朝日新聞騒動

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ

いろいろ記事を書きかけては、色々な事態が進展し書き直すようなことをしていた。が、それではらちがあかず、結局今最も問題になっていると思われる朝日新聞の、誤報を認めた件を採りあげる。

詳細については連日ネット上で話題になっているが、私が知っている限りではラジオテレビも、そして産経以外の新聞も採りあげてはいないような気がする。ただし、私は新聞を取っていない。以前からあまりに売らんかな記事の氾濫で嫌気がさしていたのだ。新聞ならネットで読めるし、それも複数の新聞を比較しながら、そして海外新聞も読めることから、私にとって新聞は要らないと思っている。ネット記事に信憑性があるかという点も、多くの記事を照らし合わせそれなりに検証をすることも出来るので、新聞やテレビ報道を鵜呑みにするよりはよほどましだと思うわけで、当然ながらテレビも観ない。

さて、そんな状況でも、朝日の訂正記事はあまりにひどく、それも32年間嘘を垂れ流し、それを根拠として国内の異常者達および、韓国などが日本を貶めてきた。今回、その誤報の根本となった吉田証言が嘘であると認めたというのだが、吉田証言が嘘でも慰安婦は存在し、慰安婦は強制的に日本軍が狩り集めた性奴隷である事実に変わりはないので、朝日が長年伝えてきた事実は間違いではない、したがって撤回もしないし謝罪も必要がないと開き直っている。

それこそ、盗人猛々しいとはこのことを言う。

吉田の書いた「私の戦争犯罪」というヨタ本がそもそもの発端であり、あの本がきっかけとなって今の韓国の慰安婦謝罪要求につながっているのだが、その吉田の証言が嘘だったと認めているのに、慰安婦が強制的に集められた性奴隷であったことは事実だとの根拠が示されていない。

吉田証言以外の根拠が示された事はただの一度もなく、自称慰安婦と証するばあさん達の証言も二転三転しており、その矛盾をつかれると高齢であり昔のことなので記憶も曖昧になっているのが当然だと言う。曖昧な記憶に基づいた証言のみが証拠だと言い張っているのだ。

また例の村山談話、河野談話も韓国側の申し入れで表現を作り上げた物であることが明らかになっており、河野氏自身が、慰安婦の証言を聞いてこれは事実だと思ったと言っている。実際の検証などしていないのだ。単にばあさん達が並べた嘘八百を事実だと思ってあの談話を発表したわけだ。

このような事を平然と言いのける河野氏を国会の証人喚問に召還しろとの要求がわき起こるのは当然だろう。その河野氏の証人喚問を当の自民党が拒んでいる。それはそうだろう。朝日の反日キャンペーンそのままに、とにかく事なかれ主義で慰安婦問題に向き合おうとしなかった自民の罪は重い。その責任が明らかになれば、その責任を追及される自民党議員は一人や二人ではないだろう。党勢に大きな影響を及ぼすとの思惑が、河野隠しをさせているのだと思う。

が、ここで過去の自らの過ちを認め、責任者を処分し、改めて事態を明らかにする方が自民の支持率を高めることになるのではないか。かつて社会党は、北朝鮮による日本人拉致など無いと言い続け、拉致が事実だと分かると、自分たちはだまされていたと当時の土井たか子党首が言い訳をしていた。そんな言い訳など通用するわけが無く、社会党は社民党と名前を変えても事実上消滅寸前になっている。

また日本人拉致の実行犯、シンガンスが韓国で逮捕されたとき、釈放嘆願に署名したのも社会党始め、民主党にも官元総理以下多数居る。何気なく署名したとか、真実を知らないまま署名したなど、馬鹿かと思えるような言い訳をしていた。

それはさておき、慰安婦が日本だけではなく、世界の軍隊では普通に存在したことは当たり前に知られており、当時は兵士の現地女性に対する性犯罪の抑止方として、当時は合法だった売春婦を軍の名前で集めたなどは普通にあった。米軍が日本に於いて米兵相手の慰安所の設立を日本政府に命じたなども伝えられているし、実際朝鮮戦争の折、多くの朝鮮女性が政府によって半ば強制的に米兵相手の慰安婦にされたことが明らかになって、今米国ではそれら元米軍向け韓国慰安婦が米政府にたいし補償を求めて訴訟を起こしている。

日本ばかりが慰安婦問題で責められる所以はなく、さらに韓国の主張が全くのでたらめであることは各種の物的証拠、歴史的証拠、状況証拠によって明らかになっている。

今まで何回か書いたことだが、まとめて置くならば、

1)当時売春は合法であり、朝鮮に於いては男女差別が激しく女性は教育を受けられず、売春は女性にとって極めて効率的に収入を得られる職業であった。これは現代も全く同じである。

2)血気盛んな軍隊は、兵士の性処理が常に大きな課題であり、それをきちんと行わなかったソ連や韓国、中国の兵士による駐留地の女性に対する性犯罪は際だった物だった。彼等よりましとされる米兵の性犯罪も未だに改善されておらず、西欧各国もにたような物だった。

日本は現地女性(ただし戦地ではなく、併合した地域の女性)を破格の高給で募集した。実際に行ったのは朝鮮の売春業者であり、その業者が女性をだまして慰安婦とし、ピンハネをしたことが明らかになっている。その上前をはねたのが、当時大半が朝鮮人であった警官だった。

3)実際、多くの朝鮮女性が高給に釣られて応募したことが各種の資料で明らかになっており、また半数以上を占めていた日本人慰安婦からは一切補償を求める声など挙がっていない。

4)慰安婦が当時高給を得て家族に仕送りし、自由に移動し、かなり高かった映画などを楽しんでいたことが朝鮮人の慰安所従業員の残した日記に記されている。

5)慰安婦の写真なる物でも、慰安婦達はのびのびと笑っており、決して強制的な性奴隷にされていた様相はない。

6)朝日が強制連行の根拠としている、インドネシアで女性が強制的に連行され強姦されたなどの事件は、一部の兵士の犯罪であり、むろん、被害者は数えるほどであって、加害者達は厳罰に処せられている。日本軍は慰安所を作り兵士の性犯罪を抑止する目的があったため規律違反の性犯罪に対しては厳罰を以て臨んでいた事実が、朝鮮や朝日の手にかかると、日本軍による組織的な強制連行、制度例にすり替わっている。

7)慰安婦として制度例にされた人数が20万名とされ、それが米国の慰安婦碑にはっきりと記されている。が、これは朝日が言い出した徴用された人数も慰安婦としているからであり、慰安婦と軍事徴用された女子挺身隊が故意に混同された結果だ。軍事徴用なら日本でも当然行われ、多くの女学生達が軍需工場で働いていた。

8)当時朝鮮にいた日本兵は10万名ほどであり、その中には多数の朝鮮人兵士もいた。また警官の殆どは朝鮮人だった。その状況で、20万名の女性を強制的に連行するなど不可能であり、金で集める方がよほど合理的、低コストであった。

9)最大の矛盾は、それだけの女性、すなわち妻、娘、姉、妹、恋人を連れ去られながら、朝鮮人は一度も暴動を起こしたという記録がない。そのような事があり得るだろうか。もしほんとうにそうなら、朝鮮人は心底人間ではない。

10)この慰安婦問題は、事実上吉田が本に書くまで朝鮮が言い出すことはなかった。

これらの矛盾を、韓国は一切説明しようとしない。河野談話見直しを受け、韓国では慰安婦白書を発表するそうだ。何を書くつもりだろう。上記の矛盾の一つでも解消出来るのだろうか。

以前当ブログで書いたことがあるが、慰安婦は実在したのに日本は責任を取らないと主張するブログがあり、そこにコメントで色々質問してみたが反論一つまともに出来ず、今ではコメントを受け付けなくなっている。

日本で今まで、日本軍の朝鮮女性性奴隷強制問題を糾弾し、謝罪を求めてきた団体、個人のどの一つでも、前提は日本軍が朝鮮女性を強制的に連行し、性奴隷にしたというだけで、それが事実かどうか、事実ならどのような物的、状況、歴史的根拠があるのかを示したことがない。唯一の証拠、根拠が吉田証言であり、これが崩れた今、彼等が何を根拠にするかは全く示されていない。吉田証言の嘘を認めた朝日自身が、吉田証言は嘘だが、性奴隷は事実だと言っている。

事実ならそれを証明しろというのは当然だろう。なにより、朝日は報道機関であり、事実を伝えることを義務としているはずだ。それが、吉田本人があれはでたらめだったと言っていたのにもかかわらず、その時点で誤報を認めず、今に至るまで慰安婦強制連行性奴隷を主張してきたし、今も主張している。それを32年間続けながら、誤報を認めてもなおそれに変わる根拠を示していない。これを報道機関といえるだろうか。単なる中国韓国のプロパガンダ機関ではないのか。

日本は報道、言論思想自由の国だ。が、自由には責任が伴う。新聞といえども人間の行為だから、誤報は避けられないだろう。が、誤報だと分かった時点でそれを訂正することが当然求められる。たった一つの事実、すなわち吉田が、自らの言葉を嘘だったと認めたその時点で、朝日はそれを引用していた事実を自ら正すべきだった。それが出来ず、今になって訂正しても、朝日を信頼することなど到底出来ない。

櫻井良子氏などは朝日は廃刊すべきだと言っているが、廃刊で済むことではあるまい。廃刊前に、全資本をなげうって、世界中に訂正記事を発信し続け、事実をもって説得すべきなのだ。また、上層部など、この件に責任有る者達は法的制裁を受けるべきであり、少なくとも国家に対する利敵行為との最大の罪を問われるべきだろう。廃刊などで許してはならない。

まず、朝日の国会証人喚問、河野氏の国会証人喚問を手始めに、彼等に言論思想に伴う責任をきちんと取らせることが、真の言論思想の自由なのではないか。
スポンサーサイト

コメント

人権問題へすり替える?

お久しぶりです。
全国的な気象異変の中、被害などありませんでしたか。
愈々地球温暖化の影響が顕著になって来ましたね。不幸にも惨禍の犠牲になられた方々の御霊の安寧を願うばかりです。
気丈にも笑顔で末息子の遺影を胸に霊柩車に乗り込む母親の姿を見て、そこに至る迄の計り知れぬ涙を思うと熱くなった己れの目頭を感じるものです。
既に南極の氷床融解は不可逆なレベルに達したとは旧聞ですらあるのに、温暖化ガス排出には一顧だにせぬ反原発派の連中は、気象異変による惨禍を目の当たりにして、元ソーリやら音屋やら女坊主やら太古清純派女優やら揃ってダンマリを決め込む姿勢を通して、連中の醜い心が投影されて浮かんで見えるものです。

彼等に先んずる事30有余年、報道の殻を纏って虚偽を貫き通し、反証にはダンマリを決めていた赤匪が、堪え切れずに目先を女性の人権に変えて嘯いています。
赤匪はドイツやオランダを始めとする売春合法諸国を人権蹂躙国家と認識しているのでしょうね。いつからそういったキャンペーンをするのか是非とも見極めたく思うものです。
(以下、字数制限に就き、再度投稿致します)

(続き)

私は国家反逆罪にも等しい報道に名を借りた犯罪行為は、特亜諸国が好きな教科書に
「虚偽報道とその尻馬に乗った議員及び敵対国家による利用」
として近代史に章を設けて載せるべき程の事件と思います。
そう云えば、尻馬に乗ってがなり立てていた議員やら大学教授やらもダンマリを決め込んで居ますね。
恐らく次は「女性のジンケンガー」でやって来るのでしょう。
それなら、先ずは連中の好きな南鮮が褒めているドイツに行って、所得を申告して納税している飾り窓の女の前で叫んで来いと。

ごぶさたしてます

ご無沙汰しています。記事はたまに読ませていただいておりましたが、
忙しくコメントはできませんでした。
僕が今回のことで最も怒りを覚えたのが記事を出したタイミングです。

8月5日以降は戦争関連の行事が続くし、甲子園も始まる
世間はお盆休み

各週刊誌のお盆特別号の投稿も既に終了し差し替えは不可能
盆明けの号が出るまで二週間の間隔があく

その間にほとぼりが冷めるのを狙っていたとしか思えません。

ごぶさたしてます

良くおいで下さいました。
>2014-09-03 21:45 | 市民K様
>その間にほとぼりが冷めるのを狙っていたとしか思えません。

このタイミングについては方々で言われているようですね。しかし、そうは問屋がおろさず、また福島原発事故のねつ造記事もあって、ますます炎上しているようです。

社長が内部向けのメールで、謝罪する必要がないと言ったことも、外部に漏れています。いま、朝日内部から上層部への突き上げがかなり激しくなってきたとも言いますし、結局朝日はこのままでは住まないでしょうね。上層部の退任などがあるかも知れませんが、それで済ませてはならず、徹底して糾弾し、謝罪させ、訂正記事を世界中に発信し続ける位のことはしなければならないでしょう。とうぜん、国会への証人喚問なども、河野氏と同様に行わなければなりませんが、自民内部に河野隠しなどをする連中が居ますからね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)