オリンピックの意義


最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


留瀬「ありゃぁ、またこんなにずれ込んだんですか」
高雄爺「日曜日から火曜日にずれてしまったね。ブログ主も今いろいろ忙しくて、特に最近は体を使うことが多いらしい。この猛暑でかなり参っているようだよ」
留「北国育ちですからねぇ。冬はかなり寒くても平気だと言ってましたが、夏はもう何十年も慣れないと言ってましたよ」
高「年の割には元気だけれどね、でも若いとは言えない。余り無理をして熱中症になっても仕方がないし、日曜日どうしても断れなくて飲みに連れ出されて飲んだのが今日まで利いているっていうよ。相当飲んだと言っていた」
留「へぇ、珍しいですね、ほとんど飲まないと言っていたのに。どれほど飲んだんでしょう」
高「お銚子二本。約一合半かな。彼にしてみれば最近これほど飲んだことはないよ」
留「おやおや。それが大酒ですか。それで昨日まで利いていたんですか」
高「昨日の昼過ぎまで寝てしまって、それからやっと今になって調子が出てきたらしい。うらやましいのは、絶対に二日酔いを経験しないことだね。お銚子二本で二日酔いになったら、おまいさんなど即死だろう」
留「それはともかく」
高「おや、話題を変えるね。なんだい」
留「オリンピックが終わりましたね。あたしが驚いたのは、盛り上がらないと言いながら、日本は過去最高のメダルを獲得しているんですねぇ」
高「そうそう、それはあたしも意外だったよ。ただ、金の数は少ないね、七個かい。世界で十位にも入っていない」
留「かつては特定の競技に力を注いでそこでメダルを確実に取るやり方だったのが、今は選手が自分でやりたい競技に力を注ぐようになったからでしょうね。ある意味それは良いことだと思いますよ」
高「うん、あたしもそう思う。たとえば中国などはあれはすべての競技の選手がプロであって、子供の頃に才能を見いだされた者が競技の訓練だけを課されてまともな教育を受けず、むろん、落ちこぼれてゆく者が大勢いるが教育をまともに受けていないので使い物にならず生活が成り立たない。つまり使い捨てなんだ」

留「その替わり、金メダルを取ったりすると生涯の生活が保障されるって言いますね」
高「昔ほどではないけれど、その傾向はあるね。国威発揚の道具にされるから、体力勝負では欧米人アフリカ系にたいしアジア人はどうしても不利で、結局は器用さを競うしかない。中国がメダルを取った競技にはそのようなものが多い。人間的には極めて不完全な選手が話題になったよ。ソ連などもそうだった。北朝鮮は最たる物だ」
留「韓国もそうみたいですよ。メダルを取ると法外な報奨金が出て、男子は兵役免除になるから、目の色を変えて取り組むのでメダル数も多くなるっていいますね」
高「そればかりじゃない。昔から韓国のスポーツには八百長、買収、反則がつきまとい今回も散々それが言われている。韓国の野球でもサッカーでも軒並み八百長で逮捕者が出ているし、国際大会でも過去何度も買収が取りざたされている。明らかな韓国側の反則を取らず、相手側に反則を取っていたサッカーの審判など居たろう」
留「居ましたねぇ。今は動画が有るから世界中が検証出来るのにそれでも明らかにおかしな判定が無数に韓国にはありますよ。覚えているのは、キム・ヨナ選手が優勝したとき、浅田真生選手が高難度のジャンプをきちんとクリアしていたのは動画でも明らかなのに、それよりも難易度の低いジャンプしかしなかったキム・ヨナ選手が優勝し、かなり話題になってましたね」
高「あったねぇ。あれはあくまで審判の主観による物だから自分はそう思ったと言い張れば買収とは決め付けられないが、多くの選手や他国の関係者があれはおかしいと言っていたし、そのためか、当時世界中で話題になっていたのはキム・ヨナではなく浅田選手だった」
留「キム選手はあれからも散々方々で問題を起こしていますよ。国内でいくつも訴訟を起こしたり」
高「まあ、彼女の技術は確かにすばらしい。だから正当に評価すれば良い物を周りが汚している感じがするね。韓国にはフィギュアスケートといえば彼女しか居ない。日本には本当に次から次へと世界的選手が出てくる。その層の厚さの違いを、買収でカバーしているとすれば韓国は最低だね」
留「でも李大統領は韓国が成熟したスポーツ大国だと自画自賛してますよ」
高「名指しで韓国のスポーツに対する姿勢が非難されているのに、韓国内ではほとんど伝えられないらしいよ」
留「韓国の役員の飲酒運転で初日に追放されたのをきっかけに、フェンシングで審判に難癖を付け会場に座り込み、相手選手のヌード写真を拡散し、あるいはスペインの審判に殺してやるというコメントを二千人が送ったり、つまりは国を挙げて韓国にはスポーツマンシップがないんでしょうね」
高「むろん、韓国国内からもそんなやり方に批判の声は上がっているし、まともな韓国人は声を上げない。それは日本も同じだ。が、大統領自体が他国からの批判を無視して自画自賛するようでは、確かに最低だね」

留「その点、日本選手は一般的に潔い、スポーツマンだと評価されているんじゃないでしょうか」
高「まあ、そう思いたいね。バンタム級のボクシングでは、あの審判がどう見ても不正な審判をして、裁定が覆され清水選手が勝ったが、あれで審判は即日追放になっている。今回はそんな審判疑惑が多かったが、日本選手は一応は抗議しても、何時までもそれにこだわったりしないその態度が評価されているんだ。それは女子サッカーなどでもあったね」
留「あ、あの米国側の二度の反則をドイツ人審判が取らなかった件ですね。あれが取られていたら日本が勝つチャンスはあったと、審判の出身国からさえ審判に批判が集まっているみたいですよ」
高「うん。アメリカ自体が、あの反則を取られなかったのは幸運だったと言っているからね。ただ、一部の選手だろうが、審判に取られないように反則をするのもテクニックだと思っている連中が居るのは確かだよ。誰かが審判の気を引いている間にその死角で反則を行うなどはよくあることだ」
留「なるほど。プロレス並みですね。あれはショーだからそれでも面白いと言えるし、八百長も含めてプロレスなのに、オリンピックでそれを持ち出したら堕落じゃないんでしょうか」
高「だから、あたしは日本がそんな反則もテクニックだ等と考えるようになって欲しくないし、それでメダルを取っても全く賞賛する気にはならない」
留「だから、韓国も賞賛の声が他国から無いから自画自賛をするしかないと言うことでしょうか」
高「スポーツに限らないけれどね」

留「それにしても室伏選手のIOC役員当選が取り消されたのは残念ですね。違反をしたからだと言いますけれど」
高「本人は違反をしたつもりはないとは言っているが、まあそれ以上グズグズは言っていないようだ。本人が違反をしたつもりが無くても、違反だと裁定されたらそれに従うしかあるまい。韓国みたいに差別ニダ、ダブルスタンダードニカと言いだしたらきりがない」
留「あ、韓国ですか。今回も馬鹿なことをやってますね。あの男子サッカーのあとのプラカード騒ぎですよ」
高「ああ、いかにも彼ららしい。反省という物が全くなく、悪いのはIOC、悪いのは日本といういつもの主張だ。だから馬鹿にされるのだが、それが恥を知らない文化では恥ではないわけだ」
留「まあ、関連記事を一寸読んでみましょう。引用が赤文字なのはいつもと同じです」

<五輪>「独島セレモニー」の朴鍾佑、最悪の場合はメダル剥奪も

朴鍾佑はロンドン五輪男子サッカー部門3位チームに与えられる銅メダルを首にかけられないまま帰国した。韓国時間11日明け方に行われた日本との3位決定戦直後に政治的メッセージを公開し議論を呼び起こしたためだ。当時朴鍾佑は観覧席にいたファンから「独島(トクト、日本名・竹島)はわれわれの領土」と書かれた紙を渡され、グラウンドを走り回った。国際サッカー連盟(FIFA)はサッカー選手がグラウンドで政治的に敏感な問題に対する見解を明らかにすることを徹底的に禁止している。

高「この政治的宣伝を禁止していると言う意味が彼らには通用しない。日本を貶め自分たちの主張を一方的にすることが、政治的宣伝ではないと言い張っている」
留「そして、これがたまたまの偶発的行為だとも言ってますよ」

これと関連し、「政治的に敏感な事案に対する意思表明の禁止」の必要性の事実を選手たちに明確に知らせなかったサッカー協会にも一部責任があるという意見が提起されている。キャプテンの具滋哲(ク・ジャチョル)は日本戦の直後に開かれた記者会見で「光復節を控え意味あるセレモニーをしたかった。当初独島セレモニーを企画したが、『当たり前の話をあえて取り上げる必要はない』という一部チームメートの意見があって万歳三唱に変えた」と話した。もし韓国選手らが当初意見通りに「独島はわれわれの領土」とセレモニーを強行していれば大量のメダル保留事態が発生するところだった。

高「これでは朴鍾佑選手の個人的偶発的行為などととうてい言えないだろう。実際に独島は韓国の領土だとセレモニーをするつもりだったと自分たちで言っているのだから、仮に朴鍾佑選手が個人的に行ったとしても、彼がグラウンドを一周する間だ誰も止めなかった。これでは、チームぐるみの計画的行動だとみられて当然ではないのかね」


韓国選手「竹島」メッセージ 偶発主張も…主将「当初独島セレモニーを企画」

 複数の海外メディアによると、五輪でのサッカー運営を担当するFIFAは声明で、朴選手に対する懲戒手続きを開始し、KFAおよび朴選手に対し、16日までに経緯などについて回答するよう求めたという。
 
高「そう思ったから、IOCも本人のメダルを保留し、経緯の回答を韓国に求めたのだろう。本来なら、単に選手一人のメダル剥奪では済まないと思うよ。独島セレモニーをするつもりでいたのだし、朴鍾佑が走り出してもそれを止めなかった。止める前に写真が撮られたと言うが、グラウンドを一周する間誰も止めなかったことがそんな言い訳を通用させないと思うがね」

 ・聯合ニュースは12日、朴選手が掲げたメッセージが書かれた紙は、観客からたまたま渡されたものだった、と韓国サッカー協会関係者の話として報じた。韓国代表のスタッフを務める日本人の池田誠剛氏も「サポーターからもらったものを、大きな考えも持たずに掲げてしまったようだ」と話した。
 
高「百歩譲って、彼自身の個人的スタンドプレーだとしても、それを止めなかったこと、それに事前に独島セレモニーを計画していたこと自体がすでに確信犯だと言えるだろう。あるいみ、選手一人が犠牲になったようなもので実際はチーム全体の責任だよ」

 あくまで偶発的なものとの主張だが、中央日報(同)によると、韓国代表主将、具滋哲(ク・ジャチョル)選手(23)は試合後の会見で「(15日の)光復節を控えて意味あるセレモニーをしたかった。当初独島セレモニーも企画したが『当たり前の話をあえて取り上げる必要はない』という一部チームメートの意見があって万歳三唱に変えた」と話したという。つまり、朴選手の行動はメッセージの意味を理解した上でのものということになるが…。

留「そうですよ。朴選手はあくまでチームの意を汲んで行動した訳でしょう。事前に十分予想出来たはずで、観客席にそんなプラカードがたくさん出ていたら、選手に厳重に注意すべきだったんです。それをせず、朴選手がグラウンド一周する間見ていて、止めようと思ったが止められなかった、あれは個人の偶発的高位だ等と本当に白々しいったらありゃしない」
高「それに呆れたことに、韓国内では、自分たちの物を自分たちの物と言って何が悪い、政治的意図など無いというが、現実にその二日前大統領が問題の紛争地域に足を踏み入れ、日本の神経を魚で逆撫でして置いて、政治的意図はないなど、これも白々しい」
留「そして挙げ句が、日本の体操選手が着ていたユニホームがアジアを侵略したシンボルの旭日旗で、あれはナチスの旗を来て出場するようなものだから日本のメダルを剥奪しろと、ある団体がIOCに申し入れたって言いますよ。馬鹿にも程がある。IOCが相手にするとは思えませんがね」
高「だから、連中は重い韓国病にかかってもう付ける薬がない。今度は大統領が発症してしまった」

李明博の竹島訪問と米国の困惑=ナショナリズム激化に国際的懸念も―中国紙

年11月、ロシアのメドベージェフ大統領(当時)が日本の北方領土を視察したが、李大統領の竹島訪問をそれを模倣したものとなった。日本政府は駐韓国大使を召還したほか、さらなる抗議行動を採る可能性も否定していない。日本世論はレームダックになった李大統領が任期満了前に愛国ショーを演じたと批判している。

留「ブログ主は李大統領を評価していたんじゃなかったでしたっけ」
高「韓国の大統領としてね。だから日本の国益に沿って行動する訳じゃないよ。経済的な手腕や清廉さでは確かに朴正煕大統領に次ぐんじゃないか。でも所詮韓国だ。退陣後どんな難癖で逮捕されるかおびえたんじゃないのかね。本人が幾ら立派でも、身内や腹心が次々に汚職で逮捕されているから、自分は大丈夫だと思っていたのが危険を感じて、だから愛国ショーをやったとしか思えないね。哀れなものだ」
留「韓国病の末路ですね。でもそんなことも言っていられない。李大統領は日本の政府がどうせ対したことは出来ないだろうと足下を見てやっていますよ。足下を見られるだけのことを日本政府は散々やってきましたし、今も一応は世論に押されてポーズだけ色々やってますが韓国にしてみればいたくも痒くもないでしょ」
高「うん。言って分からなければ痛みを感じさせなきゃ同じ事がエスカレートしてゆく。だから、ある時期思い切った対抗策を採るのは、むしろ将来の為に必要なんだが。なにも戦争を仕掛けよう軍事行動に移ろうというのではない。韓国経済にそれなりのインパクトを与え、日本を貶めると高くつくことを知らしめるだけで良い」
留「ところが、日本政府は経済協力は今まで通り続けると言ってますよ」
高「馬鹿の極みだ。よほどなにか下半身の弱みでも握られているんじゃないのかね」


英国人研究者ウッドボード氏は10日、環球時報の取材に応え、「日韓の争いに一番困惑しているのは米国だ」と指摘した。「アジアへの帰還戦略」を続ける米国は日韓関係の緊密化を望んでいるが、実際には最悪となっている。また李大統領の竹島訪問は東アジア諸国のナショナリズムをさらに激化させるとの国際的な懸念を招いている。(翻訳・編集/KT)

高「李大統領にしてみれば日本はアメリカの言うことを聞かざるを得ず、結局我慢するはずだと踏んだのだろう。確かにアメリカにとっても困るだろうが、その原因がどちらにあるかは明らかにしなければならない。ここでうやむやにすることはアメリカにとっても決して良いことではない。日本世論がアメリカに対して悪化するだけだ。別に戦争をするのではないのだから、日本の世論をなだめるやり方をアメリカも採るべきだよ。民主政権でも次の政権でも、国民の反韓感情が高まればそれに沿った外交をしなくちゃならない。それを邪魔だてすればアメリカに対する反感も広がってゆく。ある意味、日本人の反韓意識に火を付けたという意味で李大統領は日本のために最後の置きみやげをしてくれたとも言えるな」
留「でも、アメリカも馬鹿ですからねぇ。大統領候補が毎回劣化していく一方ですよ。今度の共和党候補のロムニーなど、選挙活動中から散々批判を浴びている問題男ですがね」
高「でも、候補になってしまったのは、アメリカ人のレベルがそうだからだ。だから、おそらくアメリカも長期に見れば凋落傾向に歯止めはかからないよ。西欧と同じだ」

留「話を戻すと、こんな記事がありましたよ」

<ロンドン五輪>北京五輪から4年、空前の敵意にさらされた中国人―英紙

4年前、北京五輪の開催国として中国は各国を心を込めて出迎えた。五輪を期に世界の大国の一つとして遇されることが期待されていたが、国際外交においても、そして競技場においても中国が望む変化は起きなかった。それどころか、ロンドン五輪において中国は空前の敵意にさらされた。少なくとも中国人の多くはそう考えている

高「ああ、それはその通りだ。中国の思惑では、オリンピックによって開かれた中国、世界の良き一員中国をアピールしたかったのに、あの開会式のさまざまな嘘から始まって、中国人の民度の低さや問題点がはっきりと世界の人たちに見られてしまったのが原因だろう」
留「ははぁ、あのソウルオリンピックと同じですね。あれでずいぶん韓国は印象を悪くしたみたいだし、ワールドカップでも散々非難されてましたね」
高「その意味で今回のロンドン大会もイギリスの衰退振りを改めて世界に知らしめたんじゃないかね。すでに経済成長が出来ず、過去の遺産で食っている不公平社会、オリンピック一つ満足に運営出来ないかつての老大国」
留「でもメダル獲得数は空前だったみたいですよ」
高「だから、ホームタウン審判だと言われているじゃないか。そもそも、欧米がオリンピックで好成績を採るのは多くは体力による物だ。そしてそれらはアフリカ系の選手による物が多い。それに、今回は誤審や疑惑があまりに多すぎた。運営自体もめちゃくちゃで聖火が途中で消されるなど、オリンピック精神自体が全く無視されている。凋落に歯止めのかからない国の姿をまざまざと見せた」
留「わぁ、辛口ですね。じゃあ、次のリオ大会は期待出来ますか」
高「そう願いたいね。でも治安の悪さなど抱えている問題は極めて大きい。それにブリックスと言われていてもその経済規模は極めて小さい。インフラも不安だし、なにしろ南米人特有のルーズさが心配だよ」
留「それを今から言ってもしょうがないですよ。その次が東京になれば良いんですが」
高「日本人の支持率が低いし、なにしろ世界ではまだ日本は放射線汚染が酷いと思われている。政府がきちんと広報しないからね。まあ、今の政権が片づかなきゃ、望みは薄いなぁ」
留「おやおや、とにかく中国は五輪でイメージアップが却って裏目に出た話ですよ」

あるいはこの東南アジアの隣人を納得させることは、欧米人を説得する以上の難題なのかもしれない。(翻訳・編集/KT)

高「そりゃそうだよ。アジア近隣諸国は中国がどんな国かよく知っている。だから、中国が何を言っても信用しない。それが世界に広まったんじゃないか、オリンピックで。中国人自身が中国政府を信用していない。あの毛沢東の百花争鳴政策が決定的だね」
留「ええと、何でしたっけ」
高「ググってごらん。政府に対する批判を自由に言って良いと毛沢東が言って、それを真に受けた多くの知識人が政府に対する批判をしたら、彼らは逮捕され粛正された。反政府分子をあぶり出す名案だったと当時は自画自賛されたよ」
留「そりゃすごい。だから中国人は面従腹背だと言われてるんですか。あ、女房からメールだ

ええと、先日あなたのお母さんが来たとき、あなたのお小遣いを増やすと約束したけれど、到底無理だと分かったから、今までの75%にする・でも、お母さんにはお小遣いが倍になったと言っておいてね・・・て。酷い」
高「わはは。かみさんはおまいさんが余り飲み過ぎないように心配してそうしてくれたんだよ。感謝しなさい」
留「そんな面従腹背は嫌です」


上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてください。但し、内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。


<五輪>「独島セレモニー」の朴鍾佑、最悪の場合はメダル剥奪も

2012年08月12日10時07分

朴鍾佑のためのメダルはなかった。授賞台にも立つことができなかった。ある瞬間の失敗が場合によっては「メダル剥奪」という最悪の結果にもつながりかねない。

朴鍾佑はロンドン五輪男子サッカー部門3位チームに与えられる銅メダルを首にかけられないまま帰国した。韓国時間11日明け方に行われた日本との3位決定戦直後に政治的メッセージを公開し議論を呼び起こしたためだ。当時朴鍾佑は観覧席にいたファンから「独島(トクト、日本名・竹島)はわれわれの領土」と書かれた紙を渡され、グラウンドを走り回った。国際サッカー連盟(FIFA)はサッカー選手がグラウンドで政治的に敏感な問題に対する見解を明らかにすることを徹底的に禁止している。

12日明け方にロンドンのウェンブリースタジアムで行われた男子サッカー表彰式に朴鍾佑は現れなかった。最終エントリー18人のうち朴鍾佑を除いた17人だけが表彰台に上がり銅メダルを首にかけた。朴鍾佑は選手団とともに3位決定戦の会場となったカーディフからロンドンに移動する途中で大会組織委員会から表彰式への参加を見合わせるよう通知を受けた。朴鍾佑は表彰式にチームメートと一緒に参加することができず、大会組織委員会関係者とともに別の場所にいた。その後ロンドン・ヒースロー空港で取材陣と会った彼は「話す言葉はない」として急いで出国審査場へ向かった。

五輪サッカーの運営を担当する国際サッカー連盟(FIFA)は朴鍾佑の行動が故意だったかどうか判断するための賞罰委員会を開いた。そして処罰の有無など具体的な決定が下されるまで銅メダル受賞を保留することに決めた。FIFAが故意性は高くないと判断を下せば後ででも銅メダルが送られるが、反対の場合にはメダル受賞対象から除外される可能性もある。これは兵役免除の有無とも直接的な関連がある。今後も関連論議が尽きないこととみられる理由だ。

これと関連し、「政治的に敏感な事案に対する意思表明の禁止」の必要性の事実を選手たちに明確に知らせなかったサッカー協会にも一部責任があるという意見が提起されている。キャプテンの具滋哲(ク・ジャチョル)は日本戦の直後に開かれた記者会見で「光復節を控え意味あるセレモニーをしたかった。当初独島セレモニーを企画したが、『当たり前の話をあえて取り上げる必要はない』という一部チームメートの意見があって万歳三唱に変えた」と話した。もし韓国選手らが当初意見通りに「独島はわれわれの領土」とセレモニーを強行していれば大量のメダル保留事態が発生するところだった。

ひとまずサッカー協会は上級機関である大韓体育会に「朴鍾佑のセレモニーに意図性はなかった。ファンが渡した紙を手にして広げただけ」と報告した。だが後の祭りの格好だ。

韓国選手「竹島」メッセージ 偶発主張も…主将「当初独島セレモニーを企画」

2012.8.13 07:53

ロンドン五輪サッカー男子の3位決定戦後、「独島はわが領土」と書かれた紙を観客席から受け取る朴鍾佑選手 =10日、英カーディフのミレニアムスタジアム(撮影・山田俊介)
 ロンドン五輪男子サッカー3位決定戦の日本戦に勝利後、韓国のMF朴鍾佑(パク・ジョンウ)選手(23)が、ピッチ上で島根県の竹島(韓国名・独島)領有を主張するメッセージを掲げた問題で、国際サッカー連盟(FIFA)が懲戒手続きに入ったことが12日、分かった。韓国サッカー連盟(KFA)および朴選手に対し、16日までに回答に応じるよう求めているという。(サンケイスポーツ)

 複数の海外メディアによると、五輪でのサッカー運営を担当するFIFAは声明で、朴選手に対する懲戒手続きを開始し、KFAおよび朴選手に対し、16日までに経緯などについて回答するよう求めたという。

 一方、国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長は12日の記者会見で、朴選手へのメダル授与を保留していることを明らかにした。ロゲ会長は、FIFAが関係者への事情聴取を開始し、9月中旬に対応を決めるとした。IOCはFIFAの決定後にメダルの扱いを決めるという。

 12日の韓国の中央日報(電子版)によると、FIFAは朴選手の行動が故意だったかどうか判断するための懲罰委員会を開催。FIFAが故意性が高くないと判断を下せば後にメダルが贈られるが、そうでなければ受賞対象から外される可能性もあるとしている。

 韓国・聯合ニュースは12日、朴選手が掲げたメッセージが書かれた紙は、観客からたまたま渡されたものだった、と韓国サッカー協会関係者の話として報じた。韓国代表のスタッフを務める日本人の池田誠剛氏も「サポーターからもらったものを、大きな考えも持たずに掲げてしまったようだ」と話した。

 あくまで偶発的なものとの主張だが、中央日報(同)によると、韓国代表主将、具滋哲(ク・ジャチョル)選手(23)は試合後の会見で「(15日の)光復節を控えて意味あるセレモニーをしたかった。当初独島セレモニーも企画したが『当たり前の話をあえて取り上げる必要はない』という一部チームメートの意見があって万歳三唱に変えた」と話したという。つまり、朴選手の行動はメッセージの意味を理解した上でのものということになるが…。

 韓国代表は12日午後に帰国。朴選手を除く選手らが記者会見したが全員の胸にはメダルはなく、問題に関する質問も司会者からさえぎられた。




李明博の竹島訪問と米国の困惑=ナショナリズム激化に国際的懸念も―中国紙

配信日時:2012年8月12日 10時37分

10日、韓国の李明博大統領が竹島を視察した。韓国歴代大統領として初めて竹島に上陸した。日韓の争いに一番困惑しているのは米国。英国人研究者ウッドボード氏はそう指摘している。

2012年8月10日、韓国の李明博大統領が竹島を視察した。韓国歴代大統領として初めて竹島に上陸した。11日、環球時報が伝えた。

2010年11月、ロシアのメドベージェフ大統領(当時)が日本の北方領土を視察したが、李大統領の竹島訪問をそれを模倣したものとなった。日本政府は駐韓国大使を召還したほか、さらなる抗議行動を採る可能性も否定していない。日本世論はレームダックになった李大統領が任期満了前に愛国ショーを演じたと批判している。

英国人研究者ウッドボード氏は10日、環球時報の取材に応え、「日韓の争いに一番困惑しているのは米国だ」と指摘した。「アジアへの帰還戦略」を続ける米国は日韓関係の緊密化を望んでいるが、実際には最悪となっている。また李大統領の竹島訪問は東アジア諸国のナショナリズムをさらに激化させるとの国際的な懸念を招いている。(翻訳・編集/KT)



<ロンドン五輪>北京五輪から4年、空前の敵意にさらされた中国人―英紙

配信日時:2012年8月11日 17時48分


2012年8月9日、英紙フィナンシャル・タイムズは記事「心を込めた対応というタネから敵意が収穫されたのか」を掲載した。

今、世界各国のメディアは中国に注目している。五輪もまた例外ではない。中国の金メダルだけが話題ではない。ドーピング、八百長、反則、失格……中国に関する負のニュースが数多く伝えられている。

4年前、北京五輪の開催国として中国は各国を心を込めて出迎えた。五輪を期に世界の大国の一つとして遇されることが期待されていたが、国際外交においても、そして競技場においても中国が望む変化は起きなかった。それどころか、ロンドン五輪において中国は空前の敵意にさらされた。少なくとも中国人の多くはそう考えている。

ツイッター、フェイスブック、衛星テレビ……数々の新しいツールが誕生し世界を緊密につなげている。あるいはそれゆえに中国と西洋、異なる文化の衝突が際立つのだろうか。いや衝突は東洋と西洋の間に起こっているのではない。

ドーピング疑惑が話題となった中国の競泳選手・葉詩文(イエ・シーウェン)。国際オリンピック委員会(IOC)が彼女の潔白を発表したその日、ロンドンのバスでパキスタン人移民2人がこう話していた。「中国人はバカじゃない。特別な漢方薬があるんだろう」と1人が話すともう1人もうなずいていた。

あるいはこの東南アジアの隣人を納得させることは、欧米人を説得する以上の難題なのかもしれない。(翻訳・編集/KT)
スポンサーサイト

コメント

覆水を盆に還す

ロンドン五輪を観ていて、東京五輪の頃の競泳を知る者には男子メドレーリレーを筆頭に隔世の感がありますね。
競泳で常々感じるのは、身長差が20cmある(実際には腕も長くなるのは無視して)と100mに付き40cm、秒速2mとして0.2秒の差となります。1500m自由形なら6mもの差になります。
スキージャンプの板の長さを云々するなら、水泳のタイム是正もしくは長水路によるハンディキャップ最小化も論議されて然りでしょう。
自分らに有利なものにはノータッチとは、いかにもご都合主義といえます。
バスケットボールやバレーボールまでとは言いませんが。
少なくとも、「50mプールに於いてそれぞれ身長幾らの選手らが」との条件下での記録とすべきです(順位とは別に併記されるべきとの意)。

支那から発せられる政治的メッセージは、自己弁護的に己れの悪行を打消さんとするものが多く、逆に解釈すれば丁度よいのに対して、南鮮のそれは自画自賛のホルホルものが多いのも特徴的です。
周辺各国にちょっかいを出しまくる国と世界からは見向きもされぬ国との違いでしょう。

先日もホルホル民国の大倒領が、竹島へ不法行為を行いましたが、何と我が国の防衛大臣も「ありゃいつものホルホルだから」と済まし、肝心な「援助国をホルホルのダシにするとはけしからん」に迄言及しない点を指摘されています。
大倒領の行為に、常日頃からの外国での傍若無人な振舞い性向とも相俟って、蹴球選手も触発されたのでしょう。敗戦選手に迄「銀メダルをよこせ」とクレームをつける国柄ゆえ、メダル剥奪となれば反応は想像に難くありませんが、毎度のお騒がせにはよい薬と思えます。

大倒領の取り巻きも、「日本側が国連海洋法条約に基づく"紛争の強制的解決手続"で仲裁手続に付託する場合、話が複雑になる。相手国が拒否すれば法的手続きが中断されるICJ(国際司法裁判所)とは異なり、海洋法条約は、一方の締約国の適用だけでも裁判が始まる。」(シンシアリーさんのブログ13日付記事より引用)と危惧(我が国の政府よりもまともではないか!)し、早速大倒領府高官が「日本は重要な韓国の友邦国の一つ。独島問題と韓日間の協力は別問題だ。」とのメッセージを発しています。
しかし、【韓日間の協力は別問題】とはこれまたおふざけものです。
協力とは相互的であり、一方的なら援助でしかありません。
しかも勝手に別問題にするのは、それこそ相互的な視野にも立っていません。
覆水を盆に還すなら、大倒領が自らの行為に就いてお得意の謝罪をする他はありません。
その方が日本人には余程潔く映る事すら彼等には分からんでしょう、ホルホルだから。
それにしても我が国の政府にも困ったものです。

ネトウヨは韓国からエネルギーwもらって国連の場で東京裁判否定してみろよ

>高「本人は違反をしたつもりはないとは言っているが、まあそれ以上グズグズは言っていないようだ。本人が違反をしたつもりが無くても、違反だと裁定されたらそれに従うしかあるまい。韓国みたいに差別ニダ、ダブルスタンダードニカと言いだしたらきりがない」

諦めの早いネトウヨ史観全開ですね。

日韓基本条約締結時に議題すら竹島問題をあげることもできず、尖閣問題は日中両国民の叡智で50年後に話し合うことを日中平和条約で決めたことも国内法で破り、二島返還が先に決まっておいたにも関わらず、米国n日露離間工作で怠り、中韓が持つ東京裁判史観で国後島開発工事をロシアの国税で行うことを米国からも無視された戦後の自民党外交は日本をとうとう拉致被害者救出の手段も持てないどころか、英霊達が眠る靖国神社に天皇が参拝できない欺瞞大国化させてしまったな。

覆水を盆に還す

>2012-08-14 11:49 | あづまもぐら様

>ロンドン五輪を観ていて、東京五輪の頃の競泳を知る者には男子メドレーリレーを筆頭に隔世の感がありますね。


>少なくとも、「50mプールに於いてそれぞれ身長幾らの選手らが」との条件下での記録とすべきです(順位とは別に併記されるべきとの意)。

もともとオリンピックは西欧発祥のスポーツ競技大会です。むろん、それも世界で普及しているからと言う意味もありますが、普及の場合はそれぞれの地域で同一の体格条件で為される物。ご指摘のように世界規模で行われる場合、地域による体格差は現実に問題になります。

しかし、西欧のずるがしこいところは自分たちがオリンピックを牛耳っていることを良いことに、ルールを自分たちのために勝手に変えることです。スキーの板の長さや、潜水泳法の禁止、柔道の体重分けなど最たる物でしょう。

むろん、コーカソイドやネグロイド、モンゴロイドの体格差、体力差はそのまま生物としての優劣とは無関係であり、人間が生物の頂点に立ったのはその体力ではなく知力が優れていた故です。

その知力によって技術を磨き各種の競技において優秀な成績を収めるアジア人こそ、人間の最もあるべき姿でスポーツを極めたと言えるでしょう。

したがって、体力差体格差による不公平を是正してハンディを設ける必要があるとは私は思いません。

また、日本では最善を尽くした選手をたたえます。体格体力のハンディを克服して銀メダルを獲得するのは、体格体力で得た金メダルよりは価値があると考えるのではないでしょうか。オリンピックの精神とはむしろそうであるべきで、むろん勝ってこそ価値があるという考えもさることながらそのためには手段を選ばない者や国が出てくることを考えると、最善を尽くした者にこそ栄誉は与えられるべきと考えます。

その面でむしろオリンピックは退化していると考えています。

>周辺各国にちょっかいを出しまくる国と世界からは見向きもされぬ国との違いでしょう。

それはその通りですね。彼らがホルホルすればするほど世界は辟易しているのがよく見えます。悪党なら中国の方が上でしょうが、これはわかりやすく、ホルホル半島は哀れで滑稽です。自画自賛以外に韓国が認められている記事を読んだことがありません。必死になって朝鮮メディアは外国人が韓国にあこがれている、褒めていると書いていますが、外交辞令以外の物を感じません。

震災の折の、日本人の民度に対する世界の驚嘆とは全く違う物です。これは今回のオリンピックでも同じ傾向が見られたと感じております。

>先日もホルホル民国の大倒領が、竹島へ不法行為を行いましたが、何と我が国の防衛大臣も「ありゃいつものホルホルだから」と済まし、肝心な「援助国をホルホルのダシにするとはけしからん」に迄言及しない点を指摘されています。

あの防衛大臣には失望しましたね。本人はそんなことは言った覚えがないと否定はしています。しかし、それ以後の発言がないみたいですが。

>大倒領の行為に、常日頃からの外国での傍若無人な振舞い性向とも相俟って、蹴球選手も触発されたのでしょう。敗戦選手に迄「銀メダルをよこせ」とクレームをつける国柄ゆえ、メダル剥奪となれば反応は想像に難くありませんが、毎度のお騒がせにはよい薬と思えます。

あれはもっと深刻な事態に発展しそうですね。チーム監督が、止めようと思ったがその前に写真を撮られたと言い訳をしていますが、止めようとしたそぶりなど全く見えていなかったとの判断が為されたと言いますし、第一事前に独島セレモニーを計画していた、と韓国チームから発言が出ており、また全員で韓国旗を持ってグラウンドを回るときその旗の上に例の紙が置かれていたままだったとの動画が出ています。

つまりチーム全体の事前の計画だった可能性が高まっています。実際はどうなるか分かりませんが、最悪韓国の銅メダル自体が剥奪される可能性も取りざたされています。嘘を重ねることで却ってボロを出している例ですね。

大統領も言い訳をにぎやかにしていますが、次第にぼろが出てきて、嘘が見えてきたようです。上から下までこういう国です。口には出さなくても世界からは見える物は見えているはずですよ。

韓国サッカー協会から日本サッカー協会へ謝罪が来たと報道された途端に韓国内でそれを非難する声がわき上がり、韓国サッカー協会は謝罪などしていないと言いだしています。どうして、日本が謝罪を受けたと報道した時点でそう言わなかったんでしょうかね。どちらが嘘を付いているんでしょうか。私は無条件でそれは韓国と断定しますが。なぜなら、韓国だからです。

>大倒領の取り巻きも、「日本側が国連海洋法条約に基づく"紛争の強制的解決手続"で仲裁手続に付託する場合、話が複雑になる。相手国が拒否すれば法的手続きが中断されるICJ(国際司法裁判所)とは異なり、海洋法条約は、一方の締約国の適用だけでも裁判が始まる。」(シンシアリーさんのブログ13日付記事より引用)と危惧(我が国の政府よりもまともではないか!)し、早速大倒領府高官が「日本は重要な韓国の友邦国の一つ。独島問題と韓日間の協力は別問題だ。」とのメッセージを発しています。

シンシアリーさんのブログはいぜんご紹介を頂いて以来常時読んでいます。この記事も読みましたが、領土問題だけではなく、強制徴用で日韓基本条約を無視したり、親日法等という遡及法、売春婦補償問題など、日本が提訴出来る問題は無数にあります。一々日本はそれを突きつけるべきです。また2001年、広く内外の専門家を集め日本による韓国併合は国際法違反だという韓国側の主張(日本にもそれに同調する者が居ましたが)を検討し、完膚無きまでにあれは当時全く合法だったとの結論が出ています。Wiki 韓国併合再検討国際会議参照。しかし、そのようなことくらいであの半島が引っ込むわけが無くまた嘘を重ねています。

>しかし、【韓日間の協力は別問題】とはこれまたおふざけものです。
>協力とは相互的であり、一方的なら援助でしかありません。
>しかも勝手に別問題にするのは、それこそ相互的な視野にも立っていません。
>覆水を盆に還すなら、大倒領が自らの行為に就いてお得意の謝罪をする他はありません。

覆水は盆に返りませんが、ただ、日本の同じ穴の狢政権では覆水など最初から無かったかのような対応です。経済は別物でだから経済協力は続けるそうです。きっと個人的な経済協力の恩恵をたっぷり受けているのでしょうね。

>その方が日本人には余程潔く映る事すら彼等には分からんでしょう、ホルホルだから。
>それにしても我が国の政府にも困ったものです。

あの政権も嘘が当たり前になっています。興石など、早期解散はあり得ないなどと言っていますよ。第一、早い時期の解散を約束したなど、全く無意味な約束なのであり、時限を切った確約でも当てに出来ないことを自民も学習出来ないのですから、隣の穴の狢です。

No title

いいかげん日本政府と関係省庁も韓国との付き合いを考え直してほしいものですが
その政府や省庁の中に媚中、媚韓のような連中がいるから始末が悪いのですね。

我々一般の日本人ならばここらでそろそろ悪人との付き合い辞めようかと
なるのではないのかなぁ。他人事のようにあるいは日本人でありながら
日本国と日本人の国益と安全を脅かすような政府や国会議員であっては困るわけですね。デモのような行動も必要になるのではないかと。

一度某ブログ(隼速報)を御覧ください。外から見た目線でのお話はまたなるほどと思う事も多々あります。

No title

>2012-08-14 18:07 | 一有権者様

>いいかげん日本政府と関係省庁も韓国との付き合いを考え直してほしいものですが
>その政府や省庁の中に媚中、媚韓のような連中がいるから始末が悪いのですね。

そうですね。戦後半島から来た連中が時間をかけて日本の政界、実業界、メディア、教育などに食い込んでいます。その排除は相当難しいですね。

いや、彼らが日本人になって日本のために働くならむろん排除などする必要はありません。一部のネトウヨが言うように、在日をすべてたたき出せと言うのではなく、不良在日をたたき出せ、日本人の獅子身中の蛆虫をたたき出せと言っているのです。

日系人がアメリカに大勢居ます。彼らは当然日本との友好を望んでいますが、仮に日米戦になれば迷わずアメリカのために戦うでしょう。その彼らに対し、日本は当然の事と、彼らをアメリカ人として扱うべきなのです。

同じように、在日でも日本のために働くのか、朝鮮の飼い犬になるかは国籍が問題なのではありません。
>
>我々一般の日本人ならばここらでそろそろ悪人との付き合い辞めようかと
>なるのではないのかなぁ。他人事のようにあるいは日本人でありながら
>日本国と日本人の国益と安全を脅かすような政府や国会議員であっては困るわけですね。デモのような行動も必要になるのではないかと。

ええ。これは自民にも相当たくさんの飼い犬が居ます。自民政権に仮になっても安心は出来ません。要するに国民が政府を動かさなければならないのです。
>
>一度某ブログ(隼速報)を御覧ください。外から見た目線でのお話はまたなるほどと思う事も多々あります。

今ちょっと見てきましたが極めて当然の主張だと思いますよ。

近隣諸国だから仲良くすべきなのではなく、互いに尊重出来ればとおくても仲良くすべきです。隣にいるのが泥棒や強盗なら、近いだけに始末が悪く、もっとも厳重に彼らを遠ざけなければならないのは当たり前です。

マンションの隣に強姦魔が住んでいても。娘に、お隣だから仲良くしなさいと言う親父が居たらその親父も外で同じ事をやっているんじゃないかと思うのは当然ですね。

宣伝活動

北国出身の方は、幼少時から汗腺があまり発達しないため暑さに弱いし、暖房をガンガン焚くので寒さにも弱いという説を聞いたことがあります。
ブログ主閣下は寒さの方にはお強いのですね。あ、昔はガンガン焚くことはなかったですかね。

さて朴某の件。
大統領の上陸に続いて試合後のパフォ。彼らの目的は一体何なのか? とわたくしは不思議にも思っております次第。
「領土問題など存在しない」と主張しているのにも拘らず、却って全世界に領土問題の存在を強烈に印象づけているという、まことに滑稽な状況ではないかと思います。
かの国の国益を鑑みるに、実効支配しているのであればそのままそっとしておけば良いものを、わざわざ国際的にクローズアップさせる必要性が感じられません(ロシアは基本的に自分からは騒ぎません)。

翻って我が国にしてみれば、彼らが騒げば騒ぐほど、二国間(北側も領有を主張しているとの話もありますが)で係争中であることが国際的に知れわたり、ICJ提訴拒否の不自然さが浮かび上がってくるものと思われ、まあ対応の善し悪しについてはともかくとして、なかなか好都合な面も多いのではないかと感じられます。

そういう意味では、尖閣について都で買うだの国で買うだのあまりわーわー言わず国内でひっそりとやれば良いだけで、わざわざ国際的に宣伝せずとも……という気もします。上陸してくる連中が出てしまって、何らかの対処をしないわけにはいかなくなっていますが。

そして、オリンピックの件。
「オリンピックのあり方」もだんだん難しくなってきました。
参加資格、運営費用、スポンサーシップ、テクノロジーの利用、公平性、中立性、フェアプレー、メディア問題……など、回を重ねる毎に課題は増える一方です。

どうあるべきか、まあ、わたくしの脳みそには重たいので、興味と関心が深く頭の良い方々に考えていただくことといたしましょうか。
今のわたくしは、活躍された方々に感銘を受け、それに至る努力と苦闘の日々に薫陶を受けるのが精一杯かと。

宣伝活動

>2012-08-16 01:38 | 成瀬謙三様
>
>北国出身の方は、幼少時から汗腺があまり発達しないため暑さに弱いし、暖房をガンガン焚くので寒さにも弱いという説を聞いたことがあります。
>ブログ主閣下は寒さの方にはお強いのですね。あ、昔はガンガン焚くことはなかったですかね。

とにかく、その「閣下」というのを止めてくれませんか。今まで我慢してましたが虫ずが走るんですよ。

ええ、私は寒さは割合平気ですよ。0℃くらいまで暖房は入れません。暑さは25℃で昔は汗が噴き出していましたが今はそれほどではないとしても、室内が30℃になると耐えられないですね。

今の北国は昔と違い、暖房を年中外しません。夏でも雨の朝夕など、暖房を入れることがあります。実家では、400リットル重油タンクを2基設置して、それが一冬では足りないようですね。重油代が高いのでかなり節約しているとは言ってますが。

>さて朴某の件。

>大統領の上陸に続いて試合後のパフォ。彼らの目的は一体何なのか? とわたくしは不思議にも思っております次第。

どうして不思議ですか。韓国では日本を怒らせることならなんでも英雄になれますから、サッカーで勝ったその相手を卑しめることは当然の彼らの計画だったと解釈すればよく分かりますよ。さまざまな事実から、あれが一選手の軽はずみな偶発的行為だったなど嘘だと分かってきています。国際的な非難がわき起こって慌てて嘘を言っているだけのことで、彼らの目的は一目瞭然じゃないですか。

>「領土問題など存在しない」と主張しているのにも拘らず、却って全世界に領土問題の存在を強烈に印象づけているという、まことに滑稽な状況ではないかと思います。

日本を侮辱するのはそれ以上に大切なことなんですよ。

>かの国の国益を鑑みるに、実効支配しているのであればそのままそっとしておけば良いものを、わざわざ国際的にクローズアップさせる必要性が感じられません(ロシアは基本的に自分からは騒ぎません)。

だから、そう言う行為を韓が恵那市に行うから愚かと言っているのであって、別に私は自分の意見に反対の人を愚か等と言ったことはありませんがね。

>
>翻って我が国にしてみれば、彼らが騒げば騒ぐほど、二国間(北側も領有を主張しているとの話もありますが)で係争中であることが国際的に知れわたり、ICJ提訴拒否の不自然さが浮かび上がってくるものと思われ、まあ対応の善し悪しについてはともかくとして、なかなか好都合な面も多いのではないかと感じられます。

でも無能政府にはそれを活かす能力などありませんよ。

>そういう意味では、尖閣について都で買うだの国で買うだのあまりわーわー言わず国内でひっそりとやれば良いだけで、わざわざ国際的に宣伝せずとも……という気もします。上陸してくる連中が出てしまって、何らかの対処をしないわけにはいかなくなっていますが。

武力をちらつかせる中国にそれは通用しませんね。

>そして、オリンピックの件。
>「オリンピックのあり方」もだんだん難しくなってきました。
>参加資格、運営費用、スポンサーシップ、テクノロジーの利用、公平性、中立性、フェアプレー、メディア問題……など、回を重ねる毎に課題は増える一方です。
>
>どうあるべきか、まあ、わたくしの脳みそには重たいので、興味と関心が深く頭の良い方々に考えていただくことといたしましょうか。

そうした方が良いですね。

>今のわたくしは、活躍された方々に感銘を受け、それに至る努力と苦闘の日々に薫陶を受けるのが精一杯かと。

良い心がけです。

尊称

> 今まで我慢してましたが虫ずが走るんですよ。

今までそんな事おっしゃったことがなかったような。
一時期「総統」を模しておられましたため、以降ずっと使用しておりましたが。
ともかくも、承知いたしました(うっかり口走った折はご容赦)。

> 400リットル重油タンクを2基設置して

重油を焚かれるとは、ご実家ではご商売でもなさっているのでしょうか。それなら、800リットルで足りないのも仕方ありません。重油焚ヒートポンプにでもすれば、半分くらいには減らせるかも。
まあそれはともかく、

> 日本を侮辱するのはそれ以上に大切なこと

真偽の程はわたくしには判断できませんが、確かにそういう解釈もできそうだと合点がいきました。ご解説ありがとうございます。
我が国政府には、実利を考慮した対応を求めたいところですが、わたくしには何が最善かわかりかねます。貴ブログにて(全記事には追いつけませんが)少しずつなりとも学ぶことといたします(能力的に無駄なのかも、という懸念はひとまず横に置いておきます)。
ともかくもこうして何とか訪問できるようになりましたし。

> でも無能政府にはそれを活かす能力などありませんよ。

さて、次はどうなりますことやら。
戦後一貫してのらりくらり誤魔化し続けてきたわけですから。
政治家の問題? それとも官僚組織の問題なのでしょうか。

> 武力をちらつかせる中国にそれは通用しませんね。

中国が相手なら、都が買う、いや国で買う、と騒いだほうが却って有利だということになるのでしょうか。ちょっと良くわかりません。すみません。

上方でも中部でも各氏が蠢き始めているようですが、ブログ主様は、時期総選挙を前に何がしかの旗揚げをされないのでしょうか。
どの党がやっても無能なら(まあ、程度はいろいろでしょうが)、ご本人が起こされるより他ないような気もしますが。
でも、もしお薦めの方がおられるようでしたら、追々ご紹介を。

尊称

>2012-08-19 00:47 | 成瀬謙三様

>今までそんな事おっしゃったことがなかったような。
>一時期「総統」を模しておられましたため、以降ずっと使用しておりましたが。

我慢していただけのこと。自分で私が総統をなのり、閣下と呼べとでも言いましたか。でスラー総統の話なら、自分が同じだと言った記憶は全くありませんがね。あくまで模したかもしれませんが。

第一、一般社会であなたは相手に閣下と呼びかけることがあるのですか。酒の席でも冗談ならともかく、一般の生活でそのように言われれば普通の人間なら、黙っているにしても内心「このやろう、馬鹿にしているのか」と思うでしょう。気を付けた方が良いですよ。

>ともかくも、承知いたしました(うっかり口走った折はご容赦)。

うっかり口走るようでは、承知したことになりませんね。そのための文章の推敲でしょう。だから、一度でも口走ったらその時点でアク禁にします。「ともかくも、承知いたしました(うっかり口走った折はご容赦)」の言葉に触れてそう決めました。
>
>ともかくもこうして何とか訪問できるようになりましたし。

でもかなり激しい視線で迎えられることは自覚されて置いた方が良いですね。


>上方でも中部でも各氏が蠢き始めているようですが、ブログ主様は、時期総選挙を前に何がしかの旗揚げをされないのでしょうか。

何を言っているんですか。そのような物言いが一々腹が立つんですがね。

匿名でブログを運営している人間にそんなことを言う意図はなんです?

意図

> 我慢していただけのこと。

そうでしたか。気づかず申し訳ありませんでした。

> 内心「このやろう、馬鹿にしているのか」と思うでしょう。

わたしなんぞ、常に馬鹿にされておりますし、死ねやらくたばれやら散々言われ続けて感覚が麻痺してしまっていたのかもしれません。自分の経験を他人に当てはめてはいけませんね。

もっとも、ブログ主様も、ブログの口調と普段の生活とは全く違うのだと書いておられた事もありますから、リアルとバーチャルで違うのは当然でしょ、という気もしますが。

> アク禁にします。
> かなり激しい視線で
> そのような物言いが一々腹が立つ

そんなにおイヤだったのでしたら、さっさとアク禁にして下さればよろしかったのではないかと思います。
こちらも何度か「もしこういう物言いで不快に思われるようでしたらアクセス禁止処置にしていただいて結構ですので、そうおっしゃって下さい」とお断りを入れさせていただいていたつもりだったのですが、ブログ主様の寛容に甘え過ぎていたのでしょう。お詫びするしかありません。

せっかく来られるようになりましたが、仕方ありません。
要は『もう来るな』という事ですね。
承知いたしました。
アク禁になっても読むことは可能でしょうから、私の勉強にはなることでしょう。
(何らかの手段で読むのも遮断されるなら、まあ、それはそれで仕方ありません)

> 匿名でブログを運営している人間にそんなことを言う意図はなんです?

一応、ご質問を投げかけられた形になっておりますので、お返事だけ書かせていただこうと思います。

それなりの期間読んでおりまして、ブログ主様の断定調、決めつけ調がどうにも気になることが時々ありまして(何度も書かせていただきましたから、耳(目?)タコでしょうけれども)。

まあ、確かに政治であれ経済であれ諸外国の対日政策であれ腹に据えかねる事態は多いことと思いますが、あまりにもバッサリと偉そうに(これは私個人の感じ方に過ぎませんが)切り捨てられるので、ブログ主様のお眼鏡にかなうような人間は世界広しといえども一人もいないのではないか、と思いました。

となれば、理想はご自分で実現していただくしかないのではないですか? という、一種の皮肉(大変拙いもので申し訳ありませんが)のつもりで書いておりました。
馬鹿だ間抜けだお花畑だと陰でコソコソ言っていても仕方ないんじゃないか? そんなに素晴らしい理想と思想を持っているなら、表に出て勝負したらいいんじゃないか。
でもこのような物言いや他人に対する反応の仕方では、多数の支持を得られるとは到底思えないが
……とまあ、そんな幼稚な考えを抱いた次第です。

「そんな意図でコメントを書いて何になるのか」……はい、何にもなりません。
ただの悪意の塊からの「嫌がらせ」と受け取られて、おしまいになる、という結果に相成りました。

ご理解やご容赦をいただけるような内容ではないと思いますが、「意図は何か」との問いでしたので、一応書いてみました。

それでは。
ブログ主様のますますのご活躍を祈念いたしまして。

No title

お返事を書いたような気がしていたのですが、
投稿ミスなのでしょうか、載っていないようです。

確認せずウィンドウを閉じた私のミスですね。

ともかくも、「もう来るな」との仰せのようですので、これきりにしておいたほうがよさそうです。
せっかく来ることができるようになった所ではございましたが、まあ、仕方ありません。

では。

No title

>2012-08-24 02:28 | 成瀬謙三 様

>ともかくも、「もう来るな」との仰せのようですので、これきりにしておいたほうがよさそうです。

それはあなたが決めることです。

ここは門戸開放です。AVの宣伝や、あらしや罵詈雑言は直ちに削除しアク禁にしますが。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)