スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すばらしい提案

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ




最近は韓国がらみというと不愉快な話題しかなかったのだが、昨日久しぶりに韓国から事実上だがすばらしい提案があったとの報道を読んだ。

赤文字は引用

【社説】「河野談話」否定すれば韓日関係は破綻する


植民地支配と侵略の過ちを認めて謝罪した「村山談話」とともに河野談話は、韓日関係を支えてきた2つの軸だ。にもかかわらず、安倍首相は「侵略の定義は学界的にも国際的にも定まっていない」として村山談話に疑問を提起したのに続き、河野談話まで揺さぶろうという動きを見せている。歴代内閣の歴史認識を継承するという安倍内閣の公式立場にも合わない反歴史的自家撞着だ。河野談話の否定は韓日関係の破綻を意味するということを、安倍政権は銘記するべきだ。

なんと、日本が河野談話の見直しをすれば、韓国は日本との関係を断つというのだ。正確には国家関係が破綻するというのだが、多分翻訳か何かの間違いだろう。日韓関係はとうの昔に破綻しているのであり、修復する意味もないし、安倍氏はドアはいつでも開いていると言いながら絶対に韓国のいう階段の条件をのもうとしない。つまり安倍氏には、韓国との関係を修復する気など全くないとしか見えないのだが、当然ながら其の通りだ。

そして、日本は村山談話、河野談話を学術的に検討するというのだから韓国としてはやっと日本が歴史を正面から科学的に学術的に確認する気になったのだと大喜びするはずが、そんなことをすれば関係が破綻するというのだ。事実が分かれば韓国が困るとでも言うのだろうか。そんなことは・・・まさかあるまい。もしそうなら、自分たちが嘘をついてきたと白状するような物ではないか。

いずれにせよ、日本があのねつ造談話を見直せば両国関係はもっと破綻するらしい。最近聞いた最も喜ばしいニュースだ。

私たちは、河野談話などの見直し、拒否をすべきだとずいぶん前から言ってきた。あのでたらめがあるから、国際社会は日本が事実を認めながら罪を認めない卑怯な国だとの中国プラス犬の宣伝を鵜呑みにしてきた。また安倍総理自身が、村山談話、河野談話を継承すると言ってきたのだ。それには党内の媚韓勢力の妨害があるのではないかと推察していたが、今回当の談話を作った事務方の石原信雄氏を国会で証言させるまでになった。彼の証言はテレビを通じて多数の国民の目に触れたろう。そうなれば、いくら自民党内に妨害勢力があろうと、事は動かざるを得ない。

石原氏の証言は下記の通りだ。

「河野談話、(慰安婦聞き取り調査の)裏付けなし」石原元副長官が国会で証言


 石原氏は、談話作成にあたり、事実関係を明らかにするため関係省庁に資料調査を要請したが、「女性たちを強制的に(慰安婦に)従事させるという種の文書は発見できなかった」と説明。「米国の図書館まで行ったが、女性たちを強制的に集めたことを客観的に裏付けるデータは見つからなかった」とも語った。

特亜の言い分は、証拠が見つからなかったから事実がなかったとは言えない。実際、慰安婦のおばさん達が恥を忍んで証言している・・と反論にもならない戯言を言っている。世界一の売春婦輸出国で慰安婦だったことが端だとはよく言えるとおもうが、その証言の裏付けを一切取っていなかったと石原氏は言っている。

そもそも有ったという証拠が証言だけであり、世界に冠たる嘘つき国家の証言に何ほどの意味があるかと言っても、それは水掛け論に見える。実際は当時慰安婦が女性にとって実入りの良い仕事であり大勢が進んで募集に応じた。他にも様々な物的証拠が残っている。また、20万もの女性を強制的に性奴隷にされながら韓国人が暴動を起こしたという記録など全くない。

「河野談話」根拠覆す石原証言 菅長官、聞き取り再検証を検討

 これを受け、菅義偉(すが・よしひで)官房長官が元慰安婦聞き取り調査の再検証の検討を明らかにしたことも、問題解決に向けた一歩前進となる。

だから、韓国に妥協して、聴き取りの裏付けすらしていなかったことが前々から言われていた。

河野談話は海外で「日本政府が正式に強制連行を認めた」と誤解・曲解を招き、荒唐無稽な「20万人強制連行説」や「性奴隷説」の根拠として利用されてきた。歴代内閣も外交問題化を恐れるあまり、この誤った風説が流布されるのを腕をこまぬいて見てきた。

これは、明らかに今までの自民党の責任だろうし、そして外交問題で荒波を立てたくなかった外務省の日和見が作り上げたことだ。そのいみで、今までの自民党、そして、今なお自分たちの責任を追及されたくない老害共が一番の日本の敵だと言える。

しかし、菅氏がこのように言うのだから、党内でももう国民の反発に抗することは出来ないとの判断が大きくなってきたのではないのか。それほど国民の意識が変わったと言うことだ。ひとえに安倍氏が作り上げてきたと言っていい。闇雲に喧嘩をするようなことをせず、特亜をつけあがらせ、その姿を国民に見せてきたと思えば、確かにその通りだと思う。

河野談話の見直しをするとは、事実上継承はしないと言うことだ。
 
 「当時の日本政府の善意が生かされていないのは、非常に残念だ」

 石原氏は予算委で慰安婦問題の現状をこう嘆いた。だが、国際社会では善意がねじ曲げられることは珍しくない。


そもそもが、特亜に善意が通用すると思っていた馬鹿さ加減こそ反省すべきだろう。

慰安婦像撤去を求め日系人らグレンデール市を提訴 米全土拡散に歯止め

訴状によると原告は、慰安婦問題が日韓間の外交問題になっている中、韓国側の「慰安婦は強制的に集められ、ひどい待遇を受けた」との言い分に基づきグレンデール市が像を設置したことは、連邦政府に属する外交権限を侵害していると主張。また、プレートの文言は市議会で承認されていないとし、手続きに瑕疵(かし)があったと訴えている。

この訴訟については、私も早くすべきだと言ってきた。やっと、実現に向けて大きな一歩を踏み出したのは意味がある。グレンデール市のことなど、日本では大騒ぎをしているが、アメリカ全体では殆ど話題にもなっていない。だからこそ、特亜系が集中している地域でこのようなことが起きていたのだが裁判になれば嫌でも州、国家全体に知られることになるだろう。じっさい、韓国系はアメリカでも鼻つまみ者であることは先のロス暴動の折にも明らかになっている。

知らない内に自分たちの国にゴキブリが繁殖していることをアメリカ人が知れば、それだけで意味があるというもの。


引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックして下さい。内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

【社説】「河野談話」否定すれば韓日関係は破綻する


2014年02月22日10時14分

日本政府が日本軍の慰安婦強制動員を認めて謝罪した「河野談話」を否定する動きを公式化している。菅義偉官房長官は20日、国会の答弁で、河野談話の根拠となった慰安婦被害者の証言に関し、「学術的観点からさらなる検討が重ねられていくことが望ましい」とし「専門家チームを作って検証することを検討する」と述べた。安倍首相が最近、慰安婦問題に関する国際社会の問題提起に対し、「間違った事実を並べて日本を誹謗・中傷していることには、事実をもって冷静かつ礼儀正しく反論しなければならない」と述べたが、これよりさらに一歩進んだものだ。

1993年8月、宮沢内閣の官房長官だった河野洋平名義で発表された談話で、日本政府は慰安所の設置・管理および慰安婦の移送に日本軍が直接・間接的に関与した責任を認めた。また16人の慰安婦被害者に5日間ソウルで会って面談した結果に基づき、本人の意思に反し、甘言と強圧によって募集・移送・管理が行われたという事実も認めた。

しかし日本国内の一部の右翼陣営は、日本軍の責任を立証する公文書が存在せず、被害者の証言が不正確であいまいだとし、河野談話の正当性に問題を提起してきた。一部の国会議員のこうした退行的な主張に便乗し、安倍政権が慰安婦被害者の証言の信憑性を専門家を通じて検証するというのは、被害者の傷が眼中にない非人道的かつ恥知らずな発想だ。

植民地支配と侵略の過ちを認めて謝罪した「村山談話」とともに河野談話は、韓日関係を支えてきた2つの軸だ。にもかかわらず、安倍首相は「侵略の定義は学界的にも国際的にも定まっていない」として村山談話に疑問を提起したのに続き、河野談話まで揺さぶろうという動きを見せている。歴代内閣の歴史認識を継承するという安倍内閣の公式立場にも合わない反歴史的自家撞着だ。河野談話の否定は韓日関係の破綻を意味するということを、安倍政権は銘記するべきだ。


「河野談話、(慰安婦聞き取り調査の)裏付けなし」石原元副長官が国会で証言


2014.2.20 18:16

 石原信雄元官房副長官は20日の衆院予算委員会に参考人として出席し、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」について、韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査に基づいて作成したが、裏付け調査をしなかったことを明らかにした。当時の事務方のトップとして作成過程を初めて公の場で証言した。

 石原氏は、談話作成にあたり、事実関係を明らかにするため関係省庁に資料調査を要請したが、「女性たちを強制的に(慰安婦に)従事させるという種の文書は発見できなかった」と説明。「米国の図書館まで行ったが、女性たちを強制的に集めたことを客観的に裏付けるデータは見つからなかった」とも語った。

 韓国側の強い要求で行われた元慰安婦16人の聞き取り調査については「事実関係の裏付け調査は行われていない」とした上で、「当時の状況として、裏付け調査をこちらが要求するような雰囲気ではなかった」と明言した。

 さらに、談話作成の過程で韓国側とすり合わせをしたことに関し、「私は承知していないが、この種のものをまとめる段階で、何らかの事務的なすり合わせはあったのかもしれない。作成過程で意見のすり合わせは当然行われたと推定される」と指摘した。

 河野談話に対しては「慰安婦の募集は主として業者が行い、その過程で官憲や軍が関わった可能性があるという表現になっている」と述べ、「日本政府や日本軍の直接的な指示で慰安婦を募集したことを認めたわけではない」と強調した。

 石原氏の発言を受け、菅(すが)義偉(よしひで)官房長官は答弁で、元慰安婦16人の聞き取り調査報告書の公開に関し「非公開を前提に調査を行っているが、機密を保持する中で検討したい」と述べた。

「河野談話」根拠覆す石原証言 菅長官、聞き取り再検証を検討


2014.2.21 07:21

 石原信雄元官房副長官が20日の衆院予算委員会で、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」の作成過程について(1)日本軍や官憲が強制的に女性を募集したという客観的資料はない(2)談話は韓国での元慰安婦16人への聞き取り調査に基づくが、裏付け調査はしていない(3)談話は軍や官憲の直接的指示での募集(強制連行)を認めたわけではない-の3点を証言した意義は重い。(阿比留瑠比)



 談話作成時の事務方トップだった石原氏は、これまでも産経新聞のインタビューなどで同様の認識を表明していた。また、第1次安倍晋三内閣も19年に「政府発見の資料の中に強制連行を示すような記述はない」と閣議決定している。

 極めてずさんで証拠能力が認められない元慰安婦の聞き取り調査が、事実上、唯一の河野談話の根拠だったことは産経新聞がすでに報じてきた通りだ。

 ただ、今回はNHKの全国中継が入る国会での当事者の証言であり、国民に河野談話の実態を周知する効果は小さくないだろう。

 これを受け、菅義偉(すが・よしひで)官房長官が元慰安婦聞き取り調査の再検証の検討を明らかにしたことも、問題解決に向けた一歩前進となる。

河野談話は海外で「日本政府が正式に強制連行を認めた」と誤解・曲解を招き、荒唐無稽な「20万人強制連行説」や「性奴隷説」の根拠として利用されてきた。歴代内閣も外交問題化を恐れるあまり、この誤った風説が流布されるのを腕をこまぬいて見てきた。

 国内でも、こうした海外の誤解・曲解を正すどころかそれに迎合し、一緒になって過去の日本を糾弾するメディアや政治家が少なくなかったのも現実だ。

 この12日にも、村山富市元首相が韓国の国会で「軍や業者、慰安婦の皆さんの証言、調査をまとめたもので、信頼すべきものだ」と講演している。

 村山氏が何を根拠に「信頼すべきもの」と断言したのか不明だが、今回の石原氏の国会証言はくしくもこれへの反証となった。

 何より問題なのは、談話が事実や証拠に基づくものではなく、「強制性」を認めれば慰安婦問題は収まるとの日韓の政治的談合でできたことが改めて明確になったことだ。

 「当時の日本政府の善意が生かされていないのは、非常に残念だ」

 石原氏は予算委で慰安婦問題の現状をこう嘆いた。だが、国際社会では善意がねじ曲げられることは珍しくない。


慰安婦像撤去を求め日系人らグレンデール市を提訴 米全土拡散に歯止め


2014.2.21 08:16

 米カリフォルニア州グレンデール市に設置された慰安婦をモチーフにした少女像をめぐり、同市在住の日系人たちがグレンデール市を相手取って、像の撤去を求める訴訟をロサンゼルスにある同州中部地区連邦地裁に起こしたことが20日、分かった。原告側は米国内で広がる慰安婦像・碑の設置の動きや、誤った歴史認識の拡散に歯止めをかけることを目指す。

 原告はグレンデール市在住の日系人とロサンゼルス周辺の日本人在住者でつくるNGO(非政府組織)「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」のメンバー。21日(米国時間20日)、弁護士を通じて訴状を連邦地裁に提出した。

 グレンデール市の慰安婦像は昨年7月に市営図書館に隣接する公用地に設置された。ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像と同じモデルのブロンズ像で、そばに「戦時中、日本軍が強制連行して性奴隷にした20万人の婦女子が慰安婦にされた」と書かれたプレートが設置されている。

訴状によると原告は、慰安婦問題が日韓間の外交問題になっている中、韓国側の「慰安婦は強制的に集められ、ひどい待遇を受けた」との言い分に基づきグレンデール市が像を設置したことは、連邦政府に属する外交権限を侵害していると主張。また、プレートの文言は市議会で承認されていないとし、手続きに瑕疵(かし)があったと訴えている。

 米国では韓国系人口の集中する東部ニュージャージー州ハッケンサックとパリセイズパーク、ニューヨーク州ウエストバリーの計3カ所で慰安婦碑が設置されているほか、複数の都市でも設置を模索する動きがあるといわれる。在米の韓国系団体は全米各地に慰安婦碑・像を設置することを目指し、地方議員から連邦議員まであらゆるレベルでの働きかけを強めている。
スポンサーサイト

コメント

No title

維新の会が河野洋平の国会証人喚問を要求したが自民党が拒否したのつい先日でしたね。

一般庶民でも多くの人達が党や政府のHPへ意見投稿したり抗議の声を上げる事によってこの事態を打開する方向に向かえばさらに日本は良い方向へ向かうのではないのかと思います。

韓国は自国の嘘が公に晒されますます信用を失う事でしょう。

良い事ではありませんか日韓国交断絶は。ゆすりたかり国家はいよいよ自分達のみで国家の運営をどこかも支援を受けずに行なわなくてはならない。

我が国は困った奴等が密入国してこないように万全の対策を練り実行するだけです。

No title

>2014-02-22 22:46 | 一有権者様

>維新の会が河野洋平の国会証人喚問を要求したが自民党が拒否したのつい先日でしたね。

そうでしたね。あれは私の想像ですが、今の事態を招いた責任を追及されたくない自民党内の老害連中が安倍氏の足を引っ張っていたのだと思います。

石原氏は証人喚問ではなく、参考人として発言したのであり、多くの国民が知ることになりましたし、自民の老害達も横車を押しきれなくなったのかも知れません。

>
>一般庶民でも多くの人達が党や政府のHPへ意見投稿したり抗議の声を上げる事によってこの事態を打開する方向に向かえばさらに日本は良い方向へ向かうのではないのかと思います。

実際、その力は馬鹿にならないと思いますよ。ネット住人は総じて若い世代であり、今後はどんなに逆らっても老害お花畑に入れ替わってゆくんですから。
>
>韓国は自国の嘘が公に晒されますます信用を失う事でしょう。

もうすでに韓国など信用されていませんよ。だから、必死になって村山、河野などを呼びつけヘコヘコさせたり、日本の見直しに日韓関係が破綻すると脅しているつもりなのでしょう。日本人にしてみれば、大歓迎であり、韓国が必死になればなるほどあれが嘘だったと自分で言っているような物なのですが。韓国は、日本の態度が今までとはっきり変わったことにあわてて居るんでしょうが、中国の犬が今更中国に向かって吠えるなど出来ませんしね。
>
>良い事ではありませんか日韓国交断絶は。ゆすりたかり国家はいよいよ自分達のみで国家の運営をどこかも支援を受けずに行なわなくてはならない。

実際あのパクリゴネは親父譲りで、まるで独裁者だと言われていますね。本当に周囲の言葉を聞かないと、人心が離反していて、周囲はイエスマンばかりになってゆくでしょうね。気がついたら国内でも引きずりおろされかねません。今まで今ほど大統領辞任を求めるデモが起きたことなど無かったと思いますが。
>
>我が国は困った奴等が密入国してこないように万全の対策を練り実行するだけです。

本当にそうです。ゴミバケツが壊れればゴミがあふれ出てきます。しっかりと水際でくい止めるように対策をしなければ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。