これでも妥当な結果だったか、慰安婦妥結

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ





自民の桜田議員が、「慰安婦は職業としての売春婦」と予算委員会で発言したことに対し、安部総理は日韓で妥結した件だ、発言はそれをわきまえてするように、との認識を示したそうだ。

安倍首相、自民議員の「慰安婦は売春婦」発言に「日韓合意を踏まえ発言を」

総理としてはこの様に言うしかないだろう。一般人とは違う。与党議員が公式の場でこの様な発言をするのは、今後二度とこの件を政治問題として蒸し返さないと韓国と決めた以上、政治的公式の場である予算委員会で桜田議員のような発言は困る、と言わざるを得ないだろうし、桜田議員も後に発言を撤回している。

案の定韓国側は強硬な非難をしているし、性的暴力は国際的に共通の認識だと言っている。また日本の腐れド左翼も同じようなことを言っている。全ては、例え米国の圧力があったとはいえ、真実を明らかにしないまま、反省の言葉を添えて韓国と妥結した結果であり、実際韓国側は政府こそ今のところ妥結したことを受け入れるように国民に言っているが、それは韓国政府自身が国民の支持を得るために散々国民をあおってきたことだ。案の定、韓国人の大半が今回の妥結は日本の金や政治力に負けた結果だと騒いでいる。

また、欧米メディアの論調はおおむね今回の妥結を歓迎しているがその内容は韓国の主張に沿ったもの、即ち日本が法的な責任を認め謝罪し韓国が受け入れたというものだ。

いずれ韓国はまた蒸し返すだろうし、同じ事が将来も繰り返されるだろう。難癖を付ける韓国が悪いと言っても、実際に謝罪し補償を約束した日本がみずからその責任を認めたと国際社会がとるのは当然なのだ。だが、日本政府が真実を開かすチャンスは永久に失われた。

桜田議員の発言は全く間違っていない。事実を言っただけだが、公的な場所で公的な発言をしたことがふさわしくないと言う。それなら、民間が私的な立場で真実を究明することは差し支えないはずだし、そうしなければ子々孫々日本人は無抵抗な韓国人女性を20万、最近では40万人強制連行し、性奴隷にした野蛮国家の人間として見られ続けることになる。現実に、世界で最も影響力のある米国社会において、韓国系市民は日本のイメージを毀損することに全力を注いでおり、その成功例としてカルフォルニアなどでは彼らの主張に沿った内容、即ち日本軍が朝鮮人女性を強制連行し、性奴隷にした歴史を教えるようになり、日系人の抗議は全く無視されている。

当然ながら韓国政府は民間のやっていることだから今回の妥結とは無関係だし、まして米国で何がされても韓国が関与できることではないと言っている。その韓国の主張を日本が裏付けたのだ。法的責任は認めていないなどといくら安部総理が言っても無駄だ。一国の総理が謝罪し、補償を約したことが全てを決してしまっている。万が一韓国政府がこれを蒸し返さないとしても、民間がやっていると言うことで、永久に日本はおとしめられ続けるだろう。

子々孫々謝罪することの無いようにとの安部総理の言葉だが、子々孫々侮辱を受けることになった。

彼らが民間のやっていることだから政府が関与できないというなら、日本は民間が子々孫々の名誉を守るべきではないのか。日本人は喉元過ぎれば熱さを忘れるかも知れないが、相手は千年恨み続けると大統領が言うような連中だ。

韓国に対し主張を繰り返しても意味はない。あくまで事実を示すのはまず日本国内、そして国際社会だ。とりあえず、私は関係民間団体などにこつこつと訴えることをしている。もし、みなさんの内で尤もだと同意してくださる方がいらっしゃったら、是非知恵を頂きたいし、またこの主旨を広めていただきたいと思う。

追記 2016/01/16

櫻井よしこ氏  あの妥結で、国際世論が大きく日本側に傾いたので、外向的には大きな成果があった。しかし、事実を無視して妥結したことに日本側にも不満があるだろう。今後は民間が100倍、1000倍も事実を国際社会に発信してゆかなければならないと言っている。

櫻井よしこ氏  あの妥結で、国際世論が大きく日本側に傾いたので、外向的には大きな成果があった

むろん、これは大切なことだが、どのような正論でも一方的に言うだけでは第三者から見れば唯の宣伝にしか見えない場合がある。やはり、双方の主張を同じ条件で公開の場で討論する機会を設け、結論は視聴者がおのおの出す形が一番公平ではないのか。

引用記事の確認の場合は、上記のURLをクリックして元記事を参照してください
スポンサーサイト

中国韓国の目的

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ





留瀬「今日は、ご無沙汰してました」
高雄爺「おや、お入り。本当に久しぶりだね。元気だったかい」
留「ええ、おかげさまで」
高「それにしても寒くなったね。今年は暖冬だと言うけれど、やっぱり冬だからね」
留「でも、記録破りだそうですよ。このところ東京だって11月初旬並みだって言うし、沖縄なんか夏日ですよ」
高「まあ、そういえばそうなんだが、冬になると身体は寒さを感じる。正直なもんだよ。でもそれが全く無意味な事が起きているね。やっぱりうやむやは駄目だ」
留「ん?これかな、今日の話題は」
高「そうだよ、これが今日の話題だ。最近、ブログ主が取り組んでいるテーマだよ」
留「あ、あの公開討論ですね。」
高「うん、あれは良い考えだと思うよ。今までいくら正論でも、相手のいないところで主張することが全くと言っていいほどその主張が認められていない。結局、その内容に利害のない第三者にしてみれば双方が単に言い合いをしているだけだと考える。それに、日本以外の国では、事実がどうであれ相手を言いくるめた方が勝ちと考える。アメリカのディベートなんてまさにその通りだからね」
留「確かにねぇ。第三者や、興味のない人、自分で確認する習慣や能力の無い人は結局声のでかい方を信ずるし、仮に正論でも結局は一方的な主張としか見ないで、どっちもどっち、泥仕合で片づけてしまいますよ」
高「おまいさんはそうなのかね」
留「そりゃ・・・自信が無いなぁ」
高「おやおや、頼りないね。まあ、一般の人たちの反応はそんな物だよ。だからね、たとえばチャンネル桜など良く知られているけれど、解説者達が集まって、いかに中国韓国、また国内の腐れド左翼達の言い分が間違っているかを熱く語っている動画を配信したりしている。本当にそうだと思うことも多いんだがね、一般の人達が観ても、右翼が集まって自分たちの都合の良いことしか言っていないと考えるんだ」
留「高雄爺さんはそうなんですか」
高「そりゃ・・・自信が無いなぁ」
留「おやおや、頼りないですね。で、ブログ主が言っている公開討論ならどうなんです?」
高「彼はその点を考えているんだ。どちらかの主張をする者達が集まっていくら何かを言っても、観ている人達は、都合の良いことばかり言っているんだろうと先入観を持つ。だから、最初から割り引いて観ているし、主張している方は何が自分たちの主張に矛盾を含んでいるか、自分の言うことが正しいと信じ込んでいれば分からないのが悪い、頭が悪いからだと思うのが精々だ」
留「そんなことはないでしょう。それは人を馬鹿にしすぎてると思いますがね」
高「馬鹿にしているのではない。人間とは本来そんな物なんだよ。自分が関心を持っていない事で誰かが異なる意見を言っているとき、どちらが正しいか一々確かめるかい?あたしは天文については全くの素人だがね、地球が太陽の周りを回っていることくらいは知っている。だが、それを自分で確かめたことはない」
留「誰だってそうですよ。学校で習ったからそう信じているだけで、万有引力のことも日本の昔の歴史のことも、あたし達が知っていることは他の専門家が確かめたことを習っただけです。自分で確かめる方法がないし、第一確かめようなんて思いませんよ」
高「そうなんだ。自分で直接関係がないことは習ったことをそのまま信じているんだけれどね、おまいさん、鎌倉幕府がいつ出来たか覚えているかい」
留「そりゃ、いいくに造ろう鎌倉幕府で、1192年ですよ」
高「ほらね、あたしもそう習ったしつい最近までそう信じていた」
留「違うんですか」
高「今の生徒達は、1185年だと習っているそうだ。まだ確定ではなくいろいろな説があるとも言われているけれどね」
留「そうなんですか。でも本当はいつなんだか分かりませんね。自分で確かめるのは大変だし」
高「歴史に関係することなんかいくらでもある。聖徳太子だとあたし達が信じている例の画像は全く本人とは無関係の赤の他人だと今ではされているし、そもそも聖徳太子の実在さえ疑われている」
留「それは知りませんでしたよ」
高「織田信長が実は豊臣秀吉の家来だったなんてね」
留「そりゃすごい、全然習ったことと違います」
高「いや、今のは嘘だ。たった今思いつきで言ったんだけどね、信じたろ」
留「鎌倉幕府の話なんか聞いた後だから、そりゃそうだったのかと思い込んじゃった。ひどいなぁ」
高「そんな例なら無数にある。でも、おまいさんもあたしも何が事実なのか自分では確かめないな。もし確かめようと思えば、歴史の基礎から自分で研究し直さなくちゃならないけれど、普通の人間がそんなこと出来るわけがない。同じ事なんだよ」
留「何が?」
高「だからさ、ブログ主が言う中国韓国と日本の歴史問題だ。論争を聞いたとして何が事実か自分で確かめる人がどれだけ居ると思う?普通の人は、頻繁に聞く説を知らない間に信じ込んでしまう。あたしはそういう人達を馬鹿にしているんじゃなくて、人とはそんなものだと言っているんだ。特にね、感情論に訴えられると、人は簡単にそう思い込んでしまう」
留「あ、高雄爺さんが言ってましたね。放射線は少しでも浴びると癌になる、福島は住めなくなるとか、安保関連法案は戦争をすることを法律で決めるためで、日本は戦争を始めて他国の人を殺すようになる、日本人も殺されるなんて恐怖に訴えるような言葉に人は簡単にパニックになるって言ってたでしょ」
高「そうだよ。自分で確認すればいいのにパニックになって福島から関西や北海道に避難しそのために一家離散したりストレスで病気になったり生活が破綻したりしている。福島の野菜や魚は実際は全く害など無いのに未だに売れない。全部科学的根拠なんか無いんだ。でも人は悲しいことに恐怖であおられると自分で確認もしないでパニックになり、こんな悲劇を自分で作り出してしまう」
留「なるほど、一端思い込んでしまうと、後は何を聞いても耳に入らないことは良くあるなぁ」
高「だろう?だからブログ主はどうすれば人は冷静に思い込みに陥らないで話を聞けるかを考えた」
留「ふむ、考えたんですね。ブログ主も考えることはあるんだ」
高「ちゃかすんじゃない。あの男は見かけこそぼんやりしているようだが、考えるところは考えているよ。今回彼がやりたいと言っている公開討論は、あたしもなるほどと思う」
留「今までと何処が違うんです?某公共放送でも某民間放送でも、いろいろな人を集めて甲論乙駁やってるじゃないですか」
高「まさに甲論乙駁だ。結論など出ない。と言うより出さないようにしているんだが、そう見せて実は結論ありきとしか見えない」
留「そうなんですか」
高「うん、たとえば某公共放送などでやっている討論には司会者が居て、論争が始まると話題を変えたり発言者を別なメンバーに振り替えているんだが、その発言者にたとえばプロ市民などとされている者達が大勢居て、会場でヤジを飛ばしたりしている。後ろにいる一般人がやじり倒されたりしているのに司会者が静止しない」
留「あ、ありましたね。あの司会者、いかにも温厚そうな物わかりが良さそうなイメージなのに、どうも全体の流れを誘導しているような気がしました」
高「民法の、朝までやるという生放送の討論会も、あの司会者は発言の途中で切ったり喧嘩を止めたりけしかけたり、あるいは司会者なのに一方の発言をちゃかしたり無視したりしている」
留「なるほど、確かにそう思えるときがある。でも、勝手にそれぞれがしゃべっていたら収拾がつかなくなるから、司会者が整理するのは当然ですよ」
高「本当に整理だけならね。でも、あのような討論会ではどう考えても見ている人が一定の結論に至るような印象操作があるとしか思えない。一つは、証拠の提示がないんだ。また誰かが断定的に言っているその裏付けを司会者が検証もしない。あれじゃ、ただ、時間内に最初に予定された結論を視聴者に植え付けるようなものじゃないか。討論会だけじゃない。何か政治問題などで、一般人の意見を聞くインタビューなどがあるが、そのインタビューが一方の主張に偏っていたり、特定の意見をいつも先に言わせるとか、上手く発言できない人を意図的に選んでいるとか」
留「勘ぐりすぎじゃないですか。でも、そういわれてみると一般人のインタビューでもそんな印象を持つことがありますよ」
高「いや、インタビューとかアンケートとか統計は、むろん分析資料としては大切な物なんだが、時には正確なやり方を理解しないまま、あるいはわざと恣意的な結果を出すための道具として使われることがある。人の意識なんか、訊き方で大きく変わるじゃないか。たとえば、あなたは日本が理想国家だと思いますか、って訊いてごらん。大抵の人は良い国だと思っても理想国家だとは答えないだろう」
留「そりゃまあそうですね」
高「すると、アンケート結果では大半の日本人が、日本は理想国家だとは考えていないことが分かりました、と発表される」
留「そうかも知れないけれど、そういわれると何か日本が理想とはほど遠いように聞こえますね」
高「印象操作ってのはそんな風にされるんだ。まして、討論番組なんかいくつもあるけれど、結果は出さない形で観た人は何となく仕組まれた印象を持つように作られている。多くは、司会者がそのように誘導しているよ。街頭インタビューだって、気を付けてみていると、一方の主張をする人間が声が大きかったり理路整然と話している、もう一方は何となくそう思うみたいな人間を選んで構成しているよ」
留「うーん、そうかなぁ」
高「おまいさだって、あたしがこんな風に断定的に言うと何となくそんな気になるだろう」
留「あ、これも一つの例なんですか」
高「まして、ある団体が一方的に自分たちの主張を繰り返したって、観ている人はどうせ印象操作だろうとかなり割り引いて観るからね。いや、見ているままをそのまま信じてしまう単純なのもかなり多いけれど。例の鳩ぽっぽだとか言われている元総理大臣なんか、一番最後にあった人の意見をそのまま受け容れるって評判だったじゃないか」
留「居た居た、あのルーピーね」
高「で、ここで出てくるのがブログ主の言う公開討論なんだ」
留「確か、司会者を設けず、絶対中立でやるって」
高「司会者を設けないことで論争がめちゃくちゃになるんじゃないかって心配は、発言時間を厳密に決めて、双方あらかじめ決められた時間が過ぎたら、タイムキーパーが発言途中でも発言者の映像や音声を消してしまう。その場で結論など出さず、あくまで観た人が先入観無しに結論を出すように徹底するんだ」
留「でも野次なんかは?」
高「発言者はそれぞれのチームが別々の場所にいて、互いの発言を妨害することは不可能だ。なにしろ、音声も画像も切られているんだから。とうぜんギャラリーも居ないからそこから野次が来ることもない。テレビ会議システムを使うわけで、発言者は同じ場所にいる必要はないから、日本全国どこからでも参加できるよ」
留「ふんふん。で、相手チームが発言している間は絶対に干渉できないわけですね。で、当然同じチームの発言者同士は」
高「そりゃ、同じネット回線で自由に討論すればいいが、それはオンエアはされない。あくまでオンエアはタイムキーパーが切り替える決められた時間に限られる」
留「じゃあ、ずいぶん話がまとまらなくなりますね」
高「限られた時間内にどれだけアピールするかもそれぞれのチームの作戦だろう。だから、あらかじめ十分にその作戦を立てられるように時間を与える。まあ、事前準備に2,3ヶ月かな、一つのテーマでは」
留「テーマっていくつもあるんですか」
高「あるよ。ま、それについては後から話すけれどね、自分たちの発言の裏付けは、同じくネットで資料を示すやり方だね。だから、これも事前にそれぞれのチームが自分のサイトに資料を集めて置いて、発言しながら自由にそれを表示できるようにすればいいだろう。そのための準備期間でもある。それは相互のチームが互いに確認しあって、根拠を追加させたり捏造資料だとの根拠も用意できるからうかつなでたらめでっち上げ資料は却って自分たちの発言を疑わせることになる」
留「で、それをどのくらいの時間でやるんですか?」
高「テーマによって違うだろうけれどね、ブログ主は10時間はかけるべきだと言っている。今までのテレビなんかの討論では、時間が限られているからどうしても後から言い足りない、相手に反論する時間がなかったなどの問題がおきるだろうから、たとえば10時間を一日2時間くらいずつ5日間かけてやる。前の日の反省や、相手への反論はその間に準備できるだろう」
留「観るのも大変だ」
高「テレビと違い、ネットでの動画なら、好きなときに観られるんだから、無論ライブでもやるけれど動画は長期間いつでも観られるようにする。それぞれのチームが自分たちの発言部分に限ってまとめ動画など作るのは自由だけれど資料の差し替えや加工は事後には出来ないようにする。主催者は関与せず、オリジナルの動画だけを管理し配信し続けるし、順次正確に主立った外国語に訳して配信することも必要だね」
留「そういうのをいくつものテーマでやるんですか」
高「うん。テーマは公募して追加するのは良いかも知れないけれど、とりあえずはそれだけの事をやるには専門のチームが要る。NPOなどの立ち上げも必要だろうし、多くの専門家も必要だ。当然かなりの資金が要るが、その資金の管理などとうてい個人が出来るはずがないし、こんな事をやれば必ず資金面の不透明さを攻撃される。絶対にそんなことが起きないシステムもいるし、何なら専用の動画配信サーバもいるかも知れない」
留「うわぁ、そりゃ大がかりだ。テーマ一つじゃあもったいないです。で、たとえばどんなテーマがありますかね」
高「うん、ブログ主はたとえば

1)日本は一方的に韓国を侵略し植民地支配をしたのか
2)南京虐殺は事実か
3)日本はなぜ戦争をしたのか。あの戦争は間違いだったのか。
4)なぜ中国は最初に侵略した英国などには何も言わないのか
5)憲法は改正すべきか、護持すべきか
6)日本は核武装をすべきか
7)平和を願うだけで平和を守れるのか。
8)抑止力とは何か
9)原発は廃止すべきか
10)移民受け入れは是か非か
11)中国韓国との正しい関係とはどういう事か
12)日本における歴史教育の在り方

なんかを挙げているね」
留「あれ、慰安婦問題がないですよ」
高「1)に含まれていると思っていたんだろうけれど、年末ぎりぎりにあっという間に妥結してしまった。これにはブログ主も驚いているし、怒ってもいる。だから、政府がどんな形で妥結しようと、今後蒸し返さない約束をしようと、民間でこの問題を絶対に取り上げるべきだ、ってこの間鼻の穴をふくらませて力説していたな」
留「でも今更何を・・」
高「駄目だな、そんな事じゃ。政府がどんな約束をしようと、今までの自民党の事なかれ主義が韓国をここまでつけあがらせた。本来韓国が全て引っ込めなければならないのに、日本が何を譲歩する必要があるというんだい。ちんぴらに殴られて、これ以上殴られたくなかったら金を出せと言われて、金を出せば解決するんかい」
留「鼻の穴がふくらんでますよ。確かに後味は悪いし、韓国はどうせ約束なんか守らないし、野党は政権をとったらこんな合意はなかったことにするなんて言ってますからね」
高「だから、ブログ主の言うことは正しい。あたしが教えていることをきちんと理解しているんだ」
留「ほう・・・まあ、韓国は日本相手ならどんな嘘をついてもだましても盗んでも全くかまわないと思っているし、何を言っても無駄でしょう」
高「駄目だろうな。恥を知らない奴に恥を知れ、嘘をつくなと言っても無駄だ。日本が事実を示す相手は国際社会だよ。国際社会に向かって、日本軍による慰安婦狩りや性奴隷化など無かった、韓国の一方的な言いがかりだと言うことを証明する必要がある。安部総理は子々孫々まで謝罪を強いられることのない様に今回でけりを付けるっていたらしいけれどね、彼がどういおうと韓国は子々孫々まで言いがかりを付けるよ。それどころか、今回のことで日本人は子々孫々まで慰安婦狩りをした、性奴隷にした国の人間だと言われ続けるんだ」
留「そりゃ、駄目です」
高「だから、政府はその侮辱を跳ね返す機会を永久に失ってしまった。だが、民間なら出来るだろう。で、万が一、その過程で日本軍が慰安婦狩りをし性奴隷にした事が事実だと分かったら、それは潔く認めようじゃないか。その方がよほど国際社会では理解を得られる。しかし、事実でないなら子孫の名誉にかけてもそれははらすべきだ」
留「と、ブログ主は言ってましたね」
高「まあ、あたしと同じ思いだと言うことだ」
留「あ、女房からメールだ。台所で奥さんと年越し蕎麦やおせちの用意をしてたんですよ。ええと、
あ、蕎麦が伸びちゃうから早くおいでって。二人はもう食べちゃって、紅白を観ているそうです」
高「おやまあ、気が付かない内にこんな時間かい。それにしてももっと早く教えてくれればいいのに」
留「日本ももっと早く韓国に事実を突き付けて、国際社会に捏造を明らかにすれば良かったと思いますよ。タイミングって大切ですねぇ。あ、一寸待ってください、あたしも行きますから」

-----------------------------------------------------

ブログ主より

今年も色々ありがとうございました。

みなさまも良いお年をお迎え下さい。



千年の禍根

最初にクリックしていただけるとありがたいです。

人気ブログランキングへ



すったもんだしていた従軍慰安婦問題が、一応の妥結を見たとのことだが、私はこれで、日本は取り返しの付かない禍根を子々孫々まで残したと思っている。

「心からお詫びと反省」 安倍首相が日韓首脳電話会談で表明

この、安部総理の心からのお詫びや反省とは何に対するものか。結局韓国慰安婦を日本が強制連行し性奴隷にしたという韓国の主張を受け入れ、それに対しお詫びや反省をした以外の意味はない。一般論として慰安婦は悲惨だというなら、当然最も多くいた日本人慰安婦もその対象になるし、そもそも何度も書いているが戦場において兵士の性処理は切実な問題であり、これが現地女性のレイプ問題などを無数に引き起こしているのは枚挙にいとまがない。したがって、慰安婦が悲惨であろうと、今回日本がそれを公式に認めたとは、日本がそれに責任を負っていると明言したのだ。

更に、単なる言葉だけではなく

10億円財団設立、首相がおわび

つまり、日本軍の責任を認めるからその賠償金を日本が出すとの意味以外何があるだろうか。犠牲者である慰安婦達の生活支援をするとは彼女たちに犠牲を強いたからだと誰もが普通に思うのではないか。それに対しパク大統領は国民に、今回の妥結を受け入れてくれと声明を出したそうだ。また、将来、この問題は解決したものとして政府として二度と蒸し返さない約束をしたのだそうだが、民間は強烈に反発しているし、慰安婦達は絶対に認めない、政府の協約など無視すると言っている。仮にパク政権が蒸し返さなくとも次の政権は蒸し返すだろう。蒸し返せば日本から金が取れるなら、その金の卵を産む鵞鳥を殺すわけがない。そして、日韓基本条約で解決済みと言うはずが、今回この様な妥結になったとは、今後も繰り返すことを意味している。韓国は都合によって国家間の条約も無視し、特に日本との約束は最初から守る必要など無いと考えている。

国際社会の支持呼び掛け=日韓慰安婦合意を歓迎-米

この様な報道を観るに付け、日本が唐突に理不尽とも言える妥結、実際は日本のほぼ100%の譲歩とも言える妥結をしたのは、米国の圧力があったからと考えるべきだろう。

これは日本軍が従軍慰安婦の強制連行、性奴隷化に法的責任を認め賠償をすることを認め、米国も国際社会もそのような日本の殊勝な態度を認めてやるべきだ、またそこで許してやった韓国の寛大さを認めるべきだと言っているに等しい。日本政府は、法的責任は認めていないと言っているが、それは国内、特に自民党内からの突き上げに対し慌ててそういっているに過ぎない。が、それは国際社会の常識では、責任もないのに日本が慰安婦の生活支援をする理由など無いのであり、日本は法的責任を認めたと解釈されて当然だろう。

それに対し、韓国政府は慰安婦像設置や対日批判は民間の行動であり、関与できないとあらかじめ言っている。それを承知の上の協議だったわけだ。過去の繰り返しでいずれ韓国はこの問題を持ち出すだろうし、日本は自らの主張、基本条約で解決済みとの立場を自分で覆した。この従来の主張さえ本来は絶対に認めるべきではなかったことだ。

ここまで日本に譲歩を押しつけた米国は、とどのつまり押さえやすい方を押さえただけのことであって、事実などどうでも良かったと言うことだ。実際、米国社会では中国韓国系の移民が政治的に力を増してきて、押さえやすい日本を牽制する方がよほど簡単だった。事実がどうであれ、これで日中間の軋轢が収まれば米国の立場も良くなる、めでたしめでたしと言う話だ。

実際の所、米国で中国韓国系の移民が計画的に送り込まれ、内部から米国を動かす等いつもあった。米国は金で政治が動く。また米国は他国のことを学ぶ能力が無く、他国が内部に侵入し政治を動かす可能性に全く無警戒だと言える。かつてコミュンテルンは米国内部に深く浸透し、コーデル・ハルを動かし事実上の宣戦布告であるハルノートを日本に突き付け、日本を戦争に引きずり込んだ。また蒋介石は妻の宋美齢を米国に送り込みルーズベルトやその妻エレノアに働きかけ、フライングタイガー部隊創設など事実上宣戦布告無し
に対日戦に踏み切っている。真珠湾が日本の欺瞞だとは、口が裂けても言えないアメリカの裏切りと言っていい。

そして、同じ事がいままた起きているということだ。

集団自衛権や日米安保、核の傘などで米国を信頼することと、国家が何を最優先するかは全く次元が違う。仮に日中戦争が勃発したとして、中国が、米国に対し日本に肩入れするなら米国は中国の対戦国家であり核による攻撃も辞さないと恫喝した場合、それでも米国が日本を護るなどと考えるのは馬鹿の極みだろう。どの国も最優先すべきは自国民の生命財産の保護であり、他国民のそれを自国民より優先する政府など存在しない。立場を替えれば日本もそうであるはずだし、そうでなければ国民は政府を信頼できない。

最低限の条件として、自国の安全は自国で護るべきなのであり、その上で他国と同盟する。自国を自力で守れないような国は他国も絶対に信頼はしない。日本が米国を信頼できるのは、米国の軍事力あってのことであり、他のどのような親日国も米国の立場には立てない。

米国との同盟は深化し持続すべきだが、一方日本独自の強力な抑止力、即ち強大な核戦力を持たなければならないのはこの理由に依るし、またこれ以外の方法はない。外交努力や他国を味方に付ける努力は無論欠かせないが、上記の理由で最終的な自国防衛は自国のみが行うことは原則なのだ。


韓国外相「少女像、適切に解決するよう努力」

けっして、韓国政府の責任で撤去するとは言っていない。努力はしたが民間のやることだからそれ以上できなかったで終わるだろうし、韓国の民間反日団体、実際は政府関連の場合がきわめて多いが、は今後もエスカレートさせるだろう。金の生る木を切り倒すはずがない。そして、新しい金の生る木を見つけた他国がある。

台湾、日韓協議と同等の対応要求

当然ながら中国やインドネシア、フィリピンなどもその種の団体が言い出す可能性は大であり、オランダなども可能性はある。世界中に慰安婦はいた。自ら選択して慰安婦になったり、親に売られたりなどだが、日本軍は強制的に慰安婦をかり集め性奴隷にしたと、例え日本政府が否定しようがその認識は一人歩きする。いくら日本国民にあれは法的責任を認めていないと政府が言っても国際的には無視されるし、私も今更馬鹿な言い訳をするなと言いたい。

なぜそうなるのか。

「歴史的」「画期的合意」 海外メディアが評価

多くのメディアの認識は、日本が今までかたくなにはねつけていた責任を一転して認めたこと、韓国政府がこの条件で妥結し、寛容さを見せたことを評価し歓迎しているとの論調だ。たんにひねくれてそういっているわけではない。事実、一例だが、次のような記事があり、これは別に特別な物ではない。

日韓こじれたのは日本の硬直的立場に原因…米紙

ウォールストリートジャーナルの記事だが、WSJは世界最大の発行部数をもつ新聞であり、内容は共和党より、穏健保守とされ、世界的にかなり影響力の強いメディアだ。WSJがこの様に言うとは、それが世界の共通認識であると考えて良いし、実際他国のメディアも同じような論調と言っていい。

つまり、今まで日本が日韓基本条約で解決済みだと言ってきたことなどがこの様な認識を国際的な物にしていたのであり、あくまで日本政府の失態なのだ。

国際認識がこうである以上、日本は明確に法的責任を認めそれに対する賠償で片を付けようとしているというのもまた国際認識であると観るべきだろう。

これで、日本は今後立場を翻すチャンスを永久に失った。安部総理は、子々孫々まで非難を受けるべきではないと言っているが、そもそも非難を受ける様な事実はなかった。そして、いま子々孫々まで蛮行を行った日本国民として子々孫々まで観られることになる。

この様なことを出来させた安部政権は国民に事実を説明する責任があるだろう。すなわち、日本軍が組織として慰安婦狩りをし、性奴隷とした歴史的事実を物証状況の検証と共に日本国民に示す責任だ。日本軍の蛮行が事実なら、日本人はそれを認め、敢えて韓国や国際社会からの侮辱を受けようではないか。

が、その証明が出来ないなら、安部政権の今回の行為は万死に値する。たしかに、安部総理個人が責任をとらなくてはならないとしても彼個人がどうしようもないとい立場上の事情はあるだろう。党内の獅子身中の虫やなにより米国の圧力など実際に彼個人で責任をとれと言うことは出来ないとは思う。特に、従来の自民党が何度も韓国に譲歩し、更に基本条約で解決済みだと繰り返してきたことが今回の仕儀に至ったのは動かしがたい事実であり、たまたま今安部氏が自民党総裁であるのは不運だとも言える。が、彼が自分の責任で、と言った事実もまた無視は出来ない。

実際は、私は今後も安部政権を支持し続けるだろう。なにより、今の自民に代わりうる野党など全くないし、さらに経済政策や国防政策などではやはり評価が出来るからだ。が、自民党、安部政権が今回冒した失態は決してそれらに相殺されるようなことではない。

いまさら、政府が後出しでこの様な事を言っている

慰安婦問題、法的責任「含まず」

これは韓国に言っても全く意味はないし、国際的にもみっともないと観られるだけだろう。国内的にこれで説得できると考えるなら、国民を甘く見すぎている。

<韓日外相慰安婦会談>日本、軍関与の事実と政府責任を明確に…「強制動員」明示的表現は外れる

日本政府がどういおうと、韓国では明確に日本が法的責任を認めそのための賠償をするのだとの”事実”が当然の認識であり、却ってこれにより日本に対する敵意に火がついただけのことだ。さらに、


日韓外相、質問なしで合意発表…文書作成見送り

将来二度とこの問題を蒸し返さないとの合意文書も作成されなかった。例え文書があっても韓国は自分の都合で翻す。その相手に文書作成もしていない。今度は米国始め国際社会の目前で行われたから、韓国が裏切れば非難されるだろうという理屈にはならない。何度でも、日本に謝罪賠償させることを米国はためらわず行う。韓国ばかりではなく、請求書は中国、台湾、インドネシア、フィリピン等々からも来るだろう。米国は、歓迎するとは言っているが、将来これで米国が責任を持って関係国に蒸し返せないとは一言も言っていない。そうだろう、米国にとって事実などどうでも良く、押さえやすい所を押さえるに過ぎないからだ。米国では現在中国系韓国系が大きな影響力をもつにいたり、それは内部から他国を浸食する彼らの100年の計が実を結びつつあるからだ。


共同文書化できず 「最終決着」は韓国次第 財団への拠出金急ぐ必要なし

それで、日本が拠出金を出さないと、日本は最低の協約も護らないとの新しい飯の種を提供することになり、それを抑えるために金を出すことになる。過去のアジア女性基金が何を生んだか思い返してみることだ。

日韓合意で「慰安婦」教科書どうなる 軍関与言及「悪化招く恐れ」

今回の妥結で形だけでも双方が合意したのは、

日本は慰安婦の苦痛に対し心からのお詫びと反省を表明する。
慰安婦の生活支援基金を創設し、日本は10億円を拠出する
在ソウル日本大使館前の慰安婦像は撤去する
上記慰安婦像が撤去されたことを確認後、10億円を拠出する
今回を以て、両国は互いに相手を批判することを二度と行わない

上記は文書として残される事は無かった。これに対し、韓国側では民間団体に働きかけ、慰安婦像撤去をするように努力をする。
大統領が国民に対し、今回の妥結を理解し支持してくれるように要請したが、民間団体はそろって反発し、慰安婦は一切の妥結条項を無視する、安部総理がここまで来て膝を屈して謝罪し、全ての保証金を支払うべきである。慰安婦像は撤去しない。
教科書に慰安婦の記述を設け銃らの通り慰安婦教育を続ける。
ユネスコの記憶遺産に対し従軍慰安婦の記録を取り上げる運動は取り下げない。

これで、日本の主張が受け入れられたと言えるのか。何度も繰り返された韓国の裏切りを全く学習していない。この様な妥結は新たな口実や手段を作らせるだけのことであり、二度と繰り返させないための唯一の手段は、国際社会に向かって慰安婦が当時普通にどの国でもあった女性の合法的な職業であり、韓国慰安婦は進んで応募してきたか身内に売られたか(日本でも娘を売るなど普通にあった)、だまされてきたのであり、しかも慰安婦は自由に行動でき、将校よりも高い給料で親に仕送りをし当時高額だった映画などを楽しみ、軍の証明書で各地位案所を一人で移動していたなどが証拠として残っている。また、本当に20万いや、その10分の1の母、娘、姉妹などが慰安婦狩りで連行され性奴隷にされながら、一切暴動が起きた記録が無く、当時普通にいた朝鮮人警察官などは何もしていないなどどのように説明できるのかを、日本政府は納得できる形で日本国民に説明する義務があるだろう。

そのうえで、当時日本軍が意図的に韓国の言うような行為をしていたことが事実なら、日本人はそれを認め納得しなければならない。

さて、首相官邸に下記のようなメールを送っておいた。


「今回の日韓における慰安婦問題妥結につき、失望の一言に尽きます。

1)なぜ韓国に外相が出向き妥結を急ぐ必要があったのか、日本側にそうする理由があったのか
2)日韓基本条約で解決済みとの従来の日本の主張をなぜ日本が覆したのか
3)日本は法的責任を認めたわけではないと協調しているが、国際社会の常識ではそれは通用しない。韓国メディアは日本が国家賠償をしたとの論調一本になっている。他国のメディアもそのような見方である。
4)日本側が求めた慰安婦像撤去に就き、韓国は民間団体に働きかけ努力するとの言葉に留めている。つまり日本側の要求は何一つ通っておらず、却って日本が従来の立場を変えて韓国の主張を認めざるを得ないとの事実だけが明らかになった。
5)共同文書の作成も韓国は拒否した。今まで何度も日韓の協約を一方的に反故にしてきた韓国がどうして文書も為しに将来蒸し返さないとの確信が持てるのか。
6)例え韓国政府が今後蒸し返さないとしても、民間団体の行動として政府は関与できないとの立場で、米国など他国に慰安婦像を建て続ける行為を放置するのか。
7)米国加州の高校教科書で従軍慰安婦が強制連行された性奴隷であるとの記述が採用されるが、そのようなケースは今後も拡大してゆくだろう。政府は今回の妥結で、それに対する手段を失ったと言える。
8)万が一韓国が主張することが事実であるなら、日本政府は日本国民にその根拠を示し説明する責任があるはずだ。

以上です。今後も阿部内閣は支持しますが、それは代わる野党がないからであり、無投票、無記名投票も野党を利することにしかならないからの苦渋の選択であることをご理解下さい。

繰り返しますが、なぜ一方的に韓国に譲歩したのか、何がそうしなければならない理由があるのか、また韓国の主張は歴史的事実なのかを根拠を挙げて国民に説明されることを望みます。

上記は、今後も私のブログ
日本のあり方を考える
http://takaojisan.blog13.fc2.com/
で記述し続け、他団体に働きかけてゆくつもりです。」

ここまでして、韓国との関係改善をする理由があるのだろうか。一般論として隣国との間にもめ事はない方がよい、というのはその通りだろう。だが、その隣国が明確な敵意を持ち情報戦を仕掛けているなら、まずそれと戦わなくてはならない。韓国が中国に飲み込まれれば日本が直接の中国からの脅威にさらされるというなら、裏切り者が日中の間に居ること自体がもっと大きな脅威だろう。どんな約束をしていようと、裏切り者は背中から撃ってくる。南スーダンでの自衛隊による韓国軍への1万発の銃弾提供の件などほんの一例だ。彼らは日本をだますことを愛国的手段ともてはやし、日本に対しては何をしても当然だとしている。そんな韓国との関係改善が何をもたらすかは火を見るより明らかだろう。

いや、韓国は口では厳しいが本当は日本に憧れ日本を好きだという韓国人が無数にいるというおめでたいお話もよく聞く。私自身、別に韓国人にだまされた経験はないし、大昔友人の一人は韓国人で、一人だけ年も近くいつも一緒に飲みに行っていた。人なつこい男で、誰にも好かれていたといえる。アルバイト先で出会ったのだが、そこの課長に「彼は韓国人だが差別しないでやってくれ」と言われ、お前が差別をしているんだろうが、と腹立たしく思った。仕事で韓国人と関わったことはあまり無いが、知らない間には韓国人と付き合っていたことはあるだろうし少ない例で、韓国人と知りながら付き合ったが別に不愉快な思いをしたことはない。日本人と別に変わらないし、そもそも韓国人であるなど意識していなかった。だから、彼らと友好を築くなら個人がそれぞれやればよいだろうし、好きならキムチでもサムゲタンでも食べればよい。

が、韓国は明らかに国策として事実とは異なる歴史を捏造し、国民を洗脳し、反日を以て政権維持を図ってきた国だ。その結果、韓国世論は、訴求法である親日罪を作り上げ、日韓基本条約を保護にし、大統領に対する名誉毀損で、元記事を書いた韓国メディアを不問にしながら引用した日本メディアを起訴し、責任者を7ヶ月出国禁止にした。結果として無罪にしたが、国際批判の結果だ。日本大使を襲撃した犯人を執行猶予にし、同じ犯人が米国大使を殺しかけた事件では誰も責任をとらなかった。

こんな韓国と関係改善や友好を築くなど今の安部政権は、気が確かとは思えない。確かに韓国が崩壊すれば不法難民が多数密入国してくるだろう。それなら、ビザ無し渡航を停止し、今の韓国人に対する永住権を取り上げ、帰化条件を厳しくすることだ。さもなければ、米国と同じ、内部から浸食されるだけのことだ。これ以上の韓国との距離を近づける理由など全くない。更に遠ざけ、監視だけはきちんとしてゆく、これが正常な日韓関係の改善ではないのか。

さて、では日本政府が自らの手を縛ってしまった以上、民間が国際社会に向け事実を知らしめてゆくしかない。それについて何が出来るかを常に考えているが、結局は公開討論の動画配信が一番効果的に思える。とはいえ、個人が思いつきで簡単に出来るわけではなく、多くの賛同者が要る。具体的な方法も含め、以前の記事

公開討論の実現

をお読みいただきたい。

引用記事の確認の場合は、上記のURLをクリックして元記事を参照してください