この国をむしばむ物

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ





まず最初に、御嶽山の噴火により犠牲になった方々のご冥福をお祈りすると同時に、これ以上の犠牲や、救助作業での二次災害などが起きないように切に願う物です。なお、例によって韓国では日本に天罰が当たったなどのネット発言が多数あるようですが、日本のヘイトスピーチと違い、その範囲が極めて大きくさらに国家としてそれをいさめる姿勢が見られず報道もされないという異様さはいつものことです。国家の資質、それを作る国民の民度とはこのようなときに良く顕れる物だとつくづく思います。

さて、

面白い記事がある。「武田教授が豹変」などのキーワードでググると、いや出てくる出てくる、あっという間にユーチューブや他の動画で彼の豹変ぶりが出てくる。今では、少量の放射線は浴びた方が身体によい、などしゃーしゃーと言っているのを見ると、あの福島事故当時福島の野菜は青酸カリ並みの毒性を持っているなどと言っていたのは何だったのだろうと、あっけにとられる。まるで、自分は最初から原発事故の危険性など言ったことはないとでも言いたそうな口振りだ。

そんな豹変が功を奏してか、今ではバラエティ番組などに結構出ている様子がユーチューブなどに上げられている。原発事故当時、武田教授の言葉を根拠として原発事故は日本を滅ぼすようなことを言っていた反原発お花畑は、今武田教授の浅ましい姿を見て何を思っているのだろうか。私としては、彼等は何も思っていないと考えている。なにしろお花畑なのだ。自分では物を考えられない彼等が、今の武田教授の出ているバラエティ番組を見ながらげらげら笑っていても、それが自分のかつての言っていたことと関係があるなど、理解できるはずがない。

さて、一般のお花畑と同じと言うわけには行かないお花畑の話題があった。

小泉元首相、反原発ライブで「音楽を楽しみ原発ゼロとは素晴らしい!」

小泉、細川コンビのお花畑ぶりは笑い事ではすまされないだろう。脱原発、原発ゼロがすばらしいというなら、なぜすばらしいのかを説明する必要があるが、彼等には全くそれがない。つまりは、全く理解しないまま、今の政府が気に入らないから脱原発で騒いでいるとしか思えない。

原発がリスクゼロではないことは私も十分知っている。しかし原発ゼロのリスクの大きさは目をつぶっていれば済む程度の物ではない。それも何度もここに書いているので、繰り返しはしないが、日本の原発は世界でも一流の基準にある。ロシアはチェルノブイリ以降原発研究、開発を事実上止めてしまっていたし、アメリカもスリーマイル以降かなり長期に渡って停滞していた。

原発を推進しているフランスなどはそれなりに成果は上げているが、やはり日本の原発産業が世界を圧している事実は否めない。

下記の記事は、ある方からご紹介頂き参照した物だが、「日比野庵」という個人のブログである以上内容をそのまま書き写すことは出来ないので、詳細は各自下記リンクでご確認頂くとして、実は私自身も内容をそのまま理解しているわけではないのだ。完全に理解する知識を持っていないのは当然だろうが、ただ、概念的には腑に落ちる。

資源再利用型沸騰水型原子炉

ただ、同新型原発開発につき、日立の公式サイトに下記の記事があったので、こちらも併せて紹介したい。いずれにせよ、有害な放射性廃棄物の現象を目指した原発であるとのことだ。この新技術については、日立のサイトに出ている。

放射性廃棄物を燃料として有効利用できる将来原子炉の開発をめざす

結局は、より安全、より経済的な原発開発が進んでいると言うことであり、基本概念は文殊、高速増殖炉の物と共通するそうだが、文殊が冷却システムにナトリウムを使っているのとは違い、もっと安全な水を使っているなど、格段の進歩を遂げた物らしい。

また、これとは概念が違うが

4S 原発

も世界最高水準の物と言われている。出力は小さいが、燃料補給をしないまま数十年使え、それも工場で組み立てたパッケージを現場に運べばそれで済むという簡便さから、そのまま需要地に持っていってすぐ使えるという優れものだ。私としては、原子力潜水艦として利用出来るのではないか、あるいはそれを想定して作ったのではないかとさえ思っている。実際、旧ソ連では電力が足りなくなって沿岸につないだ原潜から電力供給をしていた。そして、寿命が尽きるとそのまま遠洋で沈めてしまっていたと言われている。深刻な海洋汚染をソ連はしていたのだが、このカセット式原発なら、汚染を外に漏らさないまま後始末が出来るのではないか。なにしろ、小型で外部に放射線を漏らさない構造なのだから、わざわざ開けて中身を取り出す理由がない。詳細は分からない。

いずれにせよ、今世界で全ての国がもし原発を止めれば、化石燃料は高騰し、開発途上国には手が届かなくなりさらに開発が遅れ世界の大きな脅威になるだろう。だが、効率的で安全な原発を日本が積極的に輸出すれば、途上国も発展出来る。あくまで安全な原発であり、ケンチャナヨウリ原発や、チャイナフリー原発などであってはならない。それらの事故を押さえるためにも、日本は高度な原発技術を絶やしてはならないし、さらに安全性を高め世界に供給してゆくべきなのではないか。



引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックして下さい。内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません

続きを読む »

スポンサーサイト