スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己採点の先進国

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ


私はいつも、日本はよい国だ、守る価値のある国だと言っている。同時に、これは極めて主観的な判断であり、普通の国では国民は自分の国を世界で一番良い国だと考えるだろうとも書いた。

だから、単なる主観のみならず、客観的な事実を比較して、本当に日本がよい国かどうかを知ることも意味があると思うとも書いている。

平均寿命、経済規模、公平さ、治安の良さ、言論思想の自由、科学技術レベル、経済規模、安定性、歴史、各種の文化の他国への輸出、他国からの評価などなど、さまざまな客観的な事実が示しているように、日本は客観的な要素で世界でトップクラスの優れた国であることは間違いがないだろう。

ただし、日本にも負の部分はあるし、改善しなければならない部分も非常に多いが、これはすべての人間が満足できる社会など絶対に存在しないのだから当然だ。その負の部分もしっかりと見つめるからこそ、改善も向上も出来る。。

だから日本がよい国だと私が信ずる根拠は、単なる主観のみならず、多くの客観的事実があるからだ。が、隣の妄想国家でも同じようなことを言っている。

まあ、主観的判断部分ならむろん、どの様な結論を出そうとかまわないし、それこそ世界を創造した世界で一番偉大な国家と妄想を持とうとかまわないのだが、客観的事実をねじ曲げて、そう主張するのはいかがな物か。自信を持つのはよいが、事実を覆い隠して妄想に閉じこもるのでは、真の発展のチャンスをつぶすのではないか。

まあ、それも韓国一国のことであるなら別にかまわないが、それがさまざまな形で世界に悪影響を及ぼし、特に日本に多大な悪影響を及ぼすのであれば、妄想は自分たちだけの世界に留めて置いてくれと言うのも当然ではないのか。

赤文字は引用


【コラム】韓国はよい国

光州(クァンジュ)無等山(ムドゥンサン)、釜山(プサン)金井山(クムジョンサン)、ソウル北漢山(プッカンサン)のように世界のどこにも大都市の近くにこうした安らかな自然が存在する国はない。 水や電気をこのように安くふんだんに使っている国も珍しい。

これが最初の嘘。自然に恵まれた先進国というなら、日本は世界でも屈指の自然大国であり、国土が南北に長いために亜寒帯から亜熱帯までの気候が同時に存在し、山岳地帯が多いために高山から低地にかけてのさまざまな生物相が混在し、周囲の海は環流と暖流がぶつかり合い世界でも最多種の海洋生物が存在する。

国土の3分の2が森林である先進国は日本以外にない。また東京都の中に国立公園がある。別に韓国の自然を悪く言うつもりはないが、自慢のために嘘を付いてはいけない。水や電気が韓国では安く豊富だそうだが、ブラックアウトにおびえているのは何処の国だったか。


韓国の健康保険システムは世界のほとんどの国がうらやましがるレベルだ。 電車・バスがこれほど便利に連結し、大衆交通の料金が安い国は韓国以外に探すのは難しい。

これも大体嘘。世界のほとんどの国というのが途上国を指すなら当然そうだろうが、そもそもこれだけの自慢をしたいなら、攻めてOECDの中でどうなのかを書くべきではないのか。

グラフから分かるように、08年から始まった世界経済危機の中で韓国は格付けが上がった。世界で同じ期間に格上げされた国は、韓国のほか、豪州、チリ、チェコ、イスラエル、トルコの5カ国だけだ。 多くの国は格付けが落ちた。

また格付けの話だが、格付け会社の格付けがどれだけいい加減かを理解するには、そもそもサブプライムクライシスの第一級戦犯が格付け会社であることを思い出すだけで足りるのではないか。

まず、まだ韓国の経済成長は相対的によいほうだ。 格付け機関ムーディーズの分析を見ると、2005年から2011年までの成長実績や今年以降2017年までの成長見通しで、コリアは日本・欧州連合(EU)・米国をすべて上回る。 先進国と成長率を比較して1%ポイント以上高ければ、それは大きな差だ。

これも嘘。途上国の経済発展は通常レベルで先進国よりも高いのは当然であり、先進国はそれだけ飽和点に達しているから当然なのだが、例えば11年のドルベースのGDPでは日本が5兆8千億ドル、韓国は1兆1千億ドル。つまり韓国は日本の5分の一以下であり、しかも日本は円高デフレ、韓国はウォン安インフレであって、すくなくとも韓国は日本の5倍以上の成長をして日本と同等と言える。むろん、通貨価値の変動、デフレとインフレを組み入れれば、多分10倍くらいの成長が出来て、日本と同じと言えるのではないか。

ただし、単なるGDPの比較がそのまま経済規模の比較を示しているわけではないのは、何度も書いているので繰り返さないが、あくまでぱっと見の一つの指針と言うことだ。

この数字を見る限り、韓国は決して実質的な成長などしているとは言い難い。


財政は現在でも目を引く。 グラフに見られるように、韓国の負債は世界のどこに出しても健全なレベルだ。 ムーディーズはこれを評価し、「実弾が豊富」(room for maneuver)と言った。

その豊富な実弾も日本がスワップ協定や国債の引き受けでなんとかなっているだけのことなのだが。実際に日本が韓国とは経済協力をしないと一言声明を出せばどうなるか、さまざまな検証を加えてみればよい。韓国は決して独り立ち経済の出来ている国ではない。


朴正煕(パク・ジョンヒ)独裁を経験した人々が見れば、ネコの前のネズミ格の‘李明博独裁’に耐えられないと怒りを噴出する国。

確かに朴正煕政権時代は強権政治であり、独裁政治であったが当時の韓国でそれ以外の選択肢など採れようはずも無かった。もし朴正煕大統領が居なければ、韓国は朝鮮戦争の痛手から絶対に立ち直れているはずがない。とうぜん、今でも北朝鮮と同様くらいでしかない。

それはさまざまな事実が示しているが、すくなくとも日韓基本条約の不条理な内容を日本がそれでも飲んで当時の復興途中の苦しい状況で。巨額の経済支援及び技術や人的支援をしたからなんとかなった。それをやったのは朴正煕大統領であり、韓国人は彼に心から感謝をすべきなのであって、独裁だった強権だったなどの批判はおこがましい。

事実、

その歴代政権は李明博、盧武鉉(ノ・ムヒョン)、金大中(キム・デジュン)、金泳三(キム・ヨンサム)、盧泰愚(ノ・テウ)、全斗換(チョン・ドゥファン)、朴正煕(パク・ジョンヒ)政権だった。 一つの政権が受ける勲章ではない。 すべてが寄与した。

これらの政権の誰一人として晩節を汚さなかった大統領は居なかった。身内や親族、腹心の部下達の巨額な不正を糾弾され、国民に対する弾圧を糾弾され、何人かは死刑判決まで受けて居るではないか。前大統領の脳無ヒョ~ンに至っては始末されている。今の李明博大統領は個人としては清廉だが、それでも身内や部下が汚職嫌疑をかけられている。

なるほど、一つの政権が受ける勲章ではない。この立派な勲章は韓国という病気が治らない限り未来永劫すべての政権に与えられる物だ。

【経済view】「20-50クラブ」の品格

23日には韓国の人口が5000万人を超える。 昨年、1人当たりの国民所得が2万3680ドルだったため、韓国は所得2万ドル、人口5000万人を超える、いわゆる「20-50クラブ」に世界で7番目に名前を連ねることになる。 英国が6番目に加入して以来16年ぶりで、韓国の次の国を見るのは当分難しいという。

年収が二万ドルを超すのは、インフレが亢進すれば自然にそうなるだろうし、人口は単なる自然現象だ。がそれはともかく、

しかし過去の先進国の代表格である主要7カ国(G7)と似た道に入ったからといって、世界は韓国を先進国と呼ぶわけではない。

それは当然そうだろう。先進国の定義はいろいろある。国が大きければ、人口が多ければ、経済規模が大きければという定義なら意味はない。ヨーロッパが軒並み経済不振に喘いでいるがほとんどが先進国なのは、他国がそう認めているからだ。ロシアや中国は幾ら図体が大きくても軍事力を蓄えても誰も先進国だ等と考えない。

先進国とは、一言で言えば品格だろう。その品格が韓国にはかけらもない。そもそも、政策で他国を憎悪するために歴史を捏造し、洗脳教育を国民に施すような国が先進国として認められるわけがない。韓国の存在が知られれば知られるほど、嫌われ疎外される国が先進国であるわけがない。

その理由はまず、まだ正しい社会と言えないからだ。 政治・経済・社会など多くの分野で二極化が進み、葛藤と分裂が深まっている。 1987年の民主化抗争から25周年になる今年も、経済民主化の叫びが大きく聞こる。

正しい社会でないからこそ、多くの国民が国を捨てて他国へ移住するのだ。経済民主化よりも国民が本当に民主化できなければ正しい社会にはならない。だが国民の民主化をこの国は全く理解していない。国民の民主化とは、嘘は許左内社会の構築が必要だと国民全体が認識し、他者には他者の価値感があり、時に共存しなければならないことを理解できるだけの知性を持てることだ。韓国にはそれがない。

三つ目、先進国民としての品格が国民の生活と文化の中にもっと培養されなければならない。 人権・正直・秩序・配慮・寄付・奉仕などが重要な社会的な品格であり、何よりもノブレスオブリージュが積極的に求められる。 これにもローマの前例がある。 アウグストゥス皇帝の助言者だったマエケナスは2000年前にすでに芸術復興に大きく寄与したことで、今日の「メセナ活動」の起源になった。

これも韓国には絶望的だ。文化を生み出す能力がないからすべて日本から盗み、それを自国の物だと主張する。これがなくならない限り、服飾でも、料理でも、文学でも漫画でも芸能でもすべて劣化日流コピーしか生み出せない。すくなくともセウカンやペペロが日本のスナックの丸パクリであることを認めることくらいから始めない限り、テコンVがマジンガーZのパクリであることを認めない限り、そしてテコンドーが空手のパクリであることを認めない限り、この国が文化を世界に送り出すなど到底無理だ。

昨日のコメントで韓国料理のことがあったが、形や材料だけ真似しても、日本人と同様の鋭く、繊細な味覚を韓国人が持たない限り、料理文化は育たない。日本料理が世界に流通するのもそれを育て上げたのが日本人という民族であり、決して日本人の料理人だけではないことを理解しない韓国人が、日本文化を幾らパクってもそれを本物になど昇華はさせられず、いつまで経っても偽物でしかないのだが、韓国人には永久に理解できない。

日本での人身売買 最大の外国人被害者は韓国人女性

【東京聯合ニュース】米国務省は20日までに発表した世界の人身売買の実態をまとめた年次報告書で、日本を昨年に引き続き、主要8カ国(G8)で唯一、人身売買の対策が不十分とされる上から2番目のランクに分類した。その日本で最大の被害者となっている外国人女性は韓国人だという。

この記事を読んで、人身売買をするのは韓国人であり売られるのは自ら売春したがる韓国人女性であり、受け容れるのが韓国人であり、その舞台が日本だと言うだけの事ではないかと誰もが思うのではないか。米国人はよくこのようなデータを出すが、日本での犯罪の多くが外国人、それも韓国や中国人の物だとの事実はどうなるのか。

 韓国人の多くが、簡単に稼げるというインターネットでの虚偽広告などを見て日本行きを決めた。日本で大学進学を希望していたが、売春組織に売られた女性もいるという。
 
 つまり、犯罪を犯したのは韓国人であり、簡単に稼げるからと売春をしたのは韓国人女性ではないのか。決して日本人が強制的に韓国から女性をさらってきたわけではないだろうが、これはどこかで聞いたことが有ると思ったら、要するに併合時代の売春婦補償汁問題ではないか。
 
 韓国人が、簡単に売春をする韓国人女性を日本の受け容れ役の韓国人に売っただけのことだ。なぜ、日本が人身売買問題を解決していないなどと言えるのか。このポラリスプロジェクト式の無責任な団体が、アメリカなどには実に多い。
 
 ポラリスプロジェクトは20代前半の韓国人女性からの救助要請メッセージを公開した。女性は韓国人ブローカーにだまされ日本に渡り、東京の上野で売春を強要された。借金は膨らむ一方で、女性が住むアパートには監視カメラが設置されていた。昨年春に救助を求めた時、女性は骨盤腹膜炎で大量に出血しており、食事も取っておらず自力で起き上がれない状態だった。
 
 韓国人女性からの救助要請を公開したなら、実態は韓国人同士の犯罪であり、韓国人が韓国人を韓国人に売っている事実を無視すべきではないだろう。しかし、このポラリスプロジェクトのような馬鹿な団体はその事実は触れない。
 
 さて、冒頭の記事、韓国はよい国だとの内容が、どれだけ事実に目をつぶり、どれだけ妄想をたくましくした自画自賛であるかが判ろうという物。事実を認めない韓国、嘘にまみれた韓国が先進国になるなど、むろん自画自賛でウリナラは先進国ニダと言うことがあっても、他国はそれを認めないと思うが。
 
それだけなら良いが、自国が評価されないからと相対的に日本を貶めて自国がはい上がろうとする意図が見え透いているだけに、単なる妄想国家の馬鹿な自画自賛と笑っては居られない。だからこのエントリーを書いた。
 
 
上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてください。但し、内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません
以下は参照用の資料ですので、確認をされる以外はあえて読む必要はありません。

【コラム】韓国はよい国

2012年06月22日16時32分

私たちは、私たちが考えているよりも、はるかによい国に暮らしている。 毎日ドタバタし、腹立たしいことが多い国で、何の寝言だと? そうではない。 間違いない事実だ。 大統領選挙を控えて、またも現政権の審判を叫ぶ国でどういう思惑だと? そうではない。 与野党とは関係なく、ありのままに見なければならない。 目を国の外に、世界に向ければ、実際に韓国のよい点はたくさん見える。

山、水、電気、医療、交通…。無作為に羅列したが、それなりに秩序がある。 山は私たちに与えられた自然だ。 水・電気は私たちが作って使用している資源だ。 医療・交通は私たちが作ったシステムだ。

光州(クァンジュ)無等山(ムドゥンサン)、釜山(プサン)金井山(クムジョンサン)、ソウル北漢山(プッカンサン)のように世界のどこにも大都市の近くにこうした安らかな自然が存在する国はない。 水や電気をこのように安くふんだんに使っている国も珍しい。 韓国の健康保険システムは世界のほとんどの国がうらやましがるレベルだ。 電車・バスがこれほど便利に連結し、大衆交通の料金が安い国は韓国以外に探すのは難しい。

この世の中、悪い点を見ようとすると切りがなく、よい点ばかり見ようとすると目がくらむ。それでもついでに韓国のよい点をもう一つ見るのなら、断然、国家格付けだ。

グラフから分かるように、08年から始まった世界経済危機の中で韓国は格付けが上がった。世界で同じ期間に格上げされた国は、韓国のほか、豪州、チリ、チェコ、イスラエル、トルコの5カ国だけだ。 多くの国は格付けが落ちた。 ワールドカップ(W杯)の試合だったら歓呼することだ。 逆にコリアの国家格付けが落ちたとすれば? 私たちの生活には、大小の津波が押し寄せただろう。

なぜコリアは格付けが上がったのか。 その理由は2つ、成長と財政だ。

まず、まだ韓国の経済成長は相対的によいほうだ。 格付け機関ムーディーズの分析を見ると、2005年から2011年までの成長実績や今年以降2017年までの成長見通しで、コリアは日本・欧州連合(EU)・米国をすべて上回る。 先進国と成長率を比較して1%ポイント以上高ければ、それは大きな差だ。

財政は現在でも目を引く。 グラフに見られるように、韓国の負債は世界のどこに出しても健全なレベルだ。 ムーディーズはこれを評価し、「実弾が豊富」(room for maneuver)と言った。

では、韓国はよい国なのか。

寿命は長くなるが、出産が少なく、老いた国へと向かう速度が最も速い国。

よい雇用が創出されず、生活が苦しい非正規職と閉鎖する自営業の問題が積み重なってきた国。

国は負債が少ないという評価を受けるが、低所得層の負債は増え続ける国。

朴正煕(パク・ジョンヒ)独裁を経験した人々が見れば、ネコの前のネズミ格の‘李明博独裁’に耐えられないと怒りを噴出する国。

世界でただ一つ残った体制の北朝鮮が同族で、隣にある国。

こうした国で大統領を名乗り出る候補を、私たちはどんな基準で選ぶべきなのか。

総選挙後、野党の候補も福祉とともに成長を語り始めた。 よい兆しだ。 成長談論なく執権を語ることはできず、福祉は当初、成長とぶつかって戦わなければならない運命ではなかった。 いま福祉を話せるのも、歴代政権が守ってきた成長と財政があったから可能なことだ。 なぜ最初からしなかったのかと言うかもしれないが、一方ではそのために今、世界の経済危機の中で唯一「実弾が豊富」な国ということだ。 その歴代政権は李明博、盧武鉉(ノ・ムヒョン)、金大中(キム・デジュン)、金泳三(キム・ヨンサム)、盧泰愚(ノ・テウ)、全斗換(チョン・ドゥファン)、朴正煕(パク・ジョンヒ)政権だった。 一つの政権が受ける勲章ではない。 すべてが寄与した。 今では誰もが福祉を話すが、当然そうでなければならず、また誰もが耳を傾けたくなるだろう。 ただ、簡単な基準一つを持って判断しよう。 ギリシャのように国を食いつぶせばそれで終わりだ。 今回の大統領選挙の公約で誰がどんな話をするのか、その基準で厳密に見よう。

同じく高齢化も、家計負債も、二極化も、雇用も南北分断もすべて足元の火だが、こうしてみると、この国も実に問題が多い。 他の国と同じように。 今年の大統領選候補の公約は結局、似たようなものになるだろう。 左右が色あせながら。 それは望ましい。 ただ、何で判断するのか。

未来だ。 それも非常に具体的な未来像。 山・水・電気・医療・交通・成長・財政・格付け…。 こうしたよい点を守ったり、よりよくする未来だ。 結局、国家の枠だ。 有権者はそれを見て投票するはずだ。 格付け? お金を貸して、踏み倒される心配が少ないという話だ。 私たちの未来が切実なのは投資だ。 次の機会では投資と雇用について話そう。

金秀吉(キム・スギル)主筆





【経済view】「20-50クラブ」の品格

2012年06月20日15時05分

英国のフィル・パーカー少佐(36)はイラク戦争に参戦し、08年2月に脊椎事故で下半身が不自由になった。 16年間軍人として生きてきた彼は杖を突き、09年4月26日にロンドンマラソンに参加し、毎日3.2キロずつ歩きながら14日でゴールにたどり着いた。 彼がマラソンに参加して完走した理由は、自分のような傷痍軍人のための基金を集めるためだった。 多くの拍手と応援の中で計96万ポンド(約18億ウォン)の寄付金が集まった。

今年4月22日のロンドンマラソンでも似た場面が演出された。 3万6000人の参加者は家へ帰ったが、腰から下が不自由な障害者クレア・ロマース(32)はスタートから22日目に完走した。 生体工学ロボット服を着て機械音を出しながら夫と一緒に5万5000歩を歩いた後、生後13カ月の娘と感激のキスをした。 当日の完走ではなかったため、公式完走記録として認められなかったが、他の参加者らが自分の完走メダルを譲ろうとし、大勢の人々から激励と応援のメッセージがあふれた。 彼女も自分と似た立場の患者の治療開発のため、医学研究団体への寄付金を集めようと大会に参加した。

ロンドンマラソンの歴史は短いが、単一行事では世界で最も多くの寄付金が集まる、ストーリーある大会になっている。 今年も過去最大の約900億ウォンが集まった。 ロンドンよりマラソンの歴史がはるかに古い大会は多いが、先進国と呼ぶにふさわしい品格の慈善と寄付を考えると、ロンドン大会が真っ先に思い浮かぶ。

23日には韓国の人口が5000万人を超える。 昨年、1人当たりの国民所得が2万3680ドルだったため、韓国は所得2万ドル、人口5000万人を超える、いわゆる「20-50クラブ」に世界で7番目に名前を連ねることになる。 英国が6番目に加入して以来16年ぶりで、韓国の次の国を見るのは当分難しいという。

韓国は戦争の廃虚の中から60年で、国内総生産1200兆ウォン(世界15位)、貿易規模1兆ドル(世界8位)、先進国だけが可能という4大国際スポーツをすべて開催できる国になった。 先進6カ国が「20-50クラブ」に加入した後、4-14年が過ぎてから計「30-50クラブ」に入った経験法則で見ると、韓国も1人当たり国民所得3万ドル時代を眺めるようになった。 しかし過去の先進国の代表格である主要7カ国(G7)と似た道に入ったからといって、世界は韓国を先進国と呼ぶわけではない。

その理由はまず、まだ正しい社会と言えないからだ。 政治・経済・社会など多くの分野で二極化が進み、葛藤と分裂が深まっている。 1987年の民主化抗争から25周年になる今年も、経済民主化の叫びが大きく聞こる。

二つ目、グローバル文化の受容力が弱い。 今は製造輸出産業時代の一心不乱の内部文化よりも、革新と疎通による多様性と創造性が強調される時代だ。 ここに必要な人材・知識・文化・資源などを受け入れるには、外部に開放的な文化が幅広く受容されなければならない。 ローマを見ればよい。 スペイン出身の皇帝トラヤヌスはローマではなく、征服地出身の最初の皇帝だったが、最も領土を拡張させ、「5人の賢明な皇帝」の一人になった。

三つ目、先進国民としての品格が国民の生活と文化の中にもっと培養されなければならない。 人権・正直・秩序・配慮・寄付・奉仕などが重要な社会的な品格であり、何よりもノブレスオブリージュが積極的に求められる。 これにもローマの前例がある。 アウグストゥス皇帝の助言者だったマエケナスは2000年前にすでに芸術復興に大きく寄与したことで、今日の「メセナ活動」の起源になった。

8000億ウォン(約550億円)を教育財団に出捐し、韓国の個人寄付で最多記録となった三栄化学の李鍾煥(イ・ジョンファン)会長(90)は‘韓国のビルゲイツ’を見て生涯を終えたいという。 現在まで約80億ドルを寄付した世界7位の富豪のジョージ・ソロス会長(81)は、税金をより多く出し、国家システムの中で貧しい人を助けるのが効率的だと話した。

韓国もより多くの寄付者と寄付金が出てくる環境になることを望む。 システムの中で救助事業がもっと増えなければならず、より多くの普遍的福祉も作られなければならない。 しかしそれよりも重要なのは、企業や富豪の寄付内容を見るよりも、自分のポケットからわずかでも出せる寄付文化が広まることだ。 筆者自身、過去11年間に32回のマラソンで計20億ウォン以上の募金をした経験を振り返ってみると、韓国でも「20-50クラブ」時代の分け合い文化の花を咲かせることができると確信している。

申憲(シン・ホンチョル)SK微笑金融財団理事長 .


日本での人身売買 最大の外国人被害者は韓国人女性

2012年06月21日11時55分


【東京聯合ニュース】米国務省は20日までに発表した世界の人身売買の実態をまとめた年次報告書で、日本を昨年に引き続き、主要8カ国(G8)で唯一、人身売買の対策が不十分とされる上から2番目のランクに分類した。その日本で最大の被害者となっている外国人女性は韓国人だという。

 人身売買の根絶を目指す民間非営利団体(NPO)のポラリスプロジェクトジャパンは20日、東京で記者会見を開き、具体的な被害事例を明らかにした。同団体は2005年にホットラインを設置し女性からの相談を受け付けている。これまでの約2500件の相談のうち、36%が日本人だが、次いで韓国人が29%と外国人では最多だ。フィリピン人が11%、タイ人が7%と集計された。

 韓国人の多くが、簡単に稼げるというインターネットでの虚偽広告などを見て日本行きを決めた。日本で大学進学を希望していたが、売春組織に売られた女性もいるという。

 ポラリスプロジェクトは20代前半の韓国人女性からの救助要請メッセージを公開した。女性は韓国人ブローカーにだまされ日本に渡り、東京の上野で売春を強要された。借金は膨らむ一方で、女性が住むアパートには監視カメラが設置されていた。昨年春に救助を求めた時、女性は骨盤腹膜炎で大量に出血しており、食事も取っておらず自力で起き上がれない状態だった。

 ポラリスプロジェクト関係者は、「韓国は、多くの韓国人女性が日本で人権の死角に置かれているという事実を認識する必要がある」と指摘した。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。