スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAP細胞騒ぎ

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



少し前、ノーベル賞物の大発見と報道されたSTAP細胞がどうやら怪しい雲行きになってきた。未だ結論は出ていないが、どうも論文の中に他の論文の引用や、写真の不自然さが問題になり、一番問題になったのは、第三者による際限が出来ていないという事だそうだ。

むろん、私自身この分野では全くの門外漢であり、自分で何が正しいのかの判断など出来ないが、ただ、これが従来のねつ造騒ぎとは全く次元が違うと思っている。まず研究が理研でなされた物が主体であり、共同研究としてアメリカの大学も参加していたはずだ。それだけ広範囲の、しかも超一流とされている研究機関が仮にも論文をねつ造していたとしたら、それは必ず早晩分かることだ。そうなった場合、日本という国自体が失う信頼は計り知れない。むろん、アメリカの共同研究機関もどうようだろう。

今回の発表は、研究チームリーダの小保方さんが若い女性だったと言うことでそれがむしろ話題になったが、誰が主としてやろうと研究成果自体が評価されるべきだ。そして、最初この研究成果をイギリスの科学雑誌Natureに投稿したところ、科学を冒涜する物だとの酷評付きで突き返されたという。

それでも再度資料を付けて提出し、多くの専門家の審査を受けた上でNature掲載にこぎ着けた。

そこまでした物がねつ造だった場合、その反動はすさまじいだろうし、関係した研究者はおそらく研究者生命を失うだろう。そのようなことをかくも大勢の研究者達が冒すだろうか。

思えば、このような騒ぎはかつてもあった、至近な例では韓国の黄禹錫教授によるIPS細胞研究のねつ造がある。この場合は完全なねつ造であったことを本人も認めている。またかなり前だが、常温核融合が成功したとの報道が世界を駆けめぐった。これについては多くの学者が否定的であり、NatureもSienceも常温核融合関連の論文の掲載を拒否しているが、一部の学者はこれが事実であると認めている。

結局、常温核融合が本当にねつ造だという結論にも至っていない。ただ、いずれにせよ実用化ににはほど遠い効率だとは言われているが。

今回のSTAP細胞についても当然、これがねつ造なのか、事実なのかは未だ分からない。

発端は

赤文字は引用

STAP細胞、博士論文の画像転用か 理研も把握

 新たな万能細胞「STAP細胞」の論文で使われた一部の画像が、著者の小保方晴子・理化学研究所研究ユニットリーダーが早稲田大に提出した博士論文の画像と酷似していることが10日、分かった。インターネット上でも「転用の疑いがある」との指摘があり、理研も「指摘は把握している」と述べた。

これは割合早くから指摘されていた。小保方氏側は単純なミスであり、本質的な研究成果には無関係だと言っていた。さらに、論文の中に、他の論文と同一の内容があるとの指摘もでてきた。これも、単純ミスだと理研では言っている。単純ミスだとしても極めて不用心だと思うが、一人で論文を書いたわけではなく、多くの人間達が資料を集め実験をし観察をし分析する作業を分業で行っているため、その中に全体には影響を及ぼさない不注意があったと言うことらしい。論文の内容については、嫌でも中心となった小保方氏が責任を持たなくてはならないだろうが、実際に彼女が任せたスタッフの中に、時間に追われていい加減なことをしたものが居たと言うことだろうか。

しかし、それでも研究全体に疑惑がもたれるなら、一度全てを撤回し、最初からもっと緻密に組み立て再発表をするべきだと言う論文の共著者が出てきた。


STAP細胞、共著者が論文撤回呼び掛け 不自然との指摘相次ぎ

 画像に不自然な点があるなどと指摘されている新たな万能細胞「STAP細胞」の論文について、共著者の一人、若山照彦・山梨大教授が他の著者らに論文を撤回するよう呼び掛けたことが10日、理化学研究所への取材で分かった。

 理研は「現時点で、論文の根幹は揺るがないと考えているが、引き続き調査する」と述べた。


私もそうすべきだろうと思う。彼自身は、論文の根幹は揺るがないと信じているというのであり、別にねつ造を告白したわけではない。研究成果が重大であるために、どこからの疑問も挟まれる余地のない物に仕上げるのは必要だと思う。この若山教授自身は、この小保方氏とは異なる分野が専門なのだそうだ。だから、最初STAP細胞が成功したという報告を鵜呑みにしていたが、実際にNatureに発表された論文では内容が異なっていたというのだ。そういうことで共著者になった経緯が理解出来ない。自分が理解出来ない分野で協力なら分かるが、論文の共著者になったのはどうしてなのかが理解出来ない。

しかし、それにしてもこの論文の成果に疑問が呈されたのは、その後世界中で追試を行ってもどこでもそれが再現出来ないことが問題だったと言われている。それに対し、理研側は、条件が非常に厳しく成功確率もそれほど高いわけではない、と言っている。つまり、誰もが簡単に再現出来ないのだそうだ。その問題を解決するために最近理研では詳細な実験の仕方をネットで公開した。そこまでする理研が、ねつ造をしたとはとうてい思えない。

そして、最近

STAP細胞 小保方さん、再現実験に成功 論文発表後初めて

 理研によると、小保方氏は理研発生・再生科学総合研究センターで先月、再現実験を開始。論文通りの手法でマウスの体細胞を弱酸性溶液で刺激し、あらゆる細胞に分化できるSTAP細胞を作製することに成功した。細かい実験手順も含め同センターとして正しさを再確認したとしている。

再現に成功したというのだから、その克明な手順に従えば第三者も再現出来るだろう。なんなら、第三者立ち会いの元で手順を一つ一つ確認しながら再現実験をしても良いのではないか。再現実験とともに、その観測の仕方、確認の仕方も公開すればよい。

あまりに簡単で意表を突く研究成果であるために、本当の専門家ほど疑いを持つのは分かる。一般人は何が特別なのかさえ理解出来ないのだから、発表をたいした物だと受け取るしか出来ないが、これが細かなミスを修正し、誰もが納得出来る再現性を証明出来るなら、真に偉大な研究成果として誇れる物だ。それを期待したい。


引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックして下さい。内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

STAP細胞、博士論文の画像転用か 理研も把握

2014.3.10 20:55

 新たな万能細胞「STAP細胞」の論文で使われた一部の画像が、著者の小保方晴子・理化学研究所研究ユニットリーダーが早稲田大に提出した博士論文の画像と酷似していることが10日、分かった。インターネット上でも「転用の疑いがある」との指摘があり、理研も「指摘は把握している」と述べた。

 博士論文の画像は、STAP細胞とは別の作製方法で作った細胞。同一の写真が使われていたとすると、STAP細胞を示すのに無関係な画像を使ったことになる。

 転用が疑われているのは、STAP細胞をマウスに移植して「テラトーマ」と呼ばれる腫瘍を作らせた実験などの4点の顕微鏡画像で、STAP細胞がさまざまな細胞に変化できることを示すデータ。ほぼ同じ画像が博士論文にもあり、STAP細胞とは材料も作製方法も異なる細胞から変化させたものとして紹介されている。

STAP細胞、共著者が論文撤回呼び掛け 不自然との指摘相次ぎ


2014.3.10 19:58 [科学]

 画像に不自然な点があるなどと指摘されている新たな万能細胞「STAP細胞」の論文について、共著者の一人、若山照彦・山梨大教授が他の著者らに論文を撤回するよう呼び掛けたことが10日、理化学研究所への取材で分かった。

 理研は「現時点で、論文の根幹は揺るがないと考えているが、引き続き調査する」と述べた。

 論文は1月末、理研発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方晴子・研究ユニットリーダーらが英科学誌ネイチャーに執筆。大きな話題となったが、画像に不自然な線が入っていることや、別の論文から無断で文章を引用している疑いがあることなどがインターネットなどで指摘され、理研とネイチャー誌が調査している。

STAP細胞 小保方さん、再現実験に成功 論文発表後初めて


2014.3.6 08:59 [先端技術]

 理研は5日、小保方晴子研究ユニットリーダーが1月末の論文発表後、初めてSTAP細胞の再現実験に成功したことを明らかにした。実験の客観的な証明には第三者による再現が必要だが、成果の正しさを一定程度裏付けた形だ。

 理研によると、小保方氏は理研発生・再生科学総合研究センターで先月、再現実験を開始。論文通りの手法でマウスの体細胞を弱酸性溶液で刺激し、あらゆる細胞に分化できるSTAP細胞を作製することに成功した。細かい実験手順も含め同センターとして正しさを再確認したとしている。
スポンサーサイト

コメント

No title

たかおじさん今晩は。研究の成果に疑義があるのかどうか頓珍漢な私には何のことやら理解が出来ませんが、一つだけ理解できたのはマスコミのいい加減さ。

研究の成果よりもその成果を上げた研究者がうら若い女性研究者であったこと、
研究者がよく着用する白衣ではなくおばあちゃんがくれた?割烹着を着用して研究していたとか本来と関係ないことをクローズアップして煽りはしゃぐ姿に呆れておりましたが、今度はそのうら若い女性研究者を貶めるのかなぁと。

全く日本のマスメディアのレベルの低さには反吐が出ます。

くだらないお笑いや料理番組をだらだら流さずウクライナの情勢や殆どPC以外では配信しなくなった尖閣の情勢などを流しやがれと思います。

ウクライナの情勢しだいではシナの尖閣奪取の野望が膨らむ事になるし米軍上層部は日米安保にそって日本を助けようとしてもオバマ政権がどうも信用できないのです。

今やるべきは防衛力強化とシナ、韓国包囲網なのだと思います。韓国へは経済戦争を仕掛けて潰すべきと思います。

No title

>2014-03-11 20:05 | 一有権者様

>たかおじさん今晩は。研究の成果に疑義があるのかどうか頓珍漢な私には何のことやら理解が出来ませんが、一つだけ理解できたのはマスコミのいい加減さ。

こんばんは。確かに手のひら返しのような、あたかも論文の全てを否定するような報道は彼等の節操の無さを感じさせます。
>
>今度はそのうら若い女性研究者を貶めるのかなぁと。

結局、前の加熱勘違い報道に本人が不快感を示したと伝えられましたが、その意趣返しなのではないかと勘ぐりたくなるほど。
>
>全く日本のマスメディアのレベルの低さには反吐が出ます。

しかし、今回の研究成果は小保方氏一人ではなく、理研や米国スタンフォード大などそうそうたる研究機関との共同研究でありかりに論文がねつ造だった場合、これらの研究機関が大変な権威失墜になりますから、それこそ細部に割ったって検証しているはずですし、論文にいくつか不備はあったとしても研究成果は揺るがないと関係者は誰もが言っています。それを信ずるべきだと思いますし、信頼出来る第三者研究機関が正確に再現実験をその過程に沿って行い結果を出すべきです。それを待ちたいと思います。

>ウクライナの情勢しだいではシナの尖閣奪取の野望が膨らむ事になるし米軍上層部は日米安保にそって日本を助けようとしてもオバマ政権がどうも信用できないのです。

信用出来ないと言うより、それがアメリカの国益に沿うか沿わないかが判断基準です。その意味で、アメリカに国防を依存するなどがあってはならないのであり、
>
>今やるべきは防衛力強化とシナ、韓国包囲網なのだと思います。韓国へは経済戦争を仕掛けて潰すべきと思います。

と言うことになると思います。まあ、チョウセンは自滅するでしょうが、中国は自滅間際に暴発する可能性も考えなくてはならず、その際の対応を十分にしておく必要があります。これについては次のエントリーで掻いている最中ですが。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。