スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十六方塞がり半島

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



留瀬「こんにちは。また更新が滞っていると思ったら、またあたし達の会談ですよ。ブログ主は何をしているんでしょうかね」
高雄爺「まあ、そう言いなさんな。連休こそブログ主にとっては仕事に集中できる貴重な期間なんだ。そのためにも、連休前の閑散期を狙って京都観光をしてきたそうだよ」
留「あ、良いなぁ。あたしらだと連休の一番混雑して高い時にしかまとめて旅行など出来ないですからね」
高「勤め人と自営の大きな違いだが、とは言っても世間に無関係に好き放題に休める訳じゃない。たまたま今回は調整が付いただけで、だから急遽計画もろくに立てないで行ってきたらしいよ。それでも新緑の嵐山を堪能してきた、だから連休中は休み無しだって言ってた」
留「それでも閑散期に行けるのはうらやましいですね。あたしらがたまに旅行しても、大渋滞に巻き込まれたり、汽車や飛行機の切符が取れなかったりホテルが高かったり、何処に行っても行列に並ばなければならなかったりで、じっくり楽しむなんて出来ないんですから」
高「でも今年の連休は国内旅行が盛り返しているみたいだね。今までは海外旅行が割安で特に今年のような大型連休だと海外組が一斉に出て行くんだが、円安のせいもあるしなにより近場の中国や韓国に行く人が激減しているそうだよ」
留「そりゃそうでしょう。かつて無いほど特亜嫌いの人が増えたし、円安というよりその方が理由として大きいと思いますよ」
高「確かにね。中国も韓国も無我夢中で安倍政権叩きをしているが、元から無かった理性のひとかけらもない。まあ、こんな記事などもその典型だが読んでごらん。言うまでもないが赤文字は引用だからね」

朴大統領の就任日に麻生副総理が詭弁、第一歩からこじれた韓日関係

これと関連し、複数の外交消息筋は22日、「内閣の第2人者である麻生太郎副総理兼財務相が21日、靖国を電撃参拝したのが、訪日取り消しの決定的な理由になった」と伝えた。

留「ああ、韓国の外相の訪日をキャンセルした件ですね」
高「うん。まあ中国もそうだが、日本の高官との会談を拒否することで日本が困ると言うことらしい。事実、民主政権などはこれで随分オタオタしたが、安倍総理は、5年10年これらの国との会談が無くともかまわないと言っている。おもしろいのは、韓国など、かつて駐日大使を呼び戻したりし、その度に日本に懲罰を与えるような事を言っていたが、いつの間にかこっそり帰任させたりしている。懲罰を与えるなら大使を引き揚げ国交断絶宣言をしてもらえれば助かるのだがね。日本からそんなことをすれば大人げないと思われるだろうし」
留「たしかに、韓国なんかは日本に対して何をしても日本から報復されないと高をくくっていますよ。報復などしなくても良いけれど、突き放せば良いんじゃないですか」
高「安倍氏の言動を見ていると、実際突き放しているように思えるがね。韓国でもそれには気が付いているんじゃないの。でもどうにも出来ない。今更日本に妥協などすれば、只でさえ支持率の低いパク政権が保たないんだろうが、安倍氏はそのパク政権の足元を見ておちょくっているんじゃないかと思えるくらいだ」
留「おちょくっているんですか?」
高「まさか。そう見えると言うだけだが、それくらい安倍氏のやっているのは韓国などまったく眼中にない。だからこそ、韓国はなおさらなりふり構わず日本にイチャモンをつける。中国様の御命令もあるだろうけどね」

このようにこじれた最初のボタンは何か。

複数の消息筋によると、当時の状況はこうだ。挨拶の言葉を交わした後、朴大統領が先にこう述べた。「韓日間の真の友好関係構築のために歴史を直視し、過去の傷がこれ以上悪化せず治癒するようお互い努力しよう」。

このように同じ国、民族でも歴史認識は一致しないものだ。異なる国の間ではなおさらそうだ。日韓関係も同じだ。それを前提に歴史認識を論じるべきではないだろうか」。


高「これなどもそうだよ。日本の高官が面と向かって韓国高官にこういう事を言ったことはないんじゃないかな。麻生氏と言えば失言が多いとされるが、この発言は極めてまっとうだし、韓国も大人になれ言っているに過ぎない。今まで遠慮していたが、もうそのような気はないとの表明が副総理たる麻生氏のこの言葉じゃないかな」
留「なるほど、パク大統領はこれで日本の姿勢が大きく変わっていることを知らされたんでしょうね。だから、なおさら妥協できなくなった。唯でさえ経済不況が深刻で北朝鮮問題にも対処できなくて批判が多いですからね、親日派疑惑をもたれている彼女としては、日本に妥協できないのは分かり切っていて、あえて安倍政権は突き放したわけだ」
高「安倍氏も国会答弁で繰り返し同じようなことを言っているし、口では韓国が重要な隣国だは言っているが、実際は完全に突き放している。韓国が妥協できないことを知りながら麻生氏に言わせるんだから、韓国をまるでおちょくっているみたいだと言うわけだ」


外交消息筋は「就任式で欠礼を見せた麻生副総理がまた靖国参拝という“事故”を起こし、韓国外交部では忍耐の限界を超えたと判断したようだ」と述べた。

留「しかし、親日法を作ったり、犯罪者引き渡し協定を無視したり日本から盗まれた仏像を国家ぐるみで猫ばばしたり、日本の総理大臣からの親書を受け取り拒否して郵便で送り返すような国が、よくまあ臆面もなく日本の欠礼を言いますね」
高「だから、安倍氏にしても、こんな馬鹿国家を相手にしても仕方がないしべつに心遣いも必要がないことを示したんじゃないの。韓国の外交部がどう考えようと、日本にとっては痛くも痒くもない。日本が外向的に韓国を無視するとすればそれは韓国にとっては死活問題だから、中国様にすがりつくしかない。だからパク大統領は中国詣でをする」

靖国参拝批判に首相「わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない」

 首相は韓国が反発していることに「靖国の抗議を始めたのは盧武鉉(政権)時代が顕著になったが、それ以前はほとんどない。なぜ急に態度が変わったかも調べる必要がある」と強調。

留「なるほどね。なぜかはよく分かりますよ。政府の支持率が下がると日本叩きをして支持率アップを狙うのは、特亜のやり方ですから。そして、その知恵を付けたのが大半は日本国内の売国奴達です」
高「売国奴だなんてそんな。特亜にしてみれば良心的日本人だよ。その良心的日本人がどんなに国内で無視されていようと、日本の専門家も政府の姿勢に反対している、というのが彼らのやり方だ」
留「専門家って誰が決めるのか知らないけれど、専門家が言うなら本当だろうと信じ込むお花畑も日本にはいるし、特亜なら最初からまともな知識を与えられていないからなおさらなんでしょうね」
高「それに、日本では良心的日本人がどんなに売国奴発言をしてもべつに生活が脅かされるわけではないが、韓国では社会的に抹殺されるし、中国では生命財産も危ない。そりゃ、良心的韓国人も殆ど韓国内にはいないし、中国には皆無だ。日本のお花畑も海外のお花畑もその辺りをよく見て何が良心的発言かを判断すればよい。発言の内容もさることながら、発言が出来ることの意味を理解すれば、お花畑も少しは分かるのだろうが、まあ所詮お花畑だ。分かることなど期待は出来ない」
留「ブログ主が言ってましたね。近くに普段は非常に穏やかな人なのに核武装の話や、売春婦補償、南京虐殺否定論や、憲法改正の話になると感情的になるから受け付けないと言うのがいるって」
高「お花畑の特徴だよ。普段では分からないだろうが、自分でものを考えることが出来ないのと、反論を理解することが出来ない。だから、なぜ良心的日本人がどんな発言をしてもそのままの生活が出来るのかさえその意味を考えない。言論自由を言いながら自分で反対論を感情的に封じている。その自分の矛盾さえ理解していない」
留「良心的売国奴がはびこるわけだ」
高「だが、確実に日本国内の感覚は変わっているよ。先日の山口県での国政選挙でも、新人の自民党支持候補が正に圧勝したが、選挙民の良心的売国奴に対する嫌悪感が先に立っているんだろうね。脱原発も全く共感をえられなかった。マスコミの論調とは随分違うね」
留「脱原発についてはブログ主が近いうちに書くそうですよ」
高「おや、そうかい。じゃあ、あたしから色々教えておこう」
留「それは迷惑だって・・・」
高「なにか言ったかい?」
留「いや、韓国だけじゃなく、中国も良心的日本人売国奴に知恵を付けられてそれを日本叩きのカードにしたようですよ。それをここまではっきりと指摘した総理は今までいませんでしたね」

 中国に対しても「A級戦犯が合祀(ごうし)されたとき、時の首相の参拝に抗議せず、ある日突然抗議をしはじめた」と不快感を示した。

高「そうだろうよ。中国はアメリカのメディアなどに巨額の広告費を出していると言われているが、アメリカメディアも今はネットに押されて経営が苦しい。NYTなどは必死になって日本叩きをして中国から資金を得ているんじゃないのかと、これはあたしの想像だがね、でもアメリカメディアも本質は日本メディアと同じさ。食えなければ何とか金を出してくれる相手のお気に入りの記事を書く」

「外交問題になること自体おかしい」自民・高市氏、靖国参拝反発の中韓を批判

 高市氏はまた、「(米国の)アーリントン墓地に日本の閣僚が行ったら花を捧げる。では、ベトナム戦争が正しかったのか。東京大空襲は明らかな陸戦法規違反だが、あれが良かったのか悪かったのか。そんなことで慰霊のあり方が変わってはいけない」と指摘した。

高「これなんかも全くその通りで、従来ヨーロッパや南北アメリカ、アジア諸国の首脳や高官達が来日して靖国に参詣することは普通にあった。同様、日本の高官がこれらの国を訪問した際、無名戦士の墓や慰霊施設に献花するなど当たり前の外交儀礼だ。かつて日本の敵国だった国々だって同じような儀礼を果たしている。戦争中はともかく、かつての敵兵でも国を守るために命を捨てた英雄達は恩讐を越えて尊敬の対象になるのが世界の感覚だからだ」
留「特亜じゃ、自分たちの国を守るために命を捨てた兵士達にそのような感情を持っているんでしょうかね」
高「どうだかね。なにしろ朝鮮は自らの国民を守るために戦ったことなど無い。なにしろ、目の前から20万人もの母、妻、娘、姉妹たちが日帝に強制連行され性奴隷にされても戦わなかった朝鮮人達が国のために命を捨てて戦うなどあったはずがない。だから、売春婦補償など、どう考えてもあり得ない嘘を、愛する人を守るために戦うという概念を持たない韓国人達は信じ込むことが出来たんだろうよ。国のために命を捧げた兵士をまつる施設だって?そんな施設を作る必要など無かったんじゃないの」
留「そりゃそうですね。それに中国だって外国と戦って勝ったことなどほとんど無いし、敵国塀を頃裾の何倍も自国民を殺してますからね、国を守るために命を捧げるなんて、あり得ませんよ。自分の権力を守るために人民を殺してきたのが中国軍ですから。とうてい、靖国やアーリントンみたいな施設は作れないでしょうね」
高「その代わり、自分たちが殺した人民の骨を集めてきて南京虐殺記念館を作った。そこに献花した馬鹿者も日本の政治家にはいるからね」
留「あ、あの癌ですか。他にも馬鹿者良心的日本人政治家がいますね」


【社説】安倍首相の妄言を見過ごす段階は過ぎた

 日本のメディア各社は安倍首相の発言について「最近の一連の発言により韓国、中国との深刻な外交摩擦が拡大するのを阻止するため」との見方を示し、一定の評価を与えた。安倍首相は23日、日本帝国主義による侵略戦争について「侵略に関する定義はどのような観点から見るかによって異なり得る」と述べた。また、韓国や中国が日本の閣僚や議員たちによる靖国神社参拝に抗議すると、安倍首相は「いかなる脅しにも屈しない」と語った。

高「そもそも戦争なんて、対戦国の双方にとって正義の闘いであり、悪を取り除くことが大義名分になっている。地球上に、かつて自国の戦争は悪だったなどと言っている国など無かった。唯一日本だけだね。そんなことを言うから、じゃあ、日本の戦争だけが侵略戦争だったって言うことになってしまう」
留「確かに、戦争とは正義と正義のぶつかり合いだし、互いに相手が悪く自分は正しいというのが双方の大義名分ですからね、だからこそ、正義とは戦争に勝った方の物だけが残るわけでしょ」
高「そうだよ。そして、通常は戦争が終わった後は、自国の正義は正当化しても相手国の正義を正面から否定することはしない。これは暗黙の了解であり、だからこそ、あれだけ戦争に明け暮れたヨーロッパが曲がりなりにもEUを作り得た。実際は連中の国民レベルの反目は融けていないが、すくなくとも大人のルールとしてそれを言い合ったりはしない。つい最近まで殺し合いをしていたユーゴだってそれぞれ独立した後は、表面だって罵倒をぶつけ合ったりはしていないよ。ベトナムも米国に対してそんなことは言っていない。当時米国側に立ってベトナムに行った韓国兵は、ベトナムでは憎悪の的になっている。たしかに、悪逆非道を繰り返してきたからね。でも国家レベルでそれを言い立てたりはしない」
留「そんなことを棚に上げて、よくまあ日本に対しぐだぐだ言い続けますね。それも本当のことならともかく何から何まで嘘ばっかり」
高「嘘で固めた国だから。文化だって科学技術だって全部盗んだあげくに自分たちが作り出したという馬鹿話を、本気にしているのが国民だけじゃなくメディアから政府までその馬鹿話で出来ている。それをたきつける良心的売国日本人が居るからねぇ」
留「だから、ブログ主が、まず最初に獅子身中の虫をあぶり出せっていうんでしょうね」
高「高「そうだよ。日本は言論思想自由の国だ。あ、元の記事では、言論史掃除有と誤変換していたのをブログ主が訂正したんだ。ただし、訂正しなかった方が良かったかも知れないとは、コメントをいただいて思ったとブログ主が言っているよ。

それはさておき、中国や韓国みたいに、自国に都合の悪い主張をする人間を抹殺することなどあってはならないから、獅子身中の虫たちにも公の場で思う存分発言させるのは極めてフェアじゃないか。その上で、論理的にたたきつぶせばよい。それもしないで世界に何を主張しても通らないよ」

 日本と同じく第2次大戦の戦犯国となったドイツは、終戦から68年が過ぎた今も93歳のナチス容疑者を捜し出し、また機会があるたびに被害を受けた国への謝罪を行っている。それでも各国はドイツに対して警戒の目を緩めていない。安倍首相がドイツと正反対の道に日本を引っ張り、現状をごまかしの言葉で終わらせようと考えるのなら、それは大きな誤算だ。歴史の健忘症から今や侵略の正当化に進む日本に対し、韓国政府は確固たる姿勢で対応すべき時を迎えている。

留「これも聞き飽きましたねぇ。当のドイツは知らないんでしょうかね、こんなところで引き合いに出されていることを。下手に韓国に同調したりすれば、せっかくのナチスの犯罪はドイツ人とは関係が無いという都合の良いやり方の嘘もばれてしまうでしょうし」
高「今のところ、ドイツは無視しているようだよ」
留「というより、世界中から無視されているみたいですね」
高「それでも韓国の口癖は、日本が右傾化してアジアで孤立を深めているというのだが、知っての通り安倍総理はアジアを歴訪し様々な成果を上げている。パク大統領は中国に行って泣きつくくらいしかできないし、中国様の御命令でとにかく日本が悪いと宣伝に努めている。実際はアジアで孤立を深めているのはどう見ても中国やひっつき韓国にしか見えないんだが」
留「実際、日本の金融政策で中国や韓国は口を極めて非難したけれど、国際的には完全にスルーされていますね。むしろユーロ圏などでは、さらなる金融緩和をすると、昨日発表がありましたよ。日本の金融緩和政策を非難するどころの話じゃないでしょ」
高「ヨーロッパの金融緩和が上手く行くとは思えないが、いずれにせよ、世界は韓国などどうなっても気にはかけていないよ」
留「だからこそ、政府への批判かわしに、必死になって日本叩きをするんでしょうね」

「政治家は歴史の判断できない」 安倍首相がまた詭弁

 安倍首相はこの日、衆議院で行った答弁で「歴史とは、長期間にわたり専門家によって新たな事実が発見されるものだ。(自分は)政治家なので(侵略の有無など)歴史的な事実について神のように判断することはできない」と述べた。これは共産党の赤嶺政賢議員が「カイロ宣言やポツダム宣言が日本による侵略を認め、日本はこれを受託しているが、このような歴史的な事実を否定するのか」という質問に対する答弁だ。安倍首相はまた「侵略の定義に関する国連決議案第3314号を知っているか」という質問に対し「歴史家たちが(侵略の定義について)さまざまな議論を行っている」と答えた。

高「とにかく歴史は事実を元に組み立ててゆく物であり、決してフィクションを使ってはならない。何しろ科学なんだから。その上で、歴史を今に役立てるために、過去の負の歴史も正面から採り上げ、何が悪かったのかを分析し同じ間違いをしないために社会の仕組みを変えてゆく。歴史が単なる科学に終わらず社会の進歩に役立つのはそのように歴史を使うからだ」
留「それが中国や韓国には出来ないんですね。中国では共産党が解放軍の政治部であって、解放軍が山賊上がりで国民を虐殺しながら権力を作り上げていった歴史は、共産党が日本の侵略から国民を守ったというフィクションに作り替えられたし、韓国では日韓併合の事実は無くて一方的な侵略による植民地支配であり日本が全てを韓国から奪ったもというフィクションに書き換えられている」
高「確かに世界でも自国に都合の良い歴史を強調する傾向はあるよ。ヨーロッパだって植民地支配や奴隷売買をしていた歴史は封印されている。ナチスが全ての責任を押しつけられているが、ナチスはそれまでのヨーロッパがやっていたことを繰り返しただけだ。アメリカの国土は力で作り上げた物だ。ただ、彼らが中国や韓国と違うのはすくなくともそれら都合の悪い歴史を隠してもフィクションにすり替えることはしない。日本に原爆を投下したことを隠しもしない、ただ正当化してはいるがね」
留「それも鼻持ちならないけれど、無いことにはしていないしそれにそれを批判する国内の主張も犯罪扱いはしないから、根本的に特亜とはレベルが違うんでしょうね」
高「歴史ばかりじゃないけどね、連中がねつ造するのは。ある日突然尖閣の領有を主張し始めたり、売春婦補償問題を言い出したりする。あれでは、旗色が悪くなっても、自分たちが嘘をついていたとは言えないから、エスカレートするしかない。そうやって自滅してゆく」

尖閣に中国軍機が40機超飛来 「前代未聞の威嚇」 空自パイロットの疲弊狙う

 空自のF15、F2の4世代機は計約300機なのに対し、中国軍は560機以上を保有。別の高官は「今回のような威嚇飛行が続けば、空自側が対処しきれなくなる恐れもある」との懸念を示した。

留「実際どうなんでしょうね。中国は際限なくこんな事を繰り返し、日本があきらめるのを待っているんでしょうか」
高「可能性はあるよ。理論的に中国に同調する国がなければ、あとは既成事実を作るしか彼らには選択肢がない。そのためにはどんなに経済的に破綻が近づいても軍事力増強を止めたり軍部離れをすることは出来ない。旧ソ連がそれで分裂したことは十分知っているだろうが、彼らにはそれでも結局、北朝鮮化するしかないということだ」
留「自分で自分の首を絞めているんですねぇ。あ、女房からメールだ。ええと、リビングのソファの背もたれの下から封筒に入った万札が見つかったから、あれで京都に行こうって」
高「ははぁ、ブログ主が行ってきたのを聞いて、自分でも行きたくなったんだね」
留「ああ、あの金、あたしが封筒に入れて尻ポケットに入れていたんです。ああ、無くなっている。ソファに座った時挟まったんだ」
高「もう手遅れだね。事実としてかみさんの見つけた所有物になってしまっている。実効支配されたらしょうがない」
留「そんなことありません。あれは前に高雄爺さんから借りていたのを、今日返そうと思って用意したんです。忘れてました」
高「実効支配なんか許しちゃいけない。きっと取り返しなさい」


上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてくだい。内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません


以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

朴大統領の就任日に麻生副総理が詭弁、第一歩からこじれた韓日関係

2013年04月23日08時53分


朴槿恵(パク・クネ)-安倍晋三政権の関係がこじれている。慰安婦問題で韓日両国の外交が膠着状態から抜け出せない中、尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官が26日から2日間予定されていた訪日計画を取り消した。

安倍日本首相がA級戦犯が合祀されている靖国神社に春季例大祭(21-23日)を迎えて供え物を奉納したのに続き、閣僚3人が参拝すると、「こうした状況では対話をしても意味がない」と判断した。

これと関連し、複数の外交消息筋は22日、「内閣の第2人者である麻生太郎副総理兼財務相が21日、靖国を電撃参拝したのが、訪日取り消しの決定的な理由になった」と伝えた。

このようにこじれた最初のボタンは何か。外交消息筋は「今回訪日を取り消した背景も、麻生副総理が元首相で、安倍首相の後の有力な首相候補という点のほか、麻生副総理が2月25日の大統領就任式後に行われた朴槿恵大統領との会談で見せた外交的欠礼のため」と伝えた。

日本政府の使節団代表として訪韓した麻生副総理は就任式当日午後3時から青瓦台(チョンワデ、大統領府)で25分間、朴大統領と会談した。複数の消息筋によると、当時の状況はこうだ。挨拶の言葉を交わした後、朴大統領が先にこう述べた。「韓日間の真の友好関係構築のために歴史を直視し、過去の傷がこれ以上悪化せず治癒するようお互い努力しよう」。

すると、麻生副総理が突然、米国の南北戦争を取り上げた。「米国を見てほしい。米国は南と北が分かれて激しく戦った。しかし南北戦争をめぐり北部の学校では相変わらず“市民戦争”と表現するところがある一方、南部では“北部の侵略”と教える。このように同じ国、民族でも歴史認識は一致しないものだ。異なる国の間ではなおさらそうだ。日韓関係も同じだ。それを前提に歴史認識を論じるべきではないだろうか」。

奴隷制廃止をめぐり繰り広げた内戦と植民地支配のための侵略行為を同一視する詭弁だった。その瞬間、朴大統領の表情は険しくなったという。朴大統領は「特に両国の指導者が慎重な言葉と行動を通じて信頼を構築することが重要だ」と短く応酬した。にもかかわらず、麻生副総理は朴大統領よりはるかに多くの時間を使って自身の挑発的発言を続けた。

政府当局者は「麻生副総理は就任祝賀使節ではなく、あたかも『日本の歴史観は韓国とは違うということを韓国が先に認めてこそ、対話も可能だ』と訓戒しに来たようだ」と伝えた。

朴大統領の怒りは4日後に表面化した。朴大統領は三一節(独立運動記念日)の演説で、「加害者と被害者という歴史的な立場は千年の歴史が流れても変わらない」と異例にも強いトーンで日本を非難した。

麻生副総理との会談当時に同席していた尹炳世長官も「韓国の外交優先順位は米国、中国、日本・ロシア」(2月27日)とし、外交修辞では異例にも直接的な表現を使った。

外交消息筋は「就任式で欠礼を見せた麻生副総理がまた靖国参拝という“事故”を起こし、韓国外交部では忍耐の限界を超えたと判断したようだ」と述べた。

靖国参拝批判に首相「わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない」

2013.4.24 14:27 [安倍首相]

 安倍晋三首相は24日の参院予算委員会で、安倍内閣の閣僚らの靖国神社参拝に中国や韓国が反発していることに関し「国のために尊い命を落とした英霊に尊崇の念を表するのは当たり前だ。わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない。その自由は確保している。当然だろう」と述べた。

 首相は韓国が反発していることに「靖国の抗議を始めたのは盧武鉉(政権)時代が顕著になったが、それ以前はほとんどない。なぜ急に態度が変わったかも調べる必要がある」と強調。

 中国に対しても「A級戦犯が合祀(ごうし)されたとき、時の首相の参拝に抗議せず、ある日突然抗議をしはじめた」と不快感を示した。

 また「歴史や伝統の上に立った私たちの誇りを守ることも私の仕事だ。それを削れば(中国や韓国との)関係がうまくいくとの考えは間違っている」とも語った。

 靖国神社を参拝した麻生太郎副総理は「世界中で、祖国のために尊い命を投げ出した人たちに対し、政府が最高の栄誉をもって敬することを禁じている国はない」と指摘。古屋圭司国家公安委員長は「国のために命をささげた英霊に哀悼の誠をささげるのは当然だ」と述べた。

「外交問題になること自体おかしい」自民・高市氏、靖国参拝反発の中韓を批判

2013.4.24 13:27 [自民党]

「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバーとともに靖国神社の参拝に訪れた自民党の高市早苗政調会長(手前)=23日午前8時1分、東京・九段北
 自民党の高市早苗政調会長は24日、都内で講演し、閣僚の靖国神社参拝に反発している中国、韓国の両国を批判した。「外交問題になること自体がおかしい。例えば植民地政策や開戦時の国家意志が良かったのか、悪かったのかとなると、フランス、アメリカ、イギリス、オランダはどうだったのか」と述べた。

 高市氏はまた、「(米国の)アーリントン墓地に日本の閣僚が行ったら花を捧げる。では、ベトナム戦争が正しかったのか。東京大空襲は明らかな陸戦法規違反だが、あれが良かったのか悪かったのか。そんなことで慰霊のあり方が変わってはいけない」と指摘した。

【社説】安倍首相の妄言を見過ごす段階は過ぎた


 日本の安倍晋三首相は26日「歴史認識に関する問題が外交や政治問題化するのは望まない」「(歴史認識の問題は)歴史家や専門家に任せるのが適当だ」と発言した。安倍首相は「日本が過去に多くの国家、とりわけアジア諸国の人たちに多大な損害と苦痛を与えたという認識においては、歴代の内閣と同じ立場だ」「歴史には確定が難しい点があり、自分は神のように判断はできない。(侵略とは何かに関する)定義はさまざまな観点から今なお議論されている」などと述べた。


 日本のメディア各社は安倍首相の発言について「最近の一連の発言により韓国、中国との深刻な外交摩擦が拡大するのを阻止するため」との見方を示し、一定の評価を与えた。安倍首相は23日、日本帝国主義による侵略戦争について「侵略に関する定義はどのような観点から見るかによって異なり得る」と述べた。また、韓国や中国が日本の閣僚や議員たちによる靖国神社参拝に抗議すると、安倍首相は「いかなる脅しにも屈しない」と語った。


 安倍首相が自らの発言をあいまいにはぐらかしたのは、日本による侵略の被害を受けた国からの批判に配慮したためではなく、これまで状況を見守ってきた米国が安倍首相の発言に憂慮する意向を伝え、また日本国内からも批判の声が相次いでいるからで、安倍首相は自らの発言が間違っていたとは認めていない。その一方で「長期にわたり専門家によって新たなファクトが発見されており、この問題は専門家や歴史家に任せよう」との考えを述べた。このように前後のつじつまが合わない発言で問題をあいまいなまま終わらせようとするのは、韓国や中国など日本帝国により被害を受けた数億人のアジア各国国民をばかにするのと何ら変わりがない。


 米国はこれまで、日本の歴史問題について一歩下がった立場から仲裁者の役割に徹してきた。しかし安倍首相が「日本帝国による侵略の定義」に根本的な疑問を提起したことで状況は変わった。米国は第2次大戦で日本から無条件降伏を勝ち取り、その後1951年のサンフランシスコ講話条約までの戦後処理を行ってきた。しかし日本の右翼によるロビーを受け、サンフランシスコ講話条約の当事国から韓国を除外した米国は「安倍首相の日本」が侵略戦争を事実上擁護していることに対し、自らの立場を明確にする歴史的、道徳的責任がある。


 日本と同じく第2次大戦の戦犯国となったドイツは、終戦から68年が過ぎた今も93歳のナチス容疑者を捜し出し、また機会があるたびに被害を受けた国への謝罪を行っている。それでも各国はドイツに対して警戒の目を緩めていない。安倍首相がドイツと正反対の道に日本を引っ張り、現状をごまかしの言葉で終わらせようと考えるのなら、それは大きな誤算だ。歴史の健忘症から今や侵略の正当化に進む日本に対し、韓国政府は確固たる姿勢で対応すべき時を迎えている。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

「政治家は歴史の判断できない」 安倍首相がまた詭弁

 日本の安倍晋三首相が今月23日、過去の侵略戦争を否定する発言をしたことに対し、韓国や中国だけでなく日本国内でも批判する声が高まっている。だが、安倍首相は26日、国連決議やカイロ宣言(1943年)、ポツダム宣言(45年)までも否定するかのような発言をした。


 安倍首相はこの日、衆議院で行った答弁で「歴史とは、長期間にわたり専門家によって新たな事実が発見されるものだ。(自分は)政治家なので(侵略の有無など)歴史的な事実について神のように判断することはできない」と述べた。これは共産党の赤嶺政賢議員が「カイロ宣言やポツダム宣言が日本による侵略を認め、日本はこれを受託しているが、このような歴史的な事実を否定するのか」という質問に対する答弁だ。安倍首相はまた「侵略の定義に関する国連決議案第3314号を知っているか」という質問に対し「歴史家たちが(侵略の定義について)さまざまな議論を行っている」と答えた。


 さらに安倍首相は「日本はアジア諸国の国民に対し多大な被害や苦痛を与えた。このような認識は歴代内閣と同じだ」としながらも「歴史認識の問題について政治の場で議論すれば、外交・政治問題に発展するだけに、歴史家や専門家に任せるべきだ」と述べた。「侵略した」という事実は最後まで認めなかったというわけだ。安倍首相は今月23日にも参議院での答弁で「侵略についての定義は異なり得る」と発言している。安倍首相は就任後、首相直属の「教育再生実行委員会」委員に、日本の侵略戦争を美化する教科書の普及を主導してきた高崎経済大学の八木秀次教授を任命しているが、安倍首相のいう「専門家」とは、このような人物を念頭に置いたものではないかとの見方も出ている。


 一方、菅義偉・官房長官もこの日、村山談話(1995年)の継承の有無について「安倍内閣は専門家会議を通じ、21世紀にふさわしい新たな談話を発表する意向だ。村山談話の継承の有無だけに言及するのはおかしな考えだ」と語った。


 毎日新聞や朝日新聞などは、安倍首相の歪曲(わいきょく)された歴史認識について強く批判した。毎日新聞は26日「首相の歴史認識を疑う」というタイトルの社説で、安倍首相の発言が「朝鮮半島に対する植民地支配が侵略には当たらないと認識しているように解釈される」と主張した。さらに「日本が過去に植民地支配や侵略をしたことは歴史的な事実だ。首相が歴史的な事実を歪曲しようとしているならば問題だ」とつづった。朝日新聞も同日の社説で「侵略を否定するかのような発言を繰り返せば、周辺諸国だけでなく西欧諸国の不信感も高まる」と批判した。同紙は閣僚たちの靖国神社参拝をめぐり「靖国神社境内にある博物館『遊就館』はいまだに戦争の歴史を正当化している。1978年にA級戦犯が靖国神社に合祀(ごうし)されて以降、天皇も靖国神社に参拝してはいない」と報じた。


 安倍首相が憲法改正に向けた動きを本格化させようとしているのに対し、改正に反対する動きも活発化している。自民党と連立政権を組む公明党は26日、憲法改正に反対する意向を表明した。


東京= 車学峰(チャ・ハクポン)特派員

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


尖閣に中国軍機が40機超飛来 「前代未聞の威嚇」 空自パイロットの疲弊狙う


2013.4.27 12:07 [尖閣諸島問題]

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の日本領海に中国の海洋監視船「海監」8隻が侵入した23日、中国軍の戦闘機など軍用機が40機以上、尖閣周辺に飛来していたことが分かった。複数の政府高官が26日、明らかにした。軍用機は戦闘機が大半で、新型のSu27とSu30を投入。航空自衛隊の戦闘機パイロットの疲弊を狙って絶え間なく押し寄せた。政府高官は「前代未聞の威嚇だ」と指摘している。

 政府は、中国軍機の威嚇飛行について、海監の領海侵入と連動していたと分析している。海上保安庁の警備態勢や海上自衛隊の護衛艦、P3C哨戒機の配置を軍用機が上空から情報収集し、海監に伝える狙いもあったとみられる。

 海監8隻は23日午前7時23分ごろから8時25分ごろにかけ、尖閣周辺の海域で相次ぎ領海に入った。うち1隻は尖閣諸島の魚釣島の北西約1キロまで近づいた。8隻は同日午後7時半ごろまでに領海を出た。

 領海侵入を始めた頃、戦闘機など軍用機も尖閣周辺に飛来し始めた。入れ代わり立ち代わり尖閣周辺上空に接近し、その都度、航空自衛隊那覇基地のF15戦闘機などが緊急発進(スクランブル)で対処。飛来してきた中国軍機は延べ40機以上に上った。

 新型の戦闘機を投入してきたのも特徴。これまで尖閣周辺での威嚇飛行はJ10が大半だったが、今回はSu27とSu30を多数投入してきた。3機種とも各国の主流である「第4世代戦闘機」だが、Su27とSu30は戦闘能力などでJ10を大きく上回る。

 空自のF15、F2の4世代機は計約300機なのに対し、中国軍は560機以上を保有。別の高官は「今回のような威嚇飛行が続けば、空自側が対処しきれなくなる恐れもある」との懸念を示した。

スポンサーサイト

コメント

傑作変換

京都へお越しでしたか。
今年は「寒の戻り」も特亜の難癖の様に執拗ですね。故郷では5月になっても雪が降ってはいませんか。
それでも四季の移ろいの振れと思えば亦楽しからず哉でしょう。
四季の中に歴史的遺産からアミューズメント施設迄あり、様々な文化が産まれてそれぞれの世代がそれらを謳歌する、個人的な嗜好は別として、この包容力ある土壌が我が国の強みとも云えます。

「日本は言論史掃除有の国だ。」には吹き出しました。
勿論、「言論思想自由の国」であり、「言論史掃除有の国」は特亜の国々に差し上げて下さい。

日本テレビが脱税をしたとTBSが報道して居ました。そのTBSは、先日安倍訪露での記者会見でプーチン大統領の逆鱗に触れ、世界に恥を晒しました。
私も丁度生放送を見ていましたが、正に「大統領っ!」たる捌きでした。
北鮮も無慈悲シリーズの総仕上げに人質を取って必死ですねぇ。

世界の国々は今も絶えざる潮流の中にあります。
それを読めずに、大東亜終戦時で、或いは東西冷戦終結時で、はたまたご都合に合わせた任意の時点でと、反日売国の政治家、学者、マスゴミ、お花畑も様々ですが、彼等こそは後ろを向いたまま潮の流れに竿を差す存在であり、掃除の対象と思うものです。

傑作変換

>2013-05-03 09:21 | あづまもぐら 様

>京都へお越しでしたか。

はい、それも急に思い立ったので嵐山に行くとだけ決めて、後は行き当たりばったりです。下手に自分たちで動き回るより効率がいいだろうと、観光タクシーを二日間頼みました。本当にベテランで親切な運転手さんに世話をしてもらい、自分たちだけでは到底短期間で見つけられない穴場に案内してもらったのも幸いでした。つくづく思ったのは、かつて海外でさんざん回り道されぼられた経験からは想像も付かない運転手さんの誠意と親切で、たまたまその人がそうだったと言えばそうかも知れませんが、海外の悪質運転手(むろん、親切な運転手の方が多いですけれどね)を知っている身としては、日本の特殊性を改めて感じた物です。

>今年は「寒の戻り」も特亜の難癖の様に執拗ですね。故郷では5月になっても雪が降ってはいませんか。

ええ、場所によっては猛吹雪だとのこと。今年は特別のようです。しかし、特亜の理不尽は世界的に特別で年々悪質化しています。吹雪は耐えるしかないでしょうが、特亜にはきちんと対策を立てなければ。それが安倍政権に対する高い支持率となって現れています。それがまた特亜にとっては脅威なのだと分かりますが。

>それでも四季の移ろいの振れと思えば亦楽しからず哉でしょう。

>四季の中に歴史的遺産からアミューズメント施設迄あり、様々な文化が産まれてそれぞれの世代がそれらを謳歌する、個人的な嗜好は別として、この包容力ある土壌が我が国の強みとも云えます。

全くです。おっしゃるように日本の特徴は明確な四季があることと、地形が複雑なためと、生物層が豊かな事でしょうが、そう考えれば思いがけない春の吹雪も趣はあります。ただし、現地の人たちは大変でしょうね。ただ、地理的条件の中に特亜と隣接していることはどう考えても趣にはつながりません。自然災害ですね。

>「日本は言論史掃除有の国だ。」には吹き出しました。
>勿論、「言論思想自由の国」であり、「言論史掃除有の国」は特亜の国々に差し上げて下さい。

いやぁ、ついさっき直しました。その直後にコメントをいただいたのですが、訂正しない方が良かったですかね。本当に特亜は「言論史を掃除しどんな嘘でも有りの国」です。漢字変換の機能がここまで本質を見通しているとは想像もしませんでした。さすがに日本のソフトウェアです。
>
>日本テレビが脱税をしたとTBSが報道して居ました。そのTBSは、先日安倍訪露での記者会見でプーチン大統領の逆鱗に触れ、世界に恥を晒しました。
>私も丁度生放送を見ていましたが、正に「大統領っ!」たる捌きでした。

最近の既存メディアはなんかめちゃくちゃですね。例の赤非も生き残りのために節を曲げたとネット報道にありましたね。本当なら曲げずに突っ走る特亜よりは賢いと言うことでしょうか。まあ、特亜では赤非のようなメディアは存在できないだろうから、改めて日本の言論思想自由を思いました。赤非も思っているだろうと(善意に考えれば)思いますが。

>北鮮も無慈悲シリーズの総仕上げに人質を取って必死ですねぇ。

暴発を押さえるためにカーター氏の出番のようです。北朝鮮は今回の一連の行動で何を得たのでしょうかね。

>世界の国々は今も絶えざる潮流の中にあります。
>それを読めずに、大東亜終戦時で、或いは東西冷戦終結時で、はたまたご都合に合わせた任意の時点でと、反日売国の政治家、学者、マスゴミ、お花畑も様々ですが、彼等こそは後ろを向いたまま潮の流れに竿を差す存在であり、掃除の対象と思うものです。

中国は1000年前に進化の停まった化石国家だし、韓国は中国の盲腸です。選択肢がないのは当然でしょうが、日本国内に獅子身中の虫がいることも、日本の優れた思考の柔軟性、進化への対応性を示していると思っています。日本人は帰省中が居なくなったことでアレルギー疾患を抱えるようになったと言われています。獅子身中の虫も国内から一掃されると、日本は免疫力を失うのかも知れません。

とはいえ、やはり寄生虫、害虫退治は必要です。寄生虫の棲息も野放しでよいわけはありません。

No title

新緑の季節に入り、韓国の断末魔が耳に心地いいこの頃、いかがお過ごしでしょうか

日本の憲法改正に関して米報道官に質問をした記者がいました。
どこの記者かは分かりませんが、容易に想像できます
それに対する答弁が
「日本の憲法問題は日本政府に聞いてほしい。これは日本政府が内部で検討している事案だ」
更に
「オバマ大統領とケリー国務長官は数回にわたって日本と『礎』同盟(cornerstone alliance)を確認し、 この同盟がどれほど重要かを明らかにしてきた」
と付け加えました。

元々、自衛隊を戦争に参加させ易くする為アメリカも憲法改正には前向きでしょうから、当然予想できた答えだと思います。

正義のないアメリカの戦争に巻き込まれる危険は否定できませんが、なにより、自国民の命は自分で守れる普通の国になってもらいたいものです。

No title

>2013-05-04 13:35 | 市民K様

>新緑の季節に入り、韓国の断末魔が耳に心地いいこの頃、いかがお過ごしでしょうか

今年は日本列島いささか寒いようですが、それでも明確に春から場所によっては夏に移ろうとしています。韓国に春はもう来ないのでは。おそらく厳しい季節の中で過ごすのでしょうね。イルボンが助けてくれないのはウリに対して愛情がないのか・・などとアホを言いながら。GWはいかがお過ごしですか。

>「日本の憲法問題は日本政府に聞いてほしい。これは日本政府が内部で検討している事案だ」

憲法はそれぞれの国がそれぞれの国のために作る運用する物です。他国が云々すべき物ではないし、だからこそ特亜の憲法にも日本がとやかく言ったことはありません。日本の改憲論は日本人が行う物であり、いかなる外国も口出しすべきではないのに、そんな原則さえ理解しないのが特亜であり、特亜の走狗たる日本国内の獅子身中の虫でしょうヶ。

>元々、自衛隊を戦争に参加させ易くする為アメリカも憲法改正には前向きでしょうから、当然予想できた答えだと思います。

とはいえ、あの憲法はアメリカが押しつけた物ですがね。

>正義のないアメリカの戦争に巻き込まれる危険は否定できませんが、なにより、自国民の命は自分で守れる普通の国になってもらいたいものです。

正義とは、あくまで国家単位の物です。アメリカの正義など日本にとっては有意義な時だけ利用すればいいのであり、自営の権利と言いながら5歳の子どもにライフルを与えて2歳の妹を射殺させるような野蛮人国家の正義を日本が奉る必要など全くありません。

同様、権力維持のために日本を敵視するような野蛮国に対し、それをさせない能力を持つことが最も確実な平和維持の方法でありそのための改憲に反対するのは、野蛮国の走狗です。戦争が出来ない国は平和を獲得維持することは出来ません。

平和達成のためにも、戦争の出来る国にならなければなりません。軍事力がなければ戦争にならないと言う連中は、警察も要らない、消防も病院も要らない、そんな物が無ければば火事も病気も無くなると言っているようなものです。葬儀屋を禁止すれば死ぬ人間もきっと居なくなるのでしょう

No title

平均的同性愛者

特に政治的信条はないけれど、
核武装に興味無し
極右。ただし、右翼と思われたくない
自民も民主も支持してない。政治家は好きだが支持者は嫌い
アメリカや中国の国家は嫌いだが住民は嫌いではない

ですが。
私の頭は異常でしょうか?それとも正常でしょうか?

No title

>2013-05-09 05:24 | 肉屋 様
>平均的同性愛者

>私の頭は異常でしょうか?それとも正常でしょうか?

ご自分で判断するしかないでしょうね。正常だと自覚されたらそのまま、異状だと自覚されたら修正してゆけばよいだけですが。

ちなみに私は

平均的異性愛者
特に政治的信条はないけれど、
核武装論者
保守。人がどう思おうと気にしない。
自民支持、民主絶滅希望。政治家も支持者もそれを理由に好き嫌いではなく、同感出来る出来ないで判断する。とうぜん、好き嫌いはこれとは別。人間的に好きな民主党員もいるし、大嫌いな自民党員もいる。

アメリカや中国の国家は嫌いだが住民は嫌いではない。これも個人別に判断。日本人にも嫌いな奴はいる。 米国も中国も韓国も、日本にとって有益か有害かで距離を考えるべき。

No title

>安倍首相はこの日、衆議院で行った答弁で「歴史とは、長期間にわたり専門家によって新たな事実が発見されるものだ。(

だから戦後68年という長きに渡って新たな事実を日本国政府は見つけ世界に向かって発信したのかということ。

性奴隷像まで米国に建立されておいて、今更、軍部による強制連行をが無かったことを、朝鮮人の住む民家に真夜中、土足で拳銃を散かせながら慰安所に隔離させるために娘をかっさらった事は無かったことにして河野談話の改正を自民党総裁選挙時、安倍総理が声高々叫び続けていたのなら滑稽ですね。

No title

>2013-05-09 12:54 | はっとり様

>だから戦後68年という長きに渡って新たな事実を日本国政府は見つけ世界に向かって発信したのかということ。

していませんね。というより、韓国がこのことを言い出したのは、90年に入ってから。そのきっかけは、本人もねつ造であると認めている吉田清治が本に書き、朝日がそれを大々的に採り上げてからのこと。すでに火を付けた吉田自体が否定しているのに韓国がそれを日本から金を取る強請たかりの手段として使い出してからのことであり、そんな問題は68年間存在していたわけではない。そのくらいの基本知識はふまえて欲しいですね。それに、それにいたるまで、日本は左翼政党が極端に強く、社会党は自民と張り合うくらいの勢力だったし、60年代などは日米安保反対で日本中が引っかき回されるなど、今とは全く状況が違うんですがね。今でこそ、左翼の異常性がやっと国民に見えてきたから、社民は風前の灯火、民主は(左翼であることを隠していてお花畑がだまされた)は大惨敗をし、共産ももう誰も相手にしていない状況。維新も公明も左翼を売り物には出来なくなっています。

昔と今と同じと考えること自体がまちがっているし、安倍氏が今言い出すのは滑稽だなどと、日本の政治史についてあまりに無知が過ぎますよ。

しかもこの問題を正面から採り上げなかったのは、村山内閣辺りから媚中、媚韓議員が政治を牛耳っていたから。近隣諸国とは多少のもめ事に目をつぶり無条件で仲良くしなければならないという馬鹿な主張をそのまま信じ込み民主政権を誕生させたお花畑に問題があるわけでね。しかし、日本は主権在民であり、日本人全体が連帯責任をとらされているわけですよ。

>性奴隷像まで米国に建立されておいて、今更、軍部による強制連行をが無かったことを、朝鮮人の住む民家に真夜中、土足で拳銃を散かせながら慰安所に隔離させるために娘をかっさらった事は無かったことにして河野談話の改正を自民党総裁選挙時、安倍総理が声高々叫び続けていたのなら滑稽ですね。

いいや、日本は長らく自虐史観に冒されこの問題があることさえ最近になるまで日本人は殆ど知らなかっただけのこと。民主党から政権を奪い返すためには、お花畑からも集票しなければならず、何も考えていない彼らの理解できない主張をしても無駄なことは言うまでもないでしょうな。それでも河野談話の見直しは言ってましたよ。

まあ、この問題がアメリカなどでも批判を浴びているのは、河野談話などで日本が謝罪したと思われているからで、謝罪をしたのは事実を認めたからだ、それを今になって違うというのは卑怯だというのがアメリカ人の感覚。言い訳をしない日本人の美徳など世界では通用しないことを、安倍氏になって採り上げたのだから当然のことでしょうね。それを滑稽というのは、やはり自虐史観の方が居心地が良いからですか?

No title

たかおじさんこんにちは。少し曲がった解釈の人物の意見投稿に対しいつもは冷静なおじさんがちょっとだけ熱弁をふるわれた。?ようですね。

仰るとおり言い訳をしない日本人の美徳は日本人にしか通用しません。
国際社会上では考えの無い者として軽蔑の対象になりますね普通ならば。

ありもしない嘘の歴史捏造問題に対して面倒くさいからとか、韓国が謝罪してくれればあとは問題にしないという虚言に騙され何度我が国日本国と日本人は煮え湯を飲まされてきたのか。

米国を訪問中の韓国の朴大統領、私は今後韓国の女主人と呼ぼうかと思っていますが、米国政府と米国連邦議会を巻き込んで日本叩きをしようとしているようです。

我が国の腰抜け害務省は我が国と先人、未来の日本国民の為このような嘘の歴史に対して毅然と対処し論破してほしいものです。またそうなるようにお花畑を除く
私達日本人は出来ることから行動するしかありません。

日本も韓国や米国の朝鮮戦争時の慰安所開設のことやベトナム戦争時の韓国軍兵士による一般人の虐殺婦女への暴行やライタイハン問題をガンガン攻め続ければいいのです。彼らの場合は間違いなく軍や政府が関係しているとの事。
朝鮮人民軍の女性兵士捕虜、疎開しなかった地域の女性等がその犠牲になったとの事。

米国が日本の慰安婦の事を言うのであれば大東亜戦争終戦後の米国軍兵士向けにGHQが日本政府に命令した慰安所開設のことかと逆に聞けばいいのです。
彼らはどのような答えをするのか。世界の国々と其の国民の正義と信頼に・・・などという憲法を改正しなければ日本は間違いなく無くなることでしょう。

No title

>2013-05-09 17:19 | 一有権者様

>たかおじさんこんにちは。

こんにちは。いらっしゃいませ。

>少し曲がった解釈の人物の意見投稿に対しいつもは冷静なおじさんがちょっとだけ熱弁をふるわれた。?ようですね。

ええ、ちょっと大人げないかなと思うこともありますが、ある程度必要かとも思っています。むろん、単に意味のない悪口などを書き込んでいる場合などは無視しますし、荒らしなら削除しますが、コメントがいつも私と同じ考えに基づいている人ばかりとは当然ありません。反論異論もむろん歓迎ですが、ただ、このところのコメントには確信犯なのか、あるいは全く今の日本の状況に至る過去からの流れなどに無知なまま、あるいはまともな情報を与えられているにもかかわらずそれを分析理解する能力に欠けたまま思いこみをしている人が居ます。原発推進や核武装、国防軍、憲法改正など、その必要性は十分説明されていますが、現状で反対する人たちで、まともな知識や認識、理解力で主張する人に出会ったことがありません。自分で理解できない、あるいは理解しようとしないで、推進派の主張は説明されていないと言うばかりです。

ここに書き込むうちで彼らに属する人たちの書き込みも同じです。なぜ推進派の説明に反対なのかについては推進派の説明、そのバックグラウンドを理解していない人が大半です。しかし、このような場に書き込まれたそれらの主張にもなっていない主張に影響される人は結構多いのです。だからこそ、お花畑が量産されてゆくのでしょうが、書き込んだ人に対する反論は殆ど意味がないでしょう。理解できないからお花畑なのです。理解は期待できません。ただ、それに影響される人に対しては、反論するにも知識がいるのだとの認識は持ってもらいたいと思って私はコメントを書き込んでいます。

知識を持たずにただ反対し、それに対する再反論は不愉快だから聞く耳持たないと言う人間が実に多いのを感じたことは有りませんか。

>仰るとおり言い訳をしない日本人の美徳は日本人にしか通用しません。
>国際社会上では考えの無い者として軽蔑の対象になりますね普通ならば。

そうですね。今国際的には極めて危険だと言わざるを得ません。黙っていても真実はいずれ分かるというのは日本人の感覚であり、世界の感覚では反論しないのは認めているから、まして謝罪をしたら動かない事実だと言うことになります。

理論的に科学的に検証すれば、売春婦補償も、南京虐殺も物理的にあり得ないことは明白なのですが、反論せず謝罪までしてしまっている現状では、それが事実であるかどうかの検証はもう要らない、なぜなら日本はそれを認め、それで責任をとろうとしないとの認識が国際的な価値観だからです。

>ありもしない嘘の歴史捏造問題に対して面倒くさいからとか、韓国が謝罪してくれればあとは問題にしないという虚言に騙され何度我が国日本国と日本人は煮え湯を飲まされてきたのか。

謝罪すれば丸く収まるとの、すなわち国際的な価値観に全く無知な政治家達が作り出した状況であり、日本から牙を抜くために贖罪意識を国民に植え付けたGHQの思惑もあるでしょう。しかし最悪だったのは、世界は善意で成り立っているとの前提で国家運営をしてきた自民を始め、それを受け入れてきた国民です。国内はともかく外交センスは皆無であったとしか言えません。国際社会では、主張しない者は無能なのです。

私たちは、中国や韓国が国民を洗脳している、と言っています。しかし、日本人も洗脳されてきたのです。まずそこから変えてゆかなければ、国際社会に向かって今になって売春婦の強制連行はなかった、南京虐殺はなかったと言ってもなかなか難しいでしょうし、安倍政権にしても未だ洗脳されているお花畑達からも支持を得なければ政権維持が出来ないのですから、今の段階では強力にそれを押し進めることは出来ないでしょう。

政治はなんと言っても国民の支持がなければ何も出来ません。特亜は政権に対する国民の不満を逸らすために日本を標的にします。日本では、特亜を標的にしても国民がそれで政権を支持するわけではありません。そこまで日本人は愚かではありません。

やはり、国内世論を作り上げてゆくことが最優先と思われます。国内世論を作るにしても政府が支持され信用されなければならず、いくら正論でも脱原発、憲法改正、国防論、核武装論などを今いきなり正面から持ち出すことは出来ないでしょう。政府の立場をもっと強力に(強権を持つということではなく、国民の支持を得ると言うこと)なってから、まず最初に公の議論の場を設け、獅子身中の虫たちをそこに引きずり出し、十分に主張させそれを正面から論破することで、民意は形作られるはずです。

アメリカが売春婦問題などで日本に対し厳しいのは、上記のように日本が反論せず増してや謝罪などをしたことから、検証するまでもなく特亜の主張が事実だと認識しているからです。さらに、アメリカは極めて自己中心的であり、それは先のトヨタ叩きや利益になれば中国とも取引をするなど明らかです。むろん、国家とは全てそうでしょうけれど。

いま、日韓が争うのはアメリカにとってもやっかいなので、罪を認めて責任をとらない日本に態度を改めろ、と言うわけで、べつに日本や韓国のためではありません。あくまでアメリカのためです。

さらに、アメリカはロビー活動で政治が動く国であり、ロビイスト達は金で動きます。特亜がそのためにつぎ込んでいる金は、国家戦略として日本を貶めるためです。

そのような状況で、アメリカの姿勢を返させるには、日本と同じく民主主義である米国国民を説得することが必要でしょう。それには、まず日本で広範な公開議論を行い、特亜の実態を国際的に示すことです。実際には、特亜はアジアを始め世界中で嫌われ、日本は好感を持たれています。したがって、日本が特亜に対抗して罵倒合戦をするのではなく、民主主義国家の国民達に事実を知らしめる、そのためにまず日本人に知らしめることが必要でしょう。

>米国を訪問中の韓国の朴大統領、私は今後韓国の女主人と呼ぼうかと思っていますが、米国政府と米国連邦議会を巻き込んで日本叩きをしようとしているようです。

ただ、韓国メディアは米韓関係がしっかりと構築できたと書き立てていますが、現実には経済的な支援も日本叩きへの参加も得られなかったようです。アメリカはすでに韓国が中国に跪いていることを知っています。下手に信用できないことは十分知っています。

>我が国の腰抜け害務省は我が国と先人、未来の日本国民の為このような嘘の歴史に対して毅然と対処し論破してほしいものです。またそうなるようにお花畑を除く
>私達日本人は出来ることから行動するしかありません。

結局、政治家も官僚も志がなければ捨て身でそのようなことをする人物は出てこないでしょう。日本もまた国民の支持がなければ政府も動けないのです。したがって、私たちこそ、地道にお花畑の啓蒙をしてゆくことしか、政治家を動かし、さらに国際的に日本の地位を高めることは出来ないと思っています。

じっさい、あれほど大勝した民主党政権は3年で惨敗し、あれほど猛威をふるっていた左翼達は世代の新陳代謝が出来ず、民社党や共産党は風前の灯火になり、かつては継子扱いだった自衛隊が大半の国民が支持しています。状況は明らかに変わりつつあります。マスコミは国民の大半が脱原発だと言っていましたが、実際は山口の補選などでも脱原発はまったく選挙の争点になりませんでした。

根気よくお花畑を扇動している輩を取り除いてゆく活動をする必要があり、それが今私がやっていることだと思っていますし、私以上の成果を上げている大勢の人たちが確実に増えています。

>日本も韓国や米国の朝鮮戦争時の慰安所開設のことやベトナム戦争時の韓国軍兵士による一般人の虐殺婦女への暴行やライタイハン問題をガンガン攻め続ければいいのです。彼らの場合は間違いなく軍や政府が関係しているとの事。
>朝鮮人民軍の女性兵士捕虜、疎開しなかった地域の女性等がその犠牲になったとの事。

そうですね。しかし、それだけでは全く効果はありません。連中がやったのだから日本もやったろう、認めているから反論しなかった、謝罪したと言うだけです。
>
>米国が日本の慰安婦の事を言うのであれば大東亜戦争終戦後の米国軍兵士向けにGHQが日本政府に命令した慰安所開設のことかと逆に聞けばいいのです。

同じ意味で、聞いてもだめです。アメリカは謝罪したことがありません。原爆投下の事実は認めても日本人を救ったとまで言っています。謝罪したことが全ての元凶で、日本が何を言ってもほとんどだからどうしたと言うだけの反応しか返ってこないと思いますよ。まず、国内の獅子身中の虫をあぶり出すことです。他国の罪を暴いても、日本の罪をそれで帳消しには出来ないと、彼らは考えるだけです。日本はそんなことをしていない事実を納得させるしか有りません。

例えば、韓国は殆どの歴史が中国の属国であり、奴隷扱いにされてきたし、朝鮮戦争当時だけでも侵入してきた中国軍に韓国人が300万人ほど殺されています。しかし、中国に対しては奴隷根性しか持てず今もすっかり媚びて、アジアにおける中国の脅威には全く触れず、自国の悲惨な歴史が中国によってもたらされたことも無視して、韓国を見かけだけでも近代国家にした日本を貶めるのに夢中です。中国は、日本軍が行く前にさんざん欧米に分断され植民地支配されましたが、それには触れず、有りもしなかった南京虐殺を言い立てます。

しかし、それらにまともに反論してこなかった日本が、村山談話や河野談話を出したのが今の状況を生んでいます。

>彼らはどのような答えをするのか。世界の国々と其の国民の正義と信頼に・・・などという憲法を改正しなければ日本は間違いなく無くなることでしょう。

まず、憲法改正で日本が右傾化する、軍事国家になる、近隣諸国に脅威を与えるなど言うばかげた主張を理論的に論破する必要がありますね。戦争をすることが出来る国だけが平和を獲得し維持できるという事実を日本人に理解させる必要があります。その説明が出来なければ、憲法改正は難しいのではないでしょうか。

No title

たかおじさんの説明を見ている人達はぜひご自分の意思で歴史をよく調べ本当にシナ、朝鮮と日本国内の反日左翼の主張が本当の事なのか判断してもらいたい物ですね。

私も出来ることは微々たる物でしょうが、例えば在日企業や反日的番組などのスポンサーを続けるような企業の製品は知りえる限り購入していません。

この様な事柄だけでも良いから日本人は行動をおこすべきでしょう。
そして何としても安倍政権を長く応援し引き摺り下ろしたい反日勢力らの行動を阻止しなくてはなりませんね。

No title

>2013-05-10 17:27 | 一有権者様

>たかおじさんの説明を見ている人達はぜひご自分の意思で歴史をよく調べ本当にシナ、朝鮮と日本国内の反日左翼の主張が本当の事なのか判断してもらいたい物ですね。

私の説明が正しいかどうかはともかく、批判するにしても納得するにしても自分で本当に判断基準を持たなくては、ただそれらしい言葉にだまされるでしょう。戦争は悪いことだと言われればその通りだと私も思いますが、戦争を出来ない国が平和だとまで言われて信ずるのは、その背景も世界の価値観も歴史も地政学も全てに対して無知だからです。

人権や平和を口にする人たちがその裏付けをきちんと説明しているかどうかをせめて自分で判断して欲しいものです。力がなければ人権も平和も獲得できないのですから。

>私も出来ることは微々たる物でしょうが、例えば在日企業や反日的番組などのスポンサーを続けるような企業の製品は知りえる限り購入していません。

それもあるでしょうが、実際にはファミレスなどの食材は中国製、スーパーの安売り食品なども特亜製というのが普通で、それをごまかすために製造業者ではなく輸入業者だけを記した食品が増えています。製造業者が日本企業でも原材料や一次加工が特亜だったりします。

食品ばかりではなく、それと分からぬように特亜製品は日本に浸透してます。

製品不買もよいですが、なぜ特亜が日本の敵なのかを具体的に知らしめる必要があるかと思います。

>この様な事柄だけでも良いから日本人は行動をおこすべきでしょう。

目には見えませんが、確実に日本人の意識は変わってきています。

>そして何としても安倍政権を長く応援し引き摺り下ろしたい反日勢力らの行動を阻止しなくてはなりませんね。

彼らは左翼であることを隠して方々に潜り込んでいます。引きずりおろすにしても隠れているだけであり、すくなくとも目に見える民主、社民、共産、緑の風、生活などは消滅させたいですね。各種のブログなどにも保守を装った左翼崩れが大勢居ますから。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。