新中国駐在日本大使、かく語りき

*
 新任の中国駐在日本大使が着任に当たって抱負を述べた。もちろん、これから着任する相手国のことをあしざまに言うはずはないが、本当に彼は心底そう思っているのかとふと思った。
 
 とりあえずその記事。

《》内は引用。
--------------------------------------------------------

「愛国・親中の精神でがんばる」丹羽大使、中国に着任

 【北京=矢板明夫】戦後初めて民間から中国大使に起用された丹羽宇一郎氏(元伊藤忠商事社長)が7月31日午後、北京に着任し、「愛国・親中の精神で頑張りたい」と記者団に抱負を語った。

 丹羽大使は中国との交流について、「これから1000年、2000年もつきあわなければならない隣国として、日中の国民の相互理解が何よりも大事だ」と指摘、「スポーツ、文化などの草の根の交流の推進に力を入れる」と表明した。また、「中国と一緒に成長しなければ日本の発展は難しい」と述べ、「できるだけ中国との自由貿易協定(FTA)の協議を推進していきたい」との考えを改めて示した。

 大使館の業務については、「民間人から見れば改革すべきことはたくさんあると思う。これから少しずつ推進していきたい」と改革への意欲を示した。
 
 相互理解は良いだろうが、それが相互協力につながる訳ではない。協力とは双方にその気があって成り立つ物だが、一方が他方にいくらにじり寄っても、相手がそれを良いことに取れる物なら何でも取ると考えていれば、距離を縮めることはとりもなおさず危険につながる。
 
 中国の危険性は昨日書いたが、具体的な今着実に日本に浸透しつつある危険については、一両日中にでも書いてみたい。
 
 しかし、中国と一緒に成長しなければ日本の発展は難しいとの認識は間違っている。中国は正にバブルであり、中国では政府が無理に市中に流した金が投資に回り、その投資によるバブルがはじけているとの報もある。つまり、中国経済はまったく中身のない張り子の経済であり、日本と同等の規模と言いながら、国民に対する投資がまったく出来ていないので、国民は政府を信じていない。中国人が信ずるのは金のみであり、従って一か八かの投資に走る。その結果が、誰も入居者のいないマンションやビルであり、ゴーストタウンとしてバブルをふくらませてきた。
 
 いま、その金はたとえば日本の不動産に向かっており、国債に向かっている。資産格差が許容範囲を超えて広がっており、環境汚染、政治の腐敗などもすでに極限に達している。
 
 中国が日本の金と技術をのどから手が出るほどほしがり、しかも日本に対しては軍事的威嚇を繰り返している現状で、新大使の言うような中国との協調が何を意味するか、この大使は本当に知らないのだろうか。まさか、そんなことはあるまい。彼は何十年も中国と関わってきたのだ。取り込まれている、と考える方がよほどつじつまが合うのだが。
スポンサーサイト