スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この国をむしばむ物

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ





まず最初に、御嶽山の噴火により犠牲になった方々のご冥福をお祈りすると同時に、これ以上の犠牲や、救助作業での二次災害などが起きないように切に願う物です。なお、例によって韓国では日本に天罰が当たったなどのネット発言が多数あるようですが、日本のヘイトスピーチと違い、その範囲が極めて大きくさらに国家としてそれをいさめる姿勢が見られず報道もされないという異様さはいつものことです。国家の資質、それを作る国民の民度とはこのようなときに良く顕れる物だとつくづく思います。

さて、

面白い記事がある。「武田教授が豹変」などのキーワードでググると、いや出てくる出てくる、あっという間にユーチューブや他の動画で彼の豹変ぶりが出てくる。今では、少量の放射線は浴びた方が身体によい、などしゃーしゃーと言っているのを見ると、あの福島事故当時福島の野菜は青酸カリ並みの毒性を持っているなどと言っていたのは何だったのだろうと、あっけにとられる。まるで、自分は最初から原発事故の危険性など言ったことはないとでも言いたそうな口振りだ。

そんな豹変が功を奏してか、今ではバラエティ番組などに結構出ている様子がユーチューブなどに上げられている。原発事故当時、武田教授の言葉を根拠として原発事故は日本を滅ぼすようなことを言っていた反原発お花畑は、今武田教授の浅ましい姿を見て何を思っているのだろうか。私としては、彼等は何も思っていないと考えている。なにしろお花畑なのだ。自分では物を考えられない彼等が、今の武田教授の出ているバラエティ番組を見ながらげらげら笑っていても、それが自分のかつての言っていたことと関係があるなど、理解できるはずがない。

さて、一般のお花畑と同じと言うわけには行かないお花畑の話題があった。

小泉元首相、反原発ライブで「音楽を楽しみ原発ゼロとは素晴らしい!」

小泉、細川コンビのお花畑ぶりは笑い事ではすまされないだろう。脱原発、原発ゼロがすばらしいというなら、なぜすばらしいのかを説明する必要があるが、彼等には全くそれがない。つまりは、全く理解しないまま、今の政府が気に入らないから脱原発で騒いでいるとしか思えない。

原発がリスクゼロではないことは私も十分知っている。しかし原発ゼロのリスクの大きさは目をつぶっていれば済む程度の物ではない。それも何度もここに書いているので、繰り返しはしないが、日本の原発は世界でも一流の基準にある。ロシアはチェルノブイリ以降原発研究、開発を事実上止めてしまっていたし、アメリカもスリーマイル以降かなり長期に渡って停滞していた。

原発を推進しているフランスなどはそれなりに成果は上げているが、やはり日本の原発産業が世界を圧している事実は否めない。

下記の記事は、ある方からご紹介頂き参照した物だが、「日比野庵」という個人のブログである以上内容をそのまま書き写すことは出来ないので、詳細は各自下記リンクでご確認頂くとして、実は私自身も内容をそのまま理解しているわけではないのだ。完全に理解する知識を持っていないのは当然だろうが、ただ、概念的には腑に落ちる。

資源再利用型沸騰水型原子炉

ただ、同新型原発開発につき、日立の公式サイトに下記の記事があったので、こちらも併せて紹介したい。いずれにせよ、有害な放射性廃棄物の現象を目指した原発であるとのことだ。この新技術については、日立のサイトに出ている。

放射性廃棄物を燃料として有効利用できる将来原子炉の開発をめざす

結局は、より安全、より経済的な原発開発が進んでいると言うことであり、基本概念は文殊、高速増殖炉の物と共通するそうだが、文殊が冷却システムにナトリウムを使っているのとは違い、もっと安全な水を使っているなど、格段の進歩を遂げた物らしい。

また、これとは概念が違うが

4S 原発

も世界最高水準の物と言われている。出力は小さいが、燃料補給をしないまま数十年使え、それも工場で組み立てたパッケージを現場に運べばそれで済むという簡便さから、そのまま需要地に持っていってすぐ使えるという優れものだ。私としては、原子力潜水艦として利用出来るのではないか、あるいはそれを想定して作ったのではないかとさえ思っている。実際、旧ソ連では電力が足りなくなって沿岸につないだ原潜から電力供給をしていた。そして、寿命が尽きるとそのまま遠洋で沈めてしまっていたと言われている。深刻な海洋汚染をソ連はしていたのだが、このカセット式原発なら、汚染を外に漏らさないまま後始末が出来るのではないか。なにしろ、小型で外部に放射線を漏らさない構造なのだから、わざわざ開けて中身を取り出す理由がない。詳細は分からない。

いずれにせよ、今世界で全ての国がもし原発を止めれば、化石燃料は高騰し、開発途上国には手が届かなくなりさらに開発が遅れ世界の大きな脅威になるだろう。だが、効率的で安全な原発を日本が積極的に輸出すれば、途上国も発展出来る。あくまで安全な原発であり、ケンチャナヨウリ原発や、チャイナフリー原発などであってはならない。それらの事故を押さえるためにも、日本は高度な原発技術を絶やしてはならないし、さらに安全性を高め世界に供給してゆくべきなのではないか。



引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックして下さい。内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

放射性廃棄物を燃料として有効利用できる将来原子炉の開発をめざす

廃棄物の放射能減衰にかかる時間を短縮する
資源再利用型沸騰水型原子炉に関する共同研究を米国3大学と開始
放射性廃棄物を燃料として有効利用できる将来原子炉の開発をめざす

株式会社日立製作所(執行役社長兼COO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、原子力発電で生じる放射性廃棄物の一つで、放射能の減衰に長期の時間を必要とする超ウラン元素(Transuranium Element/以下、TRU)を燃料として用いることで、ウラン資源の有効活用を実現する資源再利用型沸騰水型原子炉(Resource-renewable Boiling Water Reactor/以下、RBWR)の開発を目的として、米国マサチューセッツ工科大学(学長:L. Rafael Reif/以下、MIT)、ミシガン大学(学長:Mary Sue Coleman/以下、U-M)、カリフォルニア大学バークレー校(学長:Janet Napolitano/以下、UCB)の3大学と共同研究を開始しました。本共同研究では、日立と日立GEニュークリア・エナジー株式会社が開発を進めているRBWRについて、それぞれの大学と原子炉の性能・安全性評価などを行うとともに、実用化に向けた試験の実施計画などを検討する予定です。

原子力発電所で使用されたウラン燃料には、有害度(放射能に人体への影響を加味したもの)の高いTRUが含まれていることから、使用済燃料の有害度が天然資源であるウラン鉱石と同程度まで減衰するのに約10万年かかるとされています。使用済燃料から、TRUを含まない放射性廃棄物にすることができれば、その減衰の時間を数百年まで短縮できるため、国内外でTRUを核分裂させることのできる原子炉の研究開発が進められています。
日立は、その解決策の一つとして、現在の商用炉として実績のある沸騰水型原子炉(Boiling Water Reactor/以下、BWR)の技術をベースに、使用済燃料から分離・精製したTRUを、ウランとともに燃料として利用する原子炉であるRBWRの開発を進めています。RBWRは、TRUを核分裂させるため新たな炉心燃料を使用するものの、安全システムやタービンなど炉心以外は現在のBWRと同じものを使用するため、BWRで蓄積した豊富な経験を活かしつつ、効率良くTRUを核分裂させる点に特徴があります。

日立とMIT、U-M、UCBは、2007年から2011年にもRBWRに関する共同研究を行い、先に述べたTRUを核分裂させる性能や安全性などについて評価してきました。今回の共同研究では、そこで得られた知見を活用しつつ、MIT、U-M、UCBで開発されたより精度の高い解析手法を用いて、原子炉の性能や安全性などを評価するとともに、実用化に向けた試験計画などを検討する予定です。

日立は、今後も、信頼性の高いモノづくりで環境負荷の小さい低炭素エネルギーの安定供給をサポートするとともに、さらなる安全性の向上と放射性廃棄物処分負担の低減を図り、原子力発電の中長期的な課題の解決に貢献していきます。

図 RBWRの概要

4S (原子炉)


4S(よんえす)は、東芝が開発中であるとされている小型ナトリウム冷却高速炉。4Sの意味はSuper-Safe, Small & Simple。
目次 [非表示]
1 概要と動作原理
2 開発の背景
3 出典
4 関連項目
5 外部リンク
概要と動作原理[編集]
元は電力中央研究所の服部禎男[1]がもちかけて、東芝の原子力部門の技術者が具体的に設計したとされる、炉心の直径が約1メートル以下(5万キロワットタイプで高さ4メートル)という小型原子炉。小型の原子炉が中性子を漏らしやすいという特徴を逆手に取った発想で、燃料を装填しただけでは、どうやっても臨界にならないという安全性を備えているとされている。臨界させるには、燃料棒に沿ってリング状の中性子反射板をスライドさせることで、漏れた中性子を反射させて連鎖反応を維持させる設計になっており、燃料はスライドする中性子反射板に沿ってロウソクのように30年(5万キロワットタイプで20年)かけて徐々に燃焼して、終端まで反応して炉の寿命を終えるという。燃料の入れ替えという概念はなく、その分事故率を下げられるとされている。中性子反射板を燃料のない部分に退避させることで緊急停止する仕組みになっているとされる[2]。
燃料は、高速炉で使われるようなウラン・プルトニウム(もしくはウラン・ジルコニウム[3])の合金を使い、冷却材は液体ナトリウムを使用するという。同じ液体ナトリウムを使用するタイプのもんじゅと違う点は、炉内の構造がシンプルなため、冷却材の流れに抵抗がない点。液体ナトリウムの量も断然少なく、これは故障の際にも自然対流による冷却が期待できることを意味している[2]。そのためバージョンアップされた東芝の設計では冷却材を循環をさせるポンプも、可動部分の存在しない電磁対流ポンプが採用されているという。
中性子反射板を重力に従って落下させるだけで緊急停止でき、装填されている核燃料も少量なため、事故の際の安全基準の目安とされている敷地境界距離も圧倒的に小さく、計算によると半径20メートルとされている。燃料となるウラン・プルトニウム合金(もしくはウラン・ジルコニウム合金)の製造は、旧動燃で培われた技術の転用が活かせると言われている。4S炉は、東芝が中心となって開発を進めているが、まだ実証実験には至っていない[2]。
小型原子炉のメリットは、耐震強度、量産効果によるコストダウン、リコールによる安全性の向上、比較的都市部の近辺に設置可能なため、送電ロスを大幅に減らせることがあげられている[4]。
開発の背景[編集]
4Sは、東芝がナトリウム冷却炉を開発する過程で得られたポンプ技術、充填燃料技術などを基に、開発を進めている発電出力10MW-50MW級の小型高速炉。
需要家側にとっての小型化のメリットは、火力発電用の燃料生産や運搬が不便な僻地でも発電が可能になることが挙げられている。設置箇所としては、アメリカ合衆国の奥地やサハラ砂漠以南のブラックアフリカなどが対象として考えられているが、アラスカ州では、4Sが拡大解釈されたと思われる6ft×20ftという小型サイズの発電システムが設置されるという噂が流れたことがある。
また、生産者側にとっての小型化のメリットは、発電プラントを工場で一体的に製作し、海上輸送することで、品質の確保と工期の短縮を狙えることである。さらに核燃料を30年間無交換とすることを前提としており、ライフサイクルコストの削減というメリットがある。


小泉元首相、反原発ライブで「音楽を楽しみ原発ゼロとは素晴らしい!」


2014.9.29 21:43 [原発・エネルギー政策]

 小泉純一郎元首相は29日夜、東京・青海で開かれた反原発ライブで細川護煕元首相とあいさつに立ち、「原発のない社会こそ豊かな生活だというふうにしないといけない」と原発ゼロの社会を目指すよう訴えた。

 小泉氏は集まった若者らを前に「音楽を楽しみながらの原発ゼロ運動は素晴らしい」と会場を盛り上げ、細川氏も「No Nukes(原発ゼロ)に向けて頑張ろう」と呼び掛けた。

 小泉氏は降壇後、記者団から福島県知事選(10月26日投開票)に関わるかを問われ、「ない」と明言。細川氏は「福島で原発ノーということはみなさんが分かっている。それが争点になるわけでもない」と述べた。
スポンサーサイト

コメント

げんしの火

原始の人類が初めて火を手にした時、火傷をしたであろう事は、私達の殆ど誰もが一度は火傷をした経験から容易に察せられます。
火傷に懲りて恐れるばかりの者も居たでしょうが、知恵者はそれに懲りずに闇夜に灯し、暖を取り、調理を考え出し、豊かな生活を手に入れました。
道具を使う動物は居こそすれ、火を扱う事は知性の発露であり、原始から原子へと火は変われど、知性を傾けてこその人類と云えます。

知性は好奇心や探究心として現れ、そこには「まだ知らない事がある」との自らの知識に対する謙虚な姿が出発点となります。
端から見れば無知に等しい粗末な知識にも拘わらず、それが全てとの傲慢な自惚れには、好奇心や探究心の萌芽は現れ様もありません。
反とか脱とか或いは減とか宣う輩には、謙虚に己れの知識の貧しさを顧みろと思うものです。心根が傲慢ですから無理でしょうが。

げんしの火

>2014-09-30 22:10 | あづまもぐら 様

>道具を使う動物は居こそすれ、火を扱う事は知性の発露であり、原始から原子へと火は変われど、知性を傾けてこその人類と云えます。

そうですね。火に限らず、船でも最初は丸太にまたがって浮かんでいたのが今の船の祖先です。今の船が出来るまでに無数の犠牲があったでしょう。車も飛行機もそうです。誰かの犠牲と、それにもかかわらず果敢に挑戦した人々の恩恵を今の人々は受けているのですが、原発の恩恵は全くないかのように脱原発、反原発を叫ぶ連中は言います。原発が発明されなかったら、化石燃料の奪い合いになり、世界はもっと混乱していたし、それが原因での戦争も増えていた可能性があります。そのような想像が、彼等ヒステリー反原発派には出来ないのです。

>端から見れば無知に等しい粗末な知識にも拘わらず、それが全てとの傲慢な自惚れには、好奇心や探究心の萌芽は現れ様もありません。

ソクラテスの言う己自身を知れとは、己の無知を自覚しろ、そうしなければ知識は得られないと言うことです。まさに反原発脱原発をヒステリックに叫ぶ連中を見ていると、自分が何を知らないかも知らないのだろうと思います。

>反とか脱とか或いは減とか宣う輩には、謙虚に己れの知識の貧しさを顧みろと思うものです。心根が傲慢ですから無理でしょうが。

傲慢なのでしょうが、それ以前に無知なのだと思います。己の無知さえ知らないほどの無知に救い様はないと思えるのですが、だからこそ自分では考えていないのに考えていると思いこんでいるお花畑たる所以なのでしょう。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。