安定政権誕生

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



ばんにゃい



留瀬「こんにちは。あれ、なにやってるんです、この猫」
高雄爺「ああ、来たね。こっちにお入り。この猫は、もちろん自民が圧勝してねじれが解消したことにばんにゃいをしているんだ。昔から自民支持だったらしいよ」
留「あ、なるほど。でもこのうちの猫も大変だなぁ。キュウリに囓られたり、空中浮揚したり、炬燵の熱源になったり、苺入り餌を食べさせられたり」
高「そりゃ、環境によっては、猫だって賢くなる。人民を愚かなままにしておく中国や、日本憎し以外の全てから国民の目をふさいでいる韓国の猫なら、この猫ほど賢くはならない」
留「本当に賢くなったんですか、この猫。でも特亜の政府は相変わらずですね。自分たちの反日キャンペーンが自民の後押しをしたことさえ理解していないみたいですよ」
高「ああ、この記事だね。でも連中にしてみれば選挙結果を静観するなど出来ない。反日を突っ走るしか選択肢がないからね。日本鬼子は悪だ、ウェノムが悪いニダとわめきながら中韓共に断崖絶壁に向かって暴走中だ」
留「だから、実際に自民が安定政権を作り上げたら、とにかく連中の愚痴が出ることでる事。あれだけ選挙前は内政干渉そのままの妨害をありとあらゆる手段で尽くしたのに、まったくその効果がなかったことにもショックを受けているんじゃないでしょうか」
高「そうだね。今回からネット選挙が解禁になったが、ネット上の選挙活動が野党を追いつめた効果はあると思えるし、第一国民がより正確な情報をネットから取捨選択していたのではないかと思いたい。民主党や共産党、社民などの明らかな嘘が通用しなかったんじゃないかな。

民主党の惨敗は自業自得だよ。仮に自民がこれほど圧勝しなくても、民主にその票が流れたりはしなかったと思うよ。なにしろ、民主は党を一本化出来ずに、自民に何でも反対と言うしかなかった。アベノミクスは失敗する(失敗して欲しい)、TPPは参加するな(理由は分からないけれど)、原発は停めろ(停めた後どうなるかなどはどうでも良い)、改憲するな(平和憲法を世界中が遵守してくれるはずだから)などなど、自民に反対するがその裏付けが全くない。裏付けがないと言えば、自民に対するネガティブキャンペーンも裏目に出たね。癌治った氏の自民比例候補の落選キャンペーンなんか、違反じゃないのかね。それとか、原口一博氏が福島原発の安全装置を小泉政権が外した、などの発言を動画で広めているが、それを頭から信じているお花畑にとっては、たんなるイメージキャンペーンで、それを信ずるというノータリンが大勢居る。ブログ主に対し、あれをデマだというのはお前だけだとわめく始末だ。が、あれをデマだと信ずるのがブログ主だけなら、なぜそんな重大な犯罪とも言える事実が、広く糾弾されないのか、お花畑は考えてみないらしいよ。

政府が隠蔽したからだと言いたいだろが、当時の政権は民主党が執っていた。そして、従来の政府と東電のなれ合い、津波に対する警告を無視していた怠慢、外部電源喪失に備えた配慮が無く、非常時における訓練までろくにしていなかったことがあれだけ大々的に公表され糾弾されたのに、自民党政権が原発の安全装置を撤去したなどがもし事実なら、当時の民主政権が大々的に公表し、それまでの政権の罪を糾弾したろう。が、そんなことはなかった。そのお花畑は、サーズを中国でばらまいたのはWHOだと言う始末だ。脳みそに何かばらまかれたんだろうね。

原口氏が単なる伝聞を事実として言っていたに過ぎないからだが、お花畑はそれを信ずるわけだ。例の坂本龍一氏が、福島では何千人も死んでいるが政府が隠蔽しているとデマを拡散し、オレは聞いたことを言ったまでだと開き直っていたのと同じだよ。福島では癌で何十万人も死ぬとか、甲状腺異状が飛躍的に増えたなど全てデマだった。福島での子供達の甲状腺異状発生率は、他県よりも少なかったくらいだよ。

ブログ主に原口氏は事実を言っている、デマだというのはお前だけだとヒステリーを起こすお花畑は、却って自民を後押ししたことになるね。民主が自爆したのも当然だよ。

それはともかく、読んでごらん。赤文字が引用なのはいつも通りだよ」

中国、安倍政権の長期安定化を警戒?

 同通信は、安倍首相が「戦略的互恵関係の原点に戻ることを期待する」との姿勢を示したことから、今後、関係改善を試みることを期待しつつ、「対中政策上、大きな変化はないだろう」と悲観的な見方を示していた。

高「確かに、中国は選挙前はさんざん安倍政権つぶしをやっていたね。しかし、それがまったく功を奏せず、自民は予想以上の圧勝をしてしまった。でも、実際は中国が想定していなかった点もあるんだよ」
留「あの国が想定していることなど、実際は自分たちに都合のいい条件しか考えていないから、やることなすこと全部裏目に出ているんですがね。今回の自民圧勝だって、さっき言ったように、支那や朝鮮のあからさまな嫌がらせ、反日キャンペーンが日本人に自民を選択させたんでしょ。だって、実際急激に日本人の間に反中、反韓の人が増えていますよ。特亜にきちんと対抗する姿勢を見せている安倍政権を日本人は積極的に選んだんだと、ブログ主が言ってました」
高「ま、あの男の言うことは間違いないからね。常日頃あたしが教えている甲斐がある。それはさておき、今回の投票率は極めて低かったのは知っているだろう?52%余りで、戦後三番目に低かったんだ」
留「あ、そうですね。で?」
高「投票率が低い選挙では、組織票を持つ政党が強いのが普通だ。だから、今回は共産党や公明党が伸びた。都議選でも同じ状況だったよ。尤も、公明が善戦したのは自民に対する牽制という意味合いもあったんだろうけれどね。
だが、反自民の有権者はむろん大勢居るが、彼らの票は、あの山本だとか、共産党に流れた。後は、積極的に自民を支持したと言うことだ。もし投票率が高ければ、他の野党にもそれなりに票は流れたはずだよ。投票しても無駄だと思うのは、無党派層が多いだろうから」
留「なるほど。投票率が低いのに自民が圧勝したというのは、積極的に自民を支持する有権者が積極的に自民に投票したんですね。でも、それは景気対策がうまくいっているからだって、いろんな人が言っていますよ」
高「それはもちろんある。が、安倍氏は選挙前からはっきりと中国に対しては領土などで絶対に譲らない、国防に力を注ぐ、憲法を改正すると言っていた。それでも圧勝したんだから、経済もさることながら、彼の国防、対特亜、改憲も支持されたと見るべきじゃないのかな」
留「朝日なんか、民意とのねじれを考えずに改憲に突っ走るのは間違っているみたいなことを言ってますよ」
高「赤非の言うことだ。選挙結果とは民意じゃないか。民意を政治に反映させるのが選挙の目的だろう。よく、野党の言うことも聞けと言う連中が居る。むろん、少数意見を無視するのは良くないが、なぜ自分たちが支持されたかを考えれば、選挙前の公約を実行することが支持された政党の義務だ。そして、安倍氏は選挙前に、先のことを明確に言っている。なら、それを実行すべく努力するのが当然であり、野党に足を引っ張られてそれらをしないなら、むしろ有権者を裏切ることになるじゃないか」
留「確かにね。民主党は完全に有権者との約束を破りましたからね。大惨敗も当然で、海江田万事休す氏が、思いが届かなかったって言ってますけど、民主党の思いなんか届いてたまるもんじゃない」
高「で、中国だ。安倍氏がこれだけ国民に指示されたのがはっきりとすれば、あと3年間は安倍氏が日本の総理であり続けることはほぼ確実だ。総裁選がその前にあるが、安倍氏が退陣する理由はないしね。しかし、中国はこんな事を言っているよ」

 華僑向け通信社、中国新聞社は、経済改革が実を結ばず、中韓との対立などが続いた場合、退陣する可能性もあると分析し、「参院選で勝利したからといって、安倍政権が順調に長期政権になるとはかぎらない」と主張していた。

高「アベノミクスが失敗する可能性なら、その根拠を挙げなければ。中韓との関係改善を国民はべつに欲していないことも選挙の結果で明らかだ。実際は、中国バブル崩壊で確かに世界経済に悪影響はあるだろう。バブル崩壊を押さえるために中国が大量の外貨を放出したり米国国債を一気に放出したりすれば、ドルは一気に価格が下がり、米国経済は極めて弱体化しかねない。アメリカが畏れているのはこれだし、むろん、ユーロも無事では済まないから、欧米は中国の破綻を畏れ、今までも中国は世界第二位の経済大国だなとと言い続け一方投資を引き揚げたりしている。

が、日本も悪影響はあるだろうが、何度も言うように世界で最後に破綻するのが最大の債権国日本だし、アメリカが弱体化すれば円は急速に価値が上がる。これは日本経済が自動的に巨大化することを意味し、価値の下がった欧米の資産を日本が買いたたくチャンスでもある。つまり、世界の富が急速な円高で日本に吸い寄せられる事を意味する。もちろん、化石燃料などの資源も安くなるだろうしね」
留「でも、それじゃ円安で輸出関連企業が勢いづくというアベノミクスにとってはマイナスですね」
高「あるだろうね。だから、日本にも悪影響はあるだろうよ。でも、世界が全体的にもっと沈む時代、一番安全な資産として日本通貨があるなら、結果として日本経済が一番強くなることを意味する。あの超円高が続いた時代、日本企業はかつて無いほど海外企業を買収し海外に資産を積み重ね、所得収支で日本経済を支えるようになった。行き過ぎた、あるいは不安定は通貨レートの乱高下は確かにマイナスもあるが、ただ、通貨高は通貨安よりは確実に経済にとってプラスだよ。実際、自民圧勝を受けて円は値上がりしているが、従来ならそれに伴って株安になっていたのが、今は株も上がっている。結局日本経済がそれだけ力を持っていると言うことで、長期的に見れば適正値なら通貨高は日本経済にとって大きな要素だよ」
留「それもブログ主の持論ですね。まあ、中国にしてみれば、なんとしても安倍政権は駄目政権だと宣伝したいんでしょうけどね」
高「韓国だってそうさ。中国のしっぽにたかるシラミだもの」

韓国メディア、「右傾化弾み」 自公勝利を速報


 そのうえで、「特に韓国、中国と歴史認識、領有権問題で葛藤を生じさせてきた安倍政権が、今回の選挙で圧勝をおさめたことで周辺国との関係は冷却状態が当分持続すると予想され、平和憲法改正など日本の右傾化の足取りも弾みをつけるとみられる」と分析している。

留「芸がありませんねぇ。右傾化だって。要するに、自分たちの強請たかりに屈しない日本は右傾化しているニダ、と言うだけでしょ」
高「韓国経済がもうどうにもならないのは誰の目にも明らかだ。頼みの綱の宗主国様ももう崩壊は避けられない。せめてハードランディングだけはしないでくれと世界が見ているだけのことで、韓国などどうなっても世界には殆ど影響など無いからね。沈没しかけている韓国経済を何とかしたくても誰も助けてくれないし、それどころか後述するように外国資本は急速に韓国から引き揚げている。今更日本に助けてくれと言える状況じゃないから、後は日本に強引に揺すりたかりをして金を引き出すしかないんじゃないかな」

 韓国のメディアと政権内には、参院選について憲法改正を公約としている自民党の圧勝が確実視されていたことから、「右傾化」が進むとの見方が出ていた。

留「日本人も政府に対しては、もう朝鮮に金を出すな、って言うんじゃないですか」
高「右傾化が特亜にとって何を意味するかははっきりしている。だが、安倍氏はそんなことにはまったく障害にならないから、投票日直前になって、憲法改正をはっきりと口にした。憲法改正問題で自民を支持してくれ、と明確に有権者に訴えたんだよ。民主なんかは、日本がアジアで孤立している、肝心の中国や韓国とのトップ会談が出来ていないのは安倍外交の失敗だと言っていたがね、安倍氏は歯牙にもかけなかったし、国民も中韓との歩み寄りは要らないと理解した」
留「アメリカ辺りが隣国と仲良くしろと言ってますね」
高「言うだろうよ。中国が暴走してはたまらないからね。だから、安倍氏は口を開けば中国も韓国も大切な隣人であり、重要な二国間系であり、ドアはいつでも開けてある、と言っている」
留「空々しいなぁ。十分知っていて、言っているんでしょうね」


首相9条改正発言 改憲勢力結集へ布石 保守層に意欲アピール

 21日投開票の参院選が終盤戦を迎える中、公明党などへの配慮から憲法について発言を避けてきた安倍晋三首相(自民党総裁)が9条改正の必要性に言及し始めた。各種世論調査で「自公優勢」が伝えられるものの、改憲のパートナーに想定していた日本維新の会などは伸び悩む。首相の発言からは、改憲への変わらぬ意欲を保守層にアピールすることで、選挙後に流動化する与野党政局で主導権を掌握しようという思惑も垣間見える。

留「確かに、以前から改憲については安倍総理は明言していましたけれど、投票日直前になってそれを公約としてはっきりと口にしましたね。それもまた自民への支持の理由にして欲しいと有権者に訴えたんでしょうね」
高「それと、あたしの推察だがね、公明へのメッセージじゃないかな。公明は昔から主流ではないが常に主流にくっついて一定の勢力を保ってきた党だ。どこかの半島のような党で、昔野党だった頃はかなり露骨に自民と反目していたし、共産党との手打ちをしたりして反自民路線を採っていた。が、自民から連立を呼びかけられるとあっさり態度を変えて連立与党に収まってしまった。それでも、自民と同じでは存在意義がないから、改憲反対、平和日本イメージを打ち出している。自民にとっては、都合の良い面も有れば、改憲や国防強化にとっては、正に獅子身中の虫だ。だから、可能なら両院とも自民単独過半数を得て、公明をふるい落としたいのが安倍氏の本音ではないかと、まあ、そう思うわけだよ」
留「でも自民は今は未だ単独過半数をとれませんでしたね。公明とあからさまな食い違いは出せないんじゃないですか」
高「それは公明が自民と連立しているからある程度の集票が出来るのとは別の問題だ。今連立を解消されて大きく損失を被るのは公明だよ」


 改憲に慎重な支持層を抱える公明党への配慮が理由の一つだが、これでは選挙後も公明党に憲法問題で手綱を握られ続ける恐れもあった。自民党の憲法改正草案作りに携わったベテラン議員は首相の発言について「自公優勢に揺るぎが見られず、保守層にアピールする余裕が出てきたのだろう」と分析する。

留「あ、だから公明党に、あまり邪魔をするな、と安倍総理は言ったんですね。それで、公明党が改憲ではなく、加憲なんて言っているのは、将来なし崩しに改憲ににじり寄る布石かな」
高「どうだろうね。ただ、社会党がかつて自民と連立を組んだ時、総理大臣になった村山氏が、それまでの社会党の党是を翻して自衛隊は合憲だと言った。それが自民党との連立の際の取引だったわけで、連立が解消されたあと、社会党はすぐに自衛隊は違憲だと言ったが、それがきっかけで社会党は急速に衰退した。同じことが公明にも見られるんじゃないの」
留「なるほど、今では公明は主義主張より連立与党の座を優先しているわけですか」
高「そうだよ。加憲なんて、自民が前回衆院選で圧勝して改憲が大きく採り上げられ始めた後、今年五月になって公明党では本格的に採り上げた。今、自民と公明の大きな違いは改憲問題だけれど、あまり護憲を押し通すと、将来自民、維新、みんななどの改憲派が勢力を伸ばしたり、コウモリ民主の中にも改憲派は居るから、公明が切り捨てられないように、加憲でにじり寄っているとしかあたしには見えないんだがね」

 これに早速反応したのが党内に改憲派を抱える民主党だ。海江田万里代表は16日の神奈川県海老名市での街頭演説で「首相は選挙に勝てそうだから『9条を変えたい』と言い出したが思い上がりだ。自民党に勝たせると暴走する可能性がある」と一線を画する姿勢を強調し、党内の改憲派が首相の誘いに乗らぬよう予防線を張った。

留「なるほどねぇ、民主にも改憲派は居ましたよね。もともと、民主は選挙互助組合であって、政策共同体ではないから、改憲を訴える自民に飛びつく改憲派が民主から飛び出す可能性は大きいのかな」
高「だからね、つぎの記事は有るが、あたしは必ずしもそうは思わない」


改憲勢力3分の2は困難


 改憲勢力の自民党、みんなの党、日本維新の会による改憲発議に必要な3分の2以上の議席を参院で占めるのは難しい見通しとなった。

高「まず、現状の数字だけ見ればその通りだが、維新やみんなの党などは予想以上に議席を増やした。残りの有象無象無能野合野党は軒並み惨敗だが、護憲で唯一議席を増やした共産は反自民の票が流れただけだ。実際は余り影響はないね。だとすると、2016年には今回非改選だった参院の半数の選挙だが、それまで自民は焦ることなく改憲論議を進めて行けばよいし、経済政策に主力を置いて国民の支持を万全のものにすればよい。その間、中国や韓国がどのような事になっているかは分からないが、いずれにせよ日本との関係が改善することなどはない。どうしても反日姿勢以外の選択肢がないから、国民の国防意識や憲法意識も大きく変わるだろう。そしてつぎの参院選で改憲派が3分の2を確保する土壌をきちんと作れば、なお改憲はスムースに進むだろうし、それに民主党の改憲派がすり寄ってきたり、公明の加憲が実質改憲に動けば、その前に改憲は可能だろうね」
留「でも、3年も余裕がありますかね」
高「確かに早ければ早いほど良いよ。でも、国民の多くがなお改憲にたいし理屈抜きの反対感情を持っているのは事実だろう。が、理論的に理解しているわけではない。だから、国民になぜ改憲が必要なのかをより多く理解してもらう方が、結局は改憲に踏み切った時もスムースに行く。無理強いをすれば、改憲に対し感情的な反論を煽る奴が出てくるからね。幸い、特亜が日本人に対し改憲が必要だとの宣伝をしてくれているんだから、3年後まで待つ方が結局は良いのではないかな。改憲には国民投票が必要だが、そのためにも国民全体に改憲がなぜ必要かを理解してもらう手続きは必要だよ。それにね」
留「それに何です?」
高「ブログ主も言っているが、最終的には改憲はあえて必要がない。憲法は解釈で適用されてきており、集団自衛権も打撃手段の確保も自衛隊の国防軍化も憲法の改正は要らないとも言えるんだ。そもそも、自衛隊が出来た時、芦田解釈が為されたのは良く知られているよ。

自衛隊はさんざん違憲だと言われ続けながら今では国民の大半が容認している。防衛庁も防衛省にすんなりなった。国民の意識が変われば、あえて改憲しなくても防衛力の構築は出来る。が、もちろん、憲法を改める方が良いのは言うまでもない」
留「実質、日本国民の意識の変化が、改憲よりも重要だというわけですね。それを特亜は右傾化だなんて言っているけれど」

日本の参議院選の結果 東アジアの時局に影響

参議院選挙は21日が投票日となっている。過半数の議席の取得を目指す安倍首相は17日、釣魚島から160キロ離れた石垣島に到着し、海上保安庁を視察し、船に乗り警備状況を確認した。その報道官の談話の矛先は、真っ直ぐ中国に向けられていた。

高「安倍氏が明確に中国に対する警戒感を訴え、断固たる対抗処置を執ると明言したことが、安倍氏への信任につながったのは明らかだ。あのタイミングで石垣島へ行き声明を発したのは、中国への警告だよ。民主国家日本は独裁国家の干渉をはねのけるとね」

東アジア情勢には現在、微妙かつ重要な変化が生じている。韓国の朴槿恵大統領が訪中し、韓国の夢と中国の夢を一体化し、中韓の新たな蜜月期を形成した。オーストラリア政界の「中国通」と呼ばれるケビン・ラッド氏が首相に再任し、中国との自由貿易協定の締結を提案した。両岸関係(大陸と台湾省の関係)も経済関係の発展に伴い深化している。東アジアにおける唯一の「変数」は、日本だ。

留「これなんか、哀れにさえ思いますよ。中韓が蜜月時代を迎え、日本は阻害されているって、アジアでは中韓以外の主立った国々は日本に対し親近感を憶えていますよ。それは客観的な調査で明らかだし、突出して反日感情を持っているのは、世界で脅威と思われあるいは無視されている中韓だけですからね。」
高「どちらが孤立しているか明らかだけれど、両国はそれ以外に主張出来ない。オーストラリアは、ギラード氏もラッド氏もアジアでは中国よりで経済を立て直す、日本とは捕鯨問題などでも対立しているし、なにより40年ほど前まで白豪主義を採っていた国で、しかも戦争時は日本にかなりひどい目に遭っている。ま、中国が破綻すればオーストラリアも生きて行くためにはトップを変えなければね。白豪主義は表向き今ではないが国民の間に根強く残り、経済の伸び悩みなどで新しい人種差別意識が台頭している。

オーストラリアにしてみれば、印象として中国は一喝すればおとなしくなるだろうが、日本は下手にぶつかると大変な目に遭うからね、それはもうアジア人に囲まれたオーストラリアの意識はそんなものだ。かつて、西欧のアジアにおける橋頭堡として英連邦の一員だったオーストラリアが、先の大戦でアジアから西欧が駆逐され孤立した。

だから白豪主義で凝り固まったが、今ではアジアで自分たちが本当に孤立しても西欧の助けはないと理解したから白豪主義を止めた。あとは、脅せばおとなしくなる中国人を利用して、かつて対立した日本との立場を築こうとするのが彼らの意識じゃないかと思えるよ。

でも西欧の意識なんかそんなもんだよ。まず中国のハードランディングはとんでもない災厄になるし、日本経済の強化は、そのまま競争に直結するから、ドイツなどは戦々恐々だろうよ」

上述した通り、東アジア情勢の未来の動向、安倍首相の改憲主張の前途は、いずれも日本の有権者の選択にかかっている。

留「結局は民主国家である日本では有権者の意志が改憲を支持するならそうなるでしょうし。独裁国家ではそう言う変化は特権階級の没落、それどころか生命財産の喪失になりますからね、国民の意思など汲むわけには行かない。まあ、流れは止まりませんね」
高「反日以外国家存続の理由がない中国や、中国に取りすがり土下座ししっぽを振ることに生存の道を賭けた韓国などはさらにどうしようもないだろうけれどね」
留「あ、その韓国ですが、中国様の御威光の元、ウリ達も日本を孤立させたニダ、ホルホルと言っていられないようですよ。前々から言われてましたがね」

中国悪口 日本人・鬼子は恐れ含むが韓国人・棒子は見下しだけ

「死亡したのが中国人で幸いでした」──そう堂々と発言したのは韓国テレビ局のキャスターだ。7月7日、韓国のアシアナ航空機が着陸に失敗した事故で、中国人の乗客が亡くなったことを受けての発言だった(後に謝罪)。

高「そりゃそうだ。韓国人も中国人に対してはテノム、垢野郎と馬鹿にしながら足下にひれ伏しているからね、そんなのはいくら中国人でもよく分かる。というより、中国人だから、朝鮮人を良く知っている。朝鮮との話し合いなどあり得ず、利害の共有など考えるはずもない。一方的に踏みつけ言うことを聞かせるだけだと考えている。もう何千年もそうしてきたんだから、今更意識が変わるわけがない」

 それに対し、中国人は猛反発。ネット掲示板には〈韓国人は世界で最も心が狭い民族だ〉〈中国の属国だったくせに〉といった書き込みが溢れた。中には、〈韓国人は日本人よりムカつく〉〈日本鬼子だって棒子(バンズ)ほどまで酷くはないな〉といった、日本と比較したものも多く見られた。ちなみに〈棒子〉とは、中国人が韓国人に対して使う蔑称である。

高「まあ、この点だけは日本は中国と意見が合うみたいだよ。下手にひっついてこられるととんでもなくうっとうしく邪魔でいらいらするのは同じだからね」

【コラム】日本の政治家による妄言へ対処法

 2011年2月にソウルで行われた「韓日キリスト教議員連盟」に出席し、「独島(日本名:竹島)は韓国領土」という内容の「韓日共同宣言」に署名したことが問題になり、所属していた民主党を離党した土肥隆一元議員が先日、記者に語った言葉だ。「日本の議員が竹島は韓国領土と主張した」という報道が日本でも流れると、土肥氏は緊急記者会見を開き「内容を見ていなかった。竹島は日本領土」と釈明した。しかし、彼の政治生命は既に終わっていた。

留「ああ、居ましたね。あの勘違い土井氏」
高「良心的日本人だ。むろん、鳩ポッポやジブリじいさんなどなど、良心的日本人の種は尽きない」

 今後も日本の政治家による妄言は後を絶たないだろう。糾弾をためらう理由はない。しかし、忘れてはならないのは、日本人全体を卑しめたり、攻撃したりすべきではないということだ。極端な表現が含まれる糾弾は韓国人たちが内に抱える鬱憤(うっぷん)を晴らすことはできるが、日本にいる良心的な市民の地位を失わせ、韓流ファンまでもが背を向けるようになるかもしれない。そうなればかえって反韓勢力の活動領域が広がるだろう。日本のナショナリズムの風は強くなっているが、その風に立ち向かう日本人も数多くいる。私たちは彼らの存在を忘れてはならない。

高「日本人全体を卑しめたり攻撃すべきではないと、どの口で言うやら。大統領自身が天皇陛下に謝罪しろと言ったり、日本に原爆が落ちたのは幸いだという新聞に、個人的意見だと政府はそっぽを向いている癖に、おなじく民間のキャスターが個人的発言で、アシアナ事故で死んだのが中国人で幸いだったと言った件で、パクリ大統領は即座に中国に対し謝罪している。良心的日本人以外は攻撃しろ、ウリ達に反対するのは全て右翼だ、妄言だというのが一貫して彼らのスタンスだよ」
留「でもこんな事を言うのは、中国様がいよいよ危なくなり、韓国から外国資本が急速に引き揚げ、韓国の銀行が日本でサムライボンドを発行せざるを得ない事態に陥っているのに、頼みの中国様は何もしてくれないから、一方では日本にもにじり寄っておこうと言うことなんでしょうかね」
高「対韓投資は、日本が一番多いからね。おや、メールじゃないのかい」
留「あ、女房からです。友達と喧嘩したそうです。山本に投票してくれって頼まれて、とんでもないと断ったらあちこちでさんざん悪口を触れ回られたそうです」
高「そんなの、友達じゃないだろう。ブログ主も永年世話になっている人から共産党に入れてくれと頼まれ、断ったらじゃあ、仕方がないと引き下がったそうだよ。もともと、単に頼んでみただけで当てにはしてなかったようだがね。でも、共産党が伸びたのは日ごろの主張が正しいと認められたからだと喜んでいたそうだ。今でも仲良くしているんだとさ」
留「だから、女房もあれは友達なんかじゃないって思っているようですよ。そのひと、仲間内ではつまはじきにされていて、かわいそうに思った女房が普通に接していたんだって」
高「なんだ、韓国そのままじゃないか」

上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてくだい。内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません

続きを読む »

スポンサーサイト