スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総理の靖国参拝

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ




気ばかり焦るものの、いろいろなことが急に立て込み、なかなかブログ更新が出来なかった。書きかけの記事もあるが、この件についてはやはり緊急で取り上げたい。

赤文字は引用

昨日26日、安倍総理は急遽靖国を参拝すると発表、その後すぐに総理は靖国を参拝した。現役総理大臣の靖国参拝は、小泉元総理以来7年ぶりの事であり、いかにも抜き打ちの様な感じがあるが、国民の印象はおおむね好意的であり、ネット上では明らかに支持する声の方が断然多い。ネット上のアンケートだが、支持が80%を超えている。

安倍首相、靖国神社参拝へ―日本

安倍首相は9日の記者会見で「国にその命を捧げた方々に尊崇の念を表することは当然のことだ」と語り、在任中の靖国神社参拝の意思を示したものの、政治や外交の問題を避けるべきだとの考えも示した。現在日本は中国、韓国との関係改善が難しい時期にあり、参拝を急ぐことは国内外の批判の的になる可能性が高く、安倍首相は今後も参拝のタイミングを慎重に計るものと見られている。

しかし26日、日本政府は急きょ、安倍首相が同日午前に靖国神社を参拝すると発表した。(翻訳・編集/岡田)


この発表はいかにも唐突であったが、じつは10月に決定され、後はタイミングを計っていたのだと言うことだ。この総理の靖国参拝については、各メディアも、そして例によって大騒ぎをするであろう特亜も最初は事実を報じただけだった。なにか、半信半疑のような感じさえしたが、これは総理側の作戦がちだろう。常日頃から靖国へは行くが時期については述べないと繰り返していた。靖国参拝はいわば公約なのであり、それを掲げて総理になったのだからいわば国民にしてみれば当然と言うことだろう。

それなら、参拝の当日直前に発表することに何ら問題はないし、それどころか別に正式発表などせずに参拝しても良いはずだ。事前に発表しなかったのは、要らざるじゃま立てを防ぎたかったのだろう。


米、靖国参拝に「失望」 中韓との緊張悪化懸念

 在日米大使館(東京都港区)は26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝について、中国や韓国の反発を念頭に「近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに米政府は失望している」とする声明を発表した。

これこそアメリカのダブルスタンダードの極みだろう。もしアメリカが本当に中国韓国を刺激してほしくないなら、尖閣列島が日米安保の範囲に含まれると明言したり、集団自衛権を即座に歓迎したり、防空識別圏について中国に警告を発したりはしない。しかし、これらが日本の国益もさることながら、アメリカの国益に関わるから即座に態度を明確にした。

だが、靖国参拝はアメリカの国益にはなんの関係もない、だから中国や韓国ともめ事を起こすような行為は慎めと言っているだけのことであって、総理による靖国参拝が正義に反するからというのではないし、国際秩序を乱すことでもないからだ。単に、アメリカが中国と正面切っての軋轢は避けたいからと言うだけのことだ。

むろん、どの国でも自国の国益を最優先し、他国との協調あるいは妥協にしてもそれが国益に適う場合だ。今のアメリカは内政でいっぱいであり、アジアに力を注ぐ余裕がない、あるいはレイムダック期に入りつつあるオバマにとって、オバマケアの成立だけを引退花道にしたい今、中国との軋轢はごめん被りたいということ。別に安倍総理の靖国参拝が正義に反するからなどという訳ではない。

安倍氏にとってアメリカの態度は織り込み済みだろう。事前に米国に通達していたと報じられている。その時点でアメリカからの懸念は表明されていたろうが、それでも日本の国益を取ったと言うことだ。これはEUなどにも言える。地球の裏側からみれば、とにかく戦争はごめんだから、相手のいやがることをするな、というだけだ。だが、日本は当事者なのだ。アメリカのオバマ政権やEUの中国すり寄りに協力する必要など無い。あくまで日本の国益を最優先すべきだろうし、現実にこれでアメリカや中国に日本が危険を及ぼしているわけではない。中国の危険が日本に及んでいるのだ。

では、安倍総理が靖国参拝をしたことで、中国を怒らせ日本に対してより強硬な態度を取るのではないかとの懸念はないだろうか。私は別に変わらないと思う。日本に対する恫喝、屁理屈、言いがかりはむしろ中国韓国に遠慮して小泉元総理以後全く総理による参拝が無くなってからますますひどくなっているのが現状だ。ようするに、中国に甘く見られていたのが今の状況を生んだと言っていい。今更安倍氏の靖国参拝でさらにこれが悪化するとすればとうに悪化していたろう。参拝をしなければ関係が改善するということではないし、もともと、中国が日本に対し強硬政策を採るのは、あくまで国内での政権の求心力を構築するためなのであって、日本が何をしようと関係はない。

NHKなどが、これで中国や韓国の理解を得られるとは思わないなどといっているが、中韓には日本を理解する姿勢など最初から無いのだ。

靖国は一つの言いがかりにすぎない。集団自衛権、武器輸出緩和、日本版NSC、特定秘密保護法、そして今日は沖縄の仲井真知事が普天間基地移設先として辺野古埋め立てを許可している。折からルワンダPKOで、韓国軍に自衛隊が弾丸10000発を供与したことで韓国が言いがかりを付けているが、供与しなければまた言いがかりを付けるだろう。日本が何をしても、特亜が理解を示すなどあり得ないのだ。

したがって、今まで日本国民がいつでも行ける場所に総理大臣が行けないと言う状態自体が以上なのであって、常々安倍氏はそれを正したいと言っていた。その公約を守ったのだ。

特亜は、日本国民の大多数は日本が歴史問題を正さないことに遺憾の意を持っているが、極右政党が国民を煽りアジアの近隣諸国に挑戦し続け軍事大国化しているのだとよく報道し、それぞれの国内への宣伝にしているが、実際民主国家である日本では、最初から公約に示しそれを実行している安倍政権のやっていることは国民の意志であることは間違いがない。民主主義を理解出来ない中国や、民主国家もどきの韓国には大多数の国民が特亜に友好的であり極右がそれをねじ曲げていると国民に宣伝しそれを信ずる国民が多いのだろうが、現実には国民の意思が安倍政権を動かしている。実際、現在の日本人における嫌中、嫌韓意識はかつて無いほど高まっている。

それはこの靖国参拝問題を報じているメディアの姿勢にも見て取れる。今までならメディアが表立って安倍政権をたたいたのだろうが、今回は国民の賛成反対両意見を比較的並べて出しているし、あくまで中国韓国、アメリカEUも懸念を示しているとの紹介だけだ。肝心なのは、日本人が安倍氏の靖国参拝を支持しているか居ないかだが、実際は公約で最初から靖国参拝を明言し時期は明らかにしていなかった安倍政権を圧倒的多数の国民が支持しているのだ。この民意にマスコミは逆らうことは出来ない。

マスコミにとって記事とは商品であり、売れる記事を書くのが彼らのビジネスなのだ。従来なら政府叩きをすれば記事が売れたのだろうが、今ではかつてのような韓国サイド、中国サイドに立ったような記事が売れず、今まで韓国批判などしなかったメディアがそろって韓国批判記事を書くようになった。要するにそのような記事が売れるからだ。国民の意識が大きく変わったことをマスコミは記事で示している。

 同盟国指導者の政治的行動に対し、米政府が踏み込んだ形で懸念を表明するのは異例。「アジア重視」戦略を掲げるオバマ政権は安倍氏の靖国参拝回避に向け、水面下で働き掛けてきた経緯があるだけに、事実上の批判声明といえそうだ。

アメリカの水面下の働きかけを承知していて靖国参拝に踏み切った安倍総理を積極的に支持したい。国益とは、他国の意に添って動くことではない。自国の国益に適う場合以外妥協すべきではない。まして、一切自らは決して譲ることをしない特亜にたいし妥協するようなことがあってはならない。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

出来れば、今年中にもう少し記事を書きたいと思いますがとりあえず、今年一年まことにありがとうございました。みなさまには良いお年を迎えられますようお祈りいたします。また来年もよろしくお願いいたします。

たかおじさん、高雄爺さん、留瀬、猫 一同


引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックして下さい。内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

安倍首相、靖国神社参拝へ―日本

配信日時:2013年12月26日 11時24分

26日、安倍晋三首相が政権の座に就いてちょうど1年。日本メディアは年内の靖国神社参拝は行わないとの見通しを伝えていたが、日本政府は26日、安倍首相が同日午前に靖国神社を参拝すると発表した。写真は靖国神社。

2013年12月25日、国際在線によると、26日、日本の安倍晋三首相は政権の座に就いてちょうど1年が経過するが、年内の靖国神社参拝は行わないとの見通しを日本のメディアが伝えている。

安倍首相は2012年の総選挙の際、第1次内閣当時に靖国神社参拝を実現できなかったことについて「痛恨の極み」としていたが、第2次内閣発足後は靖国参拝について慎重な姿勢をとり続けている。靖国神社で4月に行われる春季例大祭や10月の秋季例大祭にいずれも参拝しておらず、供え物や玉串料を奉納するにとどまっている。

安倍首相は9日の記者会見で「国にその命を捧げた方々に尊崇の念を表することは当然のことだ」と語り、在任中の靖国神社参拝の意思を示したものの、政治や外交の問題を避けるべきだとの考えも示した。現在日本は中国、韓国との関係改善が難しい時期にあり、参拝を急ぐことは国内外の批判の的になる可能性が高く、安倍首相は今後も参拝のタイミングを慎重に計るものと見られている。

しかし26日、日本政府は急きょ、安倍首相が同日午前に靖国神社を参拝すると発表した。(翻訳・編集/岡田)


米、靖国参拝に「失望」 中韓との緊張悪化懸念


2013.12.26 17:56


 在日米大使館(東京都港区)は26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝について、中国や韓国の反発を念頭に「近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに米政府は失望している」とする声明を発表した。

 同盟国指導者の政治的行動に対し、米政府が踏み込んだ形で懸念を表明するのは異例。「アジア重視」戦略を掲げるオバマ政権は安倍氏の靖国参拝回避に向け、水面下で働き掛けてきた経緯があるだけに、事実上の批判声明といえそうだ。

 声明は「日本は大切な同盟国だ」とした上で、安倍氏の靖国参拝に「失望」を表明。沖縄県・尖閣諸島をめぐり対立する中国や、歴史認識問題などで冷え込んでいる韓国との一層の関係悪化に懸念を示した。

 その上で、日中韓が未来志向で建設的に対応し、関係改善を図るよう要請。こうした取り組みを通じ「(アジア)地域の平和と安定という共通の目標を発展させるための協力を推進する」よう求めた。(共同)


首相靖国参拝 米、靖国参拝に「失望」 中韓との緊張悪化懸念

2013.12.26 17:26

 在日米大使館(東京都港区)は26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝について「近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに米政府は失望している」との声明を発表した。

 声明は「日本は大切な同盟国だ」とし、安倍氏が「過去への反省と日本の平和への決意」を述べたことに留意するとした。
スポンサーサイト

コメント

靖国参拝

たかおじさん、こんにちは。
今年ぎりぎりのタイミングでの参拝ですね。対話のドアは常にオープンにしているにも関わらず、特亜が対話に応じないことを世界に知らしめるための1年でした。参拝を自粛しても言いがかりをつける国々であるということも世間に知らしめました。またアメリカも戦後体制維持派であったことがはっきりしました(ご都合主義でしょうが)。これでアメリカも信用ならないと多くの国民が感じたのではないでしょうか。これをきっかけに国民側から核武装論が盛り上がれば良いのですが。

今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
良いお年を。

靖国参拝

>2013-12-28 12:24 | 花岡 鉄様

>たかおじさん、こんにちは。

こんにちは。

>今年ぎりぎりのタイミングでの参拝ですね。対話のドアは常にオープンにしているにも関わらず、特亜が対話に応じないことを世界に知らしめるための1年でした。参拝を自粛しても言いがかりをつける国々であるということも世間に知らしめました。

結局、マスゴミが言うように、中国韓国との関係改善がこれで遠のいたというのは嘘であり、日本が彼らの言いがかりをすべて受け入れ、彼らの言うがままに謝罪し、彼らが言うがままに金を出しても、おそらくそれに味を占めてもっと要求が大きくなるだけです。日本国民はおそらくその本質に気がついてきたのでしょうね。


>またアメリカも戦後体制維持派であったことがはっきりしました(ご都合主義でしょうが)。これでアメリカも信用ならないと多くの国民が感じたのではないでしょうか。

ええ、アメリカがこれで、自国民を中国の核にさらしてまで日本のために中国と戦うなど極めて疑わしいことも理解出来るのではないでしょうか。

>これをきっかけに国民側から核武装論が盛り上がれば良いのですが。

確実に核武装論は力を得てきていると感じています。
>
>今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
>良いお年を。

こちらこそありがとうございました。来年もまたおいで下さい。お待ちしております。良いお年を。

一般論と確信犯と火病と

先ず、戦犯に対する解釈の違いを差し置いて、少なくとも「敗戦により」戦犯とされた者は宣戦布告と云う国際的な手続きを経て、謂わば決闘を行い、非戦闘員を巻き込む事なく「敵と正々堂々と刄を交えた」のです。
他方で、毛沢倒だかにしろ李承蛮だかにしろ、はたまた最近の金正怨だかに至る迄、粛清として「仲間を殺し」、或いは戦線から逃れる己れの保身の為に「同胞を見殺し」にしたり、無知蒙昧な誤った政策の煽動により「同胞を餓死に追いやる」と言った『凡そ人とは呼べぬ連中』であり、未だに彼等を崇める連中にあれやこれや言われる所以はありません。

却説、当事者の立場から離れて見れば、米国政府の意図は「摩擦を起こすな」との一般論であり、靖国神社云々ではありません。先日も駐日大使が長崎を訪れていながらとても言える筈はありません。
中共は先の尖閣諸島国有化の際の官製反日デモの己れへの飛び火を経験し、それ以後の国内情勢の悪化も鑑みれば、一応は吼えねば一貫性を失いますから吼えているに過ぎず、その証しを日本大使館前では厳重な警備体制に見る事が出来ます。しかも事前に日本政府から通告をされては尚更です。
「あなたの手の内は承知しています。必要なら事実関係を曝しましょうか。それが嫌なら、ハリセンで叩くから痛がって見せるだけにしなさい。」と。
これが効くのも尖閣や空域の問題で譲らぬ姿勢あったればこそです。
その一方、南鮮は事前通告からは弾かれ、まんまと告げ口外交への返礼を喰らいました。
単に靖国参拝ではなく、巧みに込められたメッセージを読めず、己れの立ち位置からでしか考えられぬとは、欧米の為政者もレベルが落ちたものです。
尤も我が国の今迄が今迄ですから、虚を突かれた点を割引かねばとも云えます。
南鮮も尻に火が着いて来ましたが、次に「弾(カネ)貸して~」と来たなら、「靖国の神々に訊いて来る~」とでも答えてやればよいでしょう。
それにつけても我が国メディアの馬鹿っぷりも相変わらずです。

一般論と確信犯と火病と

>2013-12-29 01:27 | あづまもぐら様

>先ず、戦犯に対する解釈の違いを差し置いて、少なくとも「敗戦により」戦犯とされた者は宣戦布告と云う国際的な手続きを経て、謂わば決闘を行い、非戦闘員を巻き込む事なく「敵と正々堂々と刄を交えた」のです。

日本でも戦犯と言う言葉を、戦争を起こした責任者と信じている者が多く、むしろ大多数がそうなのではないかと思います。だから、日本が防衛力を持つこと自体もまるで犯罪であるかのような認識が長年植え付けられてきたからだと考えられるわけです。

>他方で、毛沢倒だかにしろ李承蛮だかにしろ、はたまた最近の金正怨だかに至る迄、・・・未だに彼等を崇める連中にあれやこれや言われる所以はありません。

上記の連中こそ戦犯どころかただの凶悪犯罪者であり、彼等を裁く者が居なかった、が、日本は腹いせに戦勝国に裁かれた、日本はそれに抵抗出来る立場ではなかったと言うだけのことです。近年、東京裁判、戦犯などと言うのは腐れ左翼や特亜だけのようです。あの東京裁判、戦犯の定義がいかに恥知らずな行為であったかは直後から彼等も知っていたからでしょうね。しかし、それを今更否定は出来ないと言うことでしょうか。だから、アメリカやEU辺りからの懸念も、戦犯をまつっている靖国だからではなく、アジアでの軋轢を拡大するからと言うだけです。

>一応は吼えねば一貫性を失いますから吼えているに過ぎず、その証しを日本大使館前では厳重な警備体制に見る事が出来ます。しかも事前に日本政府から通告をされては尚更です。

それも安倍総理は織り込み済みであったと理解しています。口先とは裏腹に、中国ではネット規制や反日デモの押さえ込みを強化しています。

>これが効くのも尖閣や空域の問題で譲らぬ姿勢あったればこそです。

もし今民主党政権下だったらと想像するに、まず靖国参拝などあり得ないか、そしてますます、特亜にたかられむしり取られ続けているのだろうと思う次第です。反日メディアはこれで特亜との関係改善が遠のいた、理解は得られないと○○の一つ覚えですが、もともと日本との関係改善が実現すれば支持を失う彼等の政権が変わらない限り、特亜との関係改善などあり得ません。そして彼等の下心に基づいた関係改善はすべきではありません。

>その一方、南鮮は事前通告からは弾かれ、まんまと告げ口外交への返礼を喰らいました。

その難船状態の南鮮は北からの恫喝、経済破綻、パクリゴネ支持率急降下、大規模反政府デモなどなどまさに沈没鮮、いや沈没船状態です。パクリゴネにしてみればさらなる反日以外やることがないのでしょう。これもまた安倍氏の作戦に入っているかのように見えます。

>単に靖国参拝ではなく、巧みに込められたメッセージを読めず、己れの立ち位置からでしか考えられぬとは、欧米の為政者もレベルが落ちたものです。

アメリカはようやく経済回復が見えてきたようですし、日本は順調に回復しており国内でも次第にそれを実感する観測が増えています。一方、EUは相変わらずであり、頼みの綱は中国しかないと思いこんでいるのでしょうね。泥棒からもらう金も色は付いていないと言うことでしょうか。

>尤も我が国の今迄が今迄ですから、虚を突かれた点を割引かねばとも云えます。

だた、今回はその自民の中から目立った反発がないことは今までと違います。ようするに、自民も民意を読んだと言うことではないでしょうか。

>南鮮も尻に火が着いて来ましたが、次に「弾(カネ)貸して~」と来たなら、「靖国の神々に訊いて来る~」とでも答えてやればよいでしょう。

どうせ連中はタマ無しですから。(あれ、これはセクハラかな?)

>それにつけても我が国メディアの馬鹿っぷりも相変わらずです。

赤非が本業よりも土地事業の事業が上回ったとの報道がありました。長い目で見れば国民は賢いと思いますよ。

一般論ですが、国論とはある時点で一気に反転します。それはお花畑が風の吹く方向に一斉になびくからですが、かつてあれだけ吹き荒れた日米安保反対が今では安保があるから日本は平和を保てるということになり、自衛隊は口にするのも憚られたのが今では国の誇りと大多数の国民が支持しています。隣国とは仲良くすべきと言っていた国論が一気に警戒すべしになっています。

おそらく、核武装などもまともに議論されるようになるだろうし、河野談話見直しなど一気に進むのではないかと思っております。今、総理による靖国参拝も、国民からは表だった反対はないようです。マスゴミは見てみない振りをしていますが、今回の報道があくまで他国の批判を紹介しているだけなのもそう思える次第です。安倍氏はそれを計って次の参拝計画を立てているのではないかと想像しているのですが。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

今年一年、まことにありがとうございました。良いお年をお迎え下さい。なにやら、来年は日本にとってさらに良い年になりそうな予感がします。

またどうぞ、来年もよろしくお願いいたします。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

米政府が参拝についてのトーンを下げてきました。
日本国民からの反発に驚いているのでしょうか?

記者には更に「他国の哀悼の仕方に一々過剰に反応し、周辺地域の安定に悪い影響を与えている国には『失望』しないのか?」とも聞いてほしかった。


本年も宜しくお願いします。

謹賀新年

2014-01-01 14:55 | 市民K様


>あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

>米政府が参拝についてのトーンを下げてきました。
>日本国民からの反発に驚いているのでしょうか?

おそらくそれもあるでしょうけれど、辺野古埋め立てに対し大きく動き出したことに、いま日本に対しあまり批判めいたことを言わない方がいいと判断したのかも知れません。

>記者には更に「他国の哀悼の仕方に一々過剰に反応し、周辺地域の安定に悪い影響を与えている国には『失望』しないのか?」とも聞いてほしかった。

これはいつ誰に対しての質問に際してですか。いずれにせよ、アメリカは安倍総理の靖国参拝が正義に反するから失望したのではなく、中国と今いざこざを大きくしないでくれというだけのご都合主義です。議会で、大統領が God bress Americaと言うような国ですから。
>
>
>本年も宜しくお願いします。

こちらこそよろしくお願いいたします。

No title

>これはいつ誰に対しての質問に際してですか。

説明不足でした。すいません。
これはアメリカ国務省のハーフ副報道官の12月30日の記者会見でのことです。
「失望」という表現に対して質問が多く出ていたもので。

>>Q.失望という言葉は靖国参拝についてのものか?
>>それとも参拝で中国や韓国が反発するという結果に対してのものか?
>> 「日本の指導者の行動で近隣諸国との関係が悪化しかねないことに対するもので、それ以上言うことはありません」(ハーフ副報道官)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。