モラル崩壊国家

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



留瀬「いやぁ、きれいな桜でしたね。良いお花見でした。いやはや大変な人出で」
高雄爺「そうだったねぇ。あそこは割合空いている方だし近いから毎年あそこだけれど、今年はいつになく混んでいたようだ」
留「アベノミックスで景気がよいとみんなが思っているから、花見も景気が良かったんじゃんじゃないですか?」
高「ああ、それもあるだろうね。なにしろ、今大手企業を中心に先行き景気が良くなるとの観測が増えているそうで、それだけでも経済は活性化する。経済はあくまで人間の心理が動かしているからね」
留「それにしても、お弁当からお酒まで何から何まで用意してもらって本当にうれしかったです。ありがとうございました」
高「そりゃ気にすることはないよ。子ども達が出て行ってからは家内と二人で花見をしても盛り上がらないからね。おまいさんらが来てくれるとそれだけで家内も張り切るんだ。今もおまいさんのかみさんとなにやら向こうでおしゃべりをしているよ」
留「本当に遠くの親戚より近くの他人って言いますしね。家も親兄弟は遠くだし、高雄爺さんの所も今は二人だけだから、なにかあたしらがこちらの子ども替わりみたいな気がしています」
高「半分子どもみたいなもんだ。何しろおまいさん達は二人とも生まれた時から知っているんだからね。おまいさんのおしめだって取り替えたし、おまいさんのかみさんには部屋の中でおしっこをされた」
留「まあ、昔の近所つきあいってそんな物だったって家の親も言ってましたよ」
高「ところが隣にいても油断の出来ないごろつきの場合もある」
留「はて、だれだろう」
高「あれに決まってるだろう。昨日なんかもこんなフラチナデータを見た」
留「あ、プラチナデータですか。なかなかおもしろい映画だそうですね。観たいとおもってます」
高「あたしが言うのは不埒なデータだよ。まあ、今更という感じだが、連中に関してなにか楽しい話題をみた記憶がないんだ。嫌いだから、何を見聞きしても連中に関しては不愉快なんだろうな」
留「それって、先入観ということですか」
高「たしかに否定はしないが、でも目に付くのがこんな記事ばかりなんだ。最近の連中が国ぐるみで泥棒をやって、正に盗人猛々しいというか、以前はその泥棒に追い銭をした売国政権があったりで」
留「ふんふん、あの泥棒のごろつきですか。赤文字は引用ですね。でも本当に連中のごろつきぶりは英才教育のたまものなんですねぇ」

小学生3人が20代の知的障害の女性を暴行した事件が発生


小学生3人が20代の知的障害の女性を暴行した事件が発生し、衝撃を与えている。しかし、これらは刑事、14歳未満の未成年者の刑事 (湿法少年)、刑事罰を受けることはない。思春期の身体成長が速くなる傾向を考慮し保湿法男の子でも罪や犯罪の動機などにより刑事訴追を行うことができるように法律を改正しなければならないという声が高まっている。

高「世界中で性犯罪は起きているし、特に韓国だけがこんな事を多発させているわけではないだろう。実際、欧米諸国の性犯罪発生率はおしなべてアジアより高いと言うけれどね、でもそれは性犯罪の認識の違いのようだよ」
留「具体的にはどういう事なんでしょう」
高「次のグラフを見てごらん」

10代による人口10万人あたりの性犯罪発生率



画像:10代による人口10万人あたりの性犯罪発生率

留「相変わらず韓国は健闘していますね」
高「しかし、これも前にブログ主が言っていたが、性犯罪が発生しない国がある」
留「え、何処ですか」
高「イスラム教国の一部だね。彼らの場合、被害者が女性である場合は犯罪ではないらしいし、場合によっては女性が強制的にレイプ犯と結婚させられたり、家の名誉を汚したとして家族に殺されたりあるいは男を惑わした罪で被害者が死刑になったりしている。まあ、もともと、女性には単独で外にでるなとか、職業に就くなとか教育は要らないなどの意識が普通にある地域だからね、だから、彼らに性犯罪の認識など無いんだろうね」
留「ああ、それは聞きました。結局女性の人権が認められていない国では性犯罪の定義自体がない。インドなんかも問題になってますね」
高「あの国でも女性の地位が低いことから女性に対する性犯罪が繰り返されている。特に地方などではそれが顕著で最近も残虐な性犯罪が頻発して、インドではデモが起きている。それだけ、イスラム原理主義国家よりはましだろうけどね。これも女性に対する人権意識などがないから起きることだ。ということで、韓国のこの記事も、彼らの社会に女性の人権が口で言うほど認められていないと言うことだろうし、この国の特徴は、他のOECD加盟国では性犯罪は減っているのに、韓国だけが増えている事実、世界で突出して多い売春婦、性犯罪自体がそういえるが弱者に対する性犯罪が多いことだ。英才教育とはよく言ったね」

女性への性犯罪の被害者率(対人口比)


画像:女性への性犯罪の被害者率(対人口比)

留「ここではアメリカや韓国など一部の国だけ採り上げているけれど、世界では韓国より多い国が軒並みだそうですよ。前にもさんざんブログ主が言ってます」
高「だから、性犯罪の定義が違うこともあるんじゃないのかね。アジアでは性犯罪とされない行為も、ヨーロッパじゃそう定義される場合がある。アメリカで日本人の7,8歳くらいの女の子が学校で、昨日パパと一緒にお風呂に入ったと言ったら、父親が逮捕されたという話を聞いたことがある。うちなんか娘が中学校にはいるくらいまで一緒に入っていたことがあるし、子ども達は兄妹で中学生くらいで一緒に入っていたんじゃないかな。まあ、べつにそれが異状だとも思わなかった。おまいさんの家では今でもかみさんと一緒に入ってるんだろう?」
留「幼稚園の前から一緒に入ってますよ。その面ではヨーロッパは厳しいんでしょうか」
高「その割に聖職者による未成年者に対する性犯罪が多発して、それをカトリック教会が隠していたことも反発を呼び、前の法王などが退位を迫られたりしている。あれを機にカトリックから離れた人間が膨大な数いると言うしね。その意味で、彼らの性意識も異常な面があるよ。中世の暗黒時代など、カトリック教会は実際に性犯罪の巣だったし、庶民にはセックスを子孫を残すため以外に行ってはならないなどと命じたりしていた。その一方で教会はセックスに耽溺していたわけだ」
留「話がずれてますよ。韓国はどうなんですか」
高「とにかく子どもや高齢者、障害者など弱い立場の者が被害に遭うケースが非常に多い。典型的な弱い者いじめだが、まあ水に落ちた犬は叩けという言葉があるくらいだ。弱い者は苦しめてもかまわないと言う事なんだろうが、だからこそ、自分が弱い者にならないために他の弱い者を助ける意識がないのか、一方自分より強い者に対しては本当に卑屈になる。中国に対しては永年そうだしそして、いまもまた中国に跪いている」
留「だから、子ども達も親のまねをして、自分たちより弱い障害者などをレイプしたりするんでしょうね。韓国社会の未来がよく分かる話ですよ」

これらの事件は、キル、来月 B さんが普段知って司馬台長城及び高校生 C 君(17)に被害事実を言って明らかにした。C の軍隊は、旅行中の B さんに会って挨拶お問い合わせ ' 性的暴行を受けた ' は耳を傾けて、A 群などを近所の遊び場に出動キルするには、事実を確認した後、警察に通報した。B さんは、病院で治療を受けた後、警察に出席被害事実を示した。

高「実際、ひどい話が多いよ。ナヨンちゃん事件など、韓国社会でも問題になって性犯罪者には電子脚輪を付けたりしているが一向に収まる気配がない。むしろ、こんな事件がますます増えている。単に認識の問題ではなく、実際の非道な犯罪だよ。強い立場になれば何をしても良いというのは、中世のヨーロッパのキリスト教会と同じだよ」
留「これなんかもそうなんでしょうね」

韓国“性接待”疑惑が拡大 複数高官関与説で一大スキャンダルに発展

韓国政府高官らが、女性と関係を持たせる「性接待」を建設会社経営者(52)から受けていた疑惑が拡大、「特大スキャンダル」(韓国紙)に発展している。就任直後の法務次官が辞任に追い込まれ、他の局長級高官や警察、情報機関幹部も接待されていたとの報道が飛び交い、朴槿恵政権も頭を抱えている。

高「ああ、そうそう。そして、結局これも圧力でうやむやになりそうだよ。こんな状態で一般国民がじゃあ、オレもと言うことになるんじゃないのか」
留「例の売春婦達が補償しろと言うのも、どう考えても自分の意志で高給に応募したか、親に売り飛ばされただけと言うのも分かりますね。でも京都府議会で、日本政府がこれらの売春婦達に補償しろとの決議がでたそうですよ」

「慰安婦に謝罪と補償を」 京都府議会が意見書可決

 府議会会派の公明が「『慰安婦』問題の早期解決を求める意見書」を提案し、民主と共産が賛成、自民は反対した。意見書は、「被害女性の声を聞き、調査分析を進め、理解ある補償を行い、名誉と尊厳を回復することは日本政府の残された責務」と指摘。これらを「誠実に急ぎ行うこと」や、「歴史の事実と教訓の継承に取り組むこと」を求めている。

留「あそこが前々からおかしいのは知ってましたがここまでおかしいんですかね」
高「動議を出したのが公明だって言うからね、公明は憲法改正や自衛隊を国防軍にするなど正面から反対している。そして韓国にはすり寄っている。それほど自民と意見を異にするなら連立を解消すれば良いんじゃないのかね。いずれ解消すべきだとは思っていたがね。もしかしたら、今回出た高裁による前年の総選挙無効判決を受けて、安倍総理は衆参ダブル選挙をやるかも知れないとの観測が急浮上してきている。今の内閣支持率は急上昇している最中だからこの勢いで、単独衆院で3分の2を自民だけで取ってしまえるんじゃないかと言うわけだ。そうなったら、公明は要らない。参院でも過半数を取りかねないよ」
留「いずれ、公明が邪魔なのは目に見えてますからね。公明は政権にしがみつきたいだけの理由で自民に妥協しているだけだし」
高「あ、また話がずれた。フラチナデータの話だった。で、こんなのもある」

有名人による論文盗作が相次ぐワケ


 韓国はなぜ「盗作の国」となってしまったのか。専門家は根本的な原因として「いびつな名誉欲」を挙げる。ソウル大学社会学科の鄭根埴(チョン・グンシク)教授は「韓国で修士・博士の学位を取得することは、社会的地位を向上させ名誉を得たいと考える人たちにとって、非常に都合のよい効果的な手段だ」と語る。つまり修士・博士学位の取得は「高学歴」を簡単に手にするための手段となっているのだ。

高「韓国は自画自賛で宇宙強国だ、IT大国だ、日本を抜いたニダ、ホルホルなどと恥ずかしくもなく代表的なメディアが言っているが、実態はこんな物だ。例のIP細胞のねつ造などで韓国の科学がこんな物だと世界中に知られたが、盗める民間技術はある程度成功したかも知れないとしても、盗めない軍事技術、基幹技術は到底日本や先進諸国の足元にも及ばない」
留「確かに、簡単に盗めない宇宙工学などでは自力ではロケットも打ち上げられないのに、世界で11番目にロケットを打ち上げた宇宙大国だって臆面もなく言ってますからね。スパコンランキングでは影も形もないし、気象予報は日本のシステムを導入しても使いこなせなくて予報が外れっぱなしだし、高速鉄道もフランスの技術を劣化コピーして他国に売り込む厚かましさ、造船も日本から盗んでそれを手柄話にして今は造船が不景気にあえいでいますよ。土木技術は他国に売り込んでもパラオ大橋や、ペトロナスタワーみたいな話ばかりだし。ポスコは新日鐵におんぶにだっこで立ち上げ、金は日本に出してもらいそのあげく世話になった新日鐵から電磁鋼板技術を盗んで訴えられたり、そもそも世界一だというIT製品も世界中で訴訟を起こされていますよ」
高「良くまあそこまで並べたね。事実だから異論はないが。韓国の産業技術など日本が見捨てればその瞬間に即死する存在だが、国民には韓国が全て自力で成し遂げたと宣伝する必要があったんだろうね。そのあげくがイカトックリまで韓国の自力開発だと言っている」
留「イカトックリにこだわりますね。あれはブログ主の出身地の名物だったからブログ主がこだわるのも無理はないけれど、べつにブログ主の出身地が元祖だなどとは言ってませんよ。日本中に似たような物があり何処が最初に作ったかどうかはもう誰も分からないんじゃないですか。でも、韓国が作ったと言う遙か前から日本中にありましたからね」
高「ブログ主の故郷では、今ではイカトックリにICを組み込んで中のお酒の適温を保つようにしている・・・」
留「本当ですか!」
高「最後まで聞きなさい。そのためには発熱ヒーターや電池も組み込まなくてはならず、無理だと結論を出したんじゃないかな、あたしの想像だがね」
留「でも韓国がこのブログを読んで製品化するかも知れませんね」
高「そのくらいの技術はあるんじゃないの?ウリナラはイカトックリ大国ニダ、って威張れるもの」
留「でもねぇ、前々から不思議だったんですが、値段が安いのは分かりますが、どうして2流の韓国製品が売れるんでしょうね。日本メーカーの振りをして客をだましている事実なども知ってはいますが」
高「おまいさんの言うように値段は大きな要素だよ。技術は最先端と二流品では大きな開きがあるが、コストはもっと開く。だから、最先端品はどうしても高くなるからそこそこの性能があるなら2流品でもかまわないと言う客は大勢居るんだ。実際、一昔前の最先端品は、現在では2流品以下の性能だろうが使っていたんだしね。最先端品を100とすると、客にしてみれば90の製品でもかまわない場合が多い。民生品の多くはそうだね。しかし、90から100に高める技術力やコストは、0から90の製品を作るよりも膨大だ。二流品を作るメーカーは、最先端技術を盗まなくても、盗みやすい古い技術だけで客の需要に応えられる。日本の製造業の宿命だよ。だが、これはまた大きな強みでもあるんだ」
留「例えば?」
高「安全に関わる車や鉄道、軍事技術、製造装置、産業資源などは常に最先端技術を持っている国が独占することになる。先日も日本近海からメタンハイドレートの採掘に日本が世界初で成功し、これが日本経済に弾みを付けたのは疑いもない。円安だと言いながら、国債の利率が下がるのは、そのような技術的な裏付けが日本経済に対しての信頼を高めているからだろう。また中国がレアアースの輸出規制をしたが、日本は技術を駆使して殆ど影響を受けずむしろ中国のレアアース産業が大打撃を受けた。日本がその気になれば核弾頭をすぐにでも作れると思われていることが大きな抑止力になっている。最先端技術を保有することが実際に市場にそれを出していなくともいかに国家にとってメリットか分かるじゃないか。韓国にはイカトックリさえ盗まなくてはならない位の技術しかない」
留「ふーむ、ブログ主が言う、物作りこそ唯一の富の創出手段だというわけですね」
高「資源はいずれ枯渇するかも知れないが、技術が枯渇することはあり得ない。今の日本は無限の資源を有している。その具現が例えばメタンハイドレートやレアアースで日本が資源大国になる可能性を示していることだ。いずれ、食料も自給率をその気になれば100%、あるいは輸出大国になれるかも知れないがね、その必要があればだが」
留「で、韓国ですが」
高「問題外、話にならないが、それも彼らの朝鮮根性の故だ。つまり、楽をして盗めばその方がいいという考え方だよ。歴史さえ盗むのは、それでも格好が付くと思っているからだ」

 ソウル市内のある大学に在学中のLさん(25)は「自分から図書館に足を運んで資料を探し、レポートを書く人間はバカだ。ポイントだけを把握し、内容が同じか、あるいはよく似たテーマのレポートをいくつかダウンロードし、これらをつなぎ合わせて提出する方が、時間もはるかに節約できるし成績も良くなる」と話した。

留「なるほどねぇ。泥棒根性が染みついている、と言うより、盗むのは頭がよいからだと言うことですか。確かに、現代重工やサムソンなどはそれを誇っていますからね。これじゃ、最先端技術など一億年経っても無理でしょう。連中が自立できないのは、決して地理的条件だけじゃなく、連中のその盗む対象が居なくなったら自立できない精神性にあるんでしょうね」

高「そして、連中の親玉中国はそれなりにすごいよ」

中国「世界第二の高層ビル」、違法コンクリートで建設中断

 深●(=土へんに川)市内で、完成すれば中国一、世界でも第二の高さとなるビルを含む複数のビルの建設が中断されている。建設現場で脱塩処理されていない海砂が使われていることが発覚し、多くの業者が作業停止を命じられたためだ。

中国当局の調査によると、深●(=土へんに川)(シンセン)市内の建設現場で、脱塩処理されていない海砂が使われていることが発覚した。このため、市内の多くの業者が作業停止を命じられ、少なくとも15棟のビル工事が中断されている。その中には、完成すれば中国一の高さとなる予定のビルも含まれている。


留「これこそ大勢の人命に関わる重大事じゃないですか。手抜きのために人が死ぬことなど何とも思ってないんでしょうか」
高「無いよ。支線地震の時、小学校などが崩壊したが役所は持ちこたえた。手抜きをして金を浮かせなければ役人に賄賂が贈れないんだから当然だと言うことだ。なにしろ、建設中にひっくり返るマンションだとか、建設中に壁にひび割れが出来る建物だとか、傑作が多いよ」
留「高速鉄道の事故で見ても、人命なんか中国じゃ役人の金儲けのための道具なんだってつくづく思いますよ。それじゃあ、宇宙有人飛行がもし本当に出来ていたのだとしても可能ですよね。失敗したら公表しなければ良いんですから」
高「投資目的のゴーストタウンが方々にあるが、まあ、それなら崩れてもかまわないんだろうね。でも実際に人が中にいる上海などの高層ビルがそれじゃ話にならない」
留「食品でも環境でも、金が優先人命は消耗品という国ですからねぇ。それを嘆いてブタが大量に自殺したって話じゃないですか」

漂流する豚の死体数、政府発表は“嘘っぱち”=「実は数万頭」と漁師らが証言―中国

上海市を流れる黄浦江に多数の豚の死体が漂流している件が注目を集めている。上海市政府が回収した死体はすでに1万3000頭を越えた。しかも、上海市だけではなく上流の自治体でも多数の死体が回収されている。養豚業が盛んで、漂流する死体の発生源と目されているのが上海南部の浙江省嘉興市。15日、同市政府は「この1週間で3601頭の死体を回収した」と発表した。

高「あ、これはブタが悲観して入水自殺をしたのか。でも、報道はないが実際には死んだブタが大量に食肉に加工されていると思うよ。そんなことはないと言う方があり得ない」
留「下水から作る油より、死んで腐りかけたブタの方がわかりにくいと言う話ですかね」
高「あれ、メールじゃないのかい」
留「女房からですよ。ブログ主に花見の写真を送ったらまちがってよそのグループの写真だったって。ブログ主から返事が来て、こんなに大勢いるのはサクラか、って」
高「おやおや、間違いだったんだろう?韓国じゃあるまいし、そんな見え透いた嘘なんかつかないと言ってやりなさい」
留「いや、ブログ主も高雄爺さんや他のみんなが映っていないからすぐに間違いだと分かったと言ってるそうです。ブログ主も誘えば良かったですね、ひがんでるんでしょうか」
高「いや、このところ忙しくてなかなか大変で、近くで簡単に済ませたらしいよ。それにブログ主だってちょっと離れているから大変だ」
留「韓国ならいくら近くても絶対に一緒にお花見なんか行きたくないですね」
高「ありゃ論外だよ」

上記に引用されているURLの記事を読む場合は下記の「続きを読む」をクリックしてくだい。内容確認以外なら、敢えて読む必要はありません

続きを読む »

スポンサーサイト