祝 安保法案成立

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ






先日参議院本会議において安保関連法案が成立した。まずは、日本がまともな国に近づいた第一歩と評価したい。が今回の法案成立に際して、あまりの野党の異常な行動および、一部の目に余る一般人の行動はよく考えてみる必要がある。

いちいちここに紹介しなくとも、民主共産をはじめ野党が国会で繰り広げた数々の無法は改めて日本の病巣を見る思いだが、何を置いても考えさせられるのは、安保法案に対し野党をはじめ反対者達、たとえば憲法学者や、各種の著名人とされる人々の行動だ。

まず、憲法学者は、安保法案、就中集団的自衛権は日本国憲法に違反するから、成立させるべきではないと言っている。私自身専門知識で彼らに対抗すべき知識もないが、疑いなく彼らが彼らの日頃の研究結果を主張すること自体は何ら問題がないと考えているし、もしかしたら集団自衛権は憲法違反なのかも知れない。

しかし、実際に憲法違反であるかどうかは、彼らが決めるのではない。日本は三権分立の国であり、政策が憲法違反か否かは司法が判断する。そして、その憲法が現状にそぐわなければ憲法を変えなければならず、これは国民が判断すべき事なのだ。

その点に於いて明らかに日本国憲法は自然権に反している。全ての法律は憲法も含め、生存権という自然権を冒してはならない筈であり、なにより他国の善意を信じて平和を維持するという日本国憲法自体が大きな過ちなのだ。

故に、軍事力を持たないと明言している憲法に、自衛隊は明らかに反しているが今国民の大半が自衛隊を合憲と考え支持している。野党でさえ、自衛隊員の命を守ることに反するから集団自衛権はだめだと言っている始末だ。

もし彼らが本心で護憲こそ絶対唯一の判断基準だというなら、自衛隊は違憲だから直ちに廃止し軍事力を全て放棄すべきと主張するのが筋ではないのか。しかし、現実に国民の大半が自衛隊を合憲と考え必要不可欠と考え防衛庁が防衛省に格上げされた時さしたる反対は国民から起きなかった。その状況を知っているからこそ、野党は国会を解散して国民の意思を確認すべきだと主張するのが本当だろう。しかし、実際は

解散、総選挙を主張できない野党とは・・・

廃案にしろとか安部総理に退陣しろなどとわめくばかりで自分たちが政権を執って政策を作るとは言い出さない。

野党や腐れド左翼の一つ覚えの言葉は、戦争法案、徴兵制、戦争を始める、子供を戦場に送らない、誰も殺させない、殺すくらいなら殺されろなどなどどれもこれも単なる感情論、印象操作であり、しかもこれで結構だまされるお花畑が多いのだ。また憲法違反などは、それなりの専門家の言葉だからと勢いづいているが専門家が合憲か否かを判断するのではないし、繰り返すがそれならなぜ自衛隊自体を違法だと主張しないのか。かつて社会党の村山氏が総理大臣になったとき、それまで社会党は自衛隊が違憲だと言っていたのを180°ひっくり返して合憲だと言い出した。それが原因の一つとなって社会党は消滅したのだが、つまり彼らは反対のための反対を言っていただけでその整合性などどうでも良かったのだ。

同じ事は、たとえばかつて民主党の岡田氏は集団自衛権が合憲だと言っていたのを全く無かったかのように違憲だと繰り返す。それを指摘され逆切れしていたのは、やはり反対のためには自分が主張していたことさえ状況によって無かったことにするその姿勢にも見られる。つまり野党や腐れド左翼にとって、理論も整合性も全く関係がない。

だから、国会周辺で騒ぐ腐れド左翼を示して、これだけ国民が反対しているのに法案を強行採決するのは民主主義ではないと信じられないような馬鹿なことを言い、また腐れド左翼はそれをそのまま受け取るかのようだ。

議会制民主主義など全く関係がないかのようだし、実際民主党の辻本氏などは、安部総理が政権を乗っ取ってクーデターをしたとのたまった。

言うまでもないが、日本は言論思想自由の国であり、暴力に訴えさえしなければ何を考え主張してもかまわない。が、だからこそ、自分たちの代議員を国会に送りその数によって政策を決めてゆく。これが議会制民主主義なのであり、かつての民主党政権の時数々のばらまき法案を強行採決している。それに危惧した国民が自民を支持し、政権を執らせたのだ。自民が国民を暴力で押さえつけて政権を執ったのではないが、辻本氏の脳みそではそれを理解することが出来ない。自分に反対するものは全て違法であり暴力だというのだ。辻本氏だけではない。それに同調する国会周辺のお花畑や腐れド左翼をみていると、彼らに民主主義は永久に理解されないのだろうと思う。

ちょうどこのブログにも昨今アンチカルトと証する腐れド左翼が

「洗脳されてますよ
プロフィールを見ると一目瞭然。
完全にカルトウヨクの主張そのまんまだねw

2015-09-21 18:18 | アンチカルト」

との書き込みをしている。ちょうどよいサンプルなのでここで曝しておくがこの様な腐れド左翼には理を以て論ずるなど出来ない。まず、理論などと言う物はないし、理解することも出来ないし、理解しなければならないことも理解していない。だから、この様な典型的なアジテーションをすることで脳みそに直接注ぎ込まれるとそれを自分が考え出したかのようにばらまくようになる。むろん、このように私が書いてもアンチカルトの様な左翼には何を意味するか到底理解できない。問題は共産、民主、維新(これも堕ちるところまで堕ちたが)、生活の党とちんぴらと仲間達など、全てこのたぐいだ。非学論に負けずと言う言葉がある。学のない愚者を論争で理解させることは不可能だという意味だ。ゴキブリを説得することは不可能だと言うことだ。ゴキジェットを吹き付けるしかない。まあ、腐れド左翼ジェットは売られていないので無視するしかないが。

それほど確信を持って安部政権が議会制民主主義を冒しているというなら、提訴すればよい。遠慮することはない。裁判では国も被告になりうるし、かつては現職の総理大臣が刑事犯となって獄につながれているのだ。正確には現職ではなかったが嫌疑をかけられ退陣するしかなかった。だから、安部氏がクーデターを起こしたという法的根拠があるなら、味方の憲法学者に知恵を借り、やはり味方の多くの弁護士を擁して安部政権を提訴すればよいだろう。それよりなにより、自衛隊は憲法違反だと国を訴えればよいのではないか。

むろん、そんなことは彼らには不可能だ。なぜなら、安部政権が決して違法なクーデター政権などではないことを彼らは知っているからだ。自衛隊については、すでに国民の大半が必要なものだとの認識を持ち容認している以上、自衛隊を違憲だ等と正面切って裁判に訴えたり等すれば国民の大規模な反発を買い到底勝ち目がないことを知っているからでもある。そもそも、憲法自体が生存権という根本的な自然権に反している以上憲法違反を理由に下手な裁判などすれば憲法改正に弾みがつきかねない。

上記のことから、彼らは最も彼らにとって正当であり最も保証されている解散総選挙を訴えることをしなかった。到底それでは名目が立てられず、そして決して勝ち目がないことを知っているからだ。つまり、彼らは理論で戦うことが出来ず単に情緒、印象、レッテルで腐れド左翼を扇動しているに過ぎない。またそのお先棒を担いでいるのが著名人と称する一部の連中であり、単に注目を浴びたいだけでしゃしゃり出ているとしかおもえない。瀬戸内寂聴氏などそうだろう。今回の法案で軍靴の音が聞こえると訴えていたが、中国解放軍の軍靴の音は聞こえないらしい。中国のの軍靴の音は、すでに尖閣沖縄にまで迫っているのだ。

もし、共産、民主、維新、生活の党とちんぴらと仲間達などなどが、理論らしいことを言っていると資料を示すことが出来る方がいらっしゃるなら是非ともご紹介いただきたい。

彼らが印象操作でプロパガンダをしているというもう一つの理由が、先の戦争の悲惨さを記憶している人物が大勢でてきて子孫に二度と過ちを繰り返させたくないと訴えていることだ。ただし、彼らの多くは心底そう思っているのであり、悪意も作為も無いとは思うが、それを腐れド左翼は利用していると言うことになる。むろん、戦争は悲惨であり、多くの罪無き人々が苦しみ全てを失い死ななければならない。だからこそ戦争を二度とすべきではないとは、誰もが思うことだ。が、ここで腐れド左翼が言うのは、戦争という過ちを犯すのは日本であり、先の戦争でも日本が罪を犯したとここでごく当たり前のように言っていることだ。

戦争は避けなければならない。がその責任は戦争をした当事者国全てが負うべきものであろうし、さらに戦争を仕掛けられ従わなければ征服され奴隷にされる状況では戦うという選択肢以外にはないだろう。その戦争をしなかった国がどうなるかはそのよい例が隣にある。建国以来一度も自力で独立したことが無く常に中国の属国であり、今の大韓民国は日本がアメリカに負けたことで独りでに転がり込んできたものでしかない。決して自力で得た独立ではないが、むろん、韓国はそれを認めず永劫の昔から独立していた朝鮮を日本が力で冒したと国民を洗脳し、だから韓国は戦勝国だとしている。閑話休題。自力で戦ったことが無く棚ぼたで形だけ独立してもなお大国に事大しなければ生きて行けないほど歪みきった国になるしかなかったのが先の戦争に至る状況だった。当時、西欧、アメリカの人種差別意識は現代では想像も出来ないほどであり、アジアアフリカ中南米など有色人種国家は軒並み彼らの頸城につながれていた。日本もまた戦わなければ同じ運命しかなかったのであり、戦争がいかに悲惨であろうと、戦うしか選択肢がなかった。

だから、戦争の悲惨を二度と受けないために戦争をしない。だからこそ、戦争を仕掛けてくる相手にその気を起こさせないために方法を講じなければならず、単に9条をお守り袋に入れておけば末代まで安泰と言うことはあり得ない。
戦争は日本が起こさなくとも日本に戦争を仕掛ける国があると想定されている場合、それらの国を押さえるのは、力しかない。これについては後述するが、そのための安保法案であり、最も平和を堅持し、戦争を回避するための法案なのだが、馬鹿な腐れド左翼などは日本に攻めてくる国などあり得ないし(たとえば鳥越俊太郎氏など)、もし攻めてきたら黙って殺されればよいと言う。

彼らが異口同音に言う戦争は話し合いで解決すべきだという言葉の全く意味のないことは、彼ら自身が全く話し合いに応じようとしないであれだけのパフォーマンスを繰り広げたことでも明らかではないのか。自分たちは何をやっても合法理性的だが、政府や政府法案支持者の言動は全てファッショ、ネトウヨという、上記のアンチカルトなどと言う馬鹿と何処が違うのだろうか。

そのことを田母神俊雄氏は激しく糾弾している。

田母神俊雄氏がTwitterで民主党などの安保法案反対派を厳しく非難

全くその通りなのだ。戦争が話し合いで回避できるならそもそも世界史に戦争など刻まれるはずがない。中国は世界で力による覇権を行わなければ国が崩壊しかねない状況になっており、他国との協調、共存という思想を全く持たない。話し合いとは全て自分の言い分を相手に押しつけることなのであって、相手との妥協は負けることを意味するからそれが国家の崩壊につながると考えている。また、今の状況では、政府が他国に負けることは即国家の崩壊につながる状況に至っている。

これについては別記事で書くつもりだが、最初から話し合いをするつもりのない国とは、西欧や日本、米国などとは全く別次元の世界に存在しているのだと割り切るしかない。異次元の世界の国の行動が日本の存亡にかかわるなら、彼らの行動を押さえるには、彼らにも理解できる生存の可能性を否定する、つまり死の恐怖を示すしかないのだ。選択の余地はない。

野生動物と共生できるなら人間がそれらを駆除することはないが、人間の生活を脅かす存在になれば駆除するしかないし、その恐怖を見れば野生動物は人間と距離を置いて生きてゆくだろう。

別次元の国に対し力による抑止以外絶対にないことは、国ではないがイスラム原理主義テロリストのISなどでも言えることだ。

ただし、いくら話し合いが出来ないと言っても日本では野党や腐れド左翼を力で排除するようなことがあってはならない。万が一政府がそのようなことを始めたらそれは日本の崩壊につながる。譬え唾棄すべき野党や腐れド左翼であっても暴力に訴えない限り彼らの言動の自由は保証されなければならず、だからこそ我々は彼らの行動を暴力以外の方法で押さえ込まなくてはならないと言える。つまり選挙で押さえ込むしかないのだ。


引用記事の確認の場合は、上記のURLをクリックして元記事を参照してください

お願い

最近このFC2ブログは接続できなくなることが頻繁に起きています。折から同社には様々な問題が発生しているようであり、もしこのブログが接続されないときは
日本のあり方を考えるをごらんいただきたいと思います。状況に因っては、もしかしたら本格的に引っ越しをするかも知れません。


スポンサーサイト