スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣いても笑っても

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ




留瀬「昨日雨が降った後、いきなり涼しくなりましたね。寒いくらいで、風邪を引いた人がたくさんいますよ」
高雄爺「あたしなんか生き返ったような気持ちだけれど、でもいくら何でも温度変化が激しいから、やはり体に応える。だから風邪を引くんだ」
留「今年の夏は残暑の厳しさで観測史上最高だったそうですよ」
高「そうだってねぇ。ブログ主なんかもそうとう応えたみたいだ。なにしろ北国育ちだし、実家の方でも記録破りの暑さで、何しろエアコンがないからみんな気息奄々だってさ」
留「なるほど。夏でも暖房装置をおいたままの地域でせいぜい扇風機しか有りませんからね、そこで30度なんかになったら冬向きの住宅は大変でしょう。それにもともと寒さに慣れた体質だから」
高「子供の頃に寒い地域で育った人間は、一生暑さには弱い。体がそういう風に出来てしまったからだよ。民主がいくら特亜に対して強攻策を採る、といっても体質的に特亜に媚びる様に出来ているから何をやってもだめなのと同じだよ」
留「あらら、やはりそこに来ましたか」
高「まあ、次の記事を読んでごらん。何が基本問題か全く理解していない。あ、赤文字は引用だよ、いつものように」

慰安婦問題、韓国と協議中=「女性基金」正当評価を―野田首相

 野田佳彦首相は23日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューで、日韓関係悪化の要因の一つとなった旧日本軍の従軍慰安婦問題について「今、どういう知恵が出せるか水面下でやりとりがある」と述べ、韓国側と非公式な協議を行っていることを明らかにした。

留「あ、これですか。読みましたよ。弱腰野田氏が珍しく筋の通った事を言っていると、むしろネットでは評価が高いですよ」
高「おまいさんはどう思うのかね」
留「ええと、あたしだって今回は・・その顔は気に入らないということですね。まあ、一応まともなことを言ったかと」
高「だめだ、こりゃ。おまいさん、あたしが日ごろ何を言っているか全く聞いてないんだねぇ。もう、今日は帰んなさい」
留「最初から、そんな売春婦補償問題など存在していない、だから、その問題で今更韓国と話すことなど無い、と言えばもっと良かったんでしょうけどね」

 首相はインタビューで、国民の寄付などで発足した「女性のためのアジア平和国民基金」が元慰安婦への「償い金」事業などに取り組んだと指摘。「台湾やフィリピン、インドネシアで肯定的な評価を受け、韓国も当初は肯定的評価があったが、途中から変わってしまった」と不満を示し、「基金の評価をまずちゃんとしてもらわないといけない」と強調した。

高「そうだよ。これじゃ、まったくあの河野談話と同じだ。日本が韓国で女性狩りをして、強制的に性奴隷にしたことを認め、そのうえで、その補償は法的に済んでいる、道義的にも日本は努力をしていると言っている。つまり日本が彼らの言うような非道をした、といっているんじゃないか。彼らはそれでは補償にもならないとたかっているのだ。国際的に、日本は性奴隷の存在を認めていると、わざわざ外国メディアに宣伝している」
留「馬鹿ですねぇ」
高「人ごとみたいに言いなさんな。ネットで評価されているとしたら、日本人の理解がとんでもないと言うことだよ」

留「理解がとんでもないと言えば例の橋本氏がまたとんでもないことを言い出しましたね」
高「話をずらしたね。なんだい」
留「これですよ。竹島を韓国と共同管理すればいいとか」

「竹島は日韓共同管理を」 橋下氏、政府の立場と異なる見解

 新党「日本維新の会」の代表となる橋下徹大阪市長は23日、維新が同市内で開いた政策討論会で、島根県・竹島の領有権をめぐる問題に関し、韓国が不法占拠し実効支配している現状を「武力で変えるのは無理だ」として、国際司法裁判所(ICJ)への働きかけを強めつつ、韓国との共同管理を目指すべきだとの見解を示した。

高「これも一部ネットなんかでは、現実的だなどとの声があるよ。おまいさんはどうおもうのかね」
留「とその疑いの目であたしを見ながらそう訊くのは、とんでもない話だということですね」
高「そうだよ。これは実質韓国領でもあることを認めているにすぎない。ソウルが日本領だと主張して、日本がソウルの共同管理を申し入れたらそれが通用するかどうか考えてみればいい」
留「もちろんそうなんですがね、橋本氏は、実行支配がこれだけ長く続いているからには、まず突破口として共同管理を申し入れてというわけですよ」
高「だから、あの男はその場限りのことしか言えないんだよ。まず韓国が認めるわけがないが、仮に認めたとして竹島が韓国領であることを日本が認めたと主張するだけの話だ。いいかい、あの竹島は、かつて李承晩が、勝手に日本了解に李承晩ラインラインを引いて、日本漁船を大量に拿捕し、その船を韓国の漁民に与え、一方日本の漁船員を4万人人質にし、そして日本に李承晩ラインを認めさせた。当時の日本には武力など無かったし、だいいち大量の日本人を人質にされ、そのうち何人もが殺されている。李承晩ラインはそうやって、既定のものになり、竹島もそのとき強奪された」
留「人質を取って領土を強奪したんですか。李承晩ってそんなやつなんですか」
高「最低最悪、とにかく日本憎し路線を最初に造ったやつだ。まあ、ソ連の方針をそのまま受け入れたわけだ」

 共同管理をめぐっては、日本固有の領土だとする政府の立場と大きく異なる上、日本の領有権主張を弱めることにもつながりかねず、波紋を広げそうだ。

留「だから、日本政府の立場と違うからまずいというより、事実をそのままねじ曲げて事なかれ主義にしようとするからまずいんですね。やっぱり橋本氏は屑だ」
高「屑かどうかはこれからもよく分かるんだろうが、ただ、維新の会が全く当てにならないただの烏合の衆だと言うことは次第に分かってきたんじゃないのかい」


「日本維新」支持率が急落 「新報道2001」世論調査

 橋下徹大阪市長が代表に就く新党「日本維新の会」の支持率が急激に減少していることが、23日のフジテレビ番組「新報道2001」の世論調査(20日実施)で明らかになった。首都圏に限定した調査とはいえ、国政政党としての政策が具体性に欠ける点や、現時点で橋下氏が次期衆院選に出馬しない意向を示すなど党運営のしくみの分かりにくさが、支持率の低下につながっているとみられる。

留「そりゃそうですよ。あの維新愚作にしてもその後の発言にしても、とにかくその場限りで、集まる連中には政策なんか何もないただの代議士になりたいやつばかりが集まっているだけだから、維新の会としてもまとまった政策など作りようがないし、第一国政に出ると言い出してから政策らしいものを出すのは本末転倒ですよ。

最初に何をしたいかを公表してそれに対して支持を集めるのが先だと思いますがね。維新の会はあくまで橋本氏が個人でテレビに出て人気が出たというだけですから」
高「だから、付け焼き刃で政策があるかのように振る舞わなければならない。メッキがはがれるのも当然だ。国民は民主党でひどい目に遭っているからね、同じ間違いはしないと信じたいね」

留「でも、懲りないと言えばこんな記事もありますよ」

新天地のはずが「標的」に…反日デモにあえぐ中小企業

2012.9.23 00:25

 中国で吹き荒れた大規模な反日デモのあおりを受け、現地工場の操業や営業停止を余儀なくされる中、地方から進出した中小企業があえいでいる。その多くが内需の縮小や円高に苦しめられ、中国に活路を求めた企業だ。中国人を人材育成してきたメーカー社長は、工場を放火されて無念の表情を浮かべ、別の会社幹部は尖閣諸島(沖縄県)国有化をめぐる対日制裁とみられる通関の厳格化の影響を恐れる。「中国でのリスクを真剣に考えなければ」と製造ラインを他国に移す動きも出始めた。

高「まあ、元請け会社が中国に移ってしまって仕方なくついていった下請けとか、人件費が安いから行ったとか、中国は無限の市場があるからと言われて行ったとか、いろいろあるだろうけどね、基本的には自分で責任をとるしかないだろう。チャイナリスクはかなり早い段階から言われていたし、進出した日本企業がさんざんな目に遭っていることもネットなどでは頻繁に流れていた。それでもそれは例外で自分は大丈夫だと思って行ったんだろう」
留「従業員や家族がたまったものじゃないですね」
高「会社の偉いさんたちは現地の事情など理解しないと言う現地駐在員の嘆きもかなりあったけどね」
留「まあ、実際に中国からの引き上げがこれで加速されるでしょう」
高「良いことだよ。だいたい、中国人が日本人の十倍いるから市場も十倍だなんて馬鹿な説明を信ずる方がおかしい。いくら人間がいても、買える金を持っていない市場では物は売れないよ」
留「膨大な市場があるなんてあおった専門家、罪なことをしましたねぇ。でもだまされるのもどうかと思うけど」
高「特亜を信ずること自体がもともと失敗の元だよ」

 一方、アパレル産業の集積地である広東省広州市に現地法人を置き、かばんを製造する社員44人の「バルコス」(鳥取県倉吉市)は通関厳格化の措置を受け、将来的なリスクを回避しようと製造ラインの一部をベトナムへ移す検討を始めた。10月以降、秋冬物のシーズンを迎えるためだ。

留「でも、たとえば今回の件で、中国は日本に経済制裁をして、観光客などが日本に来なくなったって銀座なんかじゃ大変だって行ってますよ」
高「今だけの現象さ。30年前、日本が空前の好景気にわいていたとき、中国人観光客なんか影も形もなかったんだ。日本の経済活動で中国が関わっているのはほんの一部だ。むろん、中国との関係が無くなれば急成長していたそれらの関連事業は大変だろうが、日本全体としては別に大したことはない。むしろ、中国の方では製造業が麻痺して、大量の製造業が停まり、失業者が出てくる」
留「じゃあ、それも中国の自業自得だ」

高「でもいい話もあるんだよ。これなんか、さすがに日本だと思うね」

トヨタが初優勝 自動車の世界耐久選手権

自動車の世界耐久選手権(WEC)シリーズ第5戦は15日、ブラジルのサンパウロで6時間の決勝を行い、ハイブリッド車で出場したトヨタが初優勝を果たした。第4戦で初の表彰台となる2位となり、参戦3戦目で頂点に立った。

高「前評判でもトヨタが優勢とは言われていたみたいだが、アウディはジーゼルハイブリリッドで、ガソリンハイブリッドのトヨタより有利だとも言われていたんだそうだ。でもふたを開けてみたらトヨタが圧勝した。まあ、量産型ハイブリッドの発祥国だからね、当然だ」
留「でもハイブリッドが売られているのはほぼ日本だけだって言いますよ」
高「日本の市場で技術を完成させてから世界に出るのはいつものことだ。そして特亜が、パクるのもいつものことだ」
留「あ、そういえば、ハイブリッドが出来て十数年たつのに、韓国のハイブリッドは世界に出てきませんね」
高「ああ、ありゃ、問題外だ。

ハイブリッドカーならむしろアウディの方が早いが、トヨタが世界初の量産車を作り、そこから技術を積み重ねている。なにしろ、世界で一番厳しい日本市場で進化した車だ。世界のどの国も太刀打ちできないよ。この厳しい市場が日本にあるということがどれだけ物作りに有利か世界でどれだけ気がついているのかね。日本の市場で改良できる強みは、他国には到底まねが出来ない」
留「なるほど、特亜には到底無理ですね」
高「無理だね。国民の資質以前に、自由競争がない市場でそんなまねなど到底無理だね」

留「いい話といえば、こんなのもありますよ」

数学の難問「ABC予想」、京大教授が解明か

現代の数学に未解明のまま残された問題のうち、「最も重要」ともいわれる整数の理論「ABC予想」を証明する論文を、望月新一京都大教授(43)が18日までにインターネット上で公開した。整数論の代表的難問であり、解決に約350年かかった「フェルマーの最終定理」も、この予想を使えば一気に証明できてしまう。欧米のメディアも「驚異的な偉業になるだろう」と伝えている。

高「これについては私には見当もつかない。ただ、常人には到底理解しがたい数学理論がこの人の頭では自由に使えるんだろうね。ただね、私が思うのは、日本の技術は確かに世界一の分野がたくさんあるが、本当の世界一はやはりアメリカだとつくづく思った記事でもあるんだよ。この人は、アメリカの大学を出ている。飛び級があるから自分の脳録を最適に発揮できた。横並び意識の強い日本の教育の問題がここにある」

 望月教授は米プリンストン大数学科を19歳で卒業、京大助手などを経て現職。2005年3月に日本学士院の学術奨励賞を受賞した。〔共同〕

留「たしかにノーベル賞などでもアメリカで研究した人が多いですね。どうして日本では個人の能力を自由に高める精度にならないんでしょうか」
高「一概にそれが悪いとは言えないんだ。一般国民の平均値的レベルは確かに諸外国に比べて高いし、アメリカでも本当のエリートは想像もつかないほどの能力を発揮するが、それが庶民とあまりにかけ離れている。今の大統領選の候補者たちなどを見ていると、明らかに庶民向けと上流階級向けの言葉を使い分けている。同じレベルでは通用しない。なのに選挙権は一人一票だ。結局は、日本のように突出したレベルの人間は少なくても、社会全体のレベルが高いから、さっき行ったように最高レベルの製品をこの市場で磨き上げることが出来る。そして世界に出したときには、世界が到底追いつけないレベルになっているわけだ。アメリカは、日本から技術を買わなくては世界最高の製品を作れない」
留「エリート教育も善し悪しですね」
高「日本の教育制度は結果として良い方向だとは思うが、折角の希有の才能が伸びにくいとすれば残念だね。その点はもっと考える必要があると思うよ」

高「そうそう、最初から最後まで教育も何もかも間違っている例があった」
留「おや、もしかすると」

【コラム】韓国は今が国運の絶頂期か

 もしかすると韓国にとって今は国運が絶頂にある時期ではないだろうか。われわれ自身は知りようがないが、100年後にはそのような評価が下されるかもしれない。もちろんこのような仮説に多くの人たちは「借金で生活が苦しく、大学を卒業しても仕事がないのに、何が絶頂期だ」と反論するかもしれない。しかし韓国のような小さな国が、わずか数十年でこれだけの結果を残したのは異例のことだ。第2次世界大戦後に発展途上国からスタートし、1人当たり国民所得2万ドル(約156万円)、人口5000万人の「20-50クラブ」に入れたのは韓国だけだ。

高「そのもしかするとだ。ここでももしかするとと言ってるが、韓国が今国運の絶頂期かどうかは知らない。が、根本的に間違っているから、早晩行き詰まる。確かに韓国経済は早いスピードで発展したのだろうが、国民の資質が伴っていないから、数字上の発展とは別に韓国社会は荒廃してしまった。国民は不況感にあえいでいるし、資本格差は広がる一方だし、家計における借金は増えるばかりだし、そして教育のゆがみや社会の望みのなさから、犯罪が異常に増え、とくに性犯罪はOECD加盟国では例外的に急増している。売春婦が国外にあふれ出て、世界中から非難されている。これが絶頂期にある国だと思うかい」
留「到底思えませんね。「借金で生活が苦しく、大学を卒業しても仕事がないのに、何が絶頂期だ」という声がまともな声じゃないんですか」
高「国が発展するとは、単に経済的な数字が増える事じゃない。国民が豊かになることだが、韓国では国の経済と国民が無関係なんだ。そして、国の経済も、実は外国に儲けさせるだけのものになっている。つまり韓国経済は、韓国のために存在していないんだ」

 日本経済が絶頂だった1980年代後半と比較すると、韓国はまだやるべきことが多くある。当時、日本は現在の中国のようにG2(主要2カ国)に分類され、GDPは現在の韓国の2.8倍に達していた。せいぜい「強中国」レベルの現在の韓国とはまだ大きな格差があったのだ。

留「また日本を引き合いに出してますね」
高「彼らにとって、数字だけでも日本を越えさえすればそれで日本に勝ったと言うことらしいが、そんなことは大半の日本人はどうでも良いと思っている。そもそも、日本は今でも発展し続けているから、絶頂期にどうだったという話ではなく、今でもある意味絶頂期なんだ。確かにバブルの頃は派手だったが、落ち着いて考えてみて、あたしは当時よりも生活の質が落ちているとは到底思えないんだよ。まあ、年のせいもあるのだろうけれど、今の日本人は、総じて当時より落ち着いて幸せだと言えないかな」
留「どうなんでしょうねぇ。当時は本当の子供だったから実感はわきませんが、韓国や中国、アメリカなんかの状態を聞いてみると、日本が特に20年間を失ったなどとは思えないんですが。数字の上でも、国内総生産は伸びていなくても、海外純資産が急増して、そこから上がってくる収入が増えつつけているんでしょ。日本としてはけっして経済的に停滞したなどと思えませんよ」
高「その点、韓国は違うんだ」

 日本は非常に巨大な富と技術の蓄積があったため、20年にわたる長期の不況にも耐えることができた。しかし韓国は蓄積が小さいだけでなく、高い回転率で経済が持ちこたえている国だ。小さなエンジンで重い荷物を運ばねばならないため、エンジンはさらに早く回転させなければならない。今後もエンジンの回転率を高めていかなければ、長期にわたる不況に耐えることはできないだろう。

高「韓国は他国からの資金を高速回転させて利益を生み出している。自転車操業なんだよ。今はその回転速度が上がったと言うだけで、他国のために利益を生み出している構造がますます強まっている。だから、他国からの資金が停まればとたんに韓国経済は停止せざるを得ない」
留「他国から収入を得ている日本と大違いじゃないですか。どこが絶頂期なんだろう」
高「韓国の収入は多くが大企業に偏っているが、その大企業は日本から資材を買わなくては操業できない。つまり、韓国経済の屋台骨である大企業が、日本に利益を与えるために稼いでそれが数字だけは韓国経済ののびとなっているわけだ。韓国経済が伸びるに従って、対日赤字が増えるのもそのためだよ」
留「その大企業の売り上げがいくら日本の企業より大きくなったからって、それでも受けているのが日本企業なら、到底大企業とは言えない。日本の鵜企業じゃないですか。日本の代企業鵜ですね」

 「一流企業となるのは本当に大変なことだ。しかし、きょうから一流企業になったとしても、あすは奈落に落ちるかもしれない。そのため一流企業は超一流企業にならなければならない。私が考える超一流企業とは、永遠に倒れることなく持続的な成長を続ける企業だ。サムスン電子は今や一流企業になったが、まだ超一流企業ではない」

高「だから、こんなサムソンの話を聞いても、何とも惨めなことだと思うだけだ。自分たちが巨大な日本の鵜になったと言っているにすぎない。これが一流企業とか、超一流企業といえるものではないだろう。まして、国全体の経済規模がどうであれ、国民は不幸になり自暴自棄になり強姦や売春に精を出す。

通貨も国際的には到底自立していると言えず、日本の保証があるから通用しているようなものだ。だから、歴代の政権は、日本に対して揺すりたかりをしても決定的に日本を怒らせるようなことはしなかった。が李明博氏はその限界を超えてしまった。

今、民主政権の間は、何とかなるかもしれないが、次の政権ではもし通貨スワップを廃止したり、借款の返済をきつく求められたり、技術輸出に制限をかけられたら、すぐに北朝鮮並みになる」
留「それでも韓国は日本が悪いと言い続けてますよ。あ、メールだ。女房からです」
高「おや、また何か怒らせたのかい」
留「お母さんがみんなで外に食べに行こうと行っているから、早く帰って来てって」
高「かみさんのお袋さんはまだ居たのかい」
留「居ましたよ。一週間居続けです。まあ、幸いけんかもしないで済みましたがね、あれで女房も相当気を遣ってくれていたのは分かります。じゃあ、今日はこれで帰ります。あしたお袋さんが帰るんで、今日はサービスしなくちゃ」
高「そうそう、かみさんと仲良くするには、姑さんを手懐けなくては。あたしも苦労したよ。苦労した甲斐はあったね。間違っても俺の方が偉いなんぞというと、ひどいしっぺ返しがくる。特亜にももうそのしっぺ返しが行っているよ」


上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてくだ、内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

慰安婦問題、韓国と協議中=「女性基金」正当評価を―野田首相

時事通信 9月24日(月)0時25分配信

 野田佳彦首相は23日付の米紙ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューで、日韓関係悪化の要因の一つとなった旧日本軍の従軍慰安婦問題について「今、どういう知恵が出せるか水面下でやりとりがある」と述べ、韓国側と非公式な協議を行っていることを明らかにした。

 従軍慰安婦問題で、韓国の李明博大統領は日本側に「責任ある措置」を要求。日本政府は1965年の日韓請求権協定で決着済みとの立場だが、首相は昨年12月の日韓首脳会談で「知恵を絞らなければならない」と善処を約束した経緯がある。

 首相はインタビューで、国民の寄付などで発足した「女性のためのアジア平和国民基金」が元慰安婦への「償い金」事業などに取り組んだと指摘。「台湾やフィリピン、インドネシアで肯定的な評価を受け、韓国も当初は肯定的評価があったが、途中から変わってしまった」と不満を示し、「基金の評価をまずちゃんとしてもらわないといけない」と強調した。

 一方、中国で沖縄県・尖閣諸島の国有化に抗議する反日デモが相次ぎ、日系企業が略奪などの被害を受けたことに関し、「中国はさまざまな国から投資を受けて発展していくのが本来あるべき姿だ。そうした気持ちをなえさせることは中国にマイナスだ」と述べ、中国に冷静な対応を求めた。 


「竹島は日韓共同管理を」 橋下氏、政府の立場と異なる見解

2012.9.23 20:35

竹島は日韓共同管理を目指すべきだとの認識を示した橋下徹大阪市長(右)=23日午後、大阪市住吉区
 新党「日本維新の会」の代表となる橋下徹大阪市長は23日、維新が同市内で開いた政策討論会で、島根県・竹島の領有権をめぐる問題に関し、韓国が不法占拠し実効支配している現状を「武力で変えるのは無理だ」として、国際司法裁判所(ICJ)への働きかけを強めつつ、韓国との共同管理を目指すべきだとの見解を示した。

 共同管理をめぐっては、日本固有の領土だとする政府の立場と大きく異なる上、日本の領有権主張を弱めることにもつながりかねず、波紋を広げそうだ。

 橋下氏は、領有権問題で他国からICJへ訴えがあった場合、対応義務が生じる「義務的管轄権」を韓国にも受諾させるべきだと主張。一方で、竹島について「(韓国の)警備隊も常駐しているという積み重ねられた事実を今、武力でひっくり返すわけにはいかない。そうであれば共同管理に持っていかないとしようがない」と述べた。

 また、米軍普天間飛行場=沖縄県宜野湾(ぎのわん)市=の移設問題は「僕の頭には辺野古(へのこ)=同県名護市辺野古=しかない。(代替案がないなら)沖縄の皆さんに説明して納得してもらうしかない」と言及。日本維新として地元で説得に当たることや、沖縄の基地負担軽減に向けた新たなロードマップの必要性も強調した。

 23日の討論会には、自民党の谷畑孝衆院議員と民主党の今井雅人衆院議員が新たに参加。終了後、両氏は離党の意思を表明し、維新側も受け入れる考えを示した。両氏が合流すれば、日本維新の所属国会議員は9人となる。



「日本維新」支持率が急落 「新報道2001」世論調査

2012.9.23 21:54

 橋下徹大阪市長が代表に就く新党「日本維新の会」の支持率が急激に減少していることが、23日のフジテレビ番組「新報道2001」の世論調査(20日実施)で明らかになった。首都圏に限定した調査とはいえ、国政政党としての政策が具体性に欠ける点や、現時点で橋下氏が次期衆院選に出馬しない意向を示すなど党運営のしくみの分かりにくさが、支持率の低下につながっているとみられる。

 同調査によると、日本維新の首都圏での支持率は4・8%で、前週13日の調査(9・4%)からほぼ半減した。産経新聞社とFNNが1、2日に実施した合同世論調査での「大阪維新の会」の支持率(東京)14・7%と比べると、約10ポイントの大幅な減少となった。

新天地のはずが「標的」に…反日デモにあえぐ中小企業

2012.9.23 00:25

 中国で吹き荒れた大規模な反日デモのあおりを受け、現地工場の操業や営業停止を余儀なくされる中、地方から進出した中小企業があえいでいる。その多くが内需の縮小や円高に苦しめられ、中国に活路を求めた企業だ。中国人を人材育成してきたメーカー社長は、工場を放火されて無念の表情を浮かべ、別の会社幹部は尖閣諸島(沖縄県)国有化をめぐる対日制裁とみられる通関の厳格化の影響を恐れる。「中国でのリスクを真剣に考えなければ」と製造ラインを他国に移す動きも出始めた。

■7年間人材育成

 大山(だいせん)を望む鳥取県南部(なんぶ)町に本社のある自動車部品メーカー「ミトクハーネス」の河本淳一社長(56)は、山東省青島市の自社工場が放火で破壊された写真を見て、「残念の一言だ」と肩を落とした。

 青島市で反日デモが発生した今月15日、工場前に1千人のデモ隊が集結。暴徒化した数十人が敷地へなだれ込み、ガソリンをまいて火をつけたという。

 鉄筋4階建て工場2棟が全焼し、製造ラインが破壊された。日本人社員はおらず、約1千人の中国人従業員にけがはなかったものの、同社の製品の7割を生産しており、被害額は1億円に及ぶという。

 社員150人の同社は、慢性的な円高や高い人件費といった国内事情に耐えかねて平成12年に進出。河本さんは社長就任前の7年間、現地へ駐在し人材育成を手掛けただけに、無念の思いが募るという。

■遅れれば違約金


 日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、6年に9840社だった中国への進出企業は22年、2万2307社に増加。その多くが地方の中小企業であり、成長市場の中国に商機を求める企業は後を絶たない。

 群馬県太田市の自動車部品メーカーは15年、大手自動車メーカーの孫請けとして、納入先の海外進出に伴い広東省などに進出。現地では中国人80人が勤務する。中国の税関当局が日系企業の輸入品の通関検査を厳格化する中、日本からの部材を中国の商社から買い入れている同社の担当者は「今後どうなるか分からない」と不安そうに話す。

 コンベヤーなど物流システム・機器を手掛ける「ホクショー」(金沢市)は今春、上海市に現地法人を構えたばかり。日本で生産した製品を中国へ輸出し取引先に設置する方式で、通関の遅れは納期の遅れに直結する。同社は「遅れが長期化すれば違約金が発生しかねない」と頭を抱える。

■他国に回避

 一方、アパレル産業の集積地である広東省広州市に現地法人を置き、かばんを製造する社員44人の「バルコス」(鳥取県倉吉市)は通関厳格化の措置を受け、将来的なリスクを回避しようと製造ラインの一部をベトナムへ移す検討を始めた。10月以降、秋冬物のシーズンを迎えるためだ。

 同社の市村大育(たいいく)本部次長(43)は「2年前の漁船衝突事件でも、中国が通関を厳格化したため納期遅れが生じた。政治と経済が連動するこの国の対応はいかがなものかと思う」と、ため息交じりに話した。

トヨタが初優勝 自動車の世界耐久選手権

2012/9/16 10:28

 自動車の世界耐久選手権(WEC)シリーズ第5戦は15日、ブラジルのサンパウロで6時間の決勝を行い、ハイブリッド車で出場したトヨタが初優勝を果たした。第4戦で初の表彰台となる2位となり、参戦3戦目で頂点に立った。

 アレックス・ブルツ(オーストリア)とニコラス・ラピエール(フランス)組のトヨタはポールポジションからスタートし、2位のアウディに1分差以上をつけた。

 日本では今季の第7戦が10月14日に静岡県富士スピードウェイで行われる。〔共同〕

数学の難問「ABC予想」、京大教授が解明か

2012/9/18 22:02

 現代の数学に未解明のまま残された問題のうち、「最も重要」ともいわれる整数の理論「ABC予想」を証明する論文を、望月新一京都大教授(43)が18日までにインターネット上で公開した。整数論の代表的難問であり、解決に約350年かかった「フェルマーの最終定理」も、この予想を使えば一気に証明できてしまう。欧米のメディアも「驚異的な偉業になるだろう」と伝えている。

 望月教授は取材に対し「論文はあくまでも専門家向けで、一般社会向けではない。一部の専門家の間で、また静かな環境の下で対応することが望ましいと考えている」と電子メールで回答した。

 ABC予想は1985年に欧州の数学者らによって提唱。AとBの二つの整数とこれらを足してできる新たな整数Cを考え、それぞれの素因数について成り立つ関係を分析した理論で、整数の方程式の解析では「最も重要な未解決の問題」ともいわれる。

 英科学誌ネイチャーによると、望月教授はまだほとんどの数学者が理解できていないような新たな数学的手法を開発し、それを駆使して証明を展開している。そのため「論文の正しさを判定する査読に時間がかかるだろう」という。一方で望月教授は過去に優れた実績を残しており、「証明は間違いないのでは」とする数学者のコメントも引用した。

 望月教授が開発した手法は将来、この予想以外の整数論の問題を解く強力な道具になるとも期待されている。

 望月教授は米プリンストン大数学科を19歳で卒業、京大助手などを経て現職。2005年3月に日本学士院の学術奨励賞を受賞した。〔共同〕


【コラム】韓国は今が国運の絶頂期か

 最近、韓国には大きなニュースが相次いでいる。韓国の信用格付けが日本を初めて上回り、サムスン電子はアップルと死ぬか生きるかの対決を展開している。歌手PSYの歌とダンスが世界を魅了し、金基徳(キム・ギドク)監督の映画がベネチア映画祭で最高の賞を受賞した。このように奇跡的な出来事がさまざまな分野で同時に起こっているが、これは決して偶然ではない。韓国が長い時間をかけて蓄積してきた内容が次々と実を結んでいる結果といえる。


 もしかすると韓国にとって今は国運が絶頂にある時期ではないだろうか。われわれ自身は知りようがないが、100年後にはそのような評価が下されるかもしれない。もちろんこのような仮説に多くの人たちは「借金で生活が苦しく、大学を卒業しても仕事がないのに、何が絶頂期だ」と反論するかもしれない。しかし韓国のような小さな国が、わずか数十年でこれだけの結果を残したのは異例のことだ。第2次世界大戦後に発展途上国からスタートし、1人当たり国民所得2万ドル(約156万円)、人口5000万人の「20-50クラブ」に入れたのは韓国だけだ。


 しかし異例の出来事というのは何度も繰り返されることはない。だからこそ今が絶頂期と考えるわけだ。この仮説が正しければ、われわれは喜ぶのではなくむしろ警戒しなければならない。絶頂の瞬間は短いからだ。ハーバード大学のニーアル・ファーガソン教授によると、帝国の没落の瞬間はある夜に突然訪れるという。ましてやそれが小国による短期間の発展であれば、没落は一層短い間に起こるかもしれない。しかし今が頂点だとすればそれは残念なことだ。韓国人には一層大きなことを成し遂げられるDNAがまだ十分にあると信じているからだ。


 日本経済が絶頂だった1980年代後半と比較すると、韓国はまだやるべきことが多くある。当時、日本は現在の中国のようにG2(主要2カ国)に分類され、GDPは現在の韓国の2.8倍に達していた。せいぜい「強中国」レベルの現在の韓国とはまだ大きな格差があったのだ。


問題は韓国が日本に追い付く前に、日本が20年前に経験した衰退の兆候が表れているという点だ。まず生産可能人口が今後5-10年以内に頂点に達すると予想されている。その後は日本のように高齢化が急速に進み、経済の活力を維持することが難しくなる。また、中国との技術格差は5年前後で縮まり、世界経済の環境も必ずしも有利に作用しない。経済学者の多くは今後長くて10年、短ければ3-5年のうちに世界経済の低迷期が訪れると予想している。


 日本は非常に巨大な富と技術の蓄積があったため、20年にわたる長期の不況にも耐えることができた。しかし韓国は蓄積が小さいだけでなく、高い回転率で経済が持ちこたえている国だ。小さなエンジンで重い荷物を運ばねばならないため、エンジンはさらに早く回転させなければならない。今後もエンジンの回転率を高めていかなければ、長期にわたる不況に耐えることはできないだろう。


 もちろんエンジンも時代に合わせて性能を高めていかねばならない。それは政府主導でも市場万能でもない、クリエーティブなエンジンだ。これまで韓国は一貫して開放政策を取り続けてきたが、それに伴う二極化や富の偏りといった問題を補うためには、福祉政策の見直しも必要だ。しかし何よりも重要なことは、韓国社会が何を目指すのかという問題だ。


 かつてサムスン電子で副会長を務めた同社の尹鍾竜(ユン・ジョンヨン)顧問は次のように語ったことがある。その中の「企業」を「国家」に、「サムスン電子」を「韓国」に変えれば、非常に有用なアドバイスになるだろう。


 「一流企業となるのは本当に大変なことだ。しかし、きょうから一流企業になったとしても、あすは奈落に落ちるかもしれない。そのため一流企業は超一流企業にならなければならない。私が考える超一流企業とは、永遠に倒れることなく持続的な成長を続ける企業だ。サムスン電子は今や一流企業になったが、まだ超一流企業ではない」


李志勲(イ・ジフン)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
スポンサーサイト

コメント

共同管理

橋下氏は中国が尖閣の共同管理を提案してきたらどのように対応するつもりなんですかね?ほんとにその場限りの発言だと思います。

共同管理

>2012-09-25 11:21 | 花岡 鉄様

>橋下氏は中国が尖閣の共同管理を提案してきたらどのように対応するつもりなんですかね?ほんとにその場限りの発言だと思います。

「日本が実行支配しているんだから、共同管理などとんでもない」というのでしょうね。

その場限りで反射的にそういうと思います。

違います

花岡さんの仰っているのは、橋下が「竹島や北方領土は、共同管理に落とし所を持って行くしかない。」と言っている事です。
その思考であるなら、「尖閣もそれでよいだろう」と成りかねない訳です。
戦時売春婦に関しては事実関係を論じる姿勢を見せながら、領土に関しては事実関係が雨散霧消してしまっているのです。

違います

>2012-09-26 00:40 | あづまもぐら様

>花岡さんの仰っているのは、橋下が「竹島や北方領土は、共同管理に落とし所を持って行くしかない。」と言っている事です。

>その思考であるなら、「尖閣もそれでよいだろう」と成りかねない訳です。

なるほど。私が思ったのは、あくまで竹島を韓国と共同管理するという既成事実を作れば、日本が韓国の権利を認めたと韓国にメッセージを発することになり、実際問題として日本を本当には敵対できない韓国のための発言かと考えたわけでです。なにしろ、彼がいつも韓国の方へ向いているし、資金源もあれですから。

しかし、尖閣の方は、今の実際の国民感情におもねるなら当然突っぱねるのが彼の言いそうなことだと思いました。だからこそ、今中国との現実の軍事衝突が目に見えてきて国民感情がアメリカ頼みになっているからこそ、まるではじめからそうだったように集団自衛権は当たり前だと言い出すなどするのだろうと思いましたしね。

>戦時売春婦に関しては事実関係を論じる姿勢を見せながら、領土に関しては事実関係が雨散霧消してしまっているのです。

売春婦にあって証拠を出せ、というつもりだったのでしょうが、それも日本人の国民感情におもねただけ。だから恨みを買っても仕方がないことを日本はしているなどと言うわけでしょう。彼自身が本当に、彼女たちが当たり前の売春婦だったことを証明するわけではなく証拠がないというだけなら 、売春婦に逃げ口上を与えるようなものですよ。

花岡様、あづまもぐら様

橋本氏は次のように発言しています。

「 また、野田佳彦首相が「(尖閣諸島の)領有権問題は存在しない」と発言したことを批判。竹島について同様の主張をする韓国に国際司法裁判所での解決を呼び掛ける以上、「尖閣に領有権問題がないとの主張は矛盾している」と指摘した。竹島を韓国と共同管理すべきとの持論については「国益として考えないといけないのは島そのものより海域。(海底資源などの)利用に関するルールを決めないといけない」と強調した」

http://news.livedoor.com/article/detail/6993575/

尖閣について共同管理の話はしていませんが、領有権問題が有るという共通性を言っていますので、あるいは共同管理も言い出すかもしれません。それに先立つこと、中韓に迷惑をかけたのだから謝るのは当然のような言い方もしていますが、アメリカが原爆落としてごめん、ロシアが条約破ってごめんということはありません。

さらに彼は、

「 共同管理とは、領有の問題とは別に利用の問題だ。国益として考えないといけないのは周辺海域だが、海底資源も魚も含めて利用についてのルールが決められていない。(共同管理の)ルールを作るべきだ」と述べた。」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120928-00000225-yom-pol

といっており、尖閣も共同管理のようですが、共同管理とは領有国の承認の元に締結されるものです。つまりは日本が領有であることを関係国が認めてからの話です。

領有問題が存在しないと主張するなというのであれば、彼の言う共同管理は成り立ちません。

やはりこの男の感覚が狂っていることは間違いないです。

やはり

言い出しましたね。尖閣の共同管理を。
橋下氏の本性が現れたのか、それともブレーンやスポンサーの言いなりなのかわかりませんが。

やはり

>2012-09-28 11:28 | 花岡 鉄様

>言い出しましたね。尖閣の共同管理を。

言い出しましたね。私の想定を越えていました。彼は領有権の確定なしに共同管理などあり得ないことを理解していません。


>橋下氏の本性が現れたのか、それともブレーンやスポンサーの言いなりなのかわかりませんが。

これは分かりませんが、スポンサーを見ればそうかと思えますよ。ブレーンもぶれてますし。最近支持率が急落して、なんとか独自色を出したいのですが、裏目に出ているようです。基本的に彼自身に方針がないんでしょうね。自分の方針を示して、それについてきてくれ、というのが結党の趣旨だったと思いますが。

No title

 何を言っているのやら?。
現実主義者の橋下氏としては当たり前、民主党の先棒担ぎ。
君達は嫌うだろうね。  hahaha!!
北方4島の共同管理はプーチンが言い出すよ。
シベリア電力の貿易も君達にすれは想いも寄らなかっただろうね。
私もこれ程早くプーチンが言い出すとは思わなかったがね。
ガスパイプラインと電力輸出で極東が安全保障できるなら、国後・択捉なぞ安い物。
全ては君達の様な国内不満分子をどう宥められるかにしか過ぎないね。
でも、そこが本当に難しい。  嫌に成るよ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。