スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無恥と無知

>2014-08-24 06:59 | あづまもぐら様

おはようございます。他の方々からは書き込みが出来るようです。未だに、私が自身のコメント欄に書き込めないので、この記事欄で書かせて頂きます。

>反原発派には二種居て、一つは我が国の国益毀損を第一義に意図的にありき結論へと誘導する無恥反原発派、もう一つは自然の摂理や事物の道理を理解出来ずに乏しい先入観から幼児がお化けを恐がる如く感情だけで騒ぐ無知反原発派です。

正に、私が言いたいことを極めて適切に表現されていると思います。本当にその通りで、私がいつも書いているのは、反原発派、集団自衛権反対派、慰安婦問題絶叫派などなどには、二種類が居て、一つは意図的に無知なお花畑を感情的に煽るプロパガンダ屋、そしてそれに乗せられそのように主張することが知性と理性の証であると信じているお花畑。双方に共通するのは、それを自らが検証し、確信していると思いこんでいることです。

本当に真実を知りながら意図的に嘘を宣伝しているのはむしろごく少数でしょう。理論的に主張出来ないから、主として人間の本能である恐怖心に働きかけます。中国や旧ソ連の戦略がそれです。

このような戦略が功を奏するのは、平均的な市民が決して理性的知性的な存在ではないからです。それでも、欧米に比べ日本人は理知的であると私も思っていましたが、最近では違うと思うようになりました。民度は高いが、それが理知性とは別物だとの理解です。

>そんな中でもベネチアなど理性ある都市は、魔女審問官の訪問すら許さず忌まわしき魔女狩りを防ぎました。
>
>私には、反原発が情けないかな21世紀の魔女狩りとして重なって見えるのです。

私は日頃日本の脅威を言ってきました。曰く中国の軍事的脅威、ロシアの民族主義などなど。しかし、最大の脅威は日本の自称平和主義者に代表される平和ぼけであろうと思っています。ただ、一つの希望があるとすれば、彼等は理論ではなく、感情で動くのであり、実際に中国の軍事的恐怖、韓国の卑劣さが形として顕れてきている今、一斉に彼等のなびく方向は変わるということです。事実、長い目で見れば、日本人の国民意識はこの30年で180°変わっています。社会党の凋落などはその典型でしょうが、民主党の政権強奪など、油断は出来ませんが。それでも数年前に比べ、反中、嫌韓意識は急激に高まっているのも、事実よりも感情による物のようです。

反原発や集団自衛権についても其の兆候が見えるような気がします。ただ、中国の危険性を考えると、それが間に合うかどうかは未だに危惧しています。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。