スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここにも愚民に阿る男

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ





先頃大阪維新の会の橋本市長が多少まともなことを言ったが、あくまで多少でしかない。

赤文字は引用

橋下市長「慰安婦連行証拠ない」 韓国に根拠明示要求

 大阪市の橋下徹市長は21日、戦時中の従軍慰安婦問題に関し「慰安婦が軍に暴行、脅迫を受けて連れてこられた証拠はない。あるなら韓国にも出してもらいたい」と述べた。政府は1993年の河野洋平官房長官談話で慰安所の設置、管理、慰安婦移送に関する「旧日本軍の直接、間接の関与」や、慰安婦募集をめぐる強制性は認めている。
 
まず、根拠を求めるべきは当時の自民党政権関係者であり、河野洋平氏はもとより、村山富市、小泉純一郎など別枠で補償しようとした当事者達、そして獅子身中の蛆虫共だろう。

橋下氏が強制連行をした証拠を出してもらいたいと思うなら、公式に要求すればいいだろう。また政府に対し圧力をかけてはどうか。どうせ、政府も自民党も自分たちの失策を認めることになるのだから及び腰なのだ。

そもそも強制連行をした証拠を出せ、と言うと共に、もし強制連行があったらなぜ当時の朝鮮人達は自分達の女性を守るために命がけで戦わなかったのか。その証拠が一件も無いなどあり得ないだろう。証拠を示せと迫っても、日帝が全部隠滅したとか、売春婦達が自分でそう言っているのが証拠だと逃げるだけのことだ。

 韓国の李明博大統領による島根県・竹島訪問などに関し市役所で記者団の質問に応じて答えた。

 橋下氏は「慰安婦制度は今から考えると倫理的に問題のある制度なのかもしれない」と説明。韓国側の認識を理解した上で、論点を整理すべきだとの持論を展開した。

 
今から考えると、100年前の制度はすべて問題がある。過去の価値観文化で行われたことを今の価値観で云々するところに、この橋下氏のポピュリズム、愚民迎合がある。当時の価値観ではまったく当たり前のことだったのであり、それを今の感覚で考えるとおかしいというのは当然だろう。士農工商も、主従関係も、夫婦関係も人権も100年前と今が同じ国や文化など何処に存在するのか。橋下発言は、単に今の国民の反韓感情に便乗しただけの全く薄っぺらい物だから、完全にまともとはとうてい言えない。

100年前は売春が合法であり、この従軍慰安婦にも多くの日本人女性が居た。


「慰安婦強制動員の証拠出すべき」橋下大阪市長が妄言


だが、こうした発言は慰安婦連行の強制性を認めた「河野談話」を正面から否定する日本右翼の主張を繰り返したものだ。1993年8月に当時の河野洋平官房長官は、「慰安所は軍当局の要請で設置され、軍が慰安所の設置管理と慰安婦の移送に直接的・間接的に関与した。慰安婦の募集は甘言や強圧など本人の意思に反した場合が多く、官憲などが直接加担したこともあった」という内容の談話を発表し日本政府の介入を認めた。だが、日本の右翼は「日本軍が慰安婦を暴行・脅迫した」という内容は含まれなかったとし、制度自体に強制性はないと主張してきた。

この内容については後述するが、そもそも河野談話やそのまえの村山談話などが今の状況を生んでいる。河野氏や村山氏は生きている間に、あの発言の内容が韓国の主張をすべて丸飲みした物かあるいは、とにかく韓国をなだめるために日本式に謝っておけば丸く収まると考えたのか、きっちりと問いつめる必要があるだろう。大元の原因を作った当人が今沈黙しているのは卑怯ではないか。

橋下市長が慰安婦問題に言及「日本の次世代リーダーが妄言」=韓国

  橋下市長はこの日、李明博大統領の竹島訪問についての見解を問う質問に「従軍慰安婦という問題が根っこにある」と指摘。橋下市長の発言は、1993年8月当時に官房長官だった河野洋平氏の談話を否定するものだと伝えた。

河野談話自体、別に韓国の言うような強制連行をし性奴隷にしたなどと言ってはいない。本人の意志に反して慰安婦にされた例があると言っているし、それに官憲が関与した例があると言っている。20万人すべてがそうだったかどうかはともかく、日本でも昔は娘を売る親は普通にいた。その際娘の意思など無視をしていたのが普通だし、娘は泣く泣く苦界に身を沈めた。それはいつの世もある悲劇であり、別に韓国だけの問題ではない。さらに、多くのケースで朝鮮人女性はたしかに自らの意思で、高給に誘われ応募したのだし、今でさえ売春に禁忌を持っていない韓国人が当時女性には教育も施されず男性の所有物でしかなかった環境で(それも日本が改善したのだが朝鮮人の意識が変わったわけではない)、合法であり高給を稼げる慰安婦に応募するのになんのためらいがあったのだろう。今でさえ、世界中で簡単に売春をしている彼女たちが。

さらに、この問題の発端になった金学順は14歳の時に売られたと最初に言っていたのがいつの間にか強制連行されたことになった。

本人の意思に反してとあるなら、当時の韓国で女性の意思などどれだけ尊重されていたのだろうか。

  河野長官は「慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった」と談話で述べたと紹介。

これについても後述するが

  しかし、日本の右翼は「日本軍が慰安婦を暴行・脅迫した」という言葉が含まれていなかった点を挙げ、日本軍慰安婦制度の強制性を否定しようと試みてきたと批判。

事実含まれていないのだが、そこからどうして強制連行、性奴隷につながるのか。本人の意思に反して行われたことはあったろう。騙されて親に売られたりしたケースが多数あった。それがどうして軍による強制連行となるのか。そもそも、当時朝鮮半島にいた日本軍には大勢の朝鮮人も居た。警官も居た。20万人の女性を強制連行し幽閉されたはずなのに、当時の朝鮮人兵士や警官はそれに荷担していたのか。

さて、その大元の河野談話が外務省のサイトにある。

慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話

 今次調査の結果、長期に、かつ広範な地域にわたって慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したことが認められた。慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。また、慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった。

軍のための慰安所があったのは事実であり、またそれについて国家や軍が関与したのは極めて当たり前であって、当時の価値感からすれば極めて当然であった。これについては何度もこのブログで触れているが、血気盛りの男の集団で、しかも戦争などがあれば殺気立った彼らが現地の女性を乱暴するなど世界中何処でもいつでもあったことだ。アメリカなど今でもそれをやっているし、朝鮮兵のベトナムに於ける行為なども未だに憎悪の的になっている。

したがって、責任ある国家ならその対策として従軍慰安所を作るのが現地の女性を守るために必要だったのであり、それは朝鮮戦争時代や日本占領時代のアメリカ軍もやっていることだ。

そのさい慰安婦を暴力沙汰で強制的に連れてくることで現時の住民を敵に回すよりは当時合法だった手段で女性を集める方が当然自然だろう。日本軍が従軍慰安所を作ったのは当然すぎるほどの配慮だった。

当人の意志に反しては、悲しいことに世界中の問題であり日本でも昔から娘を売る親は普通にいた。当時子供は親の所有物だったのだ。それは特に女性にはまともな教育も施す意思のない朝鮮社会では顕著であり、女性の意志に反して彼女たちを売り飛ばす親など普通にいた。

また官憲が関与したと言うが、その官憲とは誰のことか。朝鮮には多くの朝鮮人兵士や朝鮮人警官が居た。言葉の問題などを考えると、彼らが関与した可能性はかなり高いし今でも性犯罪が増え続ける唯一のOECD加盟国、また弱い者虐め文化の根幹にある韓国で、彼らが親に頼まれ娘を強制的に慰安所に連れて行ったそして、なにがしかの金を受け取ったなど、今でも韓国社会では問題になっているではないか。


 
 なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな比重を占めていたが、当時の朝鮮半島は我が国の統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた。

したがって、当時の朝鮮社会で、女性の意志に反して慰安婦に売られたとすれば、当然親たちの行為であり、またそれに荷担した一部の官憲(言葉の問題や意識からすれば朝鮮人ではないかと思うが、その点を河野談話では一切触れていない)のが当然と考える方が自然だろう。

いずれにせよ、この発言の趣旨を河野氏は公に明らかにする必要がある。慰安所があり、日本や軍が関与した。なぜそれが反省しなければならないことなのか。慰安所がなかったらどうなるかは考えたのか。軍による現地の女性や兵士達への配慮だったとは全く考えないのか。

女性の意思を無視をしたのは誰なのか、関与した官憲とは誰のことか、などすべてを明らかにする必要がある。それを明らかにした上で、橋下氏は「今から考えると」等という自分の戯言を撤回する必要があるのではないか。当時は朝鮮人女性を守るために当然行われた日本国の責任のありようだった、と言い直すべきだ。



上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてください。但し、内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

橋下市長「慰安婦連行証拠ない」 韓国に根拠明示要求

 大阪市の橋下徹市長は21日、戦時中の従軍慰安婦問題に関し「慰安婦が軍に暴行、脅迫を受けて連れてこられた証拠はない。あるなら韓国にも出してもらいたい」と述べた。政府は1993年の河野洋平官房長官談話で慰安所の設置、管理、慰安婦移送に関する「旧日本軍の直接、間接の関与」や、慰安婦募集をめぐる強制性は認めている。

 韓国の李明博大統領による島根県・竹島訪問などに関し市役所で記者団の質問に応じて答えた。

 橋下氏は「慰安婦制度は今から考えると倫理的に問題のある制度なのかもしれない」と説明。韓国側の認識を理解した上で、論点を整理すべきだとの持論を展開した。

2012/08/21 12:56 【共同通信】

「慰安婦強制動員の証拠出すべき」橋下大阪市長が妄言

2012年08月22日08時25分

大阪市の橋下徹市長が、日本軍慰安婦制度の強制性を否定する発言をした。共同通信は21日、橋下市長がこの日李明博(イ・ミョンバク)大統領の独島(ドクト、日本名・竹島)訪問に対する取材陣の質問に答えながら「慰安婦が軍に暴行、脅迫を受けて連れてこられた証拠はない。あるなら韓国にも出してもらいたい」と話したと報道した。橋下市長は、「慰安婦制度は今から考えると倫理的に問題のある制度なのかもしれない」とし、韓国政府の主張を全て否定するものではないと付け加えた。

だが、こうした発言は慰安婦連行の強制性を認めた「河野談話」を正面から否定する日本右翼の主張を繰り返したものだ。1993年8月に当時の河野洋平官房長官は、「慰安所は軍当局の要請で設置され、軍が慰安所の設置管理と慰安婦の移送に直接的・間接的に関与した。慰安婦の募集は甘言や強圧など本人の意思に反した場合が多く、官憲などが直接加担したこともあった」という内容の談話を発表し日本政府の介入を認めた。だが、日本の右翼は「日本軍が慰安婦を暴行・脅迫した」という内容は含まれなかったとし、制度自体に強制性はないと主張してきた。 橋下市長のこの日の発言に対し、外交通商部のチョ・テヨン報道官は定例会見で、「われわれは日本政府が河野談話を通じすでに強制性を認めたものと考えている。直接的な立場表明はしない」と話した。政府や内閣の一員でない限り政治家の妄言にいちいち対応しないという意味だ。

弁護士出身の橋下市長は極右的な指向と独断的なスタイルで、「橋下」と「ファシズム」を合わせた「ハシズム」や「ハシスト」というニックネームを得ている。日本では次期首相候補として議論されるほど人気を得ている。



橋下市長が慰安婦問題に言及「日本の次世代リーダーが妄言」=韓国

2012/08/22(水) 10:28

  大阪市の橋下徹市長は21日、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領の竹島上陸に関連し、その背景に従軍慰安婦があることを指摘した上で、「慰安婦が軍に暴行、脅迫を受けて連れてこられた証拠はない。そういうものがあったのなら、韓国にも(証拠を)出してもらいたい」と述べた。複数の韓国メディアもこの発言に注目し、報じた。
■「従軍慰安婦」に関する他の記事 - サーチナ・ハイライト
  韓国メディアは、「日本の次世代リーダー大阪市長妄言、慰安婦強制連行の証拠出せ」「日本の次期リーダー、韓国への妄言が波紋」などと題し、日本の次期首相と目されるほど人気が高い橋下大阪市長が、日本軍の慰安婦制度の強制性を否定する発言をしたと伝えた。

  橋下市長はこの日、李明博大統領の竹島訪問についての見解を問う質問に「従軍慰安婦という問題が根っこにある」と指摘。橋下市長の発言は、1993年8月当時に官房長官だった河野洋平氏の談話を否定するものだと伝えた。

  河野長官は「慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった」と談話で述べたと紹介。

  しかし、日本の右翼は「日本軍が慰安婦を暴行・脅迫した」という言葉が含まれていなかった点を挙げ、日本軍慰安婦制度の強制性を否定しようと試みてきたと批判。

  一方、韓国のチョ・テヨン外交通商部報道官は定例ブリーフィングで21日、「日本政府と国民は、慰安婦被害者が受けた言葉では言いようのない苦痛にふさわしい謙虚な姿勢を持つことが必要だ」「日本が過去を直視する中で、韓国と力を合わせて両国関係を発展させていくことを心より希望する」と述べたという。(編集担当:李信恵・山口幸治)

慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話

外務省サイトより

平成5年8月4日

 いわゆる従軍慰安婦問題については、政府は、一昨年12月より、調査を進めて来たが、今般その結果がまとまったので発表することとした。
 
 今次調査の結果、長期に、かつ広範な地域にわたって慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したことが認められた。慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。また、慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった。
 
 なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな比重を占めていたが、当時の朝鮮半島は我が国の統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた。
 
 いずれにしても、本件は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である。政府は、この機会に、改めて、その出身地のいかんを問わず、いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる。また、そのような気持ちを我が国としてどのように表すかということについては、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える。
 
 われわれはこのような歴史の真実を回避することなく、むしろこれを歴史の教訓として直視していきたい。われわれは、歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を改めて表明する。
 なお、本問題については、本邦において訴訟が提起されており、また、国際的にも関心が寄せられており、政府としても、今後とも、民間の研究を含め、十分に関心を払って参りたい。

スポンサーサイト

コメント

証人喚問

仰る通りですね。
河野氏を証人喚問すべきだと思います。

たかおじさんは英語が得意だと推察しております。英文でも同様の内容を記載しては?アメリカ人に対するアプローチが必要だと思います。本来は日本政府がすべきだと思いますが。

証人喚問

>2012-08-23 09:51 | 花岡 鉄様

>河野氏を証人喚問すべきだと思います。

彼だけではなく、村山氏や、アジア女性基金を作った関係者すべてですね。

>たかおじさんは英語が得意だと推察しております。英文でも同様の内容を記載しては?アメリカ人に対するアプローチが必要だと思います。本来は日本政府がすべきだと思いますが。

得意と言うほどではありませんが、以前も試みたことがあります。とはいえ、ホワイトハウスに意見書を送ってもほぼなしのつぶてのようだし、またBBSなどにも書き込んでみましたがこの関連のBBSはほぼ中国韓国に占領されています。すべて数で押しつぶすのが連中のやり方ですが、多分に国家がらみでやっているのでしょうね。

米国一つ取っても日系人より彼らの方が圧倒的に多いし、そして日系人は特に組織だっていないようです。

結局、ブログなどで書いていくのが一番効果的だと思うし、なにより、国内のお花畑啓蒙が先決だと考えるからです。

余裕があれば英語版でブログなど併設すればよいのでしょうが、到底それは個人では無理です。また英語版で日本のメディアや文書を資料としても意味がありません。そのためには英語版のメディアなどを資料にしなければなりませんが、それは組織で分担しなければ不可能です。

本当は一つのブログをネット上で複数の人間が分担して運営するなどの方式を考えるべきでしょうね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。