歴史を真摯に見つめる日本

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ




このところ、韓国のパクリ・ゴネ大統領が口を開けば日本に対し歴史を真摯に見つめ反省しろ、と言う。全くその通りだと私も思っていたのだが、最近になってやっと日本はその気になったようだ。つまり、先日のエントリー「日本は本気になったのか」でも触れたが、石原元官房副長官の証言により、あの国辱的河野談話が実は極めて政治的な韓国に対する妥協の産物であり、談話作成に当たった石原氏の証言によって、売春婦達の聞き取り調査には裏付けがなされていないと言うことが分かった。それをうけ、国民の60%が内部を検証すべきだ、談話を見直すべきだとの意向を示している。

国民の声に押される形で安倍内閣は当時の談話作成の背景を検証する事になった。

赤文字は引用

政府検証チームを設置 官房長官が明言 本人聴取も排除せず

 菅義偉官房長官は28日の衆院予算委員会で、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」をめぐり、作成段階で韓国側とすり合わせを行った経緯を調査する「検証チーム」を政府内に設置すると明言した。その後の記者会見では、検証内容を「国会から要請があれば提出する」と語り、検証過程で河野氏への聴取も排除しない考えも示した。

それは当然だろう。談話を作った張本人にもぜひ語ってもらうべきであり、曖昧なままにしておけば、韓国が求める歴史を真摯に認める態度とはとうてい言えない。是非とも学術的に検証し、その結果を国会に提出したうえで、国民にも広く公表すべきだ。当然真摯に見つめた結果なのだから、韓国も諸手をあげて賛成するに違いない。

 菅氏は、石原氏が証言した20日の予算委では、検証チームの立ち上げに曖昧な答弁を繰り返した。だが、その後の世論調査で談話見直しや作成経緯の検証を求める意見が約6割に達した上、検証の必要性は安倍晋三首相も同意しており、政府として本格的な取り組みが欠かせないと判断した。

これも当然だ。国民の多くが石原発言を聞き、とたんにあの河野談話がきわめて恣意的にゆがめられているのではないかとの疑問を持ったのは当然であり、だから、国民の6割もが内容検証を求め、その声が内閣を動かしたのだ。

とうぜん、歴史の真実を見極めようとする日本の動きは韓国でも採り上げられた。

安倍の日本「河野談話を検証」公式化


1993年に従軍慰安婦の強制連行を認めたこの談話が事実かどうかを再確認するもので、ただでさえ最悪の韓日関係に再び大きな波が押し寄せることが予想される。

なるほど、真実が明らかになれば韓国が求めていた日本の態度が曖昧ではなくなるので韓国も喜ぶだろう、最悪の日韓関係に大きな転機の波が押し寄せるだろうと当然韓国は期待したはずだ。

ここには安倍晋三首相の意向が反映されているものと見られる。安倍首相はこの日も「河野談話無力化」に率先してきた日本維新の会の山田宏議員について「議員の(国会)質問の後、世論が反応した」と褒めた。

安倍総理の意向がどうであれ、日本では国民の声が政治を動かす。安倍総理が言ったように、これは国民の声であり、国民が安倍総理に対し、歴史を正面から見つめ、韓国の期待に応えろと言ったのだ。当然の安倍総理の決定である。


韓国 朴大統領が「河野談話」検証方針を批判


 【ソウル大貫智子】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は1日、日本の植民地時代の抗日運動「3・1独立運動」記念式典で演説した。旧日本軍による従軍慰安婦問題について「歴史の真実は生きている方々の証言(にある)」と述べ、安倍政権が日本軍の関与を認め謝罪した「河野談話」を検証する方針を打ち出したことを批判。さらに「生きている証人の声を聞こうとせず、政治的利害のためだけに認めないなら(世界で)孤立するだけだ」と強調した。

てっきり韓国は安倍総理の決定に最大の評価をするだろうと思っていたらなにやらどうも違うようだ。今まで韓国は日本に対し、真実から目を逸らすな、本当の歴史を認めろ、と言っていたのだ。だから安倍総理がそうすると言ったのに、その学術的な検証をするなと言うのだ。前々から韓国の主張が色々矛盾を含んでいるとは思っていたが、これなども、まったく理由が説明されないまま、歴史の真実を見ろから、いきなり歴史の真実を見るなと言いだした。

こんな矛盾を平気で口にする韓国だから、

 
「元慰安婦」の傷を癒やせ…朴大統領、解決迫る


 大統領は、日韓両国の歴史を踏まえ、「日本政府が勇気ある決断を下さなければならない」と述べた。さらに、いわゆる従軍慰安婦問題について「55人しか残っていない(元慰安婦の)おばあさんたちの傷は当然、癒やされなければならない」と強調し、謝罪や補償などの措置を取るよう暗に訴えた。

この話も本末転倒なのだが、売春婦、もとい慰安婦のばあさん達の証言を裏付けるためにも河野談話成立の検証を日本がするというのだから、韓国は喜んでばあさん達を協力させるべきだ。なにしろ真実を突き止めると日本が言っているのだ。ばあさん達の言葉が真実であると韓国は言い続けてきたのだから、願ってもないことではないか。ばあさんの証言は、今までも高齢で遠い昔のことであり、記憶が曖昧で矛盾することがあっても絶対に正しいニダと言い続けていた韓国ではないか。それなら、今回日本がその証言の裏付け調査のため、ばあさん達の聴き取りもするというのだから、ばあさん達を励まし、やっとその日が来たんだから協力しなさいとパクリ・ゴネ氏はばあさん達を叱咤激励すべきだと思うが。

 朴大統領が、公開の場で慰安婦問題に直接言及して日本政府に解決を迫るのは初めて。「歴史の真実は、生存者たちの証言だ」とも語り、93年の河野洋平官房長官談話の根拠となった元慰安婦の証言内容を検証するとしている安倍政権をけん制した。

歴史の真実は生存者達の証言だそうだ。河野談話の内容調査にその生存者達の証言を裏付け調査するのに、何が問題なのだろう。まったく理解出来ない朝鮮頭だと私は不思議でならない。事実が分かれば何か困ることでもあるのだろうか。まさかねぇ・・あれだけ世界中の国に出かけては日本に歴史の真実を認めさせるべきだと告げ口をして・・もとい、主張をしてきたパクリ・ゴネ、もといパク・クネ氏の真意がよく分からない。

中韓宣伝に対抗明言 首相「広報、戦略的に」 山本領土相、大使向けに指示


 これに関して、山本一太領土問題担当相は28日、アジア・太平洋地域に駐在する日本大使を集めて外務省で開かれた会議に出席し、「中国との厳しい情報戦で相手を論破していくため、全人格をかけて相手政府に食い込んでほしい」と指示した。

中国とその犬は明確に日本を敵視し、宣伝戦を仕掛けている。それにたいし、日本も対抗すべきだとは近年急速にわき上がってきた日本人の声だが、嘘で固めた宣伝をする特亜にたいし、日本は正論を主張しなければならない。

これは犯罪者と警察の関係に似ている。犯罪者は法に触れることなどもお構いなしに、嘘をつき買収しおどし、暴力をためらわず自分の欲望を果たそうとする。一方警察はあくまで法に則った方法で対抗しなければならない。1から100まで嘘で固めて宣伝する中国と犬に対し、日本が事実のみを証拠を添えて反論しなければならないとは一見不利のようだが、そうではない。中国が、そしてその犬が嘘つきであること自体は国際的に知られている。だから、中国が他国を日本包囲網に参加させようと方々で工作をしているが、それに乗る国は犬国しかない。ダボス会議で失笑されたり、例えば習近平がドイツのホロコースト記念館に訪問したいとドイツに申し入れ即座に拒否されたなど枚挙にいとまはない。

実際特亜が、日本は世界でアジアで孤立しているとわめくのとは真反対に、特亜が世界で孤立しつつある。特にアジアでは、それが顕著だ。

 会議には中韓両国をはじめ、東南アジア各国の大使ら約30人が出席。第2次安倍政権で初めて設けた領土問題担当相の山本氏が、外務省で大使向けの指示を出すのは初めて。

その状況で、日本が他国の大使にむけて日本の立場を説明するなどは十分に成果が上げられるだろうし、ネットでの動画、ホームページなどでの各国語に訳した証拠を挙げての主張などは十分効果があると思われる。ただし、世界が事実を知ってもそれが日本の味方してくれる国がそのまま増えると単純には信じない方がよい。理論と力は別物だ。が、いずれ世界が事実をもっと知れば、中国やその犬がもっと孤立してゆくのは間違いない。それは確かに大きな力になるが、もっと現実的な効果があるとすれば、日本がその中国に対し、核抑止力を持つ必要性も理解される一助になる可能性があると言うことだ。結局、日本が力を持たなければ中国に対抗出来ないことを世界が理解すれば、日本の核武装はやりやすくなる。そして本格的な核抑止力を日本が持てば、上記の日本の正論が他国を本当の味方に付ける事になると言うことだ。


引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックして下さい。内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

政府検証チームを設置 官房長官が明言 本人聴取も排除せず


2014.2.28 21:35 [「慰安婦」問題]

 菅義偉官房長官は28日の衆院予算委員会で、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」をめぐり、作成段階で韓国側とすり合わせを行った経緯を調査する「検証チーム」を政府内に設置すると明言した。その後の記者会見では、検証内容を「国会から要請があれば提出する」と語り、検証過程で河野氏への聴取も排除しない考えも示した。

 政府が河野談話の原案を韓国側に示し、指摘に沿って修正した「合作」だったことは1月1日付の産経新聞が報じ、2月20日の予算委でも、談話作成に関与した石原信雄元官房副長官が「当然行われたと推定される」と証言していた。

 これを受け、菅氏は28日の予算委で、「すり合わせの実態を解明する必要がある。秘密の中で検討のチームを作り、もう一度(事実関係を)掌握する」と明言した。

 談話の根拠でありながら石原氏が「裏付けがない」と証言した元慰安婦16人の聞き取り調査の検証については、非公開が前提だったことなどを理由に「極めて難しい」と述べた。ただ、「どんな状況だったかは、もう一度確認することが必要だ」とも語り、すり合わせの経緯と合わせて調査する考えを示した。

 検証チームは秘密保持を前提に少数で構成する方針だ。有識者らも入れ、談話作成当時の状況を客観的に精査する。さらに、策定過程を詳しく検証するため、河野氏本人から事情を聴くことも念頭に置く。

 菅氏は記者会見で、河野氏からの聴取について「当時の状況を把握した上で取り扱いを検討したい」と含みをもたせている。日本維新の会は河野氏の国会招致を求めたが、自民党は元衆院議長の招致は前例がないとして難色を示していた。

 菅氏は、石原氏が証言した20日の予算委では、検証チームの立ち上げに曖昧な答弁を繰り返した。だが、その後の世論調査で談話見直しや作成経緯の検証を求める意見が約6割に達した上、検証の必要性は安倍晋三首相も同意しており、政府として本格的な取り組みが欠かせないと判断した。

安倍の日本「河野談話を検証」公式化


2014年03月01日08時54分


日本政府が河野談話を検証するという立場を28日、公式化した。

1993年に従軍慰安婦の強制連行を認めたこの談話が事実かどうかを再確認するもので、ただでさえ最悪の韓日関係に再び大きな波が押し寄せることが予想される。

菅義偉官房長官は衆議院予算委で「秘密を保持する中で、政府内に(河野談話を)検討するチームを作り、もう一度経緯を把握し、その後この問題をどうするかについてしっかりと検討したい」と述べた。「検証するかどうかを検討する」という先月20日のあいまいな返事からさらに一歩出たものだ。

ここには安倍晋三首相の意向が反映されているものと見られる。安倍首相はこの日も「河野談話無力化」に率先してきた日本維新の会の山田宏議員について「議員の(国会)質問の後、世論が反応した」と褒めた。

菅官長官が明らかにした検証対象は、談話発表前に聴取された慰安婦被害者16人の「強制連行」証言が事実なのか、政治的な配慮で当時の日本政府が韓国政府と事前に談話文案を調整したかどうかだ。すべて産経新聞が報道し、日本維新の会が国会で広めてきた主張だ。

菅官長官が「秘密を保持しながら」と但し書を付けたのは、慰安婦被害者の証言が非公開を前提に行われためだ。

韓国 朴大統領が「河野談話」検証方針を批判


毎日新聞 2014年03月01日 11時31分(最終更新 03月01日 12時33分)

 ◇抗日運動「3・1独立運動」記念式典で演説

 【ソウル大貫智子】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は1日、日本の植民地時代の抗日運動「3・1独立運動」記念式典で演説した。旧日本軍による従軍慰安婦問題について「歴史の真実は生きている方々の証言(にある)」と述べ、安倍政権が日本軍の関与を認め謝罪した「河野談話」を検証する方針を打ち出したことを批判。さらに「生きている証人の声を聞こうとせず、政治的利害のためだけに認めないなら(世界で)孤立するだけだ」と強調した。

 朴大統領は来年が日韓国交正常化50年に当たることに触れ「両国が関係を発展させられたのは、平和憲法を土台に周辺国と友好関係を増進し、村山談話と河野談話を通じ、植民地支配と侵略を反省して未来を切り開こうという歴史認識があったためだ」と指摘し、1月の新年記者会見に続いて両談話に言及。「日本政府が過去の否定から抜け出し、真実と和解の新しい歴史を切り開くことを期待する」と求めた。

 ただ「今も文化を通じ、両国国民は気持ちを分かち合っている」と述べ、国民同士の交流は続いていることを強調した。

 北朝鮮問題については、核の放棄を改めて求める一方、2月に再開した離散家族再会事業を定例化するよう北朝鮮側に呼びかけ、南北融和ムードをアピールした。


「元慰安婦」の傷を癒やせ…朴大統領、解決迫る

 【ソウル=豊浦潤一】韓国の朴槿恵パククネ大統領は1日、日本の植民地支配に抵抗した1919年の「3・1独立運動」の95周年記念式典で演説した。


 大統領は、日韓両国の歴史を踏まえ、「日本政府が勇気ある決断を下さなければならない」と述べた。さらに、いわゆる従軍慰安婦問題について「55人しか残っていない(元慰安婦の)おばあさんたちの傷は当然、癒やされなければならない」と強調し、謝罪や補償などの措置を取るよう暗に訴えた。

 朴大統領が、公開の場で慰安婦問題に直接言及して日本政府に解決を迫るのは初めて。「歴史の真実は、生存者たちの証言だ」とも語り、93年の河野洋平官房長官談話の根拠となった元慰安婦の証言内容を検証するとしている安倍政権をけん制した。

 朴大統領は来年、日韓国交正常化から50周年を迎えると指摘。これまでの両国の協力関係の背景として、「(日本が)平和憲法を土台に善隣友好関係を増進し、村山談話や河野談話を通じて植民地支配と侵略を反省しながら未来に踏み出そうという歴史認識があった」などと語った。

(2014年3月1日13時58分 読売新聞)

中韓宣伝に対抗明言 首相「広報、戦略的に」 山本領土相、大使向けに指示



 安倍晋三首相は28日の衆院予算委員会で、国際社会で対日批判を展開する中国、韓国を念頭に「日本をおとしめようとするキャンペーンが海外で展開されているのは事実だ。現実の日本とは全く違う姿をプロパガンダしている」と述べ、強く非難した。

 首相は「しっかりとした広報を戦略的に考えていきたい」とも語り、中韓両国に対抗して政府の広報機能を強化する意向を示した。

 これに関して、山本一太領土問題担当相は28日、アジア・太平洋地域に駐在する日本大使を集めて外務省で開かれた会議に出席し、「中国との厳しい情報戦で相手を論破していくため、全人格をかけて相手政府に食い込んでほしい」と指示した。

 会議には中韓両国をはじめ、東南アジア各国の大使ら約30人が出席。第2次安倍政権で初めて設けた領土問題担当相の山本氏が、外務省で大使向けの指示を出すのは初めて。

 政府は尖閣諸島(沖縄県石垣市)や竹島(島根県隠岐の島町)をめぐる中国、韓国の不当な主張には反論するよう各大使に求めているが、山本氏は「メディアに出演するときは事前にどう主張するかという戦略を練ってほしい」と具体的に指示。各大使の取り組みを評価し、効果的な情報発信をしている大使館には予算や人員を増強するよう首相に提案する考えも示した。
スポンサーサイト

コメント

植村隆の件

植村隆が3月に朝日新聞を退社して、神戸松陰女子学院大学に教授として迎えられると週刊誌が報じていました。
捏造慰安婦問題の張本人植村隆がまだ朝日新聞記者でいられる事にも驚きましたが、更にいけしゃしゃと大学教授になるとは、日本人を馬鹿にした話です。
この男のせいで、アメリカに暮らす日本人達が不法な激しい批判と差別を受けているのに。
韓国なら、この男の命はないでしょう。なにしろ愛国無罪という国ですから。
居てもたってもいられず、神戸松陰女子学院大学に国際電話をしてみました。その結果、植村隆が4月から教壇に立つことはありませんとの良い話を聞きました。現段階では、延期ということでしょうが、かなりの抗議が大学側に来ているのだと思います。
大学にメールや電話で植村隆採用が完全になくなるまで抗議し続けましょう。
皆様、ご協力よろしくお願いします。

植村隆の件

>2014-03-02 07:15 | カリフォルニアから日本を想う様

>植村隆が3月に朝日新聞を退社して、神戸松陰女子学院大学に教授として迎えられると週刊誌が報じていました。

ええ、これは日本でも相当反発をもたれており、さらに元主幹、主筆の若宮啓文氏が今は韓国東西大学教授になっています。彼は過去日本のいくつかの大学でも教壇に立っていますしね。ねつ造記事を作り上げた主犯の一人だと言えるでしょう。

>捏造慰安婦問題の張本人植村隆がまだ朝日新聞記者でいられる事にも驚きましたが、更にいけしゃしゃと大学教授になるとは、日本人を馬鹿にした話です。

日本の大学にはおかしなところもかなりあります。赤非がもともと反日新聞であることは知られた事実であり、未だに反日が社是です。

ただし、日本は言論思想自由の国であり、発言故に弾圧されるべきではありませんが、世論の批判は受けたなら自分の責任できちんと反論すべきです。それも許されているはずなのに、彼等はこそこそ逃げ回っています。また、教育の場という次世代を育てる場所での発言は中立でなければならないと教育基本法で定められており、明らかに植村などは法律違反ですね。


>韓国なら、この男の命はないでしょう。なにしろ愛国無罪という国ですから。

実際にそのような人々が韓国には沢山居ますね。

>居てもたってもいられず、神戸松陰女子学院大学に国際電話をしてみました。その結果、植村隆が4月から教壇に立つことはありませんとの良い話を聞きました。現段階では、延期ということでしょうが、かなりの抗議が大学側に来ているのだと思います。

それはそれはありがとうございます。実に喜ばしいことですね。
本当に

>大学にメールや電話で植村隆採用が完全になくなるまで抗議し続けましょう。
>皆様、ご協力よろしくお願いします。

そうすべきだと思います。植村はフリーの立場で好きなことを言えばよいのです。

No title

たかおじさん今晩は。上記の方が仰るように植村はじめ日本の大学にはおかしな事に特亜国出身の大学教授や準教授が何故多いのか。

そして日本政府、文科省が何故それを許すのか。本日もウジテレビの報道2001において東海大学の準教授金慶授が出演していた。
私は終るちょっと前にチャンネルを見たものだからはっきりとした番組の中身までは視聴できなかったがパネルを見ると韓国側の米国内における反日活動である

日本海呼称問題と慰安婦像設置の問題がメインであった事が推察できました。

日本の大学側が何を考えて朝鮮やシナ人の教授らを受け入れているのか疑問を感じるところでもありますが、どうせ出演させるならば彼らの嘘がばれるように発言させればよろしいとも思います。

さて産経の記事によれば慰安婦問題の検証において自民党内のリベラル派というと聞こえが良いが実際は売国奴であろう議員たちが足を引っ張りたいらしい。
めんどくさいとか発言しているらしいがこのような日本国や日本国民の名誉と国際信用と国益を損ねる特亜国の動きには議員として日本人として与野党関わらず一致団結してこれらの嘘を暴き信用できぬ国こそシナであり韓国である事を知らしめなくてはならないのに本当に腐った政治家が多いようです。

米国も自国の都合と国益しだいではどう転ぶかわからないのですからせめて覚醒した日本国民は団結して日本を守る為に戦わなくてはなりません。

そういう意味ではシリアへの対処は米国が内向き志向になりつつある事を示したと思いますし、急にウクライナがきな臭くなっている事によくも悪くもロシアは素早い行動を示したが果たして欧州諸国と米国はどのような行動を取るのか。

特に米国のオバマ政権の動きは日本としても注視しなくてはなりません。おそらくシナも見ている事でしょう。もしオバマ政権がそのまま口先だけで何も具体的な行動を(戦闘行為を行えという事ではありません)取らなければシナは南シナ海と東シナ海や尖閣そして沖縄に対する野望をさらに膨らませる事でしょう。

すでにシナ海軍は宮古島と沖縄本島の間の東シナ海を太平洋に向けて艦船を航海させたようです。

No title

>2014-03-02 21:31 | 一有権者様

>たかおじさん今晩は。

こんばんは。

>上記の方が仰るように植村はじめ日本の大学にはおかしな事に特亜国出身の大学教授や準教授が何故多いのか。

おそらく教育機関自体が おかしいからだと思います。日本の教育機関がおかしくなったのにはいくつかの原因が上げられていますが、GHQによる日本悪人教育、シベリア抑留帰還者達に対する洗脳などで影響を受けた者達が教育、報道、政治などに食い込んだことが日本左翼の特異な状況を作り出したと言われていますね。つまり、日本左翼だけが日本という国自体を貶め敵対すると言うことであって、他国の左翼には反政府であっても反国家であるこのような傾向はありません。
>
>そして日本政府、文科省が何故それを許すのか。

本来、教育は中立であるべきだと教育基本法に定められているはずですが、何を持って中立なのかの定義が無いのでしょう。すると、言論思想自由が優先されてしまいます。その結果ではないかと思っているのですが。

>日本の大学側が何を考えて朝鮮やシナ人の教授らを受け入れているのか疑問を感じるところでもありますが、どうせ出演させるならば彼らの嘘がばれるように発言させればよろしいとも思います。

外国人教授が大学にいること自体は良いでしょうが、西欧人教授がこのような反日発言をするのはあまり聞いたことがありません。彼等の嘘がばれるように発言はさせないでしょう。マスコミ自体がそのように発言させているのですから。
>
>自民党内のリベラル派というと聞こえが良いが実際は売国奴であろう議員たちが足を引っ張りたいらしい。

はい、これは早くから私も指摘していました。安倍氏の歯切れが悪いのは党内に足を引っ張る奴らが居るからだとははっきりしていましたから。

>腐った政治家が多いようです。

ええ、自分の責任を問われることになりますからね。
>
>米国も自国の都合と国益しだいではどう転ぶかわからないのですからせめて覚醒した日本国民は団結して日本を守る為に戦わなくてはなりません。

アメリカがどうするかははっきりしています。自国に脅威が及ばない限り日本を助けるでしょうけれど、脅威が及べば見殺しにします。国際的な信用よりも、自国民の声明財産が優先するのは当然です。

>
>果たして欧州諸国と米国はどのような行動を取るのか。

今日のエントリーにも書きましたが、口先介入だけで終わるでしょうね。ロシアとの直接対決をする事はないでしょう。
>
>特に米国のオバマ政権の動きは日本としても注視しなくてはなりません。

当てには出来ませんね。安倍氏はそれを見越して揺さぶりをかけているような気もします。実際にアメリカよりも、インドや東南アジアとまとまった方が力になりそうな気がします。
>
>すでにシナ海軍は宮古島と沖縄本島の間の東シナ海を太平洋に向けて艦船を航海させたようです。

まあ、平時ですから、それを停めることは出来ません。但し、有事には太平洋には出さないように閉鎖する能力を日本は持っているようです。それを破るために、今中国は台湾に急接近しています。
>

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)