スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の実力

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



このところ、日本経済は大丈夫だと書いているが、どうして大丈夫なのか、なぜ欧米は駄目で日本は大丈夫なのか、本当に日本は欧米とは違うのかなどいろいろな見方をしてみたいと思った。と言うことは、結局日本の強みは技術力だと言うことになるのだが、その前に例によって前ネタ。

妄想半島の日本に対する言いがかり、難癖がエスカレートしており、日本でもそれに比例して韓国に対する批判が強まっている。なにしろ、韓流などマスコミが作り上げた幻だと次第に判ってきているし、韓流をごり押ししているフジテレビの視聴率の凋落は目を覆うばかりだ。

韓国人の犯罪については通名報道しかせず、韓国の対日侮辱運動については綺麗にスルーしている既成のマスコミが示している日本人の対韓意識はかなり好意的と言うことになっているが、実際はそれもマスコミの捏造ではないのか。いろいろなデータがあるが、大体日本人が韓国人に寄せる好意は、その逆の倍ほど有ると言うのが多いとはいえ、日本側の韓国に対する好意は20%程度、韓国側のそれは10%程度。しかし、経済協力をする必要があると感じているのは、日本人は3,4%、韓国では10%程度のようだ。

下記は少し古いデータであり、最近は日本人の対韓意識は相当悪化しているのではないかと想像する。

日韓がお互いを世界の中でどう位置づけているか(%>

資料出所はNHK放送文化研究所「日韓市民意識調査」(「放送研究と調査」2010年11月)

  対韓
  
    (日本人) (韓国人)
親近感    20.9    11.0
文化交流 18.1    18.4
信頼感   4.4 4.3
経済交流 3.7 12.6
お手本 3.2 22.8
安保脅威 0.4 4.9

このところ韓国というと腹の立つ話ばかりだが、こんな記事があった。むろん、韓国メディアが鬼の首でも取ったように書いているが、日本のメディアでは見あたらない。

赤文字は引用

日本人女性40人が慰安婦問題を謝罪、ソウル国会議事堂前で=韓国

2012/06/28(木) 13:43

  韓日一体化推進会議側は「過去の日本帝国主義の時代に、日本が韓国の若い女性たちを本人の自由意志ではなく、強制的に『日本軍強制慰安婦』という名前で、異国の地に連れて行き、悲惨な経験をさせたことに対し、同じ女性として、日本人として心から謝罪する」との集会の意図を説明した。
  
この女性達が本当に日本人なのかどうかは疑わしいし、日本国籍を持っていてもしっかりとウリナラ万歳を世界に広める元在日夫人達かも知れない。が、むろん、元々の獅子身中の蛆虫なのかも知れない。兎に角、日本にはこういう連中が嫌になるほど多い。松本やより、池田恵理子、岡崎トミ子などと同類であり、村山元総理と同類であり、今の前原民主党政策調査会長等の類が本当に多い。だから、今回のこの夫人達も其の類だとも思える。

  また、中国が過去10年間で国防費を3倍以上増やしたことは、アジアの危機的な状況を示しており、このような時こそ韓国と日本の両国が政治・文化・国防的に、アジアの平和を主導すべきだと強調した。(編集担当:李信恵・山口幸治)
  
 特亜人は洗脳されたことをかたくなに信じ込み、その整合性を自分で考えることを一切しない。この場合特亜人とはそれこそ特亜の人間であって、一般の中国韓国人でまともな人間を含まない。幾ら情報が閉ざされていようと、親日発言が攻撃の的になろうと、普通の思考力が有れば彼らの信じ込まされている歴史が極めて合理性に欠け、物理的に不可能であり、全く証明が為されていないことは想像がつくのだろうが、思考力がないとそれに疑問を持つことはない。
 
 同じく日本の自虐史観に洗脳された日本人は、同様その自虐史が合理性に欠け、物理的に不可能であり、証明されていないことを検証しない。その意味で上記の獅子身中の蛆虫たちは特亜人と何ら変わらない。特亜人よりも悪いのは、日本では情報は広く得ることが出来、何を主張しても全く攻撃の対象(むろん社会的に葬られるとか生命財産に危険が及ぶほどの攻撃の対象)にはならないにも拘わらず、まず日本を貶め辱めることが自分対置のステータスであることからそれを主張しているのと、そしてそれを無批判に信じ込むオカルト信者も結局一般の特亜人と何ら変わらない。
 
 今回韓国の覚えめでたきこの自称日本人女性達がどれに当たるのかは知らないが、政府がきちんと白黒をつけなければこのような馬鹿は後を絶たない。政府も官僚もマスコミもなにもしないなら、国民がするしかないだろう。
 
 これに対し、ネトウヨは事実を検証せずに歴史を捏造すると言い返す奴がいるが、本当に対談など彼らはしたことがない。彼らのブログなど頻繁に覗くが、多くはコメントを受け付けない、或いは批判コメントは公開しない、さらに公開してもそこに巣くう連中が寄ってたかって罵倒を浴びせてくる。
 
 ブログのコメント欄でやっていても互いに相手を左翼だ右翼だと言っているだけでは埒があかないから、兎に角公の場で徹底的に討論し白黒をつけるべきだと私は言っているのだ。
 
 まず、国内の獅子身中の蛆虫を退治し、村山談話や河野談話などを撤回させ、それを広く世界に発信すべきではないのか。日本政府が謝ったからあれは事実だというのが最も大きな障害になっている。謝ればことが丸く収まるなど日本でしか通用しないことを、政府も役人も知らないはずはないが、矢面に立ちたくないのだ。何とも情けない限りだ。

 
 さて、本題。日本が物作りで富を創出しているのは、欧米の重商主義とは全く異なると先日書いた。この例として、日本を追い越す勢いの韓国経済、世界がうらやむ20-50クラブ入りしたウリナラ大国の実態が、非常にお寒い物であることは物作り一つに集中し考えてみても明らかなのではないか。
 
 下記は既出の記事なので、要点だけに留めるが、

現代自、ハイブリッドカー35万台目標

 鄭会長は経営戦略会議で、先行業者に劣らないハイブリッド車を開発したにもかかわらず、販売が伸び悩んでいることを追及したという。鄭会長は「トヨタけん制」ではなく「真っ向勝負」を現場に求めた格好だ。現代自は鄭会長の指示を受け、2015年までに年35万台生産体制を整える計画だ。
 
 繰り返すが、会長が幾ら号令をかけて増産しても売れない不良在庫の山を築くだけのことであり、当然ながら現代自動車の息の根を止めかねない。サムソンがロジックICに高額投資をするというのも単純なメモリーで世界のシェアの大半を取った結果、メモリーが暴落し、サムソンの経営が危うくなってきたからだ。
 
 現代が、売れないハイブリッド車を大量生産すればどうなるかは目に見えていると思うのだが、それに目算があるとすれば10年以上前から世界を制覇している日本のハイブリッド車を性能面で凌駕する車が突如出来た場合でしかない。が、それはあり得ない。
 
 トヨタがプリウスを市販し始めたとき、現代自動車は3年でトヨタを追い越すと言い、その三年後、LPGエンジンと電池車を単に組み合わせただけの下手物ハイブリッド車を出し、世界初と言い(確かにLGP車では世界初だが、韓国でしか使えない)、燃費が安いと謳っていたが燃費が良いとは言っていなかったし、そして実際日本のガソリン車よりも燃費が悪いと指摘され結局ほとんど売れないままだ。そして今も
 
伸び悩むハイブリッド車販売 昨年比で減少=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国自動車メーカーのハイブリッド車(HV)の販売台数が前年比で減っていることが27日、分かった。

 現代自動車が発売した「アバンテハイブリッドLPi」の昨年の販売台数は月平均175台だったが、今年1~5月は118台に落ち込んだ。「ソナタハイブリッド」の月平均の販売台数は1027台から969台に減少した。

 起亜自動車のHVも販売が伸び悩んでいる。

 
 韓国内でさえこの有様なのだ。海外で日本のHV車とまともに性能で太刀打ちできるとすれば、タタ並の値段でたたき売りするしかないと思える。そもそも、現代の技術はお粗末きわまりなく、
 

現代車、米JDパワー品質調査で7階段下落

JDパワーの今回の発表によると、高級車と一般車を合わせた35ブランドのうち1位はトヨタ自動車のレクサスだった。 車両100台当たりの欠陥は73件。 次いでジャガーとポルシェ、キャディラックとホンダ、アキュラとインフィニティ、トヨタなどの順となった。 上位10ブランドは日本ブランドが5つ、独ブランドが3つ、英ブランドが1つ、米ブランドが1つ。

少し前にもアメリカでのベストバイが10車種すべて日本車が占めているなど、圧倒的な品質の差がある。それにどうしても勝てないアメリカの自動車メーカーが姑息な手段を労してトヨタ叩きをやったのは知っての通りだが、結局はそれと日本の震災、タイの洪水などで打撃を受けた日本車が今年はすでにまた世界一の販売量を獲得している。幾らアメリカ政府でも、国民の圧倒的な支持のある車を謀略で排除するなど限度があるし、結果としてGMもフォードも決して得をしたわけではない。

最終的に品質の劣る車が幾ら安くても売れるのは相当限られている。インドのタタ自動車が、格安自動車ナノを発売しても、売れるのはインドやその辺りのマーケットでしかない。日本では安全基準に届かず販売できないそうだ。

日本には10社に及ぶ自動車メーカーがひしめいており、それぞれが世界レベルの技術を有している。その中で作られた自動車が世界で圧倒的な技術レベルを誇るのは当然だろう。日本は世界一厳しい市場であり、日本で売れれば世界で認められるからこそ、日本製品であることがブランドになっているのだ。

日本市場で中国車などまず売れないし、おそらく安全基準をパスできないだろう。現代車は散々日本での販売を試し、結局パクリセンターだけを残して撤退した。その現代車が、アメリカでは大幅なランク下げを食らい、日本車の振りをしなければ欧米では売れない。

現代(ヒョンデ)車と起亜(キア)車は100台当たりの欠陥数がそれぞれ107件で18位にとどまった。 これは35ブランド平均の102件より多い。 起亜車は前年と順位が同じだが、現代車は7つも落ちた。

自動車とは、一つのブランドが発表された初期はかなり不良が出る物で、日本車もそれは例外ではないが、それに対処しながら品質を高めてゆくから、カローラのように長年最大の販売数を誇るモデルが存在する。しかし、ほんの短期間にこれだけ品質レベルが下がる現代車とは何だろう。そして、HV車の生産量を11倍に引き揚げるとは何を考えているのだろう。韓国企業が個人企業であり、トップの決断が早いので日本が負けるとよく言われるが、トップが間違えば即座に会社が消滅するのだ。

最近の韓国の代表的な企業は軒並み何か急激に様相が変わってきていて、存亡の危機に瀕しているようだ。昨日だったか、ロッテも経済縮小に対する対策を採るようにトップが命令をしたなどと伝えられていた。

レクサス、2年連続最高品質 米での調査

 米調査会社JDパワー・アンド・アソシエイツが20日発表した2012年の米国での自動車初期品質調査で、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」が2年連続でブランド別の首位となった。量産車の「トヨタ」ブランドは昨年の7位から8位に順位を落とした。
 
 ところで、日本車は極めて好調なようで、順位争いも日本車同士でやっているような物だ。

 トヨタは21部門の車体の大きさやタイプ別ランキングでは、カローラやレクサスLSなどで最多の5部門で首位を獲得した。JDパワーは「リコール問題で損なわれた信頼は今ではかなり回復した」としている。
 
 車と言えばかつてはアメリカ、そしてドイツを初め欧州車が優れていると見られていた。が、おそらくアメリカ車はもう一流の地位には返り咲けない。政府に泣きつき謀略を労する時点で彼らはもう終わったとしか言えず、あとは日本車からOEMで受け取るか、内部の基幹部分を日本に作ってもらうしかない。それにアメリカ人の好みは確かにかつてのビッグスリーは良く知っているから、仮に小型車を作りたくてもアメリカ人が買わないと思いこんでいたのがもうひとつの敗因だ。
 
 実際、日本車がアメリカに入り込み始めた頃アメリカで何度も聞いたのだが、日本車は玩具で、女子供が乗るしか無いと笑われた。が、実際女性も車を利用するし、そのためには日本車はかなり便利に使われていた。
 
 その内日本車で長距離を走っても故障しないことが知られてきて、少しずつ日本車が売れ始めた。そして、日本車の販売量が順調に伸びてきた頃、アメリカのメーカーは政府に働きかけ、マスキー法を制定させた。排ガス規定であり、一定の基準を満たさない車の販売を禁止する法案だった。当時アメリカメーカーは技術に絶対の自信があったから、当然アメリカ車がその規制をクリアすると信じていたが、最初にクリアしたのはホンダであり、そして次々に日本車がクリアしていった。
 
 更に日本車の販売量が伸び、ビッグスリーは政府に猛烈に働きかけ、日本車輸入規制を実施させ、結論として日本の自主的な数量規制を約束させた。本当に、アメリカはえげつないことを何度もしている。
 
 これを機会に日本メーカーは次々にアメリカに生産工場を造り、そして地域社会にとけ込む運動に力を入れた。そして、日本車はアメリカ車を追い越して世界一の販売量を獲得し、アメリカ市民を味方に付けた。
 
 今回もハイブリッドカーで独走しているトヨタを叩いたが、結論から言えば対した効果はなかったようだ。ビッグスリーは日本車を叩き政治力で排除してきたが、その間の技術革新はほとんど出来ていない。ほとんどのメーカーがマネーゲームに主力を移している有様だった。技術革新をしたくても、アメリカにもうその能力がないのだろうと思う。
 
 未だに多くのアメリカ人はでかい車が好きだ。アメリカ人の口から何度も聴いたのだが、日本車は確かに優秀で、燃費も良いが、出力を上げるためにエンジンの回転数を高くしており、それがベアリングや各部に無理をかけて寿命が短いと言うのだ。が、それは単なる思いこみであり、後述するように日本車は極めて寿命が長い。また呆れるほど故障が少ない。
 
 アメ車フアンは日本にもいるし、大型のアメ車に乗っている人もかつて知っていたが、泣き所は故障が多いと言うことだった。そんなに故障するのにどうしてアメ車が好きなのかと聞いたら、アメ車だからだと言っていた。まあ、そうなれば理屈抜きなので仕方がないが、商用車などでは問題外だろう。
 
 また、昔付き合いのあった会社で、何を思ったか営業者にドイツの名車、某カブトムシを購入し使っていたが、それも故障があまりに多く結局2,3年で売り払ってしまった。私の経験でも日本車にしか乗っていないが、始末に困るような故障を経験したことがない。無茶な乗り方もしないしもそれなりに気を付けながら乗っていたためだろうが、本当に修理工場のお世話になったことがないのだ。これが当たり前だと思っていたが、海外の車は故障するのが当たり前であり、その故障に対して以下に迅速適切に対処するかが売りであって、故障しないのが売りと言うのとは違うのではないか。
 
 中国人のブログでこんなのがあったが基本的にアメリカ人の認識に近い。でかければ安全と思いこんでいる。


【中国BBS】ドイツ車は日本車より優れている? 中国人が議論

● スレ主:民主与新教
  米国市場における高級車の販売台数を見ると、日本車とドイツ車のどちらが勝っているかが分かる。小型高級車ではBMW3シリーズが販売量1位でインフィニティは3位。中型高級車ではベンツとBMWの圧勝で、レクサスが3位。大型高級車は6ブランドのうち4つをドイツ車が占め、販売量はベンツが1位でレクサスは2位。日本車は低価格車で優位だが、ドイツ車は低価格帯の車をあまり出していないだけ。米国人にとって日本車は安物というイメージなのだ。


----------------------

● 静夜思郷1
  これは高級車という小さな市場で、ドイツ車は日本車より売れていることを証明しているだけで、車のことを知っているかどうかは別の話だ。
  (そのとおりです)

● yz2008zy
  中国では大衆路線の方が現実的。日本人は賢いよ。高級車なんて作って何の役に立つ?何人の人が買うことができる?結局、ボルボみたいに赤字を出すことになるだけだよ。

● hhmm99
  日本車は、全体的に言えば品質、信頼性、燃費、人間本位の設計、どれにおいてもドイツ車より優れている。安全性もドイツ車と遜色ない。高級車市場は11年に米国で首位を獲った後、米国の陰謀と地震ゆえに一時的にドイツ車に抜かれただけ。でも成熟した自動車市場の消費者は自分で選択するだろう。そのうち日本車がまた上になるさ。

  
 車には未だにステータスシンボルの面があり、また趣味のアイテムでもある面が大きいから、単に性能だけで選ぶわけではないだろう。だから、貴族趣味のヨーロッパ車は軒並み高級車で市場を形成してきた。しかし、高級車が高性能というわけではない。幾ら内部がベテラン職人による手作りの磨き込んだマホガニーのダッシュボードやなめし革のシートでも、走らなければ唯の箱であり、数千万円のマイバッハやベントレーが車の性能として数十分の一の価格のレクサスの方が優れているのではないか。
 
 今回は自動車の話に絞ったが、工業製品として一番目立つからだ。自動車に限らず、日本製品は日用雑貨から原子炉、高速鉄道、ロケットに至るまで世界では第一級のブランドとして認識されている。世界不況の中でもこの事実は変わらず、結局はこの技術力が日本に富をもたらしていることを強調したいのだ。
 
 ところで、現代HVの生産量が本当に11倍になったら、現代は破綻すると思うが、なにか思いがけない奇跡でも起きるのだろうか。楽しみである。

上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてください。但し、内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。


日本人女性40人が慰安婦問題を謝罪、ソウル国会議事堂前で=韓国

2012/06/28(木) 13:43



  ソウル市・汝矣島(ヨイド)の国会議事堂前で、29日午前11時30分から「歴史問題を克服し、日韓の一体化を推進する有志の集い」の日本人会員40人余りが、日本軍慰安婦問題への謝罪集会を開くことが明らかとなった。韓国の複数のメディアが報じた。
■「従軍慰安婦」に関する他の記事 - サーチナ・ハイライト
  韓国メディアは、「日本人女性が『従軍慰安婦問題を謝罪します』」と題し、日本人が日本軍慰安婦問題について心から謝罪し、韓日両国間の平和を模索するために集会を持つ予定だと伝えた。

  韓日一体化推進会議側は「過去の日本帝国主義の時代に、日本が韓国の若い女性たちを本人の自由意志ではなく、強制的に『日本軍強制慰安婦』という名前で、異国の地に連れて行き、悲惨な経験をさせたことに対し、同じ女性として、日本人として心から謝罪する」との集会の意図を説明した。

  続いて「直接このように謝罪をするのは、私たちが自らの良心の声を無視することができなかったため。小さなこだまが良心的な両国の国民の心を動かし、さらに政治・国防だけでなく、すべての指導者の心を動かし、日韓両国の平和が訪れることを望む」と述べた。

  また、中国が過去10年間で国防費を3倍以上増やしたことは、アジアの危機的な状況を示しており、このような時こそ韓国と日本の両国が政治・文化・国防的に、アジアの平和を主導すべきだと強調した。(編集担当:李信恵・山口幸治)




現代自、ハイブリッドカー35万台目標

 現代自動車グループは、ハイブリッド車の生産能力を増強し、業界トップのトヨタ、ホンダに世界市場で真っ向勝負を挑む。

 自動車業界によると、現代自グループの鄭夢九(チョン・モング)会長は最近、経営戦略会議で、ハイブリッド車を年35万台生産・販売する体制を構築するように指示した。昨年の販売台数の11倍を超える規模だ。


 鄭会長は経営戦略会議で、先行業者に劣らないハイブリッド車を開発したにもかかわらず、販売が伸び悩んでいることを追及したという。鄭会長は「トヨタけん制」ではなく「真っ向勝負」を現場に求めた格好だ。現代自は鄭会長の指示を受け、2015年までに年35万台生産体制を整える計画だ。


■ハイブリッド車の生産、11倍に拡大


 現代・起亜自の昨年のハイブリッド車(ソナタ・K5)の販売台数は全世界で3万台で、同じ期間のトヨタ(63万台)、ホンダ(19万7000台)に遠く及ばない。年初来4月までの期間には1万6000台が売れ、好調を示しているが、年間35万台という目標を達成するには、さらに8倍以上販売しなければならない。


 現代自はハイブリッド車の画期的な燃費改善、内需基盤強化、欧州市場進出という3項目の戦略を立てた。現時点で海外市場進出は北米だけにとどまっている。まず、今年秋までに2013年型のソナタ・K5のハイブリッド燃費改善モデルを発表し、年末にも韓国で発売する。現在1リットル当たり21キロの燃費をトヨタのカムリ・ハイブリッド(23.6キロ)並みに高めるのが目標だ。

内需市場強化に向けては、法人向けの販売に力を入れている。トヨタは今年1-4月、韓国でのハイブリッド車販売に占める法人向け販売の割合が7%にすぎなかった。これに対し、現代自は16%、起亜自は29%だった。現代自は今年3月、LG化学にソナタ・ハイブリッド300台を納入する契約を結んだ。一方、LG化学はソナタ・K5ハイブリッドにバッテリーを納入する。また、LGグループの従業員約10万人を対象にソナタ・K5ハイブリッドの購入時に300万ウォン(約20万5000円)の値引きを行っている。


 広告などマーケティング活動も攻撃的に強化している。17日からは燃料節約に取り組む運転を行い、ポイントを貯めたソナタ・ハイブリッド顧客に給油クーポン20万ウォン(約1万4000円)相当を贈るイベントを開始する。


■ハイブリッド専用モデルの開発も


 現代自はトヨタ、ホンダのハイブリッド車戦略を細かく検討し、商品戦略を練っている。トヨタはプリウス(派生モデルを含む)を月4万5000台、小型車のアクアを月2万5000台販売している。ハイブリッド専用の2モデルがハイブリッド車販売全体の70-80%を占める。一方、ホンダは小型車フィットのハイブリッド仕様車が月1万台売れ、好調を見せている。


 現代自は中型車種のソナタ・K5に続く新モデルとして、中・小型車とハイブリッド専用モデルを同時に検討している。ホンダのハイブリッドに比べ燃費面で優れたフルハイブリッド方式だが、トヨタの燃費と性能にどう打ち勝つかが課題だ。


 現代自は「特許に基づき開発されたトヨタの技術の壁を乗り越えるのにある程度成功した。ハイブリッド車でも世界市場で十分に勝負できる」と自信を見せている。


崔元碩(チェ・ウォンソク)
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

伸び悩むハイブリッド車販売 昨年比で減少=韓国

2012/06/27 13:57 KST

【ソウル聯合ニュース】韓国自動車メーカーのハイブリッド車(HV)の販売台数が前年比で減っていることが27日、分かった。

 現代自動車が発売した「アバンテハイブリッドLPi」の昨年の販売台数は月平均175台だったが、今年1~5月は118台に落ち込んだ。「ソナタハイブリッド」の月平均の販売台数は1027台から969台に減少した。

 起亜自動車のHVも販売が伸び悩んでいる。

 同社の「ポルテハイブリッドLPi」の場合、昨年の販売台数は月平均128台だったが、今年1~5月は77台にとどまっている。「K5ハイブリッド」の販売台数は5月に初めて1000台を超え、月平均では775台となったが、競合車のソナタに比べ、約200台少ない。

 韓国GMの「アルペンeAssist」の2~5月の販売台数は114~122台となっている。

 現代・起亜自動車グループ関係者はHVの販売不振について、「HV車両のバッテリーは10年以上運行しても耐久性に問題ないが、一部の消費者がバッテリー寿命を懸念しているため」と説明した。 

kimchiboxs@yna.co.kr




現代車、米JDパワー品質調査で7階段下落

2012年06月21日17時46分
[? 中央日報日本語版]

米国の権威ある市場調査機関JDパワーが20日(現地時間)発表した「2012年新車品質調査(IQS)」で、現代車の順位が11位から18位に大きく落ちた。

JDパワーの今回の発表によると、高級車と一般車を合わせた35ブランドのうち1位はトヨタ自動車のレクサスだった。 車両100台当たりの欠陥は73件。 次いでジャガーとポルシェ、キャディラックとホンダ、アキュラとインフィニティ、トヨタなどの順となった。 上位10ブランドは日本ブランドが5つ、独ブランドが3つ、英ブランドが1つ、米ブランドが1つ。

現代(ヒョンデ)車と起亜(キア)車は100台当たりの欠陥数がそれぞれ107件で18位にとどまった。 これは35ブランド平均の102件より多い。 起亜車は前年と順位が同じだが、現代車は7つも落ちた。

高級車ブランドを除いた一般車22ブランドでは、現代車と起亜車がともに9位となった。



【中国BBS】ドイツ車は日本車より優れている? 中国人が議論

【社会ニュース】 2012/03/28(水) 10:39



  中国の掲示板サイト凱迪社区の掲示板に「日本車よりもドイツ車の方が勝っているのはなぜか」というスレッドが立てられた。スレ主は米国の高級車市場でのデータをもとに、日本車よりもドイツ車の方が勝っていると主張している。これに対してさまざまな意見が寄せられた。以下に日本語に翻訳して紹介する。( )内は編集部による素朴な感想。
■「中国BBS」に関する他の記事 - サーチナ・ハイライト
----------------------

● スレ主:民主与新教
  米国市場における高級車の販売台数を見ると、日本車とドイツ車のどちらが勝っているかが分かる。小型高級車ではBMW3シリーズが販売量1位でインフィニティは3位。中型高級車ではベンツとBMWの圧勝で、レクサスが3位。大型高級車は6ブランドのうち4つをドイツ車が占め、販売量はベンツが1位でレクサスは2位。日本車は低価格車で優位だが、ドイツ車は低価格帯の車をあまり出していないだけ。米国人にとって日本車は安物というイメージなのだ。

----------------------

● 静夜思郷1
  これは高級車という小さな市場で、ドイツ車は日本車より売れていることを証明しているだけで、車のことを知っているかどうかは別の話だ。
  (そのとおりです)

● 衛生協調処
  性能で言えば日本車の方が勝っている。贅沢品作りは、日本人は得意じゃない。

● 波涛拍岸
  このデータって高級車市場だけのことでしょ。自動車市場全体ではないよね。

● yz2008zy
  中国では大衆路線の方が現実的。日本人は賢いよ。高級車なんて作って何の役に立つ?何人の人が買うことができる?結局、ボルボみたいに赤字を出すことになるだけだよ。

● 大DNA
  大衆車に乗っている多くの人が、不思議なことに得意気になっている。しかもPOLOを運転している人がレクサスをバカにする。これはどう形容したらいいのだろう。
  (おかしな話ですね)

● 阿喀留斯
  スレ主は何が言いたいのかな?スレ主はドイツ人?米国人?日本人?それとも中国人?米国が日本車をどう評価しているかを見て、なんで君がそんなに興奮しているんだ?
  (日本車をバカにしたいだけなんでしょうね)

● hhmm99
  日本車は、全体的に言えば品質、信頼性、燃費、人間本位の設計、どれにおいてもドイツ車より優れている。安全性もドイツ車と遜色ない。高級車市場は11年に米国で首位を獲った後、米国の陰謀と地震ゆえに一時的にドイツ車に抜かれただけ。でも成熟した自動車市場の消費者は自分で選択するだろう。そのうち日本車がまた上になるさ。

● 壊準備
  スレ主のデータはすべて高級車。カローラが世界で一番売れている車というのはどこから来たのだ?米国人はみんな高級車を買うとでも言うのか?大衆車こそ市場の主力だ。
(編集担当:畠山栄)

スポンサーサイト

コメント

ファンベルト長者

もう20年位昔かと思いますが、米国人女性が長さ調節可能な応急手当用ファンベルトを考案して億万長者になった話がありました。広大な米国では、荒野のど真ん中でのファンベルト切断は、数日間誰も通らぬ事もある故に命に関わる訳で、応急ファンベルトの必要性が認められて爆発的に売れた為との事でした。
日本では、かような荒野もない以上に、ファンベルトの切断自体が起きない為に、需要自体がありませんでした。それにしても、米国自動車メーカーの品質に対する姿勢を象徴する話ではあります。
もっとも、かの英国メーカーが、アフリカの砂漠へヘリコプターで修理に行き、「我が社は世界中の何処へも修理に参ります」との逸話はあまりに有名ですが。

私が子供の頃は、馬鹿でかくてあちこち出っ張ったアメ車は、任侠に生きる方々には大層人気がありましたが、今ではその方々もドイツ車をご愛用なのは衆知の事です。最早、アメ車ではステータスシンボルにすら足り得ない訳です。
中古車のオークションでは、5年落ちの日産プリメーラとトランザムが同価格です。5年も経つとアメ車は故障が多くなり、その修理費と手間が嫌われる為です。
その点で富士重工のスバル/レガシィは真逆で、人気があります。
トヨタ、ホンダ、ニッサン、マツダに隠れがちですが。
又、スズキのインドへの先見性は云うに及びません。
インドの新たな中産階級の方が、車を手に入れ、笑顔で乗って帰る姿に、それらの階層の人々に商品を提供出来る事こそもまた一つの企業冥利でしょう。

フィリピンでは、税関の公式見解として、日本の10年落ち中古車は他国の5年落ち中古車と同等に評価する決まりとなっています。それは、元来高品質であり、日本の道路状態が極めてよく、その上、日頃の手入れがよい事に起因します。
日本車に対する高評価は、新車のみならず中古車に就いても為されていて、聞けば理由もまた然りと納得するものです。
そこには、複合要素が絡み、そのバックボーンには伝統的に培われて来た日本文化があると云えます。

ファンベルト長者

>2012-06-29 23:43 | あづまもぐら様

>もう20年位昔かと思いますが、米国人女性が長さ調節可能な応急手当用ファンベルトを考案して億万長者になった話がありました。
・・・
>それにしても、米国自動車メーカーの品質に対する姿勢を象徴する話ではあります。

なるほど、それは面白い話ですね。故障することを前提とした車と、故障しない車のコンセプトの違いが存在するなど、日本人以外には想像できないのかも知れません。日本の車で、事故でもない限り突然壊れて動かなくなったという話は滅多に聞きません。むろん、皆無ではありませんが、私は経験したことがありません。

>もっとも、かの英国メーカーが、アフリカの砂漠へヘリコプターで修理に行き、「我が社は世界中の何処へも修理に参ります」との逸話はあまりに有名ですが。

ああ、例のなんとかロイスですね。故障することを前提とした話として記憶しています。

>私が子供の頃は、馬鹿でかくてあちこち出っ張ったアメ車は、任侠に生きる方々には大層人気がありましたが、

そうそう、でも私の知人に、コルベットスティンレーに執着している人物がおり、もう病気なので治療は不可です。

>中古車のオークションでは、

例えばロシアでは日本の中古車が大人気でロシアの国産車が売れず、プッツン大統領が日本の中古車に極端に不公平な関税をかけたのは有名ですが、ロシアの車など日本の中古車よりも価値がないと言えるでしょうね。車体に書いてある日本語をわざわざ消さないまま使うのが流行っているのだとか。日本語は分からなくてもかっこいいのだと言うことです。

まあ、今ではアメ車はアメリカ人にも見放され、日本車の方が一時はアメ車よりシェアが大きくなったくらいですから。

>又、スズキのインドへの先見性は云うに及びません。

そうですね。フォルクスワーゲンが執着するわけです。

>インドの新たな中産階級の方が、車を手に入れ、笑顔で乗って帰る姿に、それらの階層の人々に商品を提供出来る事こそもまた一つの企業冥利でしょう。

まことにその通りです。今後インドでも車社会が訪れるでしょうし、それに応えるべく日本メーカーが低価格対の車を投入していますね。しかし、品質は落とさず、必要最小限の機能に抑えているとのこと。

車は実用品です。趣味の世界、ステータスシンボルに主力を置くヨーロッパ車はいずれ拝呈してゆくと思いますね。

>
>フィリピンでは、税関の公式見解として、日本の10年落ち中古車は他国の5年落ち中古車と同等に評価する決まりとなっています。

なるほど。それは凄いです。

>それは、元来高品質であり、日本の道路状態が極めてよく、その上、日頃の手入れがよい事に起因します。
>日本車に対する高評価は、新車のみならず中古車に就いても為されていて、聞けば理由もまた然りと納得するものです。

確かに、アメリカ人などの車の扱いは虐待と言っていいと思うし、ヨーロッパなどでもガムテープで修理した車が走っているとのこと。シャシなども歪んでいるだろうし、車に対する考え方が違うのでしょうね。

一方ではステータスシンボルであり、一方では走ればいいということで。

日本人のように、ステータスシンボルではないが、兎に角大切に使う、いつも最良の状態で使うという意識がないみたいです。故障があって当然というのもそれに起因しているのかも。

>そこには、複合要素が絡み、そのバックボーンには伝統的に培われて来た日本文化があると云えます。

物に感情移入をすると言うことでしょうか。最新鋭のロボットを生産ラインに導入している向上で、ロボットに百恵ちゃんとか、淳子ちゃんなどと愛称を付けて呼んでいたと言う記事を2,30年前ですかね、読んだことがあり、それが日本人の感覚で世界には無いのだとの解説を覚えています。車を買うとお払いをしてもらいますが、他国ではないのでしょうかね。日本に来ていたアメリカ人がそれを観てびっくりしていたのを覚えています。

スリランカの日本車

私の妻も1980年代トランザムに乗っていたらしいです。アメリカの人気テレビ番組「ナイトライダー」と同じファイアーバードでとても格好良かったそうです。しかし、夏クーラーを入れるとリッター4キロしか走らなくて散々だったとか。
昔キャデラックに乗ってた親類は「あの大きさと頑丈さがいい」と言ってました。
確かにアメ車ファンというのは存在していました。

私のマンションの門番のスリランカ人は、日本車の部品(ハンドルでもなんでも)をスリランカに送る方法が見つかれば日本車は人気があるから金持ちになれると言っています。一緒にお金を稼がないかって。
彼が言うにはシナ車は1年で故障し、南朝鮮車は潮風にあたると錆びると。それに比べると日本車は素晴らしいと大絶賛。スリランカは関税が100%なので100万円の車が200万円になるので日本車は高級車です。

今日、ネットで注文したTVが配達されました。シャープ製だったのですが外箱がなんと既に開いていました。イヤな予感は的中。部品の一部が抜き取られてました。日本ではまず考えられないことです。配達したお兄ちゃんに「何で開いてるんだ」と聞いても「俺は何もしてない、何も知らない」を繰り返すだけ。酷い国です。こんなんでは日本ブランドのイメージまでも低下してしまいます(怒)。

ところで、前ネタの韓国に謝罪に行ったという40人の「日本人」女性というのは本当に日本人なのかと疑いたくなります。
しかし、私の親戚でもおかしな奴がいて、大学卒業後中学の社会科の先生をしてましたが、大学時代の友人や教授らと日本が「侵略」したアジア諸国をまわり、現地の老人から「いかに日本兵に酷い事をされたか」という証言を引き出しビデオカメラに収め、それをもとにドキュメンタリー映画を作りました。

韓国に謝罪したやつらもそのような自虐史観丸出しの輩かもしれません。現地まで行く元気があればもっと真実を調べる方法はいくらでもあったでしょうに。

昨年一時帰国した際、そいつに久しぶりにあったので「昔作ったドキュメンタリー映画って日本兵に敬意を表した現地の人達の証言だっけ?」とさりげなく訪ねたら「その逆だよ」と臆することなく言ってたのでまだ売国奴のままと思われます。
本当に教育って恐ろしい。今輿石がのさばってるのは日教組教育の集大成のようで悪夢です。

アメ車

もう20年ほど前ですが、アメリカに留学していた知人から、アメリカでは新車よりも中古車のほうが価値があるんだと聞かされました。
その理由を尋ねたところ、中古車のほうがまともに走ったという実績があるからだと。非常に驚いたことを思い出しました。

スリランカの日本車

>2012-06-30 08:18 | ちびた様

>私の妻も1980年代トランザムに乗っていたらしいです。アメリカの人気テレビ番組「ナイトライダー」と同じファイアーバードでとても格好良かったそうです。しかし、夏クーラーを入れるとリッター4キロしか走らなくて散々だったとか。
>昔キャデラックに乗ってた親類は「あの大きさと頑丈さがいい」と言ってました。
>確かにアメ車ファンというのは存在していました。

女性でトランザムに乗るのは珍しいですね。奥様はそれなりに車マニアでいらっしゃるとか。若い頃は周りにもトランザムなどが好きで、わざわざアメリカに直接買いに行った人間が身近にいましたね。

最近になって、アメリカ人も燃費は大切だと思うようになったようです。私の知人のスティングレイ病の男は、やはりガソリンをばら撒きながら走る車に内心困っているようですが、ただ、町を走っていると他の人間が振り返るのが気持ちがいいと言ってました。

確かに、私も今大きなアメ車を見ると振り返ってみますが、なんと酔狂な奴、と思ってみるだけです。

>私のマンションの門番のスリランカ人は、

今でも有る手口は、日本車を真ん中からぶった切ってスクラップとして輸出し、向こうで溶接してつなげるのだそうです。アメリカのリムジンなどはそうやって作りますからそれも出来るのかも知れません。税関がそれを見抜けないほど間が抜けているかどうかは確認していませんが。

>スリランカは関税が100%なので100万円の車が200万円になるので日本車は高級車です。

そりゃそうですね。日本で言えば優に一千万は超している感覚でしょうか。

>今日、ネットで注文したTVが配達されました。シャープ製だったのですが外箱がなんと既に開いていました。イヤな予感は的中。部品の一部が抜き取られてました。日本ではまず考えられないことです。配達したお兄ちゃんに「何で開いてるんだ」と聞いても「俺は何もしてない、何も知らない」を繰り返すだけ。酷い国です。こんなんでは日本ブランドのイメージまでも低下してしまいます(怒)。

なるほど、イタリアはそこまで落ちぶれていますか。むかし、ソ連に送った自動車は大半が税関によって部品を抜き取られ、先方にはまともな姿で届かないと言われていました。珍しくガラスが無事だったので安心してよく観たらプラスチック板に取り替えられていたとか。まあ、イタリアもそのくらいになったと言うことでしょうね。

>ところで、前ネタの韓国に謝罪に行ったという40人の「日本人」女性というのは本当に日本人なのかと疑いたくなります。

ネット上の噂ですが、統一協会だとの未確認情報もあります。それらしい写真があって、チマチョゴリの人物とか、統一協会幹部の姿も有るのですが、ただ、その写真が本当に今回の物かどうかは判りません。

>しかし、私の親戚でもおかしな奴がいて

>現地まで行く元気があればもっと真実を調べる方法はいくらでもあったでしょうに。

この種類の人間は真実を確認する作業などしません。自分が思いこんだ妄想を組み立てるために材料を捜し、無ければ作ります。

>昨年一時帰国した際、そいつに久しぶりにあったので「昔作ったドキュメンタリー映画って日本兵に敬意を表した現地の人達の証言だっけ?」とさりげなく訪ねたら「その逆だよ」と臆することなく言ってたのでまだ売国奴のままと思われます。

この種類の人間は生涯治りませんね。一生カルトに漬かって死ぬだけです。


>本当に教育って恐ろしい。今輿石がのさばってるのは日教組教育の集大成のようで悪夢です。

今、妖怪東は党内でも批判の的になっていますが、まあ彼がマスコミに現れるのは次の解散まででしょうね。

アメ車

>2012-06-30 11:03 | 花岡 鉄様

>もう20年ほど前ですが、アメリカに留学していた知人から、アメリカでは新車よりも中古車のほうが価値があるんだと聞かされました。

一部の骨董的価値のあるクラッシックカー以外では、いわゆるプレミアムですね。しかし、それが言えるのは、日本車やドイツ車だと聞いています。現代車などは、中古車市場が成り立たないほど人気がないとか。だから、買った人間は最後まで乗り潰すしかないそうです。でも最初から潰れているとか・・これは半ばジョークですが。

それにしてもアメ車の中古車も想像がつきます。手間ばかりかかって修理代がとんでもなく高くつくとか。

>その理由を尋ねたところ、中古車のほうがまともに走ったという実績があるからだと。非常に驚いたことを思い出しました。

ええ、だから現代車の中古車が無いのはそんなためでしょう。実際にアメリカで現代車の中古があるかないかは知りません。あくまで伝聞ですので、それもあり得るという話です。

完成車と部品

中古車といえども完成車ですから、完成車としての関税率が適用されます。
車体をバラしてコンテナに積み込めば、輸送効率もよい上に、関税も部品としての税率となります。その税率の差は、国により異なるのは当然ですが、例えば完成車30%に対して部品3%とかの大差があり、現地の安い人件費で再度組み上げでも有利になります。しかも、雇用をも創出する訳ですから、当局も知った上での事です。
又、国によっては、右ハンドル禁止とかの制約を設けていて、日本にはconversion kitを有償で支給してくれるメーカーもあります。それが無くとも器用にパーツをひっくり返してコンバートしてしまうのですが。
他にもトラックのディーゼルエンジンは、漁船用エンジンに転用が効きますから、需要があります。
日本の客船もYS-11も、外国で乗った経験があります。日本語のプレート類でそれとわかります。
漁船は魚群探知機が兵器の範疇とされ、日本側でご禁制とされています。
変わった物では、電柱に載っているトランスなども必要とされていますが、オイルにPCBが含まれている物はご禁制です。
最近では、鉄道車輌も東南アジア諸国やアルゼンチンで活躍していますね。
日本国政府がその気を持てば、何もODAで金を撒く迄もなく、途上国の民生分野での向上にはいくらでも貢献出来るのですが、やはりODAに群がるシロアリが障害の一つなのでしょうか。

完成車と部品

完成車と部品
>2012-06-30 16:54 | あづまもぐら様

>中古車といえども完成車ですから、完成車としての関税率が適用されます。
>車体をバラしてコンテナに積み込めば、輸送効率もよい上に、関税も部品としての税率となります。その税率の差は、国により異なるのは当然ですが、例えば完成車30%に対して部品3%とかの大差があり、現地の安い人件費で再度組み上げでも有利になります。しかも、雇用をも創出する訳ですから、当局も知った上での事です。

なるほど。スクラップで輸入するということで雇用創出ですか。そう言う考え方も納得できますね。

>又、国によっては、右ハンドル禁止とかの制約を設けていて、日本にはconversion kitを有償で支給してくれるメーカーもあります。それが無くとも器用にパーツをひっくり返してコンバートしてしまうのですが。

いやぁ、聞いた話ですが、タイなどでは日本人が思いつかないやり方で修理をする職人がいますね。鉄の部品の代わりに木を削って作ってしまう等、ほんとかいな、という話がありますが、場所によっては別に鉄でなくても良いところも確かにあるし、安全基準など念頭に無ければそうなのかも知れません。

>他にもトラックのディーゼルエンジンは、漁船用エンジンに転用が効きますから、需要があります。

ああ、これは船外機として非常に需要がありますね。

>日本の客船もYS-11も、外国で乗った経験があります。日本語のプレート類でそれとわかります。

あ、私もあります。非常に懐かしい気持ちがしましたね。


なるほど。中古の市電車両が多方面に輸出されているなども聞いています。

>日本国政府がその気を持てば、何もODAで金を撒く迄もなく、途上国の民生分野での向上にはいくらでも貢献出来るのですが、やはりODAに群がるシロアリが障害の一つなのでしょうか。

そうなのでしょうね。以前聞いたことですが、現地で整備の出来ない機械ばかり輸出して、動いている間はありがたがられても、日本人が引き揚げ、整備が出来ないとそのまま放置され、ほぼ盗まれるとのことです。現地で使いこなせない物を送っても仕方がないと思いますが。嘘か本当か、冷蔵庫をたくさん送ったら、電気が来ていなかったとか。まあ、日本の援助の現地無視を揶揄した話なんでしょうが。

トランザム

>女性でトランザムに乗るのは珍しいですね。奥様はそれなりに車マニアでいらっしゃるとか

はい、うちの妻は車だけでなくバイクも女だてらに限定解除もとりました。250ccから始めて1000ccまで6台乗り継いだそうです。今はもっぱら自転車です。2週間前その自転車で転倒して外傷はともかくママチャリごときで転んだ事に落ち込んでます。

トランザム

>2012-06-30 18:17 | ちびた様

>はい、うちの妻は車だけでなくバイクも女だてらに限定解除もとりました。250ccから始めて1000ccまで6台乗り継いだそうです。


それは凄い。私は免許に自動二輪まで付いていますが、全く乗りません。精々昔50ccのぱたぱたに乗っていたくらいです。不思議な物で、年配になってから乗ってみたいと思うようになりましたが、いかんせん体力が付いてきませんしね。まあ、四輪でも事故無く乗っていられれば良しとしています。

>今はもっぱら自転車です。2週間前その自転車で転倒して外傷はともかくママチャリごときで転んだ事に落ち込んでます。

あはは、いや、失礼。でも気持ちは分かります。私は一昨年まではチャリを使っていましたが、運動のために今は近くはすべて己の足で行くことにしています。おかげさまで調子はいいですよ。

でもイタリアも自転車大国ですね、たしか。

No title

 最近よく聞く「3党合意」という言葉。多分「中国共産党」「朝鮮労働党」「日本民主党」のことでしょう(皮肉ですが)。

 ダウンロード厳罰化やリッピング違法化など重要なこと(しかも現在ではネット時代の流れに沿わない悪法に近い。たとえば、前の尖閣諸島のビデオ流出のような場合、それをユーチューブで視聴しただけで「違法ダウンロード」の対象となりかねない。ストリーミング配信のダウンロードも違法の範囲に含まれるから。つまり、政治家にとって都合が悪く、また国民が騒ぎやすいものは違法の名のもとに恣意的に取り締まれる可能性があるということ)は強行採決で推し進めた現在の政治家を見ていると、次は「3党合意」で「人権擁護保護法案」とか通しそうですね。

No title

>2012-07-01 06:12 | ぽぽ 様

>最近よく聞く「3党合意」という言葉。多分「中国共産党」「朝鮮労働党」「日本民主党」のことでしょう(皮肉ですが)。

なるほど、それは言えますね。
>
>次は「3党合意」で「人権擁護保護法案」とか通しそうですね。

いや実際に政局のために消費税や脱原発で主調を変えて妥協するくらいですから、なんでもありだと思います。どんな約束も後から平気で与野党違えますからね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。