FC2ブログ

情報戦争に負け続けていた日本

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ




私は何度かアメリカの身勝手について書いてきたし、最近も、「米国との決別」などと題したエントリーを載せている。太平洋戦争時、アメリカは日本を徹底的に野蛮で邪悪な国であり日本人は猿だとのプロパガンダを繰り広げ、対日戦の下地を作った。そして戦後、東京裁判を行い徹底的に邪悪な日本が正義のアメリカに断罪されたとの宣伝をし、そのため原爆も大空襲も当然だったとの世論を作っていた。また、日本については国民にはその実態を知らせないようにしていたし、また米国人の平均レベルはあきれるほど知的に低く、時に根拠のないアメリカは正義との意識を持っていたから、米国に逆らった日本が戦犯で、邪悪であったとの印象操作を簡単に受け入れた。これらについては、ジョン・ダワー著「War without Marcy (邦題 慈悲無き戦争)に詳しい。

これは西欧にしても同じで、日本によりアジアにおける植民地支配が出来なくなったこともあって、根強い人種差別も関係し、日本について知る価値があるとは思っていなかった。

H.G.ウェルズの「世界史概観」などは、世界史と銘打っていながら、日本について等はほとんど触れられていない。ちなみに、彼は日本国憲法の第9条設立に大きく関与していると言われている。

実際、近年は円安効果もあり、日本に来る観光客は急増しているが、大半がアジアからであり西欧から来ることは未だに少ない。なぜ日本に来ないのかの調査をしたことがあって、多くは日本のことを知らないから、遠すぎるから等の理由が挙げられているそうだ。

実際、日本に来る外国メディアの人間達も、日本語を学んでくることはほとんど無く、日本の海外駐在記者が少なくとも英語、大概は赴任国の言葉を学んでゆくのとは大違いだ。

したがって、海外メディアの日本に対する報道は、ほとんどが無知と誤解、無関心に基づいており、慰安婦問題、旭日旗問題、南京虐殺などがそのまま信じられている傾向につながっていると思う。

がその自己中アメリカにも自浄作用はありそれが何から何まで嘘で固めた反日プロパガンダに凝り固まっている特亜とは違う。


ヘンリー・S・ストークス(1)日本は白人支配からアジアを解放した

このストークス氏のような見方が米国内にも出てきたのは喜ばしいが、一般の米国人にこの理解を求めるのは無理だろう。今の米国人の多くは、中国との関係は拡大した方が米国の利益になると考えているが、それは中国の発信力による物が大きい。つまり中国のプロパガンダをそのまま信じていると言っていい。また、実際中国はアメリカとの衝突を避けながら利益を得るために中国は大国であり魅力的な投資先であるとの宣伝をかなりの手間暇コストをかけてやっている。

あまり日本の事が知られていず、ただ、日本製の物は良いとか、若い世代ではアニメやゲームなどで日本を知る機会があるだろうし、また日本食ブームなどもあってアメリカ人が日本を知る機会は確かに増えてきた。が、実際の日本人の価値観や文化は、エキゾチック、異質と思っているだけで、本質を知るところにはほど遠い。むしろ、中国の巨大さ、市場の規模などから、今後大国化してゆく中国との関係は深めて置いた方がよいと言うことらしい。

実際に中国の危険性、特異性を理解する米国人は少ない。とにかく大きくて発展著しい中国との関係を作ることがアメリカにとって得だと言うだけで、中国が最終的にアメリカに取って代わろうとしているなどはイメージできないのだ。アメリカに立ち向かう国など有るはずがないと心底信じ切っているように思える。

これは政府からそうであり、アメリカが世界の基準であって、アメリカが決めることが世界にとっても正しい、との思いこみがあるのだろう。国際政治全てに全くの素人であるオバマ大統領などは、ジョセフ・ナイの様な知日派と称する学者の言葉をそのまま鵜呑みにして、結局アメリカは中国を増長させ、今になって中国に対する警戒心を持つようになった。別に、反日攻撃に対し義憤を感じたのではなく、信じていたのとは違い、中国はアメリカに挑戦しているのかも知れないと思い始めたからだ。

しかし、いずれにせよ世界の大半の人間は、自分の周りしか興味を持たず、情報量もきわめて限られており、知的レベルもこの日本から見れば唖然とするほど低いのが現実なのだ。たとえば、アメリカは世界最先端の近代先進国と思われている節があり、たしかに一部のエリート達の能力はその熾烈な競争の結果極めて高い。が、大方の国民は自分の街あるいは精々アメリカが世界の全てであり、他の場所、他の国に関心を持つことがない。アメリカが絶対であり、アメリカ以外の知識は必要がないからだ。

そのような状態は世界共通であり、西欧でもヨーロッパは文化的にも言語的にも宗教的にも近いので互いに行き来はするし関心もある程度有るのだろうが、地球の裏側については関心がないのも当然でありメディアもほとんど伝えることはない。


むしろ、日本が例外的に他国のことを大きく伝えるし、そして日本人は世界の中では比較的他国のことを知っている。

昔から、日本は他国の情報を熱心に吸収するが、他国に発信することには興味がないと言われているのは、確かにその通りと思わざるを得ないことが多々ある。

しかし、積極的に知らせなければ相手は知らないままなのだ。それも、日本は密接に自分たちの生活に関わっている事実を知らせなければ、相手は自分が使っている製品が日本製であることも知らないし、自分が親しんでいる料理や芸術が大きく日本に影響されていることも知らない。

日本の絵画や芸術はジャポニズムとしてヨーロッパに大ブームを起こした。100年前のことだ。そして、それはブームという形ではなく真に根付いた物としてヨーロッパに影響を与え続けているが、多くのヨーロッパ人はそれを知らない。近年、日本食がブームになったが、今ではブームと言うよりそれが根付いた感じだ。世界を席巻しているフランス料理が近年日本食の影響を受けて、ヌーベルクイズィーヌとして定着しているのもその一例だろう。

近年こそ、日本映画、絵画、ファッション、あるいは若い年齢を中心に日本のアニメ、ゲームなどが人気であり、それをきっかけに日本に興味を持って訪れる若い層も増えてきたが、何せ若い層は金もなくどうしても素通り上辺観光旅行になりがちのようだ。

日本という国自体も知らず、まして東洋の歴史にも無知なままであり、かつての戦争でのナチスと組んだ邪悪な日本とのイメージもあって、日本自体が理解されることは少ない。あの大災害、東日本大震災はさすがに世界の耳目を惹いたが、初めてあの災害時に助け合い、暴動略奪一つ起きない日本人の姿が広く世界に知れた。あのような大災害でしか知られないのは残念だ。

もっと積極的に日本を宣伝する必要がある。その点、中国韓国は自国を売り込むことにかなり成功しており、それもマイナスイメージは日本をおとしめることでごまかし、良いことは日本から盗んでも宣伝する。

韓国企業は日本メーカーを装って富士山、寿司、力士などをコマーシャルに使っているのは良く知られているし、実際自分たちは日本人だと嘘をつきながら製品を売り込んだことが作戦として誇らしげに紹介されている位だ。

自分を売り込むのはみっともない、黙っていても努力していれば人は認めてくれる、というのは日本でしか通用しない。積極的に売り込まないのは売り込む物がないからだと思われても仕方がないのだ。中国の南京虐殺などの嘘、韓国の慰安婦、旭日旗などの反日宣伝がそれなりに功を奏しているのは、唯でさえ自分では判断しない世界の人間達が、日本から反論がないのはそれが事実なのではないかと考えても無理はない。

情報戦、プロパガンダは一つの戦争だと考えて良い。日本は特亜に戦争を仕掛けられていながら、戦争であることに気がついていないのだ。長期間にわたって日本の立場がどれだけ毀損されてきたかは、日本人が真剣に考えなければならない。嘘を宣伝することは絶対にやってはならないが、相手の嘘を否定する、史実を示して反論することは、政府予算を大きく組んで国家プロジェクトとしてやってゆくべきではないのか。

スポンサーサイト

これもまた日本の現状

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



留瀬「高雄爺さん、ブログ主に何かあったんですかね。何か、聞いてます?」
高雄爺「おや、おいでだね。とにかくお上がり。今日は暑いねぇ」
留「この前来たのはまだ寒い頃でしたよ。いや、それよりブログ主のことです」
高「うん、そうだったね。元気だよ」
留「ほんとですか?いろんな噂が有りますよ」
高「どんな噂だい」
留「入院でもしたんじゃないか、死んだんじゃないか、夜逃げしたんじゃないかとか」
高「おやおや、どれも違うよ」
留「刑務所に入ったのかも知れないって」
高「止しなさい。刑務所って、滅多なことを言うんじゃない。本当に元気だよ。実は昨日会ったんだ」
留「あ、そうでしたか。何か言ってました?」
高「あきれていたよ、馬鹿は本当に若い頃から馬鹿なんだろうってね」
留「誰のことです。まさか」
高「おまいさんじゃないよ。

若者ら「戦争イヤ」 19歳女性呼びかけ、札幌で「ふるえる」デモ

の事だ」
留「ああ、これですか。馬鹿ですねぇ。若いからと言うんじゃなくて、若いのに自分で学ぼうという気がない、だから、唯目立ちたいだけでやってるんじゃないですかねぇ」
高「お、そうだよ。若い内はだまされることも間違ったことを信じていることもあるだろうけれど、少なくとも自分の知識や観察力、理解力が不十分だと自覚してほしいね。あたしもね」
留「高雄爺さんも若い頃は馬鹿だったんですか」
高「もう少し言い方があるだろう。とにかく単純に考えすぎていたよ。日本は戦争で隣の国にひどいことをしたとか、日本が悪いから戦争になったとか、中国は歴史のある立派な国だとか、朝鮮は日本にいろいろな文化を伝えた国だとか・・」
留「そりゃひどい。従軍慰安婦とか南京虐殺なんかも信じてたんですか」
高「まさか、そんな戯言は、当時は全く聞いたことがないよ。連中が作り出した嘘話だから」
留「あ、なるほど、そういやぁ、そんなことを言い出したのは精々70年代だった。で、どうして今やばりばりのネトウヨになったんです?」
高「ネトウヨ、って本気かい。あたしは保守系だが、右翼ではないしネトウヨなんかじゃないよ」
留「ごめんなさい。保守でも少しでも保守的なことを言ってもすぐにド腐れ左翼や特亜なんか、右傾化したとかネトウヨだなどとレッテル張りをしますからね」
高「左翼だって、政府批判だって、親中、親韓、反自民だってかまわないよ。だが、ド腐れ左翼という所以は、連中の言っていることに全く整合性も事実の検証も無く、単なる感情論、イメージだけで主張するからだ。あたしの若い頃はまさにその感情論、イメージ操作にだまされていたんだと思う。誰だって戦争は嫌だ。その戦争をしたんだから日本が悪いことをしたという理屈にも何もなっていない連中の言葉を、本当か、と考えることもなく受け入れていたんだね。まさに若気の至りだったな」
留「でもあたしは若い頃、いや今も若いけれど、そんなことはありませんでしたよ」
高「そりゃ、あたしが薫陶したからだ。おまいさんの親父さんが今際の際に、せがれをよろしく頼むって言ったからね」
留「親父は生きてます!」
高「まあ、若い内は理解も足りない知識も足りないと言うのは仕方がない。だから、それを自覚してより多くの情報を得て、それを比較検討し、検証し、自分なりにどの情報が正しいのか判断できる力が必要なんだ。それでも完全な知識や判断力を持つことは誰にとっても不可能であることも同時に理解しておかなくては」
留「あ、それブログ主の持論ですね」
高「あたしが教えたんだよ」
留「はいはい。ところで」
高「さっきあたしが挙げた記事だろう。若いから馬鹿でも良いと言う訳じゃないのにねぇ」
留「彼女たち、馬鹿ですか。純粋な気持ちで戦争反対を叫んでいるって若者の素直さをほめている人も居ますよ」
高「連中の言っている言葉だが、”死にたくないから戦争反対”、”殺すのイヤだから戦争反対”、”日本が戦争するような国になったら最も影響を受けるのは私たち若い世代だから”挙げ句の果てが”戦争のことなんて1ミリも考えたくない”、”私たちの未来は私たちが決めたい”だとさ」
留「まあ、あたしも戦争は反対ですがね」
高「あたしだって大反対だよ。戦争をしたいという奴は、少なくともあたしの周りには居ないね。でも戦争のことは1ミリも考えたくないって、考えなければ戦争は存在しないのかな。病気のことは1ミリも考えなければ病気にならないのかね。死にたくないから病気は反対って、それで済むのかい。親父さんが聞いたら泣くよ」
留「いや、別にあたしがそう言ってるんじゃないんで」
高「若いから無知で良いというのではない。無知を自覚して、知恵を持つ努力をしなくてはならないと言うことだ。連中が想像している戦争とは、日本が勝手に始めるものらしい。他国が始める戦争や、他国が日本に仕掛ける戦争は全くこの馬鹿共の頭にはないんだ」
留「シーっ、声がでかいです」
高「とにかくね、殺すのが嫌だからって、殺される可能性は考えないのか、日本がいくら戦争をしないと決めても、戦争を日本に仕掛ける国があるかも知れないと考えないのか、理解不能だよ。こいつら、戦争は一国では出来ないことさえ知らないんじゃないのか」
留「ゲーム感覚ですからね。画面上の戦争ゲームは、自分がやりたいときに始まるし、やめたいときにやめられますから」
高「なるほど、連中にとって、戦争とは日本が勝手に始めるゲームなのか。もはや救いがたい馬鹿共だ」
留「おっしゃることはよく分かりますよ。でも若い連中だけが馬鹿というわけじゃないでしょ。憲法9条が日本を守ってきたとか、話し合いで戦争を避けるべきだなんて言っている野党の連中、あれは結構いい年ですよ」
高「あれは、度し難い。たとえば、最近も瀬戸内何タラというのが、絶対戦争反対、軍靴の音が聞こえるって言ってたね。あのばあさん、90にもなって、何にも学んでこなかったのか、男のたぶらかし方以外」
留「だめだめ、それは若い連中は知らないんですから」
高「日本が戦争を出来る国になるのが嫌だというのなら、戦争を仕掛けられても国民を守る能力を持つのが嫌だというわけだ。日本で言われている戦争を出来る国とは、戦争をめったやたらに始める国ではなく、戦争を仕掛けられてもきちんと対応できる国であり、それ以前に戦争を仕掛ける気を相手国に持たせない、抑止力を持つことだよ」
留「まあ、あたしらにはそれは常識ですよ。だから、日本の国防力をきちんとしよう、日本の生存権を否定している憲法は変えよう、と言う人たちが一番戦争を忌み嫌い、戦争をしなくて済む日本にしようと考えているんですよ」
高「偉い!良くそこまで成長したねぇ。ちょっと前まであたしにおしめを替えられながらオシッコをかけた同じ人物とは思えない」
留「いつの話ですかぁ。あ、女房からメールだ。なになに
あ、いつも行くスーパーで、子供が万引きしたのが捕まって、聞いたらお母さんにするように言われたんだって。ひどい親が居るもんですねぇ」
高「今回の19歳のフリーターだって、けばい格好をして単に目立ちたいだけかと思っていたけれど、考えてみれば誰かが後ろにいるのかも知れないね。若者を引きつけるには同世代を利用すればいい、そして彼女も結構なアルバイトになるし、あわよくばスカウトされるなんて言われてね」
高「まさか。いや、あり得るな。反原発アイドルの例もあるし」

日本の野党は言論を弾圧している

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ




今日、6月26日、この記事で持ちきりのようだ。国会における特別法案審議でも野党が盛んに安部総理に噛みついている。

首相「報道の自由は尊重」 百田氏発言「沖縄紙つぶせ」

及び

「経団連に働きかけ、マスコミ懲らしめを」 自民勉強会

この様な不謹慎な議員を擁する自民党の責任者、こんな不届きな発言をする講師を勉強会に呼ぶような自民党の責任者たる安部総理は謝罪しろと野党がわめく。

確かにあまりほめられた発言ではないとしても、野党が執拗に安部氏に食いつくような事ではない。

沖縄紙が異常な報道を繰り返しているのは事実であり、なぜ日本政府に噛みつきながら中国に文句の一つも言わないのか、地上戦で大きな悲劇が起きたのは本当につらいことだが、しかし広島長崎、東京大阪など大都市の空襲などでは数十万以上の市民が殺されている。だから沖縄は我慢しろと言うのではないが、沖縄紙の報道は常軌を逸し、どう見ても利敵宣伝をしているとしか思えない。自民としてはつぶしてしまえと思うだろうし、実際私もそう思う。また赤非や侮日などもつぶしてしまいたいと思う。が、実際は報道の自由は保障されなければならず、政治の力で弾圧しつぶすようなことがあってはならない。あくまで、読者がつぶすならつぶすだろう。

したがって、これらの発言がそのまま処罰の対象になるか、安部総理の責任になるかと言えば全くそれは違う。仮に不届きな発言であろうと、半ば私的な、公開を前提としていない会議で好きなことを好きなだけ言えるのでなければ勉強会にならないだろう。

安部氏の答弁はきわめて当たり前であり、報道の自由は保障されなければならないが、個人の発言を抑圧することもまた言論の自由を侵すことになるのではないか、というのは当然だ。また、百田氏の発言にしても別に安部氏が責任をとって本人の代わりに謝罪するなどあり得ないだろう。謝罪する必要があるかないかは、本人が決めるだろうし、自分は信念を持って発言したのだから謝罪をするいわれはないと言うなら、安部氏が謝罪することは百田氏の意志を踏みにじることになる。

まあ、百田氏は冗談で言ったと弁明したとのことだが、そもそも公開されないはずの私的な場での発言をとやかく言う野党の感覚は異常なのではないのか。こんなことで、勉強会での発言が萎縮するなら、野党が言論弾圧をしていると言うことになる。

むろん、公的に、それなりの立場にある人の発言ならそれを意識して発言すべきだ。安部氏が、朝鮮などぶっつぶしてやると思っていても本音としてそれを発言するはずがない。飲み屋でつぶやいたのを、一緒に飲んでいた岡田克也あたりが漏らしたらそれこそ大問題であり、今回のことはそれに近い。喩え漏れ聞いても、まあ、そういう奴もいるな、ですませられないのが、他に噛みつくネタのない野党というわけだ。