FC2ブログ

好い人だったら万事OK?

平成22年02月16日

以前「朝青龍引退」という記事でも書いたが、どうも好い人であれば何をしても許されると勘違いしている人が多いのではないか。朝青龍を個人的に知る人は、頭の良い努力家で好い青年だという。たしかにそうなのかも知れないし、少なくとも努力家であることは事実だろう。良い人間かどうかは主観の問題なので私には何とも言えないが、少なくとも悪人ではないとしよう。

しかし、彼の問題は、日本に来て日本の国技と言われている(実際は国技ではないが、国民の認知では)相撲の世界に入ったのであれば、日本の伝統を受け入れることが前提条件であり、単に強くなって金もうけをしたいのであればプロレスにでも行けば良かったのだ。

相撲は日本人の精神性、文化、価値観に深く関わった物であり、たんなる格闘技、スポーツではない。本来は神前に奉納する神事であり、だからこそ立派な相撲取りは立派な人格者であることを求められる。

朝青龍が間違ったのは、また周りにそれを教える人間が居なかったのは、強ければそれで何をしても許されるという世界共通の認識は、少なくとも相撲の世界では通用しないと言うことだ。

したがって、朝青龍が個人的にどのような好青年であろうと、横綱としては失格だった。


----------------------------------------------

国母が謝罪「すみませんでした」 開会式の参加自粛

記者会見の冒頭で頭を下げる国母和宏選手(右)。左は日本選手団の橋本聖子団長=飯塚晋一撮影
 【バンクーバー=坂上武司】スノーボード・ハーフパイプの国母(こくぼ)和宏選手(21)=東海大=の「服装の乱れ」に批判が集まっている問題で、国母選手と日本選手団の橋本聖子団長が現地時間の12日(日本時間の13日)、バンクーバー市内で記者会見して謝罪した。

オリンピックメール 結果や見どころ、携帯へお届け
 橋本団長は「その場で注意できなかった監督やコーチにも大きな責任がある」と話し、12日夜の開会式への参加を、国母選手と萩原文和監督、2人のコーチの計4人が自粛した。

 橋本団長は、全日本スキー連盟が国母選手の出場辞退を申し出たことを明らかにしたが、「国母選手が試合で自分の力を出し切るのが責任の取り方。選手団として責任を負い、サポートすることを約束し、本人にがんばるように伝えた」と話し、国母選手は大会に出場すると説明した。

 国母選手は「いろいろな方にご心配とご迷惑をおかけしてすみませんでした。応援してくださる方々のため、よい滑りができるようがんばりたい」と神妙な面持ちで語った。

 「代表選手団となったら公人として行動しなくてはならない。今回の服装の乱れは(日本オリンピック委員会の)公式服装規程に違反している」と橋本団長が指摘すると、じっと聴き入った。記者からの質問に、マイクを手にしばらく黙り込んだり、橋本団長に助言を求めたりする場面が続いたが、今回の騒動が競技に与える影響を問われると、大きな声で即答した。「何も変わらないです」

 最後は深々と頭を下げて席を立った。

 国母選手が日本を出発して9日にバンクーバー入りする際、選手団の公式ブレザー姿でネクタイを緩めてシャツのすそを外に出し、ズボンをずり下げた「腰パン」姿だったことが発端。10日の選手村入村式への参加を自粛したが、その後の会見で「反省してま~す」と語尾を伸ばして発言、JOCなどに電話やメールで多数の批判が集まった。


----------------------------------------------


さて、いま同じ様な問題が起きている。バンクーバー冬季オリンピックの日本代表選手である国母選手が、移動の際の身なりが余りにひどすぎるとの批判を受け、最終的にはオリンピックに出さずに帰国させられる間際まで行った。最初それを批判され、開会式に出席させないと言う処分を受けたとき、記者会見での態度が余りにひどすぎ、オリンピック出場を取り消せとまで言われたわけだ。そして最終的な謝罪会見では神妙な顔でごめんなさい、といい、橋本聖子団長の責任で協議には出場させる事になった。

国母選手については、個人的には良い人間だという評価が多い。

----------------------------------------------

バンクーバー五輪、國母選手の知人10人中10人が「友達思いのいい奴だ!」

と証言。

2010年02月16日11時30分 /

バンクーバー五輪開幕前からいち早く話題の人となったのがスノーボードハーフパイプ男子代表の國母選手だ。テレビ「アッコにおまかせ!」ではその國母選手の知人らに独占取材を行った。そこには普段の國母選手の素顔がのぞかれて興味深い。

國母選手はバンクーバーへ向かうために選手団が成田空港に集合した際に、その姿で物議をかもした。彼の容姿はスーツのネクタイをルーズにくずし、腰パン履き。髪型はドレッドヘア、鼻ピアスをつけてサングラスをかけるというものだった。この容姿について代表選手として相応しくない、とJOCなどから注意を受けた。さらに、彼は記者会見で「済みませ~ん」と語尾を伸ばす口調で謝罪してこれにも苦情が殺到したのだ。一時は出場取消しかという事態にもなったが選手団の橋本聖子団長の決定により出場できることとなった。

「アッコにおまかせ!」で國母選手の地元、北海道石狩市の知人に電話取材を行った。2月14日放送の同番組でその一部が紹介されたのだ。

例えば、中学生の時に國母選手とバスケットボール部で一緒だったという女性(21歳)は次のように話した。
「先週、カズと飲みに行った時、私の仕事の悩みを打ち明けた。彼は嫌な顔もせずにずっと聞いてくれた」と言うのだ。

また、小学校からのつきあいだという、美容師の男性(24歳)は、
「昨年のクリスマスに美容師になったばかり。彼はそんな僕に頭を任せてくれました。初めて挑戦するドレッドヘアの実験台にもなってくれたんです。朝10時から夜2時半までかかったのに、ひとつも文句を言いませんでした」と話す。今回問題となったドレッドヘアはこの時のものらしい。
さらにこの美容師の男性は
「小学校の時、僕がケンカして怪我したら、カズはずっと看ててくれました」と思い出を話した。

他にも、國母選手の知り合い10人に対して電話取材したところ、10人中、10人が
「彼は友達思いのいい奴だ」という内容を語っている。少しも非難する声は出なかった。知人への取材ではあるが、これは、國母選手の人間性を評価するうえで参考になるものだ。

いよいよ、2月17日 スノーボードハーフパイプ男子が始まる予定だ。國母選手はどのような結果を出すだろうか。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

----------------------------------------------

むろん、この評価通りだとすれば彼は良い人間なのだろうが、国民の期待を背負って、国費で派遣されるオリンピック代表選手とは何かを全く理解していなかった。彼のスタイルが間違っているとか良いとかの問題ではなく、彼の立場であるならば、それにふさわしい恰好をし、態度を取るべきだったのだ。

放っておけば単に大人になりきれない21歳の子供で済むかもしれないし、彼の本業や友人関係では好きなように自分のスタイルを通せばよいだろう。しかし、今回の立場ではそれは許されない。国に選ばれ、国の費用で参加させられている。そして本人がその立場を受け入れたのだ。それならば、国の要求に沿ったスタイル、態度が求められる。いわば、国の代表としての品格だろう。

今回も彼に教える人間が周りにいなかった。その意味で、監督やコーチ達も責任を問われ、本人共々開会式に出席させられなかったのはやむを得ない。

本人がよい人だから、あとは成績さえ残せば許されるというものではない。ちなみに、有るテレビキャスターでもちろんいい年をした親爺が、私は彼のスタイルは良いと思いますよ、といかにも若者を理解している様な顔でとくとくと語っていたのを見たが、大人として、若者に時と場合の使い分け、国の代表としての品格の日本のあり方を考えるを教える立場との自覚がない。つまり、単に若者におもねて居るだけの賤しい男に見えた。

ところで、この問題にからんで、では我が国の総理大臣は立場にふさわしい品格を有しているのかと言うことを考えざるを得ない。むろん、彼は好い人なのだろう。恵まれた家庭に育ち、人を傷つけないような気配りを教えられ、その結果八方美人になったのだろう。だから、彼を個人的に知る人は、あの人はいい人です、の評価を下すのかも知れない。

しかし、好い人で有れば、能力が無くても総理大臣になっていて良いのか。言い換えば、いい人で有ればそれだけで総理大臣で居て良いのか。

明らかに彼は自分で責任を取らず、全てを人のせいにし、どんな問題も人ごとで片づけ、そのばそのばの言葉の取り繕いに終始する。

一番責任を持たなければならない立場でありながら、一番責任を取らないのが彼なのだ。国母選手や朝青龍なら批判を浴びて廃業させられたり謝罪をさせられて一件落着だろうが、無責任で一番総理大臣にふさわしくない、つまり自分の言葉や行動の責任を一切取らない人間のツケを国民が払わされるのだ。

少なくとも、国母選手や朝青龍にこのようなツケを国民が払わされることはない。
スポンサーサイト



コメント

品格

> 相撲の世界に入ったのであれば、日本の伝統を受け入れることが前提条件
> 立派な相撲取りは立派な人格者であることを求められる
> 強ければそれで何をしても許されるという世界共通の認識
> 国民の期待を背負って、国費で派遣されるオリンピック代表選手とは何か
> 彼の立場であるならば、それにふさわしい恰好をし、態度を取るべき
> 今回の立場ではそれは許されない
> 国の代表としての品格
> 本人共々開会式に出席させられなかったのはやむを得ない
> 単に若者におもねて居るだけの賤しい男
> 我が国の総理大臣は立場にふさわしい品格を有しているのか
> 明らかに彼は自分で責任を取らず、全てを人のせいにし、どんな問題も人ごとで片づけ、そのばそのばの言葉の取り繕いに終始する
> 一番責任を取らないのが彼
> 無責任で一番総理大臣にふさわしくない

それぞれ、そう考えるに足るだけの根拠を持ち合せておられることは当然と思いますが、それでも尚これらはすべて、たかおじさんの「主観」に基づくものであって普遍的真理ではありません。建前としては広く通用するものであったとしても。

記述量や文章の組み立て、根拠に基づく論理的思考、主張の一貫性など、たかおじさんには敬意を表するに足る事項は多々ありますが、「品格」は感じられません。なぜでしょう……。

わたしが品格のない人間(たかおじさんから見たら、人間ですらないかも知れませんね)だから、品格、品格と声高に叫ぶ識者たちを疎ましく感じるだけなのかも知れません。いえ、きっとそうなのでしょう。

No title

>それぞれ、そう考えるに足るだけの根拠を持ち合せておられることは当然と思いますが、それでも尚これらはすべて、たかおじさんの「主観」に基づくものであって普遍的真理ではありません。建前としては広く通用するものであったとしても。

では、なぜ朝青龍が追放され、国母選手が開会式にも出られなかった整合的な理由をお知らせください。

わたしの主観だけでこのような事態になるほど私は影響力を持っておりませんが。私と主観と日本の社会の認識が違うなら、上記の事態になった理由が他にある筈なんですが。整合性のあるご説明を是非いただきたい。

いかなる主張も、主観の問題と斥けることは簡単です。しかし、斥けるなら他に整合的な理由を示していただかなければ。

さもないと、わたしの主張を斥けるのは成瀬様の主観による物、と一蹴されますよ。

>、「品格」は感じられません。なぜでしょう……。

ええ、それは恐れ入ります。でも品格で思いを包み隠してしまうくらいなら、こんなブログなどやりませんが。

まあ、品格は大切ですが、そのためにブログで主張も出来ないのであれば本末転倒ですしね。

>
わたしが品格のない人間(たかおじさんから見たら、人間ですらないかも知れませんね)だから、品格、品格と声高に叫ぶ識者たちを疎ましく感じるだけなのかも知れません。いえ、きっとそうなのでしょう。

それが、私の主張に反論する根拠ですか?

あのね、成瀬さん。

反論するには根拠。これはどこででも常識なんですよ。警察につかまったら、逮捕された理由を警察の主観だと主張しても相手にしてもらえませんよ。

品格以前の問題じゃないでしょうか。

それに、ここで私が主張している内容が、別に成瀬さんの人生に関わる訳じゃないだろうし、仕事に関係するわけでもないでしょう。

品格まで持ち出して、私の主張を単に主観だと決めつける程の理由もないと思いますよ。

ところで、再度。

朝青龍が追放され、国母選手が開会式に出られなかったのは、わたしの主観が理由ですか。他の多くの日本人の判断は私の主観に影響されているとでも。

いやはや、それだけ私が絶大な影響力を持っているなら、そりゃ総理大臣にだってなれますわ。でもそこまで誇大妄想には至ってないので、ここでつましく品格を保って主張し続けるだけにします。

よろしければ再度ご来訪を。お茶菓子でも用意して待っていますよ (^_^)v。

生意気

> 朝青龍が追放され、国母選手が開会式にも出られなかった整合的な理由

生意気だったからでしょう?
おエラいさん達のお眼鏡に適う「いい子ちゃん」じゃなかったのだから、排除されてしまうのは当然ではありませんか。
「嫌われたから追い出された」……すごくわかり易い理由です。
憶測ですけど。

> 逮捕された理由を警察の主観だと主張しても相手にしてもらえません

そうそう。
だから、冤罪も生じるんですよね。

> 朝青龍が追放され、国母選手が開会式に出られなかったのは、
> わたしの主観が理由ですか。他の多くの日本人の判断は私の
> 主観に影響されているとでも。

そんな風に読めますか?
不思議です。
日本語として変でしたか?

追放・欠席の事実はあります。
その理由については、いろいろ憶測・解釈できますが、
「事実」は判りようもない、と言いたいだけです。
だから、上でも「憶測」と書きました。

> 横綱としては失格だった

などと断定しているのは「主観」でしょう、と指摘したまでです。
「横綱の適格性」は、たかおじさんの専決事項ではないと思いますが。


ちょうど、こんな記事もありました。スノボ元コーチのコメントだそうで。
真偽のほどは不明ですが。
http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20100216
ま、「いろいろあるんだろうな」ということだけはわかります。

たかおじさんは他者のコメント・意見に対して「主観である」と切り捨てられます。
ご自身のお説は「事実」であるように書かれるので、ちょこっと反抗してみました。

僭越ながら。

No title

>生意気だったからでしょう?

いえ、横綱に求められる品格にかけるからです。

>おエラいさん達のお眼鏡に適う「いい子ちゃん」じゃなかったのだから、排除されてしまうのは当然ではありませんか。

いえ、日本の国技とも言われる相撲を卑しめたからです。

>「嫌われたから追い出された」……すごくわかり易い理由です。
>憶測ですけど。

憶測です。
>
>> 逮捕された理由を警察の主観だと主張しても相手にしてもらえません
>
>そうそう。
>だから、冤罪も生じるんですよね。

冤罪を無くするには、警察を無くし、検察も裁判も無くして犯罪を野放しにするしか有りませんね。非現実なことを持ち出すのはやめましょうよ。ここでは品格の話ですから。

>日本語として変でしたか?

変です。誰がどうしてそう判断したかの記述が抜けているからです。
>
>追放・欠席の事実はあります。
>その理由については、いろいろ憶測・解釈できますが、
>「事実」は判りようもない、と言いたいだけです。
>だから、上でも「憶測」と書きました。

いえ、事実は品格にかけていたという事実があります。ガッツポーズはいけないと指導されながらそれを無視した、 腰が痛いと地方巡業を休みながら故国でサッカーをした、泥酔して人をぶん殴った。これは当人も認めているし衆人が目にしている事実です。これらが推測でしかないとおっしゃるのが間違っているのです。
>
>> 横綱としては失格だった
>
>などと断定しているのは「主観」でしょう、と指摘したまでです。
>「横綱の適格性」は、たかおじさんの専決事項ではないと思いますが。

いえ、私の専決ではなく、相撲協会が下した結論です。成瀬様にはそのあたりの認識能力が欠けているようです。
>
>
>ちょうど、こんな記事もありました。スノボ元コーチのコメントだそうで。
>真偽のほどは不明ですが。
>http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20100216
>ま、「いろいろあるんだろうな」ということだけはわかります。

で、これがどうかしましたか?あの年代の青少年などそんな物でしょうし、国母選手も普段はそんな青年の一人でしょう。また私も書いているように、個人的にはよい子の様ですよ。でも、国費で、国の代表で(国の代表かなどと書いているアホがどこかにいますが)国に選ばれて出席している立場ではそれなりの自覚を求められて当然ですよ。他の選手もレベルは同じかも知れないけれど、すくなくともその立場はわきまえていたと言うことなんですが。

それはそうと、国母選手の実力は相当な物のようで、活躍してくれることを期待しますが、それでも自分の立場を理解出来なかった責任は帳消しにはなりませんよ。

>
>たかおじさんは他者のコメント・意見に対して「主観である」と切り捨てられます。
>ご自身のお説は「事実」であるように書かれるので、ちょこっと反抗してみました。

で、それも成瀬様の主観ですよ、と私も一蹴してしまいます。そうならないためには根拠をどうぞと繰り返し申し上げているのであり、根拠為しに、こう思うと繰り返されても、ああそれは主観ですな、とお答えするだけのこと。


主観

たくさん問いかけを頂いて、文章をまとめるのに青色吐息……。
遅筆ですみません。

-----

>>生意気だったからでしょう?
> いえ、横綱に求められる品格にかけるからです。
> いえ、日本の国技とも言われる相撲を卑しめたからです。

横審やJOCの公式発表が真実であると言う認識を採用すれば成立します。
建前そうであることは重々承知いたしております。
相撲協会の内情や、横審における会話などをすべて聴いていたのではない以上、断定するのはどうか、と申しただけのことです。
賛成とか反対とか言うことではなくて。

> 冤罪を無くするには、警察を無くし、検察も裁判も無くして犯罪を
> 野放しにするしか有りませんね。

その根拠がありましたらご教示下さい。単なる憶測にしか見えませんので。
冤罪で無実の者を服役させ、又は死刑に処し、真犯人を野放しにするのはOKなのですか。
そのためにご自分が冤罪で処刑されるとも喜んで受け入れるのでしょうか。
それはそれで、ご立派です。

> 非現実なことを持ち出すのはやめましょうよ。

敢えて引き合いに出してみました。
話の題材の問題というよりは、物事の捉えかたの問題であるからです。

> 変です。誰がどうしてそう判断したかの記述が抜けているからです。

>> 朝青龍が追放され、国母選手が開会式に出られなかったのは、
>> わたしの主観が理由ですか。他の多くの日本人の判断は私の
>> 主観に影響されているとでも。

勝手に誤読して、勝手に批判して、勝手に怒っていらっしゃいませんか。

> それでも自分の立場を理解出来なかった責任は帳消しにはなりませんよ。

帳消しになるなどと主張していません。

> 根拠為しに、こう思うと繰り返されても、ああそれは主観ですな、
> とお答えするだけのこと。

そもそも最初のコメントは、項目を列挙して単に「主観であって真理ではない」と
書いただけです。真理かもしれないけど真理だと断定も出来ないと言う意味で、「主観」です。

No title

>横審やJOCの公式発表が真実であると言う認識を採用すれば成立します。
>建前そうであることは重々承知いたしております。

いえ、単なる発表ではなく、本人が認め、映像などで示されている事実です。これを否定するなら、そもそも、世の中の全てに対し判断をすることは不可能です。

>その根拠がありましたらご教示下さい。単なる憶測にしか見えませんので。

憶測ですか?犯罪とは法を犯す行為です。しかし、検察裁判警察が無くなれば、妻李鵬がなくなるのですから、犯罪も無くなり、冤罪も無くなります。それだけのことですよ。

>冤罪で無実の者を服役させ、又は死刑に処し、真犯人を野放しにするのはOKなのですか。

どこの誰がそう言ったんでしょうか?上記をきちんと理解されればそのようなナンセンスは言い出されないと思いますが。

>そのためにご自分が冤罪で処刑されるとも喜んで受け入れるのでしょうか。
>それはそれで、ご立派です。

あはは。まあ、相手が何を言っているのか、きちんと理解しましょうよ。確認しない前にこんな皮肉を言っても滑るだけですよ。

>帳消しになるなどと主張していません。

では、あなたの言葉は無意味です。他の選手も同じ程度だという記事を参照しろと言ったのはあなたですから。

ナナメ上……

ご返答、ありがとうございます。

それぞれ「ちょっとナナメ」の方向からのご返答で、
どう捉えて良いか解釈に窮します。

> まあ、相手が何を言っているのか、きちんと理解しましょうよ

正論ですが、お互い様のようです。

いろんな記事のコメントに一度に対処できないので、この項はこの辺に
しておきます。

……なるべくポイントを絞るように気を付けてみます。

No title

>それぞれ「ちょっとナナメ」の方向からのご返答で、
どう捉えて良いか解釈に窮します。

普通の人間であれば、自分に罪があると認めてもいても罰を受けるのは嬉しくはないでしょう。まして冤罪であれば悲憤慷慨は当然です。

ですから、

>>そのためにご自分が冤罪で処刑されるとも喜んで受け入れるのでしょうか。
>それはそれで、ご立派です。

とのコメントはいかがな物かと。

我々が住んでいるこの世界は、不条理が存在します。天道是か非かですよ。如何に非道だと思っても、事実は事実。

そこから逃避するためにオカルトに逃げ込むか、運命として受け入れるかの違いであり、後者の方が人間としてよろしかろうというわけです。

そりゃ途上国で売り買いされる子供や、牛と交換される女性達はそんな不条理も理解出来ていないかも知れませんしね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)