スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシアでポスコ大事故?

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ




いまもっぱらネット上では韓国の鉄鋼会社ポスコがインドネシアで作った製鉄所が大事故を起こし、再建が事実上不能な状態に陥っているとの書き込みが飛び交っている。しかし規制メディアでは一切報道されていないようだ。もしかしたらデマか、と思ったが、下記のような記事もありまんざら作り話でもないらしいし、それらしい事故現場写真なども数々出回っているようだ。

ちなみに下記の記事がどれだけ信憑性があるのかも分からないが、様々な書き込みを比べてみてどうも本当なのではないかと思った。

赤文字は引用

Blast furnace accident will reduce profits at Indonesian mill, Posco says


South Korean steelmaker Posco said it expects lower profit this year from its 3-million tpy joint-venture in Indonesia, PT Krakatau Posco, following an accident at the mill’s blast furnace.
Singapore 29 January 2014 05:33


溶鉱炉がぶち壊れ、年間生産300万トンのインドネシアにおける合併事業ポスコの収益が大幅に減ると言うようなことらしい。

しかし、韓国が海外で受注した大型プロジェクトにはこのような物が多い。思い出すのはパラオブリッジで、日本の3分の1の予算で受注した韓国の橋は、すぐに崩壊し大惨事を引き起こしたが、建設した会社は倒産し、国も関係がないと逃げている。UAEで受注した原子炉は、保険会社が日本の保証がないならだめだと保険引き受けを拒否し、未だ着工のめども立っていない。マレーシアで日本と共同で建てたペトロナスタワーは、韓国の建てた方が傾きだし、テナントは圧倒的に日本が建てた側に集中している。

そもそもスマトラ島大地震のおり、寄付をするすると言いながら未だにろくに払っていない韓国を信じたインドネシアに甘さがある。これでも韓国が嘘つきだと理解しないなら、なんどでも詐欺に引っかかるだろう。

結局、韓国には自国の技術など全くないのに日本から盗んだ技術を理解しないまま使おうとしてこのような結果を引き出している。それが今では韓国の産業全体に及んでおり、他国が技術を盗まれないために以前よりも技術漏洩を厳重に取り締まっているからだ。その結果、自国で自慢の高速鉄道は故障続きで満足に運営も出来ていないし、原子炉も何カ所で不良工事、手抜き工事、偽者部品などが発覚して次々に停止している。

そもそもこのポスコも、例の漢江の奇跡とやらで韓国が自力で作り上げた世界有数の鉄鋼生産設備と言うことになっているが、実態は日本からゆすり取った金で、技術も人材もノウハウも全て日本から与えられて作った浦項総合製鉄だ。そして今でもその技術を支援してもらった新日鐵の看板商品、方向性電磁鋼板の技術を盗み海外市場で売ったなど後足で砂をかけるようなことを平気でしている。

そのポスコがほぼ初の海外大型プロジェクトとしょうして契約したインドネシアの製鋼所での開業失敗は極めて大きい。ポスコ自身はむろん、韓国経済にとっても大打撃なのではないか。その危機感からか、ポスコでは経営刷新を行うとのことだが、

技術の達人VS経営専門家…韓日のプライドかけた「鉄鋼戦争」

権氏が経営革新を急いでいるのは、こうした巨大企業・新日鉄住金の登場でポスコの経営状態が日増しに悪化しているためだ。鄭俊陽(チョン・ジュンヤン)会長が在任していた過去5年間にポスコの経営状況は大きく悪化したと評価されている。2008~2013年の営業利益は7兆1739億ウォンから2兆9960億ウォンに58.1%減、当期純益も4兆3501億ウォンから1兆3550億ウォンに68.8%も激減した。

ポスコがたんなる安売りで日本市場を食い荒らしていたのは、他の、車や家電製品、造船などと同じ構造であり、今日本からの技術流失が急減し、さらに為替がウォン高円安になれば当然の結果だろう。技術の問題ではないのだ。最初から韓国には技術など無いのだから。したがって、いくらポスコが経営刷新を行っても全く効果はない。

2013会計年度の4~12月期中、鉄鋼分野の売上額は3兆5991億円で前年の同期間よりも何と35.6%も増えた。この期間中、鉄鋼分野の経常利益は2557億円と急増しながら全体経常利益の90.6%を占めた。ポスコが鉄鋼分野で実績不振に苦戦しているのとは対照的だ。

なぜそうなっているのかの根本原因を理解しないで、どうやって解決するつもりなのだろう。円安になったとはいえ、日本製品は韓国製品よりもかなり高い。それでも日本製品の業績が盛り返してきたのは、コストパフォーマンスが優れていること、そして最も大きいのは、今まで韓国があたかも日本製品であるかのように装ってだましていた手口が通用しなくなったためだと考えられる。

新日鉄住金の追撃もさらに強まる展望だ。昨年3月から「総合力世界No.1の鉄鋼企業」の早期実現を前面に出して3カ年中期経営計画を着実に推進中のためだ。新日鉄住金も財務構造の改善と事業構造の改革など経営革新作業を進めている。経営革新の作業と新しい成長動力の構築に先に成功する側が、韓日鉄鋼戦争の勝者になるものと見られる。すでに本格的な速度戦が繰り広げられている。

日本から盗んだ技術で造った物を他国に安く売って経済を支えてきた構造が急速に崩れており、肝心の自国の防衛力さえ支えるのが困難になっている。なにしろ自前で衛星ロケット一つあげられないのに、20年には自力で月探査ロケットを打ち上げるそうだ。彼等の頭の構造がどうなっているのか理解は出来ないが、確か、トヨタがプリウスで世界を席巻している頃、現代は3年で日本を追い越すと言っていた。それが何年前だったか思い出せないほど遠い昔の話だったが、それは「永遠の3年」だった。

現代・起亜自動車のグローバルブランド価値が下落

英コンサルティング会社のブランドファイナスが世界の企業を対象に調査した「グローバル500大ブランドランキング」で現代(ヒョンデ)自動車が52位、起亜(キア)自動車が241位に入った。昨年の調査では現代自動車は30位、起亜自動車は209位だった。

これも単に安売りで市場を広げていたのがそのメリットが無くなったと言うだけのこと。今まで韓国は日本製品を徹底的に分解し、デッドコピーを作ることをベンチマーキングと称してパクリ品を出していたが、今ではブラックボックスが多くなり、しかもなぜその材料をその場所にその形で使わなければならないかの理解がないまま形ばかりのコピー品を安売りしてきた。それがもう通用しないと言うことだ。韓国のGDPの20%はサムソンが支えていると言われているが、そのサムソンも急速に業績が悪化してきており、韓国事態の経済の先行きを真っ暗にしている。

韓国自慢の新型戦車はパワーパック(動力と変速機を一体化した物)を自力開発すると言っていたが、ことごとく失敗し、今はドイツから買っている。が、当然ドイツも技術流出を畏れ、ブラックボックスとして売っているので、韓国は未だに戦車にはドイツ製品を使っている。ただし、このようなケースは他国にもあり、例えば日本の最新型潜水艦にはスェーデンの推進機関が使われているが、それは選択肢の一つとして使っているのであり、日本独自開発の推進機関もある中の一つというのと韓国の自国製品がないと言うのとは全く違う。

どの国も兵器に他国の技術を使うケースは多い。日本にも多いしアメリカも日本の技術を多く使っている。が、他国で韓国の技術を使っているとすれば自力開発出来ない途上国に限られている。

しかも、その韓国では自力開発で他国と競合出来る技術など皆無であるところが日米欧などと大違いなのだ。軍事技術のみならず、民生品一般、お菓子やテレビ番組、漫画に至るまで全てそうなのだ。

このところ、韓国経済に全く明るい材料がないが、それでもパクリ・ゴネ氏は、日本が歴史を見つめ謝罪するならつきあってやっても良いと言っている。安倍氏は、全く意に介していないようだが、あとは韓国崩壊に伴い、不逞の輩が大量に日本に流れ込んでくることをいかに防ぐかにかかっている。あの国はもう飼い主に殴られながら、ともに底なし沼に沈んでゆくしかない。絶対にロープなど投げてはならない。

引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックして下さい。内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

South Korean steelmaker Posco said it expects lower profit this year from its 3-million tpy joint-venture in Indonesia, PT Krakatau Posco, following an accident at the mill’s blast furnace.
Singapore 29 January 2014 05:33


技術の達人VS経営専門家…韓日のプライドかけた「鉄鋼戦争」

2014年03月03日14時36分

権五俊(クォン・オジュン)ポスコ社長(写真左、64)、進藤孝生・新日鉄住金副社長(65) 韓国と日本の自尊心をかけた鉄鋼戦争の導火線に火がついた。世界的な鉄鋼企業である韓国のポスコと日本の新日鉄住金は、それぞれ3月と4月から新しい指令塔をスタートさせて市場争奪のためのひと勝負を繰り広げることになる。ポスコは権五俊(クォン・オジュン)ポスコ社長(技術部門長、64)が14日、新しい指令塔に上がる。新日鉄住金は4月1日から進藤孝生・副社長(65)を社長に昇格させて社長チームトップ体制を稼動する。

ソウル大学金属工学科を出た権五俊氏は、1986年にポスコに入社後、ポスコ技術研究所長、浦項(ポハン)産業科学研究院長、浦項産業科学研究員技術総括社長を歴任した。米国ピッツバーグ大学で金属学博士学位を取った。

一橋大学経済学部を卒業した新藤氏は、1973年に新日本製鉄に入社後、人事・総務・経営企画など社内の主な経営ポストを経た。2005年に理事、2009年に副社長に昇進した。彼は米国ハーバード大学の大学院ビジネススクールも卒業した。ポスコの権氏が入社後現場で技術研究に没頭してきた「技術専門家」ならば、新藤氏は入社後に主要経営ポストを経た「経営専門家」と見ることができる。2人の歩みがいつにも増して注目される理由だ。

◆経営革新による改革急ぐポスコ

権氏は「技術専門家」という評価をバックに最初のスタートから「革新ポスコ1.0推進班」を構成し、大々的な経営革新準備作業に入った。直ちに財務構造の改善と事業構造の改革に重きを置いてポスコを改革するという意志が含まれている。未来成長動力のための技術開発は、より慎重に原点からつぶさに見直してみるという。一方、新藤氏は「韓国と中国が、技術面で新日鉄住金を猛烈に追撃している」として「今後、技術力強化を通じて技術格差を維持していかなければならない」と強調して対照をなしている。新日鉄住金は2012年10月に新日本製鉄と住友金属の合併により一挙に世界粗鋼生産量2位の巨大鉄鋼企業にのし上がってポスコを圧迫している。

権氏が経営革新を急いでいるのは、こうした巨大企業・新日鉄住金の登場でポスコの経営状態が日増しに悪化しているためだ。鄭俊陽(チョン・ジュンヤン)会長が在任していた過去5年間にポスコの経営状況は大きく悪化したと評価されている。2008~2013年の営業利益は7兆1739億ウォンから2兆9960億ウォンに58.1%減、当期純益も4兆3501億ウォンから1兆3550億ウォンに68.8%も激減した。これに伴い営業利益率は17.2%から4.8%へと大幅に下がった。1四半期あたり1兆ウォンずつ安定的に収益を出していたポスコの収益創出能力が大きく弱まったのだ。特にポスコの主力事業である鉄鋼部門では実績悪化が目立っている。2008~2013年の鉄鋼部門の営業利益は6兆5222億ウォンから2兆3410億ウォンに64.1%も激減した。こうした実績悪化と無理な事業拡張でポスコの財務構造も悪化している。負債は18兆6171億ウォンから38兆6330億ウォンに雪だるま式に増えながら負債比率が65.6%から84.3%に高まった。

◆「捲土重来」狙う新日鉄住金

こうしたポスコの苦戦を横目に新日鉄住金は世界の鉄鋼市場で過去の栄華を取り戻す捲土重来に腐心している。1970年に誕生した旧・新日本製鉄は、約30年間にわたり世界最高の粗鋼生産量を維持してきたが2000年代に入って世界的な鉄鋼業界の再編過程で転落してしまった。新日鉄住金の経営実績は合併後、急速に好転している。1月30日に発表された2013会計年度の4-12月の決算実績によくあらわれている。売上額(4兆374億円)、営業利益(2216億円)、当期純益(1927億円)とすべて大きく伸びた。特に新日鉄住金の7-9月期の当期純益はポスコの1206億円(約1兆3550億ウォン)を大きく上回る。2013会計年度全体の当期純益も2200億円に達すると予想されており、ポスコよりも約1000億円上回ると推定されている。新日鉄住金の当期純益がポスコを追い抜いたのは2008年以降5年ぶりだ。

新日鉄住金の実績が好転しているのは、円安と日本景気の好転にともなう日本国内の鉄鋼需要の増加を挙げられる。特に鉄鋼部門の場合、円安の影響で原材料の輸入費用が上がったが原料価格が下落したため経常利益が大きく増えたと分析されている。アベノミクス推進の恩恵を受けているわけだ。2013年末の日本円は1ドル=105・05円で2012年末の1ドル=86.15円に比べれば18.0%も落ちた。新日鉄住金は特に鉄鋼分野で実績好転が目立っている。2013会計年度の4~12月期中、鉄鋼分野の売上額は3兆5991億円で前年の同期間よりも何と35.6%も増えた。この期間中、鉄鋼分野の経常利益は2557億円と急増しながら全体経常利益の90.6%を占めた。ポスコが鉄鋼分野で実績不振に苦戦しているのとは対照的だ。

◆経営革新の成功者が勝者に

新日鉄住金の猛烈な追撃にポスコを見る外部の見解も変わりつつある。ポスコの経営悪化は市場停滞の影響で鉄鋼企業が萎縮したためもあるが、無理な事業拡張と多くの系列企業の放漫経営がつくった共同作品だという批判が強い。収益性のない事業を大胆に整理して系列企業の構造調整に乗り出さなければならないという指摘が多い。合わせて技術開発を基に、本業である鉄鋼部門の競争力を高めるために拍車を加えなければならないという声も強い。ポスコの新しい指令塔は今後、強力な経営体質の改善作業と共に、新しい成長戦略を展開して新日鉄住金の追撃を防ぐのに注力するものと見られる。

新日鉄住金の追撃もさらに強まる展望だ。昨年3月から「総合力世界No.1の鉄鋼企業」の早期実現を前面に出して3カ年中期経営計画を着実に推進中のためだ。新日鉄住金も財務構造の改善と事業構造の改革など経営革新作業を進めている。経営革新の作業と新しい成長動力の構築に先に成功する側が、韓日鉄鋼戦争の勝者になるものと見られる。すでに本格的な速度戦が繰り広げられている。

クァク・ジェウォン漢陽(ハニャン)大学技術経営大学院客員教授


現代・起亜自動車のグローバルブランド価値が下落

2014年03月03日08時42分

英コンサルティング会社のブランドファイナスが世界の企業を対象に調査した「グローバル500大ブランドランキング」で現代(ヒョンデ)自動車が52位、起亜(キア)自動車が241位に入った。昨年の調査では現代自動車は30位、起亜自動車は209位だった。
スポンサーサイト

コメント

No title

先日、総理に近い方とお話しをする機会がありました。明言はされませんでしたが、官邸の意向はやはり放置プレーなんだろうと感じました。

No title

>2014-03-04 10:58 | 花岡 鉄様

>先日、総理に近い方とお話しをする機会がありました。明言はされませんでしたが、官邸の意向はやはり放置プレーなんだろうと感じました。

なるほど、やはりそうでしょうね。いま、まともに狂った相手とつきあう意味もありませんから。日頃の安倍氏の言動に十分それを感じています。

No title

たかおじさん今晩は。インドネシアでの製鉄所事故は本当の事なのですね。

新日鉄から支援を受けてできた浦項製鉄所もウリナラファンタジーの世界の中でいつの間にか自分達の自主努力の賜物になってしまったのでしょうね。
他国の伝統や習慣を自国起源にしてしまう人達ですから見た目がよければまともに動かなくてもいいのでしょう。

新日鉄住金もさっさとポスコとの提携は解消すれば良いのにと思います。
まだポスコからの派遣がいるのではないでしょうか。損するだけと思います。

新幹線は日本のものを売らなくて良かった。もし売っていたらシナの高速鉄道と同じ事になっていたでしょう。そういう意味ではJR東海は先を見ていたし、JR東と川崎重工は駄目ですね。

No title

>2014-03-04 20:51 | 一有権者様

>たかおじさん今晩は。インドネシアでの製鉄所事故は本当の事なのですね。

どうも本当のようですね。ただ、日本の既製メディアは殆ど報道しませんが、インドネシアの新聞にあるのを見つけました。ただ、インドネシア語なので、機械翻訳してみましたが、どうも事件は事実のようです。

URLは

http://www.indopos.co.id/2014/02/blast-furnace-krakatau-posco-meledak.html#.UxXR1vl_tR8
です。

>他国の伝統や習慣を自国起源にしてしまう人達ですから見た目がよければまともに動かなくてもいいのでしょう。

技術のなんたるかも理解していませんから形だけ真似すれば同じ物になると考えているんでしょう。
>
>新日鉄住金もさっさとポスコとの提携は解消すれば良いのにと思います。

本当にそう思いますが、将来的に株の持ち合いをするとのことです。

>まだポスコからの派遣がいるのではないでしょうか。損するだけと思います。

何を考えているのか分かりません。
>
>JR東と川崎重工は駄目ですね。

ソニーも東芝も三菱もだめですね。それぞれ、液晶テレビ、メモリー、自動車技術を韓国に渡した張本人です。

No title

引用した記事は昨年12月の”火入れ式直後の事故”ですよ。
記事の日付を確認下さい。
数日前から飛び交ってる流言蜚語とは関係ない記事です。
地元紙(indopos)の報道も一回こっきりで、どうも噂を信じられません
ロイターやFinatialTimesが報道するまではデマと思っておきます。

No title

> 2014-03-05 20:00 | 名無しの日本人様

>記事の日付を確認下さい。

本文に引用した記事は今年の一月、上記コメントで引用したのは今年2月23日。
事故が起きたと称される日時がちょっと分かりませんが、しかし火入れ直後に事故を起こしたとしたら、事情はあまり変わらないと思いますがね。

>数日前から飛び交ってる流言蜚語とは関係ない記事です。

たしかに既製メディアが一切報道していないのはデマなのかも知れないとは思っています。が、火入れ直後に事故を起こしたのもデマなのかはちょっと?

>地元紙(indopos)の報道も一回こっきりで、どうも噂を信じられません

確かに続報と称する物がありません。

>ロイターやFinatialTimesが報道するまではデマと思っておきます。

私は保留としておきます。いずれにせよ、ポスコだけではない技術のパクリ体質がメインテーマですし。

残念無念

ポスコ大爆発は壮大なデマだったようです。
こんなすぐにばれるウソを流してまで韓国を見下したかったのか?
日本人のモラルはここまで落ちてしまったのか?
我々はいつから他人の不幸を期待し喜ぶようになってしまったのか?
残念でなりません・・・

2014-03-07 13:58 | 名無しの日本人

残念無念
>ポスコ大爆発は壮大なデマだったようです。

とういことはあの一回こっきりのインドネシア報道も日本人がやったんでしょうかね。

>こんなすぐにばれるウソを流してまで韓国を見下したかったのか?

というより、日本のネットを隅々までチェックしている韓国メディアがなぜ否定報道をしなかったのかも不思議です。

まあ、あれがデマだとして、

>日本人のモラルはここまで落ちてしまったのか?

デマを流したものが居たんでしょうね。別にこの記事を拡散したものが全員モラルハザードじゃありませんよ。ということで、全員モラルが落ちたと決めつけるのもどうかと思いますね。現実に韓国企業には非難されても仕方のない状況はありますよ。

>我々はいつから他人の不幸を期待し喜ぶようになってしまったのか?

ごく一部でしょうね。どこにでも居るし。韓国人だって、日本の不幸を喜ぶ輩はごく一部だと思いますが。

>残念でなりません・・・

だから、自分がそうならないように努めなければ。とはいえ、韓国という国在り方を決して認められませんしね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。