スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分勝手な国々

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ




自分勝手な国と聞けば私などは脊髄反射で特亜と考えるが、彼等は異常な自分勝手なのであって、普通の自分勝手なら世界中がそうだ。日本だって他国から見れば自分勝手なのであって、自分勝手なのは国として当然なのだが、それでも日本が関係している国々は異常な自分勝手が多い。しかし、これも考えてみれば、異常な自分勝手がことさら目立つのだ。結局隣国同士で仲の良い国はないと言うが、互いに引っ越し出来ない以上、妥協もしなければならない。これが外交だろう。が、それが出来ないのを異常な自分勝手と表現するわけだ。異常な自分勝手とは、不正な手段を用いて他国を貶めるなどもそれに当たるだろう。

折しも日本で行われている世界フィギュアスケート選手権大会で、浅田真生選手がまた世界女王に輝いたが、これに対し韓国がまたイチャモンを付けているのはいつものこととして、先日のソチ冬季オリンピックにおける韓国のキム・ヨナ選手が銀メダルだったことに対し、国挙げてあの判定がおかしい、キム・ヨナは金メダルの筈だと正式にISUに講義をしたそうだ。次の記事がそうだが、ばからしいので内容は省く。どうせいつもの理屈にもならない屁理屈を言うだけで、ISUから、意見を言うのは自由だが、証拠を示せと突き放されている。

赤文字は引用

キム・ヨナ判定問題、ついにISU提訴へ踏み切る韓国 これも恨の文化なのか

こんな事は韓国では当たり前であり、韓国にスポーツをする資格など無い、スポーツマンシップなど全く無縁だとは、何かの国際スポーツ大会がある度に世界中に知られている。確かに、スポーツには常に八百長、不正が存在しており、この多くが中国韓国に集中しているが、むろん他国にもあることだ。だから、仕方がないというのではないが、スポーツでそのような問題を多く抱えている国の質が、世界では極めて明確に読みとられていることも事実だ。

韓国のそのような質はあのパクリゴネ大統領の告げ口外交でも良く知られているが、彼等のメンタリティーでは、自分たちに過ちがあるのかも知れないとの思考形式は全くない。すべて、何かの問題は他国、他者の責任であり、自分の責任を認めることすなわち負けることとの意識が彼等を世界でも希有な馬鹿にしている。今国が外交上でも経済でも軍事的にも極めて深刻な危機状態にありながらそれでもそれを認識出来ないでいるのは、自分たちが間違っているはずがないとの前提から離れられないからだ。

【コラム】韓国ほど「歴史の清算」に執拗な国はない

 世界に目を向けると、不思議なことがある。植民地としての歴史の清算を、韓国ほど執拗(しつよう)に主張する国が見当たらないという点だ。

むろん、韓国の粘着性は日本人の多くが知っているが、それが異常なのは事実と無関係に日本を憎悪し敵視することだ。日本に罪があるなら、ある意味憎悪もやむを得ないだろうが、しかし、70年以上前のことをことさらこれほど執拗にわめきあまつさえ他国に告げ口をして歩く国など中韓以外世界のどこにもない。世界では支配したされた、侵略したされたの繰り返しだが一端講和すれば、それを蒸し返さない。韓国兵がベトナムで行った数々の蛮行も、ベトナムは内心其の怒りは収まらないだろうが、少なくとも外交上の問題にはしない。が、韓国はそれをいつまでも蒸し返すことが正しいとしているのだ。そうするのが韓国の権利だと言っているのが他国の常識では理解不能なのだ。

さらに、彼等の言う日本の蛮行は一切根拠のない一方的な言いがかりであり、日本は韓国を侵略も植民地支配もしていないし、慰安婦強制連行、性奴隷になどしていない。それは数々の歴史的記録、物的証拠が示しているが、韓国は全てそれらが日本の隠蔽、ねつ造による物だという。そして、自分たちの隠蔽ねつ造など有るはずが無いという。それなら、客観的な検証をしようと日本が言えば、それもしてはならないという。

これで執拗に歴史問題を追求するというのだから、彼等の頭が常人では理解出来ないほど腐りきっているのだ。

日本の侵略を受けたフィリピンやベトナム、ミャンマー、インドネシアは、賠償金を受け取った後、相次いで過去を不問にした。植民地支配を受けた台湾で総統を務めたある人物は、親日的な信念を持ち続け、靖国神社にまで参拝した。

まず、フィリピンなどの国々が日本に侵略されたかどうかは、その国の意識による。むろん、日本軍がこれらの国々に行って戦争をしたのだからそれによる被害を受けた人々が居たろうし、日本軍が侵略してきたと考える人も居るだろう。が、当時の戦略上、日本から出ていって戦争をしなければならなかった日本が、これらの国々を侵略する目的で行ったわけではない。それにその他の国々から西欧の植民地支配を排除したのも、あくまで日本防衛のためだった。

とはいえ、確かにこれは立場の違いにより、日本に侵略されたというなら、それを否定は出来ない。しかし、現実にはこれらの国々は史実を理解し、だからこそ、今日本に対し中国への対決を求めているし、さらに日本との連携を求めている。国民感情に被害意識があったとしても、国家として日本との協調を求めているのは、彼等が極めて冷静に事実を認識しているからであって、韓国が彼等に対しとやかく言うことではない。むしろ、韓国がこれらの国々から嫌われ不信を買っている事実を韓国は一切気づかない。

 韓国のすごいところは、植民地時代を徹底的に清算しながらも、得るものを得たという点だ。「経済協力資金」という不愉快な名称だったが、日本から得た有償・無償合わせて5億ドルの金は、日本によって廃虚になった交戦国が得た賠償金と同程度だった。

これを韓国の偉大性と考えるところに、彼等の救いがたい思考形式がある。つまり、卑しいのだ。まず、侵略があったかどうか、植民地支配による収奪があったかどうかを置くとしても、少なくとも両国が日韓基本条約で全ての補償は個人補償も含めて済んでおり、それをこの記事は確認しているし、そして韓国も一旦は韓国に対する日本の補償が済んでいることを2008年に確認している。しかし、その後になって、新たに様々な難癖を付け補償が済んでいないと言いだし、日本から金をむしり取ろうとしているのが強盗強請韓国なのだ。これが、韓国のすごいところなのだそうだ。確かにすごく卑劣で卑怯で二枚舌であることは認めざるを得ない。

 一方、世界に目を向けると、韓国ほど植民地支配を十分に清算した国もない。国際社会で韓国が認められたのはそのためだ。だが一方で、そのために批判されてきたという事実も受け入れなければならない。過去を克服できたにもかかわらず、なぜ今に至るまで「謝罪せよ」「賠償せよ」と主張するのかということだ。もちろん、日本が朝令暮改的な姿勢で歴史をもてあそんでいるためだ、という韓国の反論は妥当なものだ。

韓国ほど植民地支配を精算した国はないそうだ。むろん、これほど異常な国がないと言うことだ。国際社会で韓国は認められているそうだが、もしそれが本当なら、韓国ばかりではなくアジアアフリカ南米大洋州の全ての国々が西欧に対し同じ事をしているだろう。そうならないのは、歴史の変化による価値観の切り替えを普通の人間が行っているからだ。西欧社会もかつては支配被支配の繰り返しだった。が、それを今ぶつけ合っている国など無い。韓国だけが異常であり、実際韓国の自画自賛以外に韓国が賞賛され認められている他国の記事を読んだことがない。

つまり、自分たちが不当に日本からゆすり取ったことが手柄なのだが、同じ事をしない他の国々をこの記事の冒頭で言っているように意気地がないと見ている。自分が世界からどう見られているかは一切想像したこともない。

さてこの記事の内容だが、韓国は偉いと自画自賛だけだと思っていたら、なんと日本ににじり寄ろうとしているのだ。韓国経済が全く望みが無く、さらに国際社会で全く同調者が現れず、日本が孤立しているとわめいている内にもしかしたら自分たちが中国様の飼い犬に戻ったことで孤立していることを感じたのかも知れない。だとすれば、従来通り救いの手をさしのべてくれる、尤も彼等にしてみれば日本が韓国の助けで国際社会からの孤立を免れようとするその手助けをしてやるのだとの論調だが、いずれにせよ、日本との離反がまずいとは思っているようだ。

日本が憎いといって、米国の作った秩序からも離れようとすれば、その瞬間、韓国は北東アジアの安全保障体制における「弱い連携」になり下がってしまう。歴史を前面に出した中国の歓待や、それに対する韓国の感情的な連帯意識は、国際社会にどのようなシグナルを送っているのか、省察する必要がある。

まさかここまで自覚しているとは知らなかったが、中国様の犬になっている韓国とははっきりと国際社会の敵と認識されているとしか思えない。韓国がどうであれ中国ほどの害はないと思えるから直接の矢面には立たないが、ただ、韓国が国際社会から向けられる視線を自覚しているのだとしたら、おそらくもう手遅れだ。韓国を助けるとすれば日本しかないが、その日本の最も基本である国民の民意がすでに嫌韓で主流を占めている。かつてはまあしょうがないかで、政府が助けていたし、現実に自民内にも媚韓派はいる。しかし、現在は国民の中に韓国に関わるなとの意識がかなり高まっており、以前ほどその民意を無視することは出来ないだろう。

 誰が何と言っても、韓国は「賠償せよ」「謝罪せよ」といって戦っていくことだろう。だが、その戦いの限界についてもはっきりと線引きすべきだ。汚いことでも飲み込み、悪魔ともキスするという「戦略的な自己催眠」は、統一の段階で必ず身に付けなければならない国民的な課題だといえる。

これは韓国自身が噛みしめなければならない言葉だ。だれが悪魔にキスしてもらっているのか。戦略的な事故催眠で自らを妄想に駆り立てている自覚をしているのではないかとさえ思える文章だ。この記事を書いた鮮于鉦(ソンウ・ジョン)国際部長という人物は、かつて東京特派員であり、それなりに朝鮮日報内では調和の取れた記事も書いていたが、今の立場ではこのような事も書かなければ袋だたきになるのだろう。

さて、韓国の立場が極めて厳しくなっていることに漸く気づいてか、このところ日本にすり寄る姿勢が、それでも偉そうに上から目線での記事で増えてきた。と思っていたら国内でもしっかりあった。なにしろ、赤非系のAERAの記事だが


韓国人、本当に日本がお嫌い? 極右とマスコミだけの「反日」

朝日新聞 AERA 記事

「マスコミが煽るだけ」
 やっぱり、「いつもの場所で、いつもの人たちの、いつも通りのデモ」だった。
 大使館前で隊列を組む警官隊と向かい合う「反日愛国」団体は数人、多くても30~40人。記者とカメラマンのほうが多いぐらいだ。糾弾プラカードに軍歌調の歌が鳴る。騒がしいだけで緊張感はゼロ。
 右翼団体の一人が何かを投げつける素振りをしながら突進、警官らに押さえられた。だがこれも騒ぎを撮影、アピールする腹のようだ。


これは嘘だ。確かにまともな韓国人もいるし、まともな主張をする韓国人もいる。が、彼等がまともなことを言い主張すれば韓国社会では抹殺される。その例は李栄薫ソウル大教授の例を見るまでもないし、メディアはどのように政府を批判していても、日本叩きでは競って記事を書いている。

またパクリゴネ大統領が高い支持率を維持しているのも強硬な対日批判が支持を集めているのだ。まともな韓国人がこれほど多いなら、あり得ないだろう。

つまり、赤非は韓国から依頼されて嫌韓感情の火消しを始めたわけだが、お花畑がどれだけだまされるかだろう。

反日一色で染められた韓国社会は、次の記事にある北朝鮮と何ら変わらない。

「刈り上げよ」北が髪形統一令 指導者と同じに 男子大学生対象


 北朝鮮当局が、国内の男子大学生に対し、最高指導者である金正恩(キムジョンウン)第1書記と同じ髪形にするよう発令したと、欧米メディアが28日までに一斉に伝えた。独裁国家の北朝鮮では髪形にも厳しい規定が存在し、かつて「長髪禁止令」が出されたこともある。ただ、金第1書記のトレードマークでもある側頭部を大胆に刈り上げた独特の髪形への「統一令」に対しては、国内でも不評の声が上がっているという。髪形の自由すら認められない北朝鮮。その“異質さ”が改めて浮き彫りなった。(SANKEI EXPRESS)

あの髪型が良いか悪いかなどはどうでも良いが、それが政府命令として出される国は決して北朝鮮だけのことではない。口を開けば反日以外口にしてはならないとされる韓国社会も全く同じだろう。つまり、朝鮮半島は北も南も、基本的に奴隷社会なのだ。誰かの奴隷になっていなければ安定出来ず、北では独裁政権、南では中国様に隷属している政府の奴隷になっていなければ安定出来ない。そういう連中なのだ。

 いずれにしても、国民の髪形を統一しようとするその異質さは際立っている。国連は北朝鮮による「ノドン」ミサイルの発射や外国人拉致を含む人権侵害を激しく非難しているが、北朝鮮に国際社会の常識が通じるとはとても思えない。

したがって異常なのは北だけではなく、南も全く同じであり、それはまた日韓併合以前の朝鮮そのままと言っていい。見かけだけは工業化したかも知れないが、その精神性には全く当時からの進化がないと言うことだ。

さて、自分勝手なのは特亜だけではない。アメリカの身勝手さを何度も書いてきたが、アメリカの本質を理解するために、ついでとは思うが紹介しておきたい。


GM欠陥放置問題、米政府の裁定どうなる? トヨタは“袋だたき”だったが…

  この問題では31件の事故が発生し、13人(後にGMが12人に訂正)の死亡が報告。GM側は「推測」と否定しているが、米消費者監視団体の自動車安全センターの調査によると、今回のリコール対象車による死者数は303人に上るとの数値もあり、不具合を放置していたという点で重大な問題に発展しつつある。しかも、今回の放置問題を受け、再調査を実施したところ、08~14年型の多目的スポーツ車(SUV)など約175万台で不具合が見つかっており、米自動車最大手とは思えないずさんな品質体制が明らかになっている。

GMがトヨタに抜かれたとき、アメリカは理性を失った。トヨタの事故をねつ造し国を挙げてトヨタ叩きを行い、それに乗じた詐欺も多数発生した。韓国系米国人が集団訴訟を起こし、その間に現代自動車が売り上げを伸ばした。アメリカではABC放送などが事故をねつ造して大々的に日本叩きをした。しかし、そのころすでに、GMは徹底的に腐敗しており、事故を隠蔽していて、しかもトヨタが叩かれている最中もその後も自らの不正をただそうとはしていなかった。

 今回の騒動で、約5年前に米国で起きたトヨタの品質問題が蒸し返され、「トヨタ問題の再現」と報じるメディアもあるが、前出の関係者は「似て非なるものだ」と言い放つ。

当然似てもいない。トヨタには欠陥がなかったのにそれをでっち上げぬれぎぬをかぶせたのはアメリカなのだ。正義が聞いてあきれる。このようなことは以前にも東芝叩きであった。これは東芝がソ連に輸出した工作機械によって製造された潜水艦のスクリューがソ連潜水艦の騒音を小さくしたココム違反だとの理由で東芝を告発した物だが、実際は東芝が機械を輸出する3年前からソ連の潜水艦の騒音は小さくなっていた。そして、当時IBMのパソコンがココム違反であるにもかかわらずソ連に供給されていたことが判明したが問題化されなかった。

 しかし、その後の調査でトヨタ車には問題がなかったことが判明。リコール問題の渦中、トヨタ車の所有者は「運転するのをやめるべきだ」と述べ、トヨタ株を急落させた当時のラフード米運輸長官は過失がないと分かると「娘にトヨタ車は安全だと薦めた」と手のひらを返し、自動車関係者をあぜんとさせた。

当時、大統領選の直前であり、膨大な票を抱えるユニオン、とくにアメリカの代表的企業であるGM関連の票が欲しかった政府がトヨタ叩きをした物だと考えられている。

 しかし、08年にはトヨタが世界販売台数でGMを抜き、初めて首位に。同時にGMが経営危機に陥ったこともあり、「08年は米国にとって屈辱の年だったに違いない。そこで始まったのが起こったのが“国策”といえる国をあげてのトヨタだたきだ。この問題では米メディアの捏造(ねつぞう)まで飛び出す始末だった」(自動車アナリスト)。

そして、本来アメリカの産業である自動車が日本に抜かれることはアメリカの威信に関わるとして、アメリカ人は政府のトヨタ叩きに喝采を送り、ここで書かれているようにABC放送が事故をでっち上げて報道したこともアメリカが決して公平な国ではないことを示している。

当時トヨタを選挙のために叩いたアメリカ政府も全くその罪を認めていないし、関係者も全ておなじだ。ラフードなど珍しくもない。国の方針にしたがったのだから自分には責任がないと言うことだ。

 死者数が10人以上にのぼり、不具合を10年間も放置するという内容も悪質なため、「米政府も厳しい姿勢で調査を進め、バーラ最高経営責任者(CEO)も公聴会に呼ばれるかもしれない」。ある自動車ウオッチャーはこう述べた上で「米政府が公的管理下からようやく脱したGMを再び奈落に突き落とすようなことはしない。『組織的な隠蔽はなかった』というお約束のようなトカゲの尻尾切りで問題は終息するだろう」と推測する。米全土に“GM叩き”が吹き荒れる-。そんな日はまず来ないだろう。

むろん、GM叩きなど絶対に起きない。むろん、放置はしないだろうが、何人かのスケープゴートをあぶり出して終わりにする。

このようなアメリカの身勝手は別に珍しくもなく、アメリカとはこういう国なのだ。その国が、自国の安全を犠牲にして日本を護るだろうなどと期待するのは日本を危うくする。むろん、アメリカで例のトヨタ叩きを終焉させたのもアメリカ人であり、東芝叩きもアメリカ内部から批判が出ている。それがアメリカの自浄作用であり、ここが全く中国や朝鮮とは違う。

したがって、アメリカと全面対決するのではなく、ただ、アメリカが自らを犠牲にしてまで日本を助けはしないとの全く当たり前の事実を日本人が認識すべきなのだ。特に今のアメリカ政府は、全く国際的な信頼を失い、ウクライナ問題でも全く何の主導権も執れないでいる。アメリカの強硬な制裁主張に対し、ドイツ、フランス、そして日本は強硬制裁に反対しており明確にアメリカとは一線を画している。それは、日本を憎悪し反日宣伝をしている中国や韓国と仲良くしろと言うアメリカの姿勢でも明らかだ。最近では国費を使って妻子を中国観光旅行に行かせるなど、国内でもオバマ政権は姿勢を批判されているが、そのような政権でもアメリカ政府なのだ。

アメリカは政権によって姿勢が変わるが、今は最低だと考えても、基本自国を犠牲にして他国を護らないと認識を持ち安全保障を組み立てる必要がある。

自分勝手なのはアメリカだけではない。ドイツやフランスは今大変な状況のEUで経済の牽引役をしているが、これらの国であり、その経済は大きくロシアや中国に依存している。したがって、ロシア制裁を程々にと言うのは、その経済的影響からだし、日本は中国牽制のためにロシアとの関係を修復している最中だ。もちろん、ロシアが信頼出来ないのは、独仏日とも良く知っているが、アメリカとは明確に態度を変えているのも、今のアメリカの地位を象徴している。

それに付け込んでいるのが中国だが、独仏ともそれほど甘くはない。アメリカよりもある意味きちんと商売と政策を分けていると見て良いだろう。身勝手なりに、日本はそれらの国とも連携を保つ必要がある。それが全く出来ないし連携の相手にされていないのが、中国の飼い犬なのは言うまでもない。ただ、日本国内にその飼い犬についているニダ、もといダニがいることが懸念される。

引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックして下さい。内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません

続きを読む »

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。