スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の屁理屈

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



 留守をしていた影響が未だに尾を引き、思うようにブログ更新がままならず、まあ言い訳しつつ新しい記事。前回は韓国の屁理屈を書いたが、日本もかなり屁理屈がまかり通っている。

赤文字は引用


首相、脱原発デモに神経とがらす=「無関心」から反発拡大


 「国論を二分するテーマになっていると考える。さまざまな声に耳をしっかり傾けていきたい」。首相は16日の民放番組で、関西電力大飯原発(福井県おおい町)再稼働を受け、全国に広がる抗議活動の感想を聞かれ、慎重に言葉を選んだ。
 国民の賛否が割れる政権の主要課題にもかかわらず、首相は6月29日、官邸から公邸に戻る際、抗議デモを「大きな音だね」と、傍らの警護官に語り掛けた。このことが報じられると、デモ参加者は一斉に反発した。

 
 確かに野田総理の態度も良くないが、今原発を再開すること自体は間違っていない。野田総理の間違っているのは、説明しないことだ。原発再稼働自体は私も絶対に必要だと思っているが、だからといって野田総理を支持しているわけではない。それは、今消費税増税には反対だが、それで小沢氏を支持しているのではないのと同じ事だ。
 
 野田総理の一番の問題は、どう見ても彼が原発再稼働を進める姿勢が、自分でその必要性を理解したからではなく、あくまで産業界などの突き上げに抗しきれないことが理由であって、いわば自分の立場を守るために再稼働を進めているとしか思えないからだ。これでは、脱原発でデモを行う人々がなおさら活動を加熱させることになる。
 
 
 もっとも、首相周辺は「再稼働に賛成と反対の差が縮まっている世論調査もある。60年安保当時の岸信介首相についても、現在では評価する声が圧倒的だ」と指摘。首相が再稼働方針を見直す可能性は極めて低いとみられる。
 
だから、この理屈もおかしい。今は普通に行った世論調査では、圧倒的に反原発派が多い。差が縮まってきているとすれば、現実に脱原発で計画停電や電力料金値上げなどの実害が見えてきているからだ。しかし、これらは脱原発を政府が打ち出した時点で明確に判っていたはずのことであり、政府はなにもそれを説明しなかった。今になって、脱原発、原発再稼働の差が反転したわけでもないのに、何の説明もなく原発再稼働を打ち出すこともおかしいのではないのか。

電力社員の意見表明認めず=「疑念生じさせるな」と首相指示―エネ政策の聴取会

政府が主催する将来のエネルギー政策に関する意見聴取会で電力会社社員が原発推進の意見を述べた問題で、政府は17日、電力会社や関連会社の社員による意見表明を認めない方針を決めた。野田佳彦首相が、首相官邸を訪ねた古川元久国家戦略担当相に「聴取会に対するいささかの疑念も生じさせてはいけない」と指示した。

主権在民国家に於いては、民意を聴くために広く意見聴取会を行うこと自体は良いことだが、その前提として、国民が正しい知識を持っていることではないのか。確かに福島原発で事故が起きた。それを目の前に観て国民の多くが感情的に原発は恐ろしいと考えるのは当然だろう。だから今の反原発の風潮ができあがっている。また、それに乗じて自分達の存在感を示そうとする一部の反国家勢力もある。彼らは国民の恐怖心をあおり立て扇動している。そのような状態で広く意見聴取を行っても、感情的に原発は廃止すべきだとの意見が多くなるのは当然ではないのか。

何故政府は説明しないのか。原発自体は極めて専門性の高い巨大技術であり、その具体的な危険性、経済性を素人が理解することは難しい。だからこそ、専門家が辛抱強くそれについて国民に説明し、理解させる努力をすべきなのだ。むろん、それでも全国民が理解するわけではないが、確実に自ら考え理解する人々はいる。そう言う人たちが増えれば、今国民の中に広がっている無知から来る恐怖心はかなり抑えられるはずだ。

それを前提に、聴取会でも公聴会でも開くべきなのだ。

さらに、電力会社社員の発言を封ずる事も間違っている。確かに電力会社社員は自分の利権を基に意見を述べるかも知れないが、最初から身分を明らかにしていれば聴く方はそれを前提に聴くだろうし、なにより専門家なのだ。福島原発では唯の一人も放射線で亡くなった人はいないという電力会社社員の発言が問題になったと伝えられているが、それは事実ではないのか。

自らの利権を基に発言をするというなら、脱原発を理由に国民を扇動し自分たちの存在感を増そうとしている反国家勢力の人間も同様ではないのか。各種市民団体の名を借りた中核派や旧社会党の残党達の姿は明らかなのだ。電力会社社員の身分を明らかにしても発言を許さないなら、脱原発に名を借りたこれらの反国家勢力も排除すべきではないのか。

そもそも、国民に知識を与えずに単なる意見聴取会を行うことに何の意味があるのだろう。光の速度や重力の法則、天動説地動説を、何も知らない人間達の多数決で決めるようなことだ。これは脱原発を国民投票で決めようとするのと同様、民主主義の名を借りた最も悪しき解決策だろう。民意に従ったという大義名分が有れば最も責任を回避できるからだ。

民意に従うとは、その民意が十分に正しい情報を反映して為されたものでなくてはならない。情報を与えず民意を問うなど、到底民主国家のあり方として認められるものではない。恰も正しい歴史上の知識を国民に与えず反日の民意を作り出している特亜と何ら変わるところはない。


 その一方で、聴取会で意見表明する人数を現在の1会場当たり9人から12人に増やす。政府は2030年の原発比率を0%、15%、20?25%とする三つの選択肢を示しているが、傍聴者に対するアンケート調査では、0%について意見表明を希望する回答が多い。このため札幌、大阪両市の聴取会では、増やす3人をすべて0%への意見表明に充てる。
 
 したがって、何の根拠も示さずにこれらの比率を選択肢を決めること自体が全く見当はずれだと言って良い。選択肢は0%から100%まであるはずなのだ。それを国民の意見で決めるなら、国民が正しくあらゆる事に熟知していなければならないが、それはあり得ない。したがって、国民に可能な限りの知識を与えた上での参考意見聴取と言うことになるだろう。

 三つの選択肢以外について意見表明を望む声もあり、28日の富山市での聴取会以降は、そうした声に対応する枠も設ける。
 
 つまり、これらの三つの選択肢に限る理由など全くないのだ。最大25%というのでは、本来の54%から半減以下にすると言うことだが、逆に70-80%にするという選択もあり得るはずであり、その数字は原発より安全で、原発よりコストが安く、原発より環境汚染をせず、原発より国家の安全保障上有利な発電手段が開発されるか否かで大きく変わる。
 
 単純に言えば、もし2030年までに核融合炉が実用化されるなら、今の核分裂による原発は将来全廃してもかまわないのだ。しかし今はその目処さえ立たず、また盛んに宣伝されている日本周辺海域での海底ガス田、ハイドロメタン資源開発も実用化できているわけではない。今現実にある選択肢は、原発以外では極めて不安定な海外からの化石燃料に頼るしかない。その状態で、原発比率を最大25%に押さえる方針というのも、単に無知から脱原発を叫ぶ国民に迎合しているとしか言えない。
 
 なぜ国民がその状態であるかと言えるのかは、たとえば大江健三郎、坂本龍一氏などが主導している脱原発運動に全く理論的な裏付けがないのに、750万もの脱原発署名を集めたり、十数万人の脱原発デモが行われていることからも言える。無知のまま、単に恐怖心を煽られ国民がこのような集団ヒステリー状態に陥っているのは、極めて危険な状態なのではないか。
 
 私自身は原発推進派だが、だからといって脱原発の人々の意見を無視しようとは思わない。十分に理論的裏付けを伴った広い意見交換をすべきだと思うが、それを主導できるのは政府だけだろう。が、政府は何一つそれに対する努力をしない。国民に知らせようとしない政府は、結局は国民を無知のまま操ろうとする中共と何処が違うのか。
 
 国民に知らせず反感を買いそうなことは密室で決めてしまうやり方は、例えば日韓軍事情報交換協定や巨額の通貨スワップを勝手に決めてしまったやり方、また何十回も会議を開きながら何一つ議事録を残していなかった原子力安全関連の会議など、政府の徹底した無責任体質そのものではないのか。
 
 脱原発にしても、そのような政府の姿勢に対し、脱原発を主導している音楽家が


坂本龍一が反原発運動で「たかが電気」発言 ネットで「電気で儲けた人が言うか」と疑問の声

YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)のキーボード奏者で音楽家の坂本龍一さん(60)が、脱原発集会に登場し「たかが電気のために命を危険に晒してはいけない」などと発言したことが、ネットで大きな議論に発展している。

それこそ、国民の恐怖心を煽るこのような発言に終始している。彼の言うたかが電気のために命を危険にさらしている人間がいかに多いか、ただし意味は彼の意図するのと浜反対で、電気代節約のためにエアコンを停めて熱射病で死ぬ人間が今年も去年以上に続出している。工場の操業が出来ずに倒産しかねない中小企業が無数にある。国内の製造業が安い電力を求めて海外に逃避しそのために職を失う人間が多数出てくる。

確かに、たかが電気で命を危険にさらす人間は無数にいるのだ。それも坂本氏が言うその全く逆の意味でだ。彼は、電気が無くて死ぬ人間に思いを致すことはない。単に、原発は恐ろしいという恐怖心を煽っているだけのことなのだ。

坂本さんは原発の再稼動によって、福島のような原発事故がまた起こる可能性を示唆し、原発に頼らない電力供給を呼びかけたつもりだったのだが、「電力が無くなると死人が出るだろ」「お前はYMOの電子楽器で儲けたくせに」などといった非難が多く出ている。

たしかに彼がそれで音楽活動を止めるなどあり得ないし、彼ほどの収入が有れば電気代が倍になろうが3倍になろうが関係はないだろう。が、今より電気代が高くなれば確実に熱射病で死ぬ人間が増えてくる。

6日にはテレビのインタビューで、

「命あっての経済なんで、命を蔑ろにする経済は、間違っているんですね」
そして、16日の集会では壇上に上がりこんなことを語った。それは、これだけ大勢の人が集まっているのは、原発に対する恐怖、政府の原発政策に対する国民の怒りが充満している証拠だとし

「言ってみれば、たかが電気です。たかが電気のためになぜ命を危険に晒されなければいけないのでしょうか?たかが電気のために、この美しい日本、そして、国の未来である子供の命を、危険に晒すようなことをすべきではありません」
「誤解されない言葉を選んで欲しかった」と苦言も
この発言に会場からは大きな拍手と声援が挙がった。


会場に集まった人間は最初から最初からそのつもりで、脱原発が自分の意見だと勘違いしているものがほとんどだ。まさか、自分の意見だと思っているものが何の根拠もなく坂本氏達に吹き込まれているのだとさえ気がついていないから、坂本氏のこのような発言にも拍手喝采が出来るのだろう。

いま、首相官邸前で毎週開かれている脱原発デモも、どれだけの知識と理解と分析と検証に基づいて自分で考え自分の意見として脱原発を主張している人々がいるのか、本当に主導者達が責任を持つなら、調べてみてはどうなのか。

むろん、政府がしようとしないことをこれらの扇動者達がするわけがない。単に屁理屈がまかり通っているだけのことなのだ。


上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてください。但し、内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。


首相、脱原発デモに神経とがらす=「無関心」から反発拡大

 首相官邸前で毎週金曜日夕方に行われている原発再稼働への抗議デモに、野田佳彦首相が神経質になっている。「消費増税以外は関心が薄い」(民主党幹部)とされる首相。その素っ気なさがデモ参加者の反発に火を付けた。今のところ沈静化するのを見守るしかない状況だが、政権の体力を奪いかねない事態に発展することも否めなくなってきた。
 「国論を二分するテーマになっていると考える。さまざまな声に耳をしっかり傾けていきたい」。首相は16日の民放番組で、関西電力大飯原発(福井県おおい町)再稼働を受け、全国に広がる抗議活動の感想を聞かれ、慎重に言葉を選んだ。
 国民の賛否が割れる政権の主要課題にもかかわらず、首相は6月29日、官邸から公邸に戻る際、抗議デモを「大きな音だね」と、傍らの警護官に語り掛けた。このことが報じられると、デモ参加者は一斉に反発した。
 その後、官邸前デモは1960年の日米安保闘争当時の国会周辺デモをほうふつとさせるような規模に拡大。衆院議員会館の野田事務所にも、消費増税より再稼働に抗議する電話が多くなったという。首相側近は「毎週金曜夜は首相日程に外食を入れづらくなった」とこぼす。
 首相もこうした動きを無視できなくなったのか、国会答弁で「(音と)言った記憶がない」と釈明。また、毎週金曜のデモのたびに記者団に「さまざまな声が届いている」(7月6日)「多くの声を受け止めていく」(同13日)と、穏当な表現で語ることが多くなった。
 もっとも、首相周辺は「再稼働に賛成と反対の差が縮まっている世論調査もある。60年安保当時の岸信介首相についても、現在では評価する声が圧倒的だ」と指摘。首相が再稼働方針を見直す可能性は極めて低いとみられる。
 藤村修官房長官は17日の記者会見で「原発を(中長期的に)少なくしていくという方向ははっきりさせている」と強調するが、政府が具体策をまとめるのはまだ先。脱原発の抗議運動が収まる気配はなく、29日には国会議事堂をデモ行進が取り囲む「脱原発国会大包囲」が計画されている。民主党内からも「次の選挙に響く」との声が上がり始めた。(2012/07/17-18:48)


電力社員の意見表明認めず=「疑念生じさせるな」と首相指示―エネ政策の聴取会

2012年 7月 17日 21:26 JST

政府が主催する将来のエネルギー政策に関する意見聴取会で電力会社社員が原発推進の意見を述べた問題で、政府は17日、電力会社や関連会社の社員による意見表明を認めない方針を決めた。野田佳彦首相が、首相官邸を訪ねた古川元久国家戦略担当相に「聴取会に対するいささかの疑念も生じさせてはいけない」と指示した。

 聴取会で意見表明する人は、申込者からコンピューターで抽選している。22日に札幌、大阪両市で開く次回聴取会からは、当選段階で確認し、電力会社などの社員の場合は参加を断る。参加を受け付けるホームページなどで、団体組織ではなく個人として意見を述べるよう要請する。

 また、枝野幸男経済産業相は18日、インターネットなどを通じたパブリックコメント(意見募集)への組織的対応を自粛するよう、電力各社を指導する。

 その一方で、聴取会で意見表明する人数を現在の1会場当たり9人から12人に増やす。政府は2030年の原発比率を0%、15%、20?25%とする三つの選択肢を示しているが、傍聴者に対するアンケート調査では、0%について意見表明を希望する回答が多い。このため札幌、大阪両市の聴取会では、増やす3人をすべて0%への意見表明に充てる。

 三つの選択肢以外について意見表明を望む声もあり、28日の富山市での聴取会以降は、そうした声に対応する枠も設ける。

 聴取会は来月4日まで全11市で開催予定。しかし、15日の仙台市で東北電力執行役員、16日の名古屋市では中部電力課長が原発推進の意見を表明し、批判が出ていた。 

[時事通信社]



坂本龍一が反原発運動で「たかが電気」発言 ネットで「電気で儲けた人が言うか」と疑問の声

2012年07月17日18時41分

提供:J-CASTニュース

18コメント..YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)のキーボード奏者で音楽家の坂本龍一さん(60)が、脱原発集会に登場し「たかが電気のために命を危険に晒してはいけない」などと発言したことが、ネットで大きな議論に発展している。

坂本さんは原発の再稼動によって、福島のような原発事故がまた起こる可能性を示唆し、原発に頼らない電力供給を呼びかけたつもりだったのだが、「電力が無くなると死人が出るだろ」「お前はYMOの電子楽器で儲けたくせに」などといった非難が多く出ている。

40年以上ぶりのデモ集会で血が騒いだ?
坂本さんは日本での脱原発運動に触発され活動拠点にしているニューヨークから駆けつけ、2012年7月6日に首相官邸前で行われた15万人規模のデモに参加。16日には主催者発表で約17万人が東京・代々木公園に集まった「さようなら原発10万人集会」の壇上に立った。

坂本さんは学生時代に学生運動のデモに参加したが、「脱原発」「原発再起動反対」で日本の多くの人が立ち上がりデモをするのは40年以上ぶりで当時を思い出して血が騒いだ。デモをすることで再稼動した大飯原発は止まることはないけれども、これをきっかけとして「脱原発」の情報発信を進めるとともに、行政に脱原発の候補者を送り込もう、などと呼びかけた。

6日にはテレビのインタビューで、

「命あっての経済なんで、命を蔑ろにする経済は、間違っているんですね」
そして、16日の集会では壇上に上がりこんなことを語った。それは、これだけ大勢の人が集まっているのは、原発に対する恐怖、政府の原発政策に対する国民の怒りが充満している証拠だとし

「言ってみれば、たかが電気です。たかが電気のためになぜ命を危険に晒されなければいけないのでしょうか?たかが電気のために、この美しい日本、そして、国の未来である子供の命を、危険に晒すようなことをすべきではありません」
「誤解されない言葉を選んで欲しかった」と苦言も
この発言に会場からは大きな拍手と声援が挙がった。テレビや新聞などのメディアは坂本さんのこの発言を大きく取り上げたが、ネットでは坂本さんの発言に

「坂本さん、かっこよすぎます」
「本当だよ。たかが電気のために家族や友人、美しい日本が壊されてたまるものか」
といった賛同の声が挙がったが、「たかが電気」というフレーズに引っかかってしまう人が多く、批判の声のほうが強くなっている。

「あんたの楽器、電気があってナンボやろ」
「これから猛暑日が続くってのに『たかが電気』はねえ。電気無くなったら熱中症で死ぬ人いっぱい居るよ?」
「だったら、これから電気の無い生活をして、手本を見せればいい」
「反原発なのに、なんで反電気になってしまったのか意味がわからない」
などがネットの掲示板やブログに書き込まれ、坂本さんバッシングが広がっている。

書き込みの中には

「坂本さんは言葉遣いに慎重になるべきで、誤解されないように、原発以外に代替エネルギーはある、という表現をすべきだった」
と苦言を呈しているものもある。

スポンサーサイト

コメント

脱原発をすると

たかおじさん、日本は猛暑が続いているそうですが、お元気そうで何よりです。
こちらも同じくらいの気温ですが、湿度がないので助かります。蒸し暑い日本の夏に原発を稼働させないとそれこそ死者がでます。

先日反原発デモの映像を見ましたが、吐き気がしました。連中は原発事故をショックドクトリンにして革命でもおこす気ですかね。どう考えても日本弱体化を狙った反日勢力のデモにしか見えません。それにしてもマスメディアは原発の危険を煽りすぎだと思います。私は高田純博士(いろいろ嫌がらせを受けてるようです)の放射能に関する見解を信頼しています。

坂本龍一のようなヤツがイタリアで有名な日本人であることは嘆かわしいです。そういえば瀬戸内寂聴も近年イタリアのノニーノ賞を受賞しました。イタリアも左翼が活発化しててグローバル化、移民入れ放題、シナ人入れ放題です。地下鉄に乗ると70パーセントは外国人です。

7月7日からイタリアもバーゲンが始まり、私も隣町で昔ながらの上質な生地と仕立ての1万円くらいのシャツやズボンがバーゲンで70%OFFになっていたので、買いました。そのブティックのシニョーラが言うには、最近はシナで生産されるようになり、職人も育たなくなり、値段も太刀打ちできなくなり、どんどんお店が倒産し繊維工場は閉鎖していってるとのこと。年配のご夫妻のこのお店はずっと存続してもらいたいものです。

昨日はお米がなくなったので、ミラノでも古参の日本食屋に買いに行きました。なんとオーナーがシナ人になっていました。もう言葉もありません・・・・。その隣のジェラート屋もシナ人経営、その10M先のピザ屋も中に入るとシナ人が経営していました。お昼休みを3時間もとるイタリア人と違い1日中働くシナ人が競争に勝ってしまうのでしょうか。イタ公!しっかりしろ!と言いたくなる今日この頃です。

日本も左翼の反原発騒ぎに気を取られているうちにどんどんシナ人が入り込んでいます。驚いたことに福島などの東北の被災地はシナ人観光客は実質ノービザになったというではありませんか(民主党め!)。日本人が風評被害で福島を敬遠している隙にシナ人が大量に入って、安い土地を買って住み着いてしまいます。
シナの侵略は尖閣や沖縄だけではありませんね。

あさってからはちょっくら北米に3週間行ってきます。

脱原発をすると

>2012-07-20 08:22 | ちびた様

>たかおじさん、日本は猛暑が続いているそうですが、お元気そうで何よりです。

今日は朝から雨模様で涼しいですが、昨日までは猛暑でした。ただし、西日本の豪雨の被害は相当なもので、心を痛めています。

北海道から帰ってきて猛暑に曝され夏ばて気味でしたが、たいしたことはありません。

>こちらも同じくらいの気温ですが、湿度がないので助かります。蒸し暑い日本の夏に原発を稼働させないとそれこそ死者がでます。

そうですね。地中海気候は湿度が低いのでからりとしていますね。日本では今年もすでにハイペースで熱中症による死者が出ています。ほとんど高齢者がエアコンを使わないためで、律儀な高齢者は節電節電という政府の言葉に殺されていますね。

>先日反原発デモの映像を見ましたが、吐き気がしました。連中は原発事故をショックドクトリンにして革命でもおこす気ですかね。どう考えても日本弱体化を狙った反日勢力のデモにしか見えません。それにしてもマスメディアは原発の危険を煽りすぎだと思います。私は高田純博士(いろいろ嫌がらせを受けてるようです)の放射能に関する見解を信頼しています。

脱原発デモの参加者の問題は、自分で理解していないことです。むろん、素人は理解できないこともあるでしょう。私もその意味では本当に理解は出来ていないのでしょうが、だからこそ、似非専門家ではなく真の専門家の意見を聞いて、現実と照らし合わせて、考えるようにしています。坂本氏は、音楽の専門家であって、原発の専門家ではないのに、恰も原発の危険性を熟知しているかのように主張し扇動するのが間違っており、そのような人物に扇動されるデモ参加者の知的水準があまりに低いことが問題なのです。

脱原発を頭から否定はしません。理論的に説得すればよいのです。私もそのような理論を持っての説得を行っている専門家や一般人のブログをずいぶん捜しましたが有りません。たまにコメント欄に書き込むと感情的な攻撃に会います。

>坂本龍一のようなヤツがイタリアで有名な日本人であることは嘆かわしいです。そういえば瀬戸内寂聴も近年イタリアのノニーノ賞を受賞しました。イタリアも左翼が活発化しててグローバル化、移民入れ放題、シナ人入れ放題です。地下鉄に乗ると70パーセントは外国人です。

イタリアはおそらく戦後まともな政権が一度も立ったことがないと思います。私の想像ですが、バチカンの影響など極めて大きいのではないかと思っていますが。あれは人間の心の内部から腐敗させます。

>7月7日からイタリアもバーゲンが始まり、私も隣町で昔ながらの上質な生地と仕立ての1万円くらいのシャツやズボンがバーゲンで70%OFFになっていたので、買いました。そのブティックのシニョーラが言うには、最近はシナで生産されるようになり、職人も育たなくなり、値段も太刀打ちできなくなり、どんどんお店が倒産し繊維工場は閉鎖していってるとのこと。年配のご夫妻のこのお店はずっと存続してもらいたいものです。

それはつらいですね。日本の繊維産業も一時はそうでしたが、高給高機能分野でしっかりと息を吹き返し、中国製とは別物として世界でもブランド化しているようです。国全体の底力がイタリアとは桁違いだと言うことでしょうか。
>
>昨日はお米がなくなったので、ミラノでも古参の日本食屋に買いに行きました。なんとオーナーがシナ人になっていました。もう言葉もありません・・・・。その隣のジェラート屋もシナ人経営、その10M先のピザ屋も中に入るとシナ人が経営していました。お昼休みを3時間もとるイタリア人と違い1日中働くシナ人が競争に勝ってしまうのでしょうか。イタ公!しっかりしろ!と言いたくなる今日この頃です。

まあ、働かないから勝てない。これは国も個人も同じです。やはり宗教観の違いが大きいと思いますよ。なんと言っても労働は神が人間に与えた罰ですから。
>
>日本も左翼の反原発騒ぎに
・・・・
>安い土地を買って住み着いてしまいます。

>シナの侵略は尖閣や沖縄だけではありませんね。

そうですね。北海道で聴いたのですが、千歳空港の周辺は大規模に中国人が買っていて国は無策です。一方中国の土地は日本人は1センチ四方も買えません。日本の土地も中国人に売るべきではないのです。ただし、日本人名義で中国人が買うことはあるでしょうが、それでも土地の利用法は許可制ですので、それでしっかりと監視すべきですね。民主党になってからそれすら怪しいですが。

>あさってからはちょっくら北米に3週間行ってきます。

そうですか。ご苦労様です。アメリカでも今大統領選を控え国内が騒然としています。中国に対する警戒感と期待が入り交じっていますが、無知な大衆に期待が大きいみたいな印象です。

反日運動の活発化

どうやら一般の反原発参加者を扇動しているのは次の連中らしいのです。

★関西合同労組            ★部落解放同盟全国連合会
★北海道高教組            ★関西合同労組           
★JR総連                 ★東京東部労組           
★三里塚現地闘争本部        ★アジア共同行動日本連絡会議
★戦争を許さない市民の会      ★労組交流センター
★JR貨物労組              ★女性会議ヒロシマ
★広島県教職員組合          ★全学連
★全学労連               ★法政大学文化連盟
★東京公務公共一般.         ★原水爆禁止日本国民会議
★福島県教職員組合.         ★三里塚芝山連合空港反対同盟
★東京西部ユニオン.         ★日本ジャーナリスト会議
★マスコミ関連九条の会連絡会.  ★日本マスコミ文化情報労組会議
★中核派                ★革マル派
★ソフトバンク労組
★9条改憲阻止の会          ★反原発自治体議員・市民連盟
★素人の乱               ★教職員組合
★動労千葉               ★日本共産党
★社民党                 ★緑の党
★全労連                 ★全労連女性部
★日大全共闘

もちろん全て真実かは確証できませんが、映像に映っているのぼりなどから判断できるものもあります。又、3.11の地震の数日後たまたま日本にいて神楽坂に行ったところ、法政大学生が反原発デモを駅前でしているのに遭遇したというような経験からも分かります。今日のNHKニュースではルーピー元首相まで担ぎ出されたようですね。選挙対策でしょうか。北海道は故中川昭一先生のように立派な方もおられたのに悔しいです。

千歳空港の周辺の土地や水源地買い占め問題は北海道議会小野寺まさる議員が前から指摘していたのに民主党が何も未だ動いてないのは本当に売国政権です。私も何度かこの件で小野寺議員にメールを送ったことがありますが、なかなか一地方議員として出来る事に限界があるようです。

又、シナとべったりのニトリがニセコにシナ人富裕層の為に1000戸至れり尽くせりの別荘を建てました。あの素晴らしい雪質を誇る世界でも有数のスキーリゾート地ニセコをシナ人街にしたいようです(もうなってるかもしれません)。シナ人観光客はお金を落とさず迷惑ばかりかけてる事はもう日本の旅行会社は気付いているので、次は売国観光庁が旅行会社に補助金を出すなどの戦略でくるかもしれません。


更に、青森、宮城と続いて栃木がシナ語で運転免許をとれるようにしたそうで、怒り心頭です。以前北海道ではシナ観光客がシナの免許で北海道を運転できるようにするという動きがあったため随分と怒りのメールを小野寺議員に送ったのですが、その後どうなったかわかりません。日本語が読めないのにどうやって日本語の道路標識を読むのでしょうか。
北海道はシナ人観光客に素敵な別荘を提供し、日本語も読めず道徳観念のないシナ人にシナの免許で運転までさせてあげようという優遇ぶりは尋常ではありません。たかおじさんのふるさとが心配です。

民主党政権になってから上にあげたような反日市民運動やニトリやソクソバンクのような明らかな売国企業の活動が活発カしていて日本の国益が日々失われてることを毎日憂いてます。先週は福岡市長がシナの研修生を800人受け入れ浄水技術などを学ばせるなどとんでもないこと決定してましたね。日本全国大変なことになってます。



反日運動の活発化

>2012-07-20 22:27 | ちびた様

>どうやら一般の反原発参加者を扇動しているのは次の連中らしいのです。

>もちろん全て真実かは確証できませんが、映像に映っているのぼりなどから判断できるものもあります。

そうですね。さまざまな情報からかなりこれらが関与していることは事実でしょうし、中核派など確実にプロパガンダが目的です。

ですから、

>又、3.11の地震の数日後たまたま日本にいて神楽坂に行ったところ、法政大学生が反原発デモを駅前でしているのに遭遇したというような経験からも分かります。

法政大学もそうですが、明大なども中核派などが昔の暴力など全く隠して新しい政治研究サークルのような形で新入生をオルグしています。これも若い人間に昔の彼らの暴力についてきちんと教える仕組みが出来ていないからでしょう。

>今日のNHKニュースではルーピー元首相まで担ぎ出されたようですね。選挙対策でしょうか。北海道は故中川昭一先生のように立派な方もおられたのに悔しいです。

まあ、北海道もいろいろで、すべてがそうではないようですが、ただ、おかしな連中が多いですよ。長らく社会党知事が続いていましたしね。ルーピーはさすがに地元でも見放されていますよ。本人は自覚していないらしいのですが。
>
>千歳空港の周辺の土地や水源地買い占め問題

・・・
>日本語が読めないのにどうやって日本語の道路標識を読むのでしょうか。

漢字や図柄で覚えるようですが、先日大事故を起こした長距離バスの運転手も中国人で、意思の疎通に大きな問題があったと指摘されています。それでなくとも中国人が集団でカンニングをして運転免許が受かる組織が摘発されていますしね。

>北海道はシナ人観光客に素敵な別荘を提供し、

>たかおじさんのふるさとが心配です。

いえ、日本中がおかしいです。売国政権誕生自体が異常です。
>
>先週は福岡市長がシナの研修生を800人受け入れ浄水技術などを学ばせるなどとんでもないこと決定してましたね。

あれは地元でも批判が出ていますが、あの市長は馬鹿なのか隣国同士助け合うのが当然だと言っています。尤も教えるべき技術は福岡市のものではなくメーカーのものですから、市長が幾ら教えると言ってもメーカーが嫌だと言えばそれまでです。むろん、基本的に地方自治体が開発した技術もありますが、メーカーの技術の上に成り立つものがほとんどです。

No title

こんにちは。
鳩山氏は本当にきじるしですね。
彼は地下原発推進議連に名を連ねていたはずです。

No title

>2012-07-21 10:13 | 花岡 鉄様
>こんにちは。

こんにちは。

>鳩山氏は本当にきじるしですね。

キジルシ以上に、白痴ですね。

>彼は地下原発推進議連に名を連ねていたはずです。

そうですね。主要な電力は将来も原子力でまかなう必要があるとの合意の基に超党派で結成された議連の彼は顧問ですよ。当人はすっかり忘れているんでしょうけど。

党内でもばっかじゃなかろか、と見られています。すくなくとも民主党としては原発稼働方針でいるのに、仮にもかつて代表だった男がそれに反対するデモに参加するなど、キジルシとか馬鹿とかでは形容しがたいクラゲ男です。

まあ、こんなのが代表だった民主党も推して知るべしですが。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。