではないのか。全くそんなことなど無かったかのような憲法内容であること自体が、すべて他国の思惑に自国の生存をゆだねた内容だと言うことだ。

他国の信義を前提とする憲法で、日本国民が守れるのか。あり得ない。

したがって、憲法改正の主目的たる9条、すなわち

-----------------------------------------------------
日本国憲法第9条

「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」
-----------------------------------------------------

が解釈の変更で運用されてきたのだ。もっとも明らかなのは、自衛隊が軍隊ではない、日本は軍事力を持っていないなど、世界の誰も信用などしていない。誰がなんと言おうと、自衛隊は軍隊であり、日本は軍事力を持っている。またそうであって当たり前なのだ。

自衛隊が出来たのは、憲法を自衛のための戦いは戦争ではなく、攻撃を防ぐ能力は軍事力ではないとの驚天動地の理屈で解釈をねじ曲げたからだ。

今の憲法では、攻撃的軍事力を持ってはならず、攻撃を受けた場合それを排除するための能力を持っているのであり、相手国が明確に日本攻撃を画策していても指をくわえてみていなければならず、また攻撃を防いで敵が退去した場合、それを追って更に攻撃することが許されない。だから、敵は体制を立て直し、何度でも日本を攻撃してくる事が出来る。

どこの国でも、自国の軍を攻撃のため、侵略のためなどと言いはしない。年がら年中戦争をしているアメリカでもあれは国防省なのであり、軍事省などとは言わない。

なぜ戦争が起きるのか、なぜなら戦争をすることで利益を得る国があり、戦争は一国では出来ない以上、戦争をする相手国を勝手に決めるから戦争になると言っていい。昔から戦争は絶えないが、必ず一方が一方的に他国を攻撃している。その前に確かに外交交渉をすることもあるが、最初から相手の利益ではなく相手から奪って自国の利益を得ることが目的なのだから外交といっても戦争前提の外交は戦争のための口実を作るためにあるような物だ。

記録されている戦争のすべてがそうだと言っていい。双方に全くその気がなかったのに戦争になるような偶発戦争など、絶対にない。

ということはいくら日本が戦争をしないと決心しようが、そんな日本だから攻撃しても反撃されないとばかりに日本を戦争の相手と勝手に決めてしまう国がある場合、日本の憲法は平和憲法どころか、戦争憲法なのだ。戦争を誘発する憲法であることは、その内容を正しく解釈すれば当然だろう。

どの国の政府も国民を守るのが最優先の義務であり、国民の安全や利益が大きく損なわれるなら、他国を犠牲にするのもやむを得ないから戦争が起きるのだ。それが普通の国なのであり、特に邪悪な国というわけではない。正義とは、国民を守ることなのだから、国ごとに正義は違う。日本の正義を自国の正義より優先してくれる国などあり得ないのに、憲法前文はそれを前提としているのだ。

お花畑が、日本憲法は世界に誇るべきすばらしい憲法であり、日本がそれを守らなくてどうすると偉そうにのたまうが、それほど立派な憲法なら世界中の国が同じ憲法にすればよい。むろん、日本を標的にしたい国にしてみれば、日本がこの憲法を守ることはまさに思うつぼであり、だからこそ最近も日本憲法をノーベル平和賞に推薦する運動などが始まっている。言うまでもない、中国の飼い犬だが、日本国内にもそのような連中が大勢居る。

アベしによれば来年の参院選後に正式に法案として取り上げるとのことだが、来年の参院改選選挙で自民が単独で、あるいは自民に同調する野党とともに3分の2をしめれば、あとは国民投票に欠けることが出来る。しかし、日本には腐れ左翼が居るし、それに乗せられる自分では考えないお花畑が大勢居る。お花畑は自分では考えないので、風の吹く方向に一斉になびくのだから、風の方向を変えなければならないと言うことだ。その意味では中国韓国にもう少し協力してもらう必要があるのでないか。特亜のやり方を見れば、日本の民度もある時雪崩を打って憲法改正に傾く可能性がある。選挙権を18歳以上にする法案がもし可決していれば、ネット世代がもっと多く有権者の中に増えることになるが、いずれにせよ、私もこの場からその風向きを変えるために役立ちたいと思う。



引用記事の確認の場合は、上記のURLをクリックして元記事を参照してください
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。